FC2ブログ
リベンジ薄墨桜ツー
- 2019/06/10(Mon) -

四国四端制覇ツーの翌々週。


近所の用水路沿いの桜がどこも満開。

IMG_4389.jpg

ウェブ情報によると、岐阜県は根尾にある薄墨桜も満開を迎えるとのこと。


そう、以前訪れた際には見頃を過ぎていた、日本三大桜が一つ・根尾の薄墨桜。
今度はそのリベンジに向かおうかと。

直前にラークさんにお声がけしたところ、「諸々調整の上参加する」とのこと。
諸々って?


軽く疑問を抱きつつ迎えた当日。

本日の愛車は、ファラオ入庫中の代車・CBR250RR。

IMG_4364.jpg

前傾が厳しいが、岐阜ならまぁ我慢できる範囲。


相変わらず満開の桜を眺めつつ、

IMG_4464.jpg

意気揚々と駐車場に向かう。


そして、その駐車場で、

IMG_4390.jpg

恒例の軽いハプニング。


なんと、駐輪機の故障により、

IMG_4391.jpg

バイクが駐車場から取り出せない!


手が真っ黒になる程格闘し、

IMG_4392.jpg

ようやくバイクを取り出せた頃には1時間もの時間が経っていたという・・・・。


とりま、走り出す前に糖分を補給して、

IMG_4393.jpg

ラークさんに一言連絡を入れてから東に向かってGO!


3時間程走り、待ち合わせの道の駅富有柿の里に到着。

IMG_4394.jpg

その辺を走っているだろうラークさんの到着を待つ。

電子書籍を見ながら時間を潰すことしばし。
ついに、
ラークさんがやってきた。

IMG_4395.jpg

奥さんとタンデムで!
なるほど、調整がいるはずだ(笑)

例によってラークさんが道の駅切符を購入するのを待って出発。


川沿いの道を1時間ほど北上して現地着。

駐車場の写真を撮るのもパスしていきなり本命撮!

IMG_4403.jpg


イェーイ、満開!


様々な方向・仰俯角から写真を撮ることしばし。

IMG_4402.jpg

IMG_4405.jpg

IMG_4406.jpg

これにて、リベンジ完遂。


満足しきって会場をあとにし、道の駅を渡りつつランチ場所へと南下する。

途中、

IMG_4414.jpg


季節の観光列車が走る樽見鉄道・谷汲口駅に立ち寄る。

IMG_4416.jpg


ここでも見事な桜と

IMG_4417.jpg


(場所の割に)多めの観光客。

IMG_4419.jpg

春気分をたっぷりと感じたところで、
さて、そろそろランチの場所に移りましょうか。


で、谷汲口駅から数分の移動でやってきたのがこちら。

IMG_4426.jpg

喫茶カザミドリ。


内装といい

IMG_4422.jpg


小道具といい

IMG_4423.jpg

昭和感たっぷりの喫茶店。


そこで、大豆のミンチと摘み菜のさらさらカレーをいただきマンモス。

IMG_4424.jpg

うまし。
その名の通り、さらさらっと飲み干した。


食後はそれほど長居せず、西にある道の駅へと移動。

IMG_4427.jpg

例によって、ラークさんの切符購入と私のスタンプゲットだぜ。


時間も時間だし、ラークさん達とは向かう方向が別なので「ここで解散!」とも思ったが、
分かれ道になるまでご一緒することに。


再出発からほどなく。

IMG_4428.jpg

桜に守られた大きな門の前で停車。


この門は谷汲山華厳寺の総門。

IMG_4430.jpg

空の青と桜の薄桃色に彩られた総門が爽やかにお出迎え。


ここから境内に至る参道は、春の桜と秋の紅葉で有名なのだとか。

のぞいてみると、
この先の山道が桜に埋もれている

IMG_4431.jpg

・・・はずなのだが、写真にはうまく写ってないっスね・・・。
残念。


ラークさんとこも写真を撮り終えたタイミングで再々出発。

途中までご一緒してたのはミラーで見えていたのに、
気づくと、いつの間にやら流れ解散してましたね。

ラークさんと奥さん、遠いところお疲れ様でした。
お気をつけて!


一人旅になったとたん、自由気ままに走り出した私Nは、

ときに道の駅沿いの桜に見とれ、

IMG_4432.jpg


ときにエナジー補給、

IMG_4433.jpg


はたまた、囚われのお犬様を思いやり

IMG_4434.jpg

そっと涙をながしつつ大阪を目指す。


流石に遠いので高速を乗り継ぐも、
あまりの退屈さに途中停止して体をほぐしたり、

IMG_4437.jpg


眠気覚ましのコーヒーを啜ったり

IMG_4439.jpg


忍者と戯れたりしながら、

IMG_4442.jpg

しながらひたすら走る。


結局、ようやく大阪についたのは、夜の20時前とあいなりました。

IMG_4444.jpg


走行距離443km、平均燃費31.5km/Lの中距離リベンジツーでした。

IMG_4445_20190606220728742.jpg


着々とリベンジを実行していく今年の私。
次はどのリベンジに行こうかな?





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | レンタルツー記録(東海) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国四端制覇ツー 海、海、海編
- 2019/06/07(Fri) -

さて、四国ツーも本日で最終日。

朝からたっぷり栄養補給。

IMG_4261.jpg

ご飯お代わりしてお腹いっぱい・・・。


準備をして外に出ると、

IMG_4262.jpg

素晴らしく快晴なツーリング日和。


宿に別れを告げて、

IMG_4264.jpg

さぁ出発!


数分の距離を迷いつつ海に出る。

さすが瀬戸内海。
右を見ても

IMG_4266.jpg


左を見ても島だらけ。

IMG_4265.jpg


そのまま海沿いに東に向かうこと數十分。
そこにあるのは

IMG_4278.jpg

世界一長い道路鉄道併用橋・瀬戸大橋!
電車の通る音が凄い・・・。

しばし撮影会を楽しんでから東に移動。


1時間強走った先のとある場所で一旦停車。

IMG_4292.jpg


この場所が四国最北端の場所。

IMG_4290.jpg

・・・おそらく。
そして、ここもやはり島だらけ。


そこから南東に1、2分。

IMG_4293.jpg


急坂を降った先にあるのがこちら

IMG_4296.jpg

自称四国最北端の竹居岬!

IMG_4304.jpg

二年ぶり?


前回と違い、青い空が眩しいぜ。


さて、これにて四国四端制覇完了!!


後は適当にその辺を走って大阪に帰るとしよう。

IMG_4305.jpg


てな訳で、恒例の道の駅渡りであちこち回り、

IMG_4306.jpg

IMG_4308.jpg


この土地の観光名所・阿波の土柱にちょっと寄り道。

IMG_4309.jpg


地味な通路を抜け

IMG_4312.jpg


土柱にご対面。

IMG_4313.jpg

おぉ、なかなか壮観な眺め。


それもそのはず。
ここの土柱は世界三大土柱とのこと。

IMG_4311.jpg


でも、
他の二つに比べるとちょいと慎ましいような。
ブライスキャニオン国立公園
南チロルの土柱


まぁ、いいや。
面白いものは面白い。
比べるものでもないしね。

上からも見れるらしいのだが、
明日からお仕事だし、早々に帰るとするかな。

・・・などと呟きつつ道の駅に寄り、

IMG_4318.jpg


2日前に買った軽食の残りをペロリ。

IMG_4319.jpg

うむ、旨し。


軽くお腹を満たした後は、今度こそ本当に自宅に向かう。


はずだったのだが・・・・

IMG_4321.jpg

あまりの天気の良さにちょっと休憩。

IMG_4338.jpg

空の青さが目に染みるなぁ。


うーん、なかなか帰らないのは働きたくないから?(笑)

いえいえそんなことはありませんぜ。
そうじゃなくて、ここに来たかったのさ。

IMG_4333.jpg

そう、徳島の沈下橋・脇町潜水橋を見るために!


さて、お時間はもう15時。
そろそろ本気で帰るとしよう。


今度こそ帰る帰る詐欺を切り上げ、大渋滞に巻き込まれながら東進すること数時間。
ついに大阪に到着。
マジ大渋滞だった・・・。


IMG_4341.jpg

総走行距離1,560km、平均燃費23.1km/Lの四国四端制覇ツーでした。


いやー、距離の割にはちょっと疲れた旅だった。
でも、行きたかったところや、食べたかったものを食べれたので大満足。


今度は、山道中心で走りたいぞ四国!
・・・ま、そのうちね。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(四国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国四端制覇ツー 再び山へ編
- 2019/05/31(Fri) -

肌寒い朝。

IMG_4172.jpg

街中だと言うのに気温は一桁前半。
仕方ないので二度寝して、ゆっくりと気温の回復待ち。


てな訳で、予定より2時間半遅れで

IMG_4176.jpg

山に向けて出発!


まずはガスを給油して、

IMG_4177.jpg

街を離れる。


途中、お大師さんに安全祈願。

IMG_4178.jpg


道の駅を渡りつつ、

IMG_4179.jpg

IMG_4182.jpg


遂に、山に突入!

IMG_4185.jpg


そして、チョビッと後悔(笑)

IMG_4187.jpg


先も長いようだし、

IMG_4188.jpg


小スクリーンの角度を変えて視界を確保。

IMG_4190.jpg


路面の変化を楽しみつつ走ることしばし。


ようやく本日最初の目的地に到着。

IMG_4193.jpg


かわべ浪漫八橋の一つ・龍王橋。

IMG_4194.jpg


屋根がついているのが特徴的。

IMG_4197.jpg


その後も屋根付き橋を渡りつつ、

IMG_4196.jpg

IMG_4199.jpg

IMG_4216.jpg


旧街道っぽい集落を抜けて

IMG_4201.jpg


本日の目玉に到着。

IMG_4202.jpg


坂本龍馬も通ったという御幸の橋。

IMG_4206.jpg


明治19年に再建されたものながら趣き深い外観。

IMG_4203.jpg


近くに建つ天神様にお参りを。

IMG_4208.jpg

道中の無事に感謝。


再出発ののちは、例によって道の駅を渡る。

桜を見たり、

IMG_4219.jpg

軽食を買ったり、

IMG_4221.jpg


久方振りの再会を喜んだり(笑)

IMG_4224.jpg


そして遂に、今日のメインイベント地に到着。

IMG_4228.jpg


坂本龍馬脱藩の地・韮ヶ峠。


ご丁寧に維新志士四名の足跡が。

IMG_4238.jpg

ちょっと観光地化がアレだが、160年前に思いを馳せてみる。

うん。
平和な世の中に感謝だな(笑)


その後は、四国カルスト方面に進むも、

IMG_4239.jpg


一桁気温に断念。

IMG_4241.jpg


山を登らずに別の場所を目指すことに。

そこは、数々の桜の名木で有名な仁淀川町。
が、しかし・・・・。

IMG_4243.jpg


どこも

IMG_4244.jpg


かしこも

IMG_4249.jpg


見頃をとっくに過ぎている模様。

IMG_4250.jpg


安定の

IMG_4252.jpg

残念賞(笑)


さて、時間も遅いし宿へと直行するとしよう。


高速を使って3時間ほどで到着したのは、

IMG_4254 copy

道の駅併設の天然いやだに温泉大師の湯。


部屋に入るとすぐ食堂へ移動。

IMG_4255.jpg


一人パンカイして、食事を貪る。

IMG_4257.jpg

IMG_4256.jpg


お腹が満ちたところで、温泉に浸かってバタンキュー。

IMG_4260.jpg


本日の走行距離は334kmと短いものの、気を遣う道だったので結構疲れた模様。

明日は最終日。
四国四端制覇目指して頑張るぞー!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(四国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国四端制覇ツー 主に西海岸縦走編
- 2019/05/28(Tue) -

四国四端制覇ツー2日目。

朝から事件が起こる。

IMG_4097.jpg


なーんてね。

何の事は無い。
ただの立ちごけ。

身体に傷はなく、ヘプコのガード類でボディーも無事。
唯一傷を負ったのが、私の繊細な心だったという・・・・・。
イタタタタ・・・!


さて、気を取り直してバイクを立て直し、駆け付けてくれた従業員の方に感謝しつつ

IMG_4098.jpg

テルメを後にする。


10分程北西に移動して停車。

IMG_4109.jpg


そこにいるのが、こちら。

IMG_4104.jpg

樹齢300年以上の国の天然記念物、松尾のアコウ。


寄生していた木は枯らしてしまったそうで、真ん中が空っぽに。

IMG_4106.jpg

さすが締め殺しの木。
でも、龍殺しの剣みたいで、ちょっとかっこいい(笑)

そんなお馬鹿な妄想をしつつ、清水港の付近をふらふらと走っては停まり、また走り出し停まる。

IMG_4110.jpg

IMG_4112.jpg

IMG_4113.jpg


うっすらと記憶を思い出しつつ、しばし余韻に浸った後、再び走り出す。

そこからは、ナビ様の言う通り。

IMG_4114.jpg

四国西岸に出て、北へ北へと上がっていく。

IMG_4119.jpg


そして、道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場に到着。

IMG_4123.jpg

ここで、
狙っていた郷土料理・宇和島鯛めしをいただきマンモス。

IMG_4120.jpg


出汁をくぐらせた鯛の切り身が、

IMG_4121.jpg

白米にあって大層美味。
うむ、満足じゃ。


時間もないので慌ただしく出発した直後。
給油して、

IMG_4125.jpg


うっかり引き返しかけた以外は順調に北上。

IMG_4127.jpg


八幡浜を抜けたところで半島を西に進み、
15時過ぎ。

IMG_4136.jpg

無事に四国最西端・佐田岬に到着。


海の先、

IMG_4133.jpg

うっすらと九州が姿を現す。
大分かぁ・・・
あそこも行かなくちゃな・・・。
などと独り言をこぼしつつ、岬を後にする。


しばし走り、指先の寒さに電熱グローブオン。

IMG_4141.jpg

んガー! 右手だけ断線しちまった!!
今じゃ信じられないが、3月半ばの夕方はまだ寒かったので、かなり辛いヨのさ。

瞬時にグリップヒーターON。

指の腹側にのみ暖かさを感じつつ、
長浜大橋や

IMG_4142.jpg


道の駅に寄り道しつつ

IMG_4147.jpg


19時過ぎにたかのこのホテルに到着。

IMG_4151.jpg


部屋で少し休んだら、

IMG_4157.jpg


館内に飾られたバイク達を眺めたり、

IMG_4153.jpg

IMG_4154.jpg

IMG_4167.jpg

IMG_4166.jpg


酸素カプセルで英気を取り戻したり、

IMG_4159.jpg


はたまた、温泉に浸かったりしながら

IMG_4170.jpg

ゆっくりと過ごした。
本日の走行距離377km。
淡々と過ぎた日であった。

山に向かうと言うのに、明日はまた寒くなるとのこと。
また、少しゆっくりと出発するかな。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(四国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国四端制覇ツー 東奔西走編
- 2019/05/23(Thu) -

それは2年前のGWのこと。
日本本土四極制覇を成し遂げた男が、四国の四端制覇に挑み、そして、破れた。
(そのときの様子はこちら
しかし、風のうわさによると、男はへこたれず、ちょびちょびと四国に通っては四端制覇を成し遂げた、とのこと。
が、やはり、一息に制覇したいとの思いを捨てられず、再度チャレンジすることにしたという。ご苦労なコッタ(笑)


ということで、リベンジ四国四端制覇ツーに行ってきたのでご報告でゴザル。


例によって1時間半遅れで出発。
まずは、四国斉藤タン、いや、最東端の蒲生田岬を目指す。

IMG_3983.jpg


なんと、出発から雨という・・・・。

徳島到着時に、晴れ間が見えたものの、

IMG_3984.jpg


気づいたら黒雲がモクモクと湧いてきて、

IMG_3985.jpg


最東端到達直前には、

IMG_3986.jpg

雨に加えて霧も立ち込めるという歓迎ぶり・・・。
オゥ。


道端の案内板に励まされながら、

IMG_3987.jpg


ついに到着!

IMG_3988.jpg


本来なら、この先へ徒歩で向かって本物の最東端に行くところだが、

IMG_3989.jpg

カッパの中までじっとりしている現状ではちと勘弁。


代わりに、以前到達した際の写真をスマホで確認して到達気分。

IMG_3390 copy

よし、最東端・蒲生田岬ゲットだぜ!!(笑)


が、残りの道程もまだまだ残っているので、すぐに西へと向かって走り出す。

IMG_3999.jpg


道中は、通行止めや

IMG_4002.jpg


工事規制。

IMG_4004.jpg


あるいは、霧に負けず、

IMG_4005.jpg


コーヒーの助けを借りながら

IMG_4008.jpg


走り続けることしばし。


蒲生田岬から数時間の後、17時半頃に四万十川到達。

IMG_4013.jpg


これにて、四国をほぼほぼ横断したことに。


しかし、ここで本日の道程が終わるわけもなく、更に進み続けることしばし。


夕暮れ間近。
遂に、

IMG_4016.jpg

足摺岬到着!


辺りは既に暗くなり始め、とても岬まで歩いていくことなどできない。

いや、怖いじゃん・・・。


ということで、再びスマホを取り出すと、
以前訪れた際の岬の写真を見て、最南端にも到達気分アゲイン。

IMG_2454 copy

最南端・足摺岬もゲットだぜ!!(笑)


ほどなくして、本日のお宿・ホテル足摺テルメにチェックイン。

IMG_4017.jpg


一休みの後、うまい料理と

IMG_4020.jpg


お酒と

IMG_4021.jpg


料理と

IMG_4022.jpg


お酒と

IMG_4025.jpg


料理を堪能。

IMG_4026.jpg


温泉で疲れを癒やしてから、倒れるように眠りについた。

走行距離523km。うち、400km位を下道で走った初日であった。

流石に、チカレタビ〜。



泥のように眠った翌朝。

曇り空ながら、雨が降っていないことを確認してホッと一息。

IMG_4029.jpg


しっかりと朝ごはんを食べてエナジー補給。

IMG_4030.jpg


食後、
無料のマッサージチェアにて昨日の疲れを癒やし、

IMG_4034.jpg


本日も大幅な出発遅延・・・。
いやほら、さすがに、雨中の山道徘徊は疲れたわけですよ~。

で、少し癒された後で出発!

IMG_4096.jpg




が、しかし・・・・・




IMG_4097.jpg

続くっ!!!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(四国) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
お馬さんに会おう 宮崎県駆け足ツー 大雨に遭遇!編
- 2019/05/15(Wed) -

さて、御崎馬に会って今回の旅の目的を果たした私Nは、
ホテルの朝ごはんを食べながら本日の予定を考えていた。

IMG_3889.jpg


外を眺めると、まぁまぁの量の雨が降っている。

IMG_3890.jpg

ウェザーニュースによると、午後にかけて雨脚は強まるとのこと。
オゥフ。

しゃーねぇ。
適当に面白そうな場所に寄りながら、熊本を目指すことにするか・・・。


てな感じで、出発! 

IMG_3891.jpg

と思った矢先に早くも雨脚が強くなる。
んー・・・
早くない?


仕方ないので、雨に負けないよう、オーバーグローブを装着。

IMG_3893.jpg

レイングローブを忘れたので、これにて代用。
役に立ってくれるといいなぁ・・・。


出発して1時間。

IMG_3895.jpg

早速道に迷う私N。
何故だ・・・・?


なんとか大きな道に出てから道の駅にたどり着き、

IMG_3896.jpg

暖を取るとともに気も取り直す。
さ、寒すぎる・・・。


缶コーヒーの暖かさに少し気持ちが持ち直したところで再出発。


半刻後、

IMG_3897.jpg

海岸沿いの道を歩き海を見る。


IMG_3901.jpg

荒れとる・・・。

そして、独り言つ。

「どう考えても、目的地はここぢゃない・・・・。」


地図を見直して再出発。
わずか数分の距離を移動して、ようやく到着。

IMG_3905.jpg

そう、やってきたのは願いが叶うクルスの海。
ここ願いが叶うクルスの海には、訪れると願いが叶うという不思議な言い伝えがあるという。

どう考えても観光用の言い伝え・・・・いや、不思議な言い伝えもあったものだ!うむ。

そういう目で見れば、確かに

IMG_3908.jpg

クルスに見えなくもない。

うん。
見える気がしてきた。


そして、雨と風が益々強くなってきた。
おっと、これはヤバイ系。

よし、
これにて本日の目的地は到達したことにしよう!


そうと決まれば、早々に熊本を目指そう。

日向市から

IMG_3910.jpg

延岡まで北上したところで西に折れ、


高千穂に向かって西進す。

IMG_3918.jpg


途中、道の駅でエナジー補給して元気を回復し、

IMG_3920.jpg

ついでにノリでちょいと寄り道をすることに・・・。


それがこちら。
農道橋としては日本一という天翔大橋。

IMG_3923.jpg

く、暗い・・・。


気を取り直して再び西に向かっていると、またまた興味深い物を発見。

IMG_3933.jpg


先週に引き続き、若干、危険な形のオブジェ登場。
しかして実体は・・・・・
九州のほぼ中心にある分水嶺、九州のへそ、というらしい。

IMG_3935.jpg

思ったよりフワッとした由来にビックリ(笑)


ついでにグーグル先生で調べてみると、付近に面白そうな物があるらしいので行ってみることに。


それがこちらの

IMG_3937.jpg

道を跨ぐ夫婦岩と、

こちらの

IMG_3938.jpg

歩道と車道が段違いになった馬屋橋。

どちらも珍しく、見れてラッキー。


少し得をした気分になり、残りの旅程を走る元気が回復。

てな訳で、阿蘇の横を駆け抜けること2時間。
ようやくYSP菊陽に到着。


IMG_3945.jpg

総走行距離602km、平均燃費40.4km/Lのお馬さんに出会おうツーでした。


車両返却後、店内でいただいたコーヒーで身体を暖め直し、しばし店長と談笑ターイム。

IMG_3946.jpg

カタカタ歯が鳴っていたので助かりました(笑)


その後、空港に移動してレストランでだご汁セットをいただくことに。

IMG_3950.jpg

ボヘー、あったまるー。


この後は、特に問題もなく、無事に飛行機で大阪に帰宅。
雨さえ小降りならもっと・・・・と思わなくもないが、無事に御崎馬に会えたので良しとしよう。

再来週の長駆に備え、しばし羽を休める私Nであった。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(九州) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お馬さんに会おう 宮崎県駆け足ツー 御崎馬に遭遇!編
- 2019/05/13(Mon) -

現在、日本に現存する在来馬は8種類・わずか1700頭。
(公益社団法人 日本馬事協会まとめ

中でも、宮崎県串間市にいる御崎馬は、国の天然記念物にも指定されており、気軽に会える野生馬として一部の人に有名だとか。
実はお馬さん好きな私Nとしては、長年、直接会いに行きたいと思っていたのであった。

ちょうど、期限を迎えるマイルがあったので、この機会にちょっくら宮崎県へ御崎馬に会いに行って来た。
といっても3月初めのことではあるが・・・・。


まずは、朝一のバスに乗り伊丹空港を目指す。

IMG_3822.jpg

始発だというのに、最後の補助席に滑り込み・・・。
初っ端から危険が危ない。


熊本行きの機材は双発のターボプロップ機Q400。

IMG_3824.jpg


皆、物珍しいのか、朝からワラワラと撮影会。

IMG_3825.jpg


それからおよそ1時間半。
熊本空港に到着後、少し時間があったので空港内を散策。
YS11のフライトシミュレーターなどあって、

IMG_3829.jpg

なんだかプロペラ機づいていることにふと微笑。


レストランでエッグベネディクトをいただいた後、

IMG_3831.jpg

予約をしていたYSP菊陽で本日の車両を受領。

今回の愛車はこちら。

IMG_3833.jpg

トリシティ125。
先週借りたものと違い、最新の2018年式でR。
エンジンからフレームから諸々良くなっているらしい。
違いがわかるといいのだが・・・・。


荷物をシート下に押し込めたところで、

IMG_3843.jpg

いざ出発!


例によって道の駅を渡りながら南東に向かう。

IMG_3835.jpg


途中、
コーヒーを飲んだり

IMG_3838.jpg


菜の花を眺めたり

IMG_3839.jpg


河童を見たりしながら五時間ほど走っていると、

IMG_3840.jpg


右手に桜島が見えてきた。

IMG_3844.jpg


おぉ、噴煙を上げている・・・。
さすが、年がら年中噴火している活火山。


その後も道に迷ったり、ガソリンを給油したりしつつ走ること更に2時間弱。

IMG_3848.jpg

ようやく都井岬のある串間市に到着。

IMG_3850.jpg


岬の入り口で100円を支払って入山、ならぬ、入岬?

IMG_3951.jpg


周囲に気を配りながらゆっくりと走っていると、

IMG_3853.jpg


斜面の上に第一御崎馬発見!

IMG_3857.jpg

苦労することなく斜面を歩いている。
サラブレッドよりも、ずっと蹄と足腰が強いのか?


更に進んで行くと、道の端で草を食む馬二頭。

IMG_3861.jpg

あまりに近くで興奮!

3mと離れていない距離でこんなに落ち着いているなんて

IMG_3862.jpg

本当に野生なの?(笑)


そんな疑問を抱きつつも先に進み、ついに岬の突端に到着。

IMG_3867.jpg


ここまでで272km、7時間強の道のり。
流石に遠い(笑)

IMG_3871.jpg


見るものも見たし、さて、宿に向かうとしますかね。


宿までは、わずか90km、2時間の距離。
実際は諸々入れて2時間半位?
まだまだ走るのね・・・・?

まぁいいや。出発、出発!

などと独り言を呟きつつ、
帰り道でも、路上の馬たちを観察。

IMG_3877.jpg

IMG_3880.jpg

再出発までに時間がかかっちった(笑)


その後、海岸沿いの道を快走したり

IMG_3881.jpg

IMG_3883.jpg


工事区間に阻まれたり

IMG_3884.jpg


Uターンしたり

IMG_3885.jpg


道の駅に立ち寄ったりしつつ

IMG_3886.jpg


宮崎市内のホテルに到着。

IMG_3887.jpg


コンビニご飯を食べてすぐ、ベッドへと倒れ込むのであった。


いや〜、野生の御崎馬に会えて良かった、良かった。
もうそれだけで大満足な一日だった。

明日は早々に帰阪。
大雨らしいけど、気をつけて熊本に帰るとしよう。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(九州) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
話題のLMWで行く 明日香村奇石ツー
- 2019/05/10(Fri) -

毎年春先になると考える。
この道は大丈夫かな?
山陰のカーブでいきなり凍ってたりしない?
安全を考えるともう少し走るのを我慢した方がいいのかなぁ?
コケるとまずいんだよなー・・・。
などなど。


そんな不安を抱えた三月の第一週。
通常よりも安全なツーリングを敢行することに決定。
そう、ヤマハが誇るLMWを利用した近場の下道お散歩ツーだ!


大阪からバイクで約一時間。
奈良県中西部にある明日香村は、日本で中央集権制が始まったと言われる地。
いわゆる飛鳥時代の都があった場所である。
当然、飛鳥寺を筆頭にその前後の時代の寺社宮殿跡や史跡も多く、次期世界遺産を狙える古文化の宝庫。
・・・であるとともに、
実は、年代不詳の古代の遺跡やオーパーツなどがあることでも密かに有名な土地なのだ。

そんな明日香村の謎パーツ・奇石群を巡ってみたのでご報告。


下道お散歩ツーということで、ファラオや車ではちと大仰。
ということで、まずはいつものお店でレンタル819。
借りたのはヤマハが転ばないバイクとして売り出し中のLMW

IMG_3744.jpg

トリシティ125!

はい。
間違いなくLMW(リーニング・マルチ・ホイール)です。
個人的には、ヤドカリに見えます。

IMG_3747.jpg

詳しくはこちら


まず向かったのは聖徳太子生誕の地。

IMG_3749.jpg

古代といえば、やはりこの人を抜きに語れないっすからね。
ちなみに、その向こうに見えるお寺は、太子建立七大寺の一つ・橘寺。

また、道を挟んだ北側には、日本で初めて写経が行われた地に建つ弘福寺。

IMG_3750.jpg

寄って行き、写経の一つもしていきたい気持ちもあるが、今日のテーマから外れるのでパス。


そこからわずかに南。
約5分で到着した場所にあるのが、奇石の第一弾。

IMG_3754.jpg


なんとなく形でお分かりかと思うが・・・念のために説明書きを添付。

IMG_3753.jpg


ついでに、別角度からの写真も掲載。

IMG_3752.jpg

おっと、ダイレクト。
これ好きだよねー日本人(笑)


さて、棚田を遠くに眺めつつ、

IMG_3755.jpg


さらに数分北に移動した場所にあるのが奇石第二弾の地。

IMG_3756.jpg

国営飛鳥歴史公園・石舞台地区。
読んで字のごとく、石舞台がある公園。


なんですが、

IMG_3757.jpg

石舞台を近くで見るにはお金がいるのですな。
近くで見るのであれば、ですが。


まずはおもむろに、道を挟んだ北面の高台に登る。

と、

IMG_3770.jpg

こんな感じでしっかりと全貌が見えるのだな、これが。


この石舞台。
聖徳太子の義父で、蘇我氏全盛時代を築いた蘇我馬子のお墓と言われている。

うん。他人のお墓に踏み入るようなことはしちゃいけないよね〜。
・・・などと、無料で済ませた自分に言い訳る。

さーて、移動移動っと。


石舞台から更に北に十分程。

IMG_3782.jpg


バイクを置いて雰囲気のある竹林の中の石段を登って行くと、

IMG_3772.jpg


木の中になにやら見えてくる板状の大石。

IMG_3778.jpg


そう、これが奇石第三弾・酒船石。

IMG_3773.jpg


あー、なんか昔、参考書で見たわ、これ(笑)

軽く感動しつつ案内板を読む。

IMG_3774.jpg

昭和2年に史跡に指定って、地味に古いね。


近くには、近年見つかった亀形石造物もあるのだが、それは写真で済ませることに。

IMG_3780.jpg


えぇ、お金がいるからじゃありません。

IMG_3781.jpg

時間がないんですよ?


そこから更に数分後。
今度は西に移動して停車。

IMG_3786.jpg


民家と畑に囲まれるその大石の名前は亀石。

IMG_3785.jpg

奇石第四弾である。


IMG_3783.jpg

まぁ、亀に見えなくはないか・・・な。


さて、次に向かうとしましょう。


そこから西南に向かうこと数分。

IMG_3801.jpg


見事な前方後円墳・欽明天皇陵の近く、

IMG_3787.jpg


吉備姫王墓とされる場所にある異形の像。
それが、奇石第五弾・猿石。


IMG_3800.jpg

IMG_3798.jpg

おぉ、なんか・・・異形。


ここからは見えないが、四体中三体の裏には別の彫刻がなされているのだとか。

うーん。

確かに、像の後ろになにやら別のものが彫られているような?


さて、お時間は14時過ぎ。
これにて本日の奇石ツアーは終了!


お腹も空いたことだし、道の駅 レスティ唐古・鍵へ移動。

IMG_3802.jpg


建物2階に入っているからこカフェでいただくのはカラコドッグセット。

IMG_3803.jpg

旨し。


少しゆっくりしたいところだが、
時間も押してきたので、食後の余韻もわずか、北に向かうことに。


20分ほどして到着したのがこちら。

IMG_3806.jpg

ケインファクトリーくすの木店

こちらで作っているのが、今、私の中で一押しのフルーツケーキ。
日本じゃ珍しいドライフルーツやナッツがぎっしり詰まったしっかりしっとりの超逸品。
アマゾンでも売っているので是非ご賞味を!



高いけど、美味しいっすよ!

お店の中、店主のケインさんとしばしお話し、ケーキをまとめ買いして帰途につく。


少〜し寄り道してたら、レンタル屋さんに到着した頃には真っ暗に。

IMG_3812.jpg


走行距離103km、平均燃費55.2km/Lのお散歩ツー。

IMG_3811.jpg

見たり、食べたり、買ったりと、距離の割に大満足な一日でした。


さて、本日初めて乗ったLMW。
暖かかったこともあり、その良さを味わうシチュがなかったものの、なんとなく疲れが少な買ったよーな?
あ、三輪車にも関わらず、ごくごく普通に乗れたのは地味に感動しましたね。
そのうちまた乗って、じっくりと味わわなくっちゃ!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(関西) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
復讐のメタセコイヤ並木ツー
- 2019/05/07(Tue) -

遠い遠い昔のこと。
紅葉のメタセコイアに挑んだ私N。
結果は、あえなく撃沈。(詳しくはこちら
リベンジしなくちゃ〜と思うこと一年。
ついに!リベンジしちゃいましたよ。
・・・・昨年の冬に・・・。

ご一緒したのは、この秋から大阪出向中のラークさん。
なお、ラークさんの記事はこちらです。


まずは、GS併設のドトールでラークさんに合流。

IMG_3295.jpg


店内で軽く作戦会議の後、出発。

IMG_3297.jpg


ピークシーズンの割に道が空いており、1時間で難なく第一の目的地に到着。
それがこちらの白髭神社。

IMG_3302.jpg

全国に300弱ある白髭神社の総本山。


絶景でも有名で、水中に立つ大鳥居から近江の厳島とも呼ばれているんだとか。

IMG_3299.jpg

いやー。曇り空だから逆光が眩しくなくていいね!(笑)


例によって天候が怪しい中、

IMG_3306.jpg


道の駅を渡りながら北上を続ける。

IMG_3304.jpg


買い物中、

IMG_3305.jpg

鍵差しっぱのラークさんのフォローなどしつつ・・・。


たいして道も混まない中、白髭神社から1時間弱で第二目的地に到着。
そう、本日のメインイベント、

IMG_3310.jpg

紅葉のメタセコイア並木です。


で、
ここからは各々好き勝手に撮影開始!(笑)

IMG_3319.jpg

IMG_3325.jpg

IMG_3337.jpg

心ゆくまで撮影を続け、気づくと現地で20分が経っていたという・・・。


そろそろ時計の針が正午を回り、お腹が減ってきたのでランチ会場へ移動開始。

相変わらず道の駅に立ち寄りつつ、

IMG_3343.jpg


本日二度目の鍵差しっぱ

IMG_3344.jpg

を挟んだりしながら2時間弱。


ついにやってきました、かっちゃんオススメの翼果楼さん。

IMG_3355.jpg


さすが人気店!
14時を過ぎているのに少し待たされた後、時代を感じさせる店内に入る。
IMG_3353.jpg


注文で選んだのは、

IMG_3350.jpg

長浜名物の焼鯖寿司と鯖そうめん!


焼鯖寿司は

IMG_3352.jpg

鯖の脂がほんのり甘い上品なお味で、


鯖そうめんは

IMG_3351.jpg

鯖の旨味がそうめんに染み込んでいて旨し!
どちらも満足の一品でした。


食後は、翼果楼さんからわずか数十mにある96カフェさんで

IMG_3359.jpg

ヤニ&デザート。
竹炭を使った黒壁ロール、なかなか美味し。

ところで、96カフェという名前。
96カフェ、クロカフェ、黒壁?
そんなことを考えつつ、お店で3•40分まったりして少しだけ街中探訪。

IMG_3356.jpg

IMG_3363.jpg


お土産に鯖寿司など買ってみつつ。

IMG_3365.jpg


そしてまた、

IMG_3364.jpg

同じくお土産を買いに走るラークさんの差し放しの鍵を見つめつつ・・・・。


長浜を後にした後は、高速で流れ解散して2時間ほどで帰阪。

IMG_3366.jpg

走行距離331km、平均燃費22.1km/Lの観光ツーでした。


ラークさん、お付き合いありがとうございました。
ソロの時には、鍵にお気をつけを!!

ってことで、ようやく2018年のツーリング記事が終了!
これからは春シーズンについてバンバン書いていきますよ!!
・・・・できる範囲で。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(関西) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー 最終日、最後の追い込み編
- 2019/03/29(Fri) -

東中国地方ツー三日目の後半。

鳥取砂丘を後にして、
まずは近場の道の駅で一休み。

IMG_3244.jpg


ん?
遠くに見えるアレなんだ??

IMG_32442.jpg


あれは・・・・

IMG_3245.jpg

天守閣!?

調べてみると、平成のはじめに作られた天守風建造物で、別名河原城とのこと。
なんか、どっかにもあったな、そんな建物。


昔を思い出しつつ東へ向かい、やってきたのが有名なこちら。

IMG_3250.jpg


そう、とある特定バイク乗りの聖地。

IMG_3249.jpg

隼駅!


駅の中に

IMG_3254.jpg

当然のように貼ってある隼ポスター。

そして、
駅の外にはもちろん

IMG_3255_201903172229081f8.jpg

隼乗りが標準装備?
・・・さすがです。

せっかくなので、BASE8823でお茶でもしたかったものの、
例によって時間が無いのでパス。


と言いつつも、
隼駅からわずか数分の距離にある安部駅で再び停車。

IMG_3257.jpg

ここも知る人ぞ知る聖地。
寅さん44作目のロケ地だそうで。

駅舎内には、当然のように寅さんの写真が飾られてます。

IMG_3260.jpg

そして、ホームの待合室には寅さんの案山子が鎮座。
これがまた似てるんだなぁ・・・芸が細かい。

あ、写真は忘れました・・・。
撮ったつもりだったんだけどなぁ〜。


ところで、ここ安部駅。
駅舎内にはカーテンの掛けられた窓があって、

IMG_3259.jpg

こんなに小さいのに「友人駅なの!?」と驚きつつ覗いてみると、
なんと、駅舎内と一体化した美容室でした。
なんでも、美容室の店長さんが切符を売っているのだとか。

そー言えば、美容室があったわ・・・。

IMG_32572.jpg

省人化、ここに極まれり・・・などと感じ入っていると、時刻は既に14時に。
早く帰らなくっちゃ・・・。


てことで、

IMG_3263.jpg


いくつかの

IMG_3264.jpg

道の駅を渡りながら、南東に向かうことしばし。

紅葉の山を抜けた先で、

IMG_3266.jpg


なんだか怪しいカイコのモニュメント発見。

IMG_3267.jpg


案内に従い向かってみると、

IMG_3268.jpg

カイコの里交流施設というところに到着。


入り口に置かれたゆるキャラ・カッキーさんを見てみると、

IMG_3269.jpg

おや、おシャモを掲げてる。

・・・ちょうどお腹が空いてきたことだし、ちょっと入ってみるかな。

入ってみると、案の定、一部店内が飲食店風味。

IMG_3270.jpg


お店の人に聞いてみると、
15時を過ぎているものの食事を出してくれるという。
田舎の施設ってサービス提供時間が短いところも多いのにラッキー!

早速オーダーしたのは、カイコにちなんだ桑うどん定食。

IMG_3272.jpg

桑うどんもかやくご飯も美味しゅうございました。ゴチ!


お腹が落ち着いたところで、ふと思い出す。

いかん、少し先を急がなくっちゃ!

・・・などと思いつつ走り出したものの、興味のあるものと道の駅に度々足を止められる。

IMG_3275.jpg

IMG_3277.jpg

IMG_3279.jpg


バイクの「停めては走り出し」を繰り返していると、
だいぶ東に進んだところで、またまた謎の鯉モニュメントを発見。

IMG_3280.jpg


すぐ近くの道の駅に入ってみると、

道の駅の入り口と、

IMG_3289.jpg


敷地内の池や

IMG_3281.jpg


足下のタイルに

IMG_3282.jpg

鯉が散見される。
どうやら、ここ養父市は「鯉の里」で売り出しているらしい。

どこの自治体も特徴作りに苦労しているんだねー。
『頑張れー!』
そう心で叫びつつ、ぐずつく天候と失われゆく体力に心揺れる私N。

いかん、いかん。

気を取り直して、エナジーチャージ!

IMG_3286.jpg

頭がシャキッと冴えたところで発進し、その後の3時間を一息に走りきる。


ようよう大阪に着いたのは、実に20時前。

IMG_3292.jpg

三日間の総走行距離797km、平均燃費 22.0km/L のミドルお泊まりツーでした。

最終日以外はスカスカだった気もするけど、気のせいだな、きっと。

「終わりよければ全てよし!」

うん。 楽しい東中国地方ツーでした。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ