• ツー記録(北関東) カテゴリーの一覧

2014年02月04日(火) 記事No.239

014_2014012822023505a.jpg


さて、瀧本屋のおばちゃんと魂の交流をした後のお話。


先行するLightwaverさん達には、私が衝突実験を行っていたことなどまだ何も伝わっていないので、当然、心配されているハズ・・・。

急いで追いつこうとしたところ、ばねまつさんが戻って来られました。

B「大丈夫ですか?」
N「いやあ、立ちごけしちゃいまして・・・。」

みたいな会話をしたような気もしますが、ナニブン、焦っているのと恥ずかしいので覚えておらず・・・。
早々に追走を始めることに。

ばねまつさん、あの時はありがとうございます&失礼しました(照)。


他の方の姿が見えたところで、インカム回復。

で、上の会話を繰り返す、と・・・・。

当然、「身体は大丈夫?」みたいな話になって、「身体は全く大丈夫ですが、心に深い傷が・・・。」などと、どんどん傷が深くなるセリフをセルフプロモーション

恥ずかしさが強化される、みたいな?
しかし、そのことばかりを書くのも芸がない。

うん、これはもうアレですね
過去に区切りをつけるしかないですね。

皆様、ご迷惑をお掛けいたしました。以後、気をつけます。

はい、これで終わりTHE END.
以後、衝突実験の人だとか、ガシャーニングカルテットだとか言うのはナシ、ね。

OK?


そうこうするうちに、一行はとあるお店の駐車場にIN。

それはこちら。

017_2014012822023772b.jpg

納豆専門店の舟納豆さんです。

ここで、試食をしつつお土産ターイム。

015_201401282202363af.jpg

皆さん色々と試食の上、お土産を買ってました。


しばし駐車場で談笑した後、次の目的地に出発。

1時間ほど走ったでしょうか?

北海道行きのフェリーで有名な大洗町にやってきました。

何故か?

それは、アンコウ鍋をいただき、温泉に入るため!


で、やってきたのがこちら。

025_20140128220300d11.jpg

潮騒の湯です。

Lightwaverさんが予約を入れておいてくれたので、駐車場の場所取りをしてくれてました。
スバラスイ。

こちらでは、ライダー限定の親潮コースなるものがあり、あんこう鍋と温泉が付いて、ナントたったの2,000円!

そのあんこう鍋がこちら。

020_20140128220239225.jpg

あん肝をたっぷり使ったどぶ汁です。
この濁りはお味噌でなく、あん肝だそうです。

濃厚で美味しかったー!

ゼラチンの食感は、まさに Happy bite!

初あんこうを楽しませていただきました。


さて、食事を楽しんだ後は温泉です。

ここの温泉は、化石海水という塩水の天然温泉。
舐めると確かに塩っぱいデス。


遠くに空と海とのハザマが見える露天風呂でバイク談義。

気持ちいー!

衝突実験 ツーリングで疲れた 身体にキキますねー。


結構長いこと温泉に浸かった後は、人影まばらな海岸を見ながら水分補給。

024_20140128220259e90.jpg

たっぷりと贅沢な時間を過ごしました。


とはいえ、お時間は既に4時前。
バイク談義は尽きませんが、そろそろ帰るとしましょう。

壁には大洗女子学園の優勝を祝したガルパンののぼりが燦然と。

023_20140128220240105.jpg

そして、なんとなんと、こちら潮騒の湯では、
大洗女子学園の生徒の方限定で 入浴料1年間無料サービスが(笑)!!
生徒手帳があれば、男子もサービスを受けられるそうですよ。

最近は街興しも色々あって面白いですねー。


出発後すぐ、常磐道で帰るコジコジさんとお別れし、残りの4人は東関道の潮来ICを目指します。

相変わらずインカムであれやこれやとお話しながらの道行。
何を話してましたっけね(笑)?

そして、潮来IC直前で、ばねまつさんとお別れ。

残った3人は大栄PAでコーヒー休憩がてらショート反省会。

026_201401282203027af.jpg

東関道に戻り、Lightwaverさん、Y'sさんの順にお別れです。

最後の最後でガス欠ランプが点いたのには驚きましたが、こうして990アドベンチャーとの初ツーリングが無事に終わりました。

えぇ、無・事・に、です。

027_20140128220304e05.jpg

走行距離は406.8kmのミドルツー。

ご一緒した皆様、色々とお疲れ様でしたー。
また近いうちに走りましょー。

次は、元朝桜か、はたまたおっきりこみうどん?



Lightwaveさんのブログはこちら





にほんブログ村 バイクブログ KTMへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   しばらく 旧サブカテも並列しますッス。
にほんブログ村



スポンサーサイト
ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(14) |  記事を編集 | 

2014年01月31日(金) 記事No.238

衝突実験が行われたと同日、この時期ならではのツーリングに行ってきましたのでご報告。

その名も、氷瀑とあんこうツー

いばらき冬の風物詩・袋田の滝の「氷瀑」を観光するとともに、同じく茨城県を代表する冬の味覚「あんこう鍋」を食べて来ようという旬な企画デス。


まずは、集合場所の常磐道は谷田部東PAに向かいましょう。
KTMになって初のツーリングとあって、遅れるわけにはまいりませぬ。


例によって例のごとく、ナビタイム導師のお導きに従いちょっと早めの出発。
その甲斐あって、首都高が混んでいたものの、無事に10分前に到着。
楽勝~・・・・・・。

30分前には到着するはずだったのに、なんて疑問は無視する方向で。


冬期の朝8時集合だというのに、全員時間前に到着。
幸先のいいスタートです。

今回の参加者は、企画のLightwaverさん(ピンクスカブ)、Y'sさん(白DAEG)、バネまつさん(白スカブ)、コジコジさん(50thTMAX)、ワタクシN先生(990ADV)の五名です。

002_20140128220203a10.jpg


しばし談笑の後、レッツゴー!


今回はLightwaverさんが初SENA(インカム)ということで、Y'sさんともどもグループトーク。

・・・・と思ったら、何故かY'sさん繋がらず。
Lightwaverさんとタイマントークで盛り上がりながらの走行です。

が、美濃里PAを過ぎた辺りでちょいと先行することに。
そう、ガソリンマークが点灯していたので、次の友部PAで給油するためです。
こういうとき、インカムって便利ですよね。

990アドベンチャーには給油口が2つあり、給油には独特の儀式があって慣れが必要。
そのくせ、ガソリンメーターは無く、きちんと入ったのかどうかはちとわかりませぬ。
今回は初給油ということで、どうやら思った以上にガソリンが少なかった模様。


今回の給油でもまたしてもきちんと満タンになってない気がしますが、あまり人を待たせるものではないので見切り発車。
ガッと走って、那珂ICで無事に再合流。

その後もLightwaverさんとスマホナビの話などしながら道中を過ごし、気付くと袋田の滝に到着です。
と言っても滝そのものの前ではもちろん無く、瀧本屋支店さん駐車場に停車しますた。

014_2014012822023505a.jpg


何故瀧本屋さん前なのか?

それは、こちらで軍鶏テールをいただくからです。後ほどですが。


バイクを駐めて、まずは袋田の滝見物。

003_2014012822020569a.jpg

トンネル道を通って氷爆にご対面ー。

若干、真ん中の部分が溶けていますが、見応えのある氷爆が見れました。
正面、

006_20140128220205e5d.jpg

上から、

009_20140130203217802.jpg


横から、

010_20140130203219a1a.jpg


と様々な滝を眺めた後、瀧本屋さんに突入です。

と、お店の方から軍鶏テールと刺身こんにゃくのふるまいが。

012_20140128220207114.jpg


なんと、こちらのお店のお母さんをよく知るサイファさんが、事前に電話で頼んでおいてくれた模様。

サイファさん、あざーっす!
遠慮無くいただきますッス。


013_20140128220208d7d.jpg

テールは脂の旨味がギュッとなった感じ。
こんにゃくは水分豊富のヤワヤワつるっ。

どっちも旨し!

皆さん揃って、こんにゃくをお土産に買っちゃった。


しばし、お店の方とお話しなどした後、次のあんこう目指して出発することに。

お店のおばちゃんが見送るなか、Lightwaverさんを先頭に続々発進。


私はというと、一番後を走ろうと待機。
待機中に、ハンドルカバーの中でスロットルアシストが変な位置になっているのを発見。

『おーこりゃ危ない。直さなくっちゃ!』

発進前に気づいてよかったなどと、呑気に思いながらスロットルアシストを動かしたらば、突然エンジンがブオーン!

仮面ライダー?、いや、何故こうなった?

・・・と思う間もなく、姿勢を崩してしまい、そのはずみでちょいと発進。

そして、ぐらっ。

ヤベ!と思った瞬間クラッチオフ。

同時に、キルスイッチでエンジンストップ。


が、この時点で車体は傾きを増し続け、当然のように衝突実験開始ー!


一瞬後、車体から華麗に離れ去る私の雄姿を瀧本屋のおばちゃんにご披露させたいただきました。


ガッシャーン!!!

・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。


「大丈夫?」とのおばちゃんの呼びかけに、シチリアの太陽を思わせる笑顔で応える私。

木枯らし吹きすさぶ中、気持ちは氷点下に凸入してましたが・・・。


「もー全然、大丈夫です!そちらは大丈夫ですか?」と、逆に紳士な気遣い。

周囲の視線が刺さり、心に【ホッておいてセンチメント】が芽生えてましたが・・・。



で、おばちゃんに手伝ってもらい、車体を起こして再出発!


「ありがとうございました。」と、元気にお礼を述べ、瀧本屋さんを後にしました。


いやー、これで990が自分のバイクになったことを実感しましたー。



・・・・・・強がりですが、ナニか?


ってことで、後半に続く!






にほんブログ村 バイクブログ KTMへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   しばらく 旧サブカテも並列しますッス。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(22) |  記事を編集 | 

2013年08月21日(水) 記事No.196

さて、ぶどう食べたりカレーパン食ってるうちに、遂にRONさんご一行が到着されました。
(食ってばかりというのはナシの方向で・・・)

030_201308202047212e6.jpg


ご挨拶の後、「この顔は昔見たことがある!」などと少々思い出話などして、早速出発です。
いや、私はお初なんですけどね、何だか既視感。


まずは“高いトンネル”(byカタチン)を通り抜け、

031_2013082020472334f.jpg


秩父街道を車に挟まれながら東進。

032_20130820204724b98.jpg


小鹿野の先にあるそば工房そば福さんに到着。

・・・も、1時間待ちという残念な結果に。

急遽、お次の目的地道の駅上野に行ってそこで食事を取ることに決定。

で、出発前に記念写真。

034 - コピー

奇しくも、中部チームと関東組のカラーの違いが現れました(笑)。


そこからは、RONさんを先頭にR299を爆走ッス。

035_20130820204727e9a.jpg


速攻で見えなくナリマシタとサ(爆)!

036_2013082020480607f.jpg


行けども行けども前に追いつかないですし、この辺の道にも不案内だったりもするので、ふと不安になる私・・・。


「まぁ、間違ってたら謝りゃいいかっ!」と開き直り、一心不乱に走行していると、

040_20130820204758112.jpg

ようやく道の駅上野に到着。
そっと胸を撫で下ろしたのは内緒の話デス。


お時間は既に午後の2時。
某巨大ヒーローよろしくカラータイマーなんぞ鳴ってたりしますので、ランチは一丁ガッツリ系で。

041_20130820204800116.jpg

いの豚ドーン!


色々お話しながらガッツリ食べたら、ようやく落ち着いて参りました。

というところで、本日二度目の地域貢献。

042_201308202048019a1.jpg

十谷味噌ソフトです。

ゆかりんのJAF割引で50円お得。あざーっす!
そこはかとなくチーズの味わいで、美味し。


さーて、食べたらお次はカロリー消費と続くのが世の習い。

タレントDAIGOのおじいちゃんで有名な竹下元総理発案のふるさと創世事業の一億円を基に作られたという(長い・・・)上野スカイブリッジに向かうことに。

ここで用事があるということでジョンさんが離脱。
お疲れ様でした~。


残った一行は、道の駅から5分ほど。山道を少し登った不二洞側の駐車場にバイクを停めて、

044_20130820204804b6c.jpg

通行料の100円を寄付して自称・天空回廊を通行です。

046_20130820204825328.jpg

残念ながら3時のシャボン玉には間に合いませんでしたが、結構大きな横揺れを堪能いたしました。
中部の皆さんも楽しまれていた模様で、ヨカッタヨカッタ。


ここで、時間が押しているとのことで涼し気な不二洞を諦め、中部の皆さんは信州健康ランドに移動とのこと。

例によって酷道299の一部が通行止めなので、矢弓沢林道を抜けて通行可能なところまで、penguinさんが引率を買って出ます。

まぁ、当然のように爆走です(汗)。


私も慣れない530で追走。

049.jpg

・・・ってか、速すぎて従いてけない(笑)。


それでも酷道299との合流地点に着いた時には、夕方4時を回っておりました。

ここでpenguinさんと私は特訓再開のためお別れです。

051.jpg


「えっ帰っちゃうの?」という皆さんからの声にお応えして、ベップさんを中部チームに献上することに(笑)。

052.jpg

RONさん、まやこさん、ユカリン、のいこさん、Ashさん、カタチン、tetsuさん、お疲れ様でした!
短い間でしたが楽しかったです。ベップさんをよろしくデス!

ベップさん、またいつかっ(笑)。


さて、ここからはpenguinさんとマンツーマンの居残り練習です。

053_20130820204824e94.jpg

湯の沢トンネルという快適県道を捨てて、塩ノ沢峠を抜ける村道コースをチョイス。

054.jpg

「トンネルの影に旧道有り!」

名言いただきましたー(笑)!


その後、道の駅オアシスなんもくで水分補給をした後、

057.jpg


日本一の大黒様がいらっしゃる中之嶽神社を一撮し、

058_20130820204854e5c.jpg


妙義山を仰ぎ見ながらひたすら爆走!

059.jpg


やってきたのはおぎのや本店

061.jpg

・・・・ではなくてドライブイン(横川店)です。

既に時刻は6時過ぎ。本店は1時間前に閉まってまスた(泣)。


せめて釜飯でも食べようかと思ったのですが、いいお値段に思わず躊躇。
代わりに、美味しそうだったので冷やし担々麺をチョイス!

062.jpg

・・・したつもりだったのに出てきた食券は冷やしトマトラーメンだった不思議・・・。

ありー?

でも、旨し。


食後は、淡々と高速を帰京・・・・な訳なく再び爆走!!
従いてくのに一苦労ッス。


最後は、関越道の三芳PAで反省会をした後、解散と相成りました。

063.jpg

走行距離498.1km、平均燃費20.8km/L。

爆走した割りには燃費がいいですネ!


penguinさん、最後の最後までお疲れ様でした!

・・・って、疲れたのはワ・タ・シだけかー(笑)!


本日ご一緒した皆様、どこかでまた、よろしくお願いいたしまーす。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 | 

2013年07月03日(水) 記事No.184

書かない限り終わらない!
ということで、久しぶりに、「思い出して書いてみよう!」日記です(笑)。


確かGWの真っ最中の5/5のことでした。
Y'sさんとの茂木ツーの後だったかな?

ラークさん、Y'sさんといういつものメンバーで、栃木ツーリングを敢行しました。


どこが『敢行』なのかというと、なんと!ラークさんの初企画だったのです!!

バブル世代代表のラークさんがどんな企画を考えてくれるのか、楽しみでもあり、不安でもあったり・・・。

さて、どうなるか?


まずは、東北道は羽生PAで集合です。

出発前のリラックスターイム。

001_20130702222344.jpg


例によって一服、二服、三服くらいしてからゆるゆると出発。

そのまま渋滞する東北道を北上し、矢板ICで下道に。

まずはラークさんご所望の道の駅探訪その1・道の駅やいたにチェックイン。

ここで、鯉のぼりを見ながら、なんだか忘れてしまったソフトで地域貢献。

004_20130702222345.jpg


うーん。味とか完全に忘れちゃった・・・。


その後は、一路那須を目指して県道30号を北上します。

が、さすがGWだけあり、那須直前の道は結構混んでいます。


バイクの機動性を活かしながらやってきたのはこちらのお店。

007_20130702222345.jpg


NASUのラスク屋さんです。

ここでお土産を買おうとして驚愕!


なんと、財布を忘れて愉快なサザエさん!!

取り敢えず、ラークさんにお金をお借りした次第。
ありがたや~。


ありがたかったので、ラークさんご所望の道の駅探訪第二弾にお付き合い(笑)。

道の駅那須高原友愛の森にチェックインです。

008_20130702222347.jpg


ここは本当に道の駅切符のためだけに立ち寄ったので、ラークさんお得意のピンポンダッシュ!


そして、本日のメインディッシュの一つ、ホテルエピナールへ移動。

009_20130702222348.jpg


以前コジコジさんに連れてきていただいたところですね。

そーいやぁ、あの時もサザエさん状態だったけ・・・・ま、いっかぁ(笑)!


そして、今回もいただきました。
那須の那須弁。(←メインディッシュ)

010_20130702222403.jpg


地のものを使ったお弁当は、疲れた身体に調度良い量。
美味しーくいただきました。


と、ここでラークさんが急に駐車場で座り込んじゃいました。

011_20130702222404.jpg


大丈夫?お腹痛いの??


・・・と心配してたら、ただナビの操作をしているだけですた。

で、何を探していたかというと、またまた道の駅です(笑)。


ここから中禅寺湖に出てロマンチック街道を抜けるコースらしいので、そこまでに立ち寄れる道の駅を探索とか。

そして、道の駅湯西川へと向かうことに。

うん。結構遠回りですよね(笑)?



道中、ラークさんが何かに注目!

012_20130702222406.jpg


む、危険な香り・・・(笑)。


案の定、寄り道することに。

で、向かった先にあったのがこちら。

013_20130702222407.jpg


板室温泉の鯉のぼりです!

さすが、端午の節句です。

お天気が微妙で先を急いだほうがいいはずですが、ま、こーゆーのもいいよね~。(ユルユル~)


その後も延々走ってようやく道の駅探訪第三弾・道の駅湯西川に到着。

ここで、本日二度目の地域貢献をば。

016_20130702222409.jpg


(確か)エゴマソフトをいただきますた。

ついでに、今後の計画を確認します。


ラークさん曰く、『ここから先、ロマンチック街道を抜けて沼田に云々』と壮大な話だったのですが、「すごい混んでますよ」ってなことをY'sさんと二人で言っていたら、あっという間に方向転換。
国道122号を南下して、佐野ラーメンを食べて帰りましょってなことに(笑)。ゆるゆる~



日光までの渋滞を我慢した後、わたらせ渓谷鐵道沿いの道を気持ちよく走ったら、途中にある足尾温泉にお立ち寄りー。

温泉は、国民宿舎かじか荘の立ち寄り湯です。

018_20130702222422.jpg


ぬるぬるのお湯で疲れた身体を癒します。ぬるぬる~(笑)。



お風呂後。

ここからは佐野ラーメン目指してさらに南下です。

しかし、だいぶ道も暗くなって来ましたね。
ってことで自然にライトが目に入ります。


と、Y'sさんのDSCのテールランプが切れていることを発見!

急遽、開いていたカー用品店に凸撃して、ランプ交換の巻。

020_20130702222425.jpg


・・・あれ?なんか、いつかどこかで見た景色??


無事交換し終わったところで、佐野ラーメンにGO!


・・・・と思ったら、またまた問題発生。

ラークさんが電話して確認したところ、訪問予定の佐野ラーメンのお店「大金」あるいは「ゐをり」は既に閉店とか。

ということで、第三のお店「金山ラーメン」を訪問。
ラークさんによると昔ながらの典型的な佐野ラーメンだとか。

薄皮パリパリ、野菜さっくりの餃子とセットでいただきます。

021_20130702222426.jpg


美味し。


その後、佐野のイオンで最終ミーティング。

023_20130702222428.jpg


普通のメガネを忘れたラークさんですが、さすがにこの暗さではサングラスはきつい模様。

で、メガネを作る間、皆でコーヒー休憩。

024_20130702222452.jpg


ほへー、ドライシガーが美味す。


ラークさんのメガネが出来たところで、適当に解散。
本日のツーは、これにて終了となりました。

025_20130702222454.jpg


そんなに走ってない割にけっこう疲れたのは、下道が多かったためでしょうか?



ラークさん、初企画お疲れ様でした。
Y'sさん、トラブルキングの真骨頂おみそれいたしました。

お二人とも、またよろしくお願い致しま~す。



ラークさんの記事はこちらです。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 

2011年12月14日(水) 記事No.65
さて、埼玉ダムスペカアタックの続きです。


その前に、今回のコースのおさらいを。

道の駅あしがくぼ(集合) → 下久保ダム(1ダムカ) → 合角ダム(2ダムカ) → いでうらさん(ランチ) → 浦山ダム(3ダムカ) → 道の駅あらかわ(地域貢献) → 滝沢ダム(4ダムカ) → 二瀬ダム(5ダムカ&SPカード=6ダムカ) → 三峰神社(おみやげ・解散)


さて、放浪の末ようやく辿り着いた道の駅あしがくぼですが、これがまた寒い。
よく見ると、周りにはすっかり霜が降りてます。

あしがくぼ霜

おっと、ここで、電熱ベストのスイッチを入れて、靴底にミニカイロをいれなくてはですね。
風邪のせいか、準備をしながらも活用できていないことが判明したのです。

どーりで寒いと思った・・・・・。

風邪、全ては風邪のせいですね。うん。

そうそう、私が使っている電熱ベストはこちらなのですが、結構暖かいですし、何よりバッテリーが長持ちするのがよいです。
さらには、電源を入れなくても、それなりに温かいのがミソです・・・。(爆)


さて、あしがくぼを離れた後は、国道299号をひたすら北上します。
秩父を越え、皆野町を抜け、三波石で有名な三波石峡を左に見ながら、第一目的地である下久保ダムにやってきました。

下久保ダム

こちらでは、何はともあれトイレに駆け込み、準備のよい管理棟のおじさんから第一ダムカをゲット。
早速、堤体とともに記念写真。

1ダムカ

ラッキーなことに、ちょうど放水してました。(矢印部分)


続けて第二目的地の合角ダムを目指し、まずは西へ向かいます。
途中、下久保ダム管理棟付近に「冬桜」とある看板が気になりましたが、先が長いのでスルー。
帰宅後調べてみるとなかなか見ごたえがありそうでした。
(→詳細は、こちらをどうぞ)
次回、行ってみようかな?

ここからは国道と県道を通って行くのですが、山の北面になるためでしょうか?
山面には雪が積もり、路面はところどころ凍結しています。

しかし、先頭のいとじんさんが絶妙なコースを通ってくれるので、安心して走れました。
コース取りと、ノンブレーキ走行に感心していると、合角ダムへと着いちゃいました。

管理事務所で第二ダムカをゲットして、早速、記念撮影。

2ダムカ

ここの駐車場では自転車チームが集会をしていたので、そそくさと去ろうかと思っていたのですが、入口からやってきた黄緑の人たちにあっという間にいとじんさんが囲まれてしまいました。

・・・幸い塩饅頭さんと私は無事だったので、交渉はいとじんさんにお任せし高みの見物を決め込むことに。

いとじんさん捕まる

どうやら人攫い集めの方々だったようですが、スペカアタックの最中だったのでご遠慮しておきました。

解放されたいとじんさんを先頭に、逃げるようにダムを後にしました。
お疲れ様でした!>いとじんさん


そこから南に下ってやってきたのは、以前もおじゃました小鹿野のいでうらさん。
ランチにいただいたのは、当然、ワラジカツ丼です。

ワラジカツ丼

相変わらず、ウマウマ~。


食後しばらくゆっくりして、第三の目的地、浦山ダムに向かいます。

ここは、いかにもな田舎道を走り、あっという間にダムに到着。
早速、第三ダムカをゲットして、記念写真をパチリ

3ダムカ

ついでに、ダムの写真を撮る人もパチリ。

ダムの写真を撮る人

こちらのダム。バスで人々が見学に来るくらいの大型ダムだけあり、堤体もとても広いです。
そのためか、堤体の上、放水口側と湖側の両端に奇妙なオブジェが・・・。

まずは、こちらの『願い事かなえ石鎚』。
柄の部分を握って、願い事を唱えると願いが叶うのだとか。

打出の小槌

もちろん、握っときました。へい、らっしゃい!

お次は、こちらの『鯉の後生車』。
真中にある車部分を回すと恋が叶うらしいです。

恋が叶う鯉

なんだか、不思議スペースですね。


まだ道半ば、不思議な気持ちを抱きつつ、彩甲斐街道を西進します。
目指すは、道の駅あらかわ。

こちらでは、そう、OBSC名物、言わずと知れた地域貢献ソフトを食すのです。
今週のびっくりどっきりソフトは、これだっ!

イチジクソフト

イチジクソフトです。
プレーンなミルクソフトに、イチジクソースとイチジクの実が乗っかってます。
寒波は道の駅まで押し寄せたのでしょうか?イチジクが凍ってますね・・・・。

さて、すっかり身体も冷えたことですし、先を急ぐとしましょう。
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブル


彩甲斐街道をさらに西に進み、ご存知、雷電廿六木橋(大ループ橋)を越えて滝沢ダムに向かいます。
ここは、以前ベスパでも来たのですが、SPカードアタック!ということで、再度ダムカをいただきに参りました。

滝沢ダム集合

今日は、ハーレー軍団は来てないようですね。

・・・なんてことを考えつつ、第四ダムカをゲット!
続けて、撮影会。

4ダムカ

お次は、第五のダムであり、SPカード配布もしてくれる二瀬ダムに向かいます。

と、ここで、いとじんさんからコース変更のご提案。

本来であれば、次の目的地である二瀬ダムまでは、上流から荒川沿いのうねうね道を通って行く予定だったのですが、大分寒くなってきましたので、安全コースを通って下流からアプローチしよまい、と。

さすがいとじんさん。冷静な判断です。


当然、全員賛成で、下流から二瀬ダムに到着。
第5ダムカをゲットします。

ここで、合角、浦山、滝沢、二瀬の秩父四ダムカを管理棟の方に見せると、さらに、倍。

・・・じゃなくて、手作り感満載の、スペシャルゴールド二瀬ダムカをゲットです。
わざわざ景色のよいところへ移動して、本日最後の記念撮影をパチリ。

5・6ダムカ

これにて、本日のミッションは無事終了~。


後は、山の上にある三峰神社に寄り、家族の絆、平和祈願のお土産を買って帰宅の予定。

しかし、この時点ですっかり陽が傾いており、今後は路面凍結が心配されます。

うちに帰るまでが遠足、とはよく聞く話。
ここは、大人な判断で、三峰神社を断念することに。


さて、ここでまたもいとじんさんの提案で、秩父駅に併設されている「秩父地場産センター」でお土産を買うことに。
いとじんさんのお知り合い、クレズさんお勧めのスイートポテトなるものが絶品らしいです。

秩父地場産業センター

こちらでは、スイートポテトだけでなく、麦こがしというのも買ってみました。おいしそー。

いやー、でも、こういうものが一個買いできるのっていいですねぇ~。
美味しそうなものがいろいろ買えるので、うれしいです。

秩父土産


その後、国道299を南へ下り東京に向かうのですが、途中、お二人とはぐれたりしながらも無事、帰宅いたしました。
到着は、いとじんさんから1時間半後、塩饅頭さんに遅れること1時間強。
何に時間が掛ってるんだか、なんだか自分でももうわからないですね。


夕食をいただき、一息ついてから、早速スイートポテトをいただきました。

スイートポテト中身

おいしー!

何これ、普通のスイートポテトぢゃないヨ?

いとじんさん、教えていただきありがとうございました!
まだ見ぬクレズさん、ご紹介いただきありがとうございました!!


ということで、ハッピーにミッションコンプリートでござんした。

秩父四ダムロマン


塩饅頭さん、いつも遊んでいただきありがとうございました。
いとじんさん、企画&安全運転での先導お疲れさまでした。
クレズさん、美味しいもの情報、お待ちしておりま~す。

次回、なんか企画しますので、皆さんまたよろしくお願いいたします。


また違った視点でこのツーリングを見たい方は、こちらのブログもチェック!

塩饅頭の備忘録 (塩饅頭さんのブログ)
くろすらいど (いとじんさんのブログ)




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ   さぁ、ポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  追加しました。 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(16) |  記事を編集 | 

2011年12月12日(月) 記事No.64
この日曜日、こちらのPenguin774さんのブログを見て以来、ずっと行きたかった埼玉ダムスペシャルカードアタックの旅に出かけてきました。


今回のコースは、以下の予定。

道の駅あしがくぼ(集合) → 下久保ダム(1ダムカ) → 合角ダム(2ダムカ) → いでうら(ランチ) → 浦山ダム(3ダムカ) → 道の駅あらかわ(地域貢献) → 滝沢ダム(4ダムカ) → 二瀬ダム(5ダムカ&SPカード=6ダムカ) → 三峰神社(おみやげ・解散)


ご一緒するのは、“塩饅頭さん”とそのお知り合いである“いとじんさん”のお二人です。
いとじんさん、はじめまして。


元々は前週に予定していたツーリングですが、雨のため泣く泣く延期。
満を持しての今週なのですが、なぜか風邪もよう・・・
さて、どうなるか


当日は、道の駅あしがくぼに9時集合ということで、余裕をみて6時過ぎの出発に。
これなら、順調にいけば45分は前に着く予定。
最近連敗(これとか、こちら)しているので、起死回生?

朝、5時に目覚ましをセットして、いざ、睡眠!


ジリリリリリン!!


おや、もう時間!?
風邪のせいで、爆睡したみたい。
あっという間に起床時間っす。
なんか身体が重いなぁ~・・・・・・・・・・・・ぐぅ


チリリリリリリリリ!!


およっ? 何の時間??

って、危ねぇ~、寝過ごすところだった!
ありがとう、目覚まし2号くん。

もぞもぞとベッドを抜け出して、まずは、体温を測ります。

風邪気味だからね!

無理して事故とか起しちゃいけません。
大人は体調管理が基本、基本、と。

ピピピッと体温計が鳴って測定完了。

さーて、何度かな・・・。 ん~っ、37度・・・1分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と?

ん~・・・・・・・?

・・・・・よしっ、平熱!

いやぁ~、天気もいいし、体調もばっちりだし、今日はいい日になるぞぉ~!

『今日は誰よりも早く着いて、ここらで流れを変えたいにゃぁ~。』とか考えながら準備をし、意気込んで出発~!

ナビで「あしがくぼ」を選んで、GO!

さすがに、土曜の下道は空いてますねぇ。
順調にあしがくぼに向かっています。
あっという間に青梅の近くまで来れました!

・・・って、青梅!?


・・・しばらく混乱しましたが、どうやらナビの目的地リストで「あしがくぼ」の下にある「おうめ」を選んでしまったことが発覚。
急いで再設定し、あしがくぼを目指します。

国道16号を使って、入間から国道299号に合流、そのまま西進。

道の駅あしがくぼに到着したのは、無事、集合時間の10分前でした!

やったー!

・・・って、45分前に着く筈が!?

僕の1時間、どこ行ったぁー!!


もちろん、塩饅頭さんといとじんさんは先にいらしてました。

道の駅あしがくぼ集合

・・・・・・・。


これも運命か?

ってことで、続く。




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ   さぁ、ポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  追加しました。 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(14) |  記事を編集 | 

2011年11月12日(土) 記事No.53
むかーし、昔。あるところに、ベスパLX125ieという名のバイクがおったげな。
このベスパは原付二種じゃったんで、高速に乗れず、遠くに行けんかった。
遠くに行くことができんかったベスパは、仕方なーく街中を走りまわっとったそうじゃ。

しかーし、ベスパは、本当は遠くに行きたくて行きたくて堪らんかった。
行きたいのに行けない。
そんな、悶々とした日々を送っておったそうな。

ある朝、街外れまで来ていたベスパの目に、遠くにそびえる山が見えたそうな。
山は深い緑色にほんのりと茶色をまぶして立っておった。
山の向こうには別の山が見え、その向こうにはさらに別の山が見えたそうじゃ。

「あの山の向こうには何があるんぢゃろ?」

そう思ったベスパは、居ても立ってもおられんかったそうじゃ。
そうして、我知らず山に向かって駆け出して行ったげな・・・。


・・・ということで、今回は、mixiの原2コミュで知り合ったみっちーさん企画の原2ツーに、ベスパで参加して参りました。

今回のコースは以下の通り、


国道16号マック箱根ヶ崎@8:30 → 飯能 → 国道299号 → 秩父 → 国道140号 → 奥秩父もみじ湖 → 扇屋山荘(ランチ) → 三峯神社 → 国道140号 → 秩父 → 名栗(お茶) → 国道16号マック箱根ヶ崎店


以前、同じくみっちーさん企画に参加した時は、珍しく遅刻してしまったため、帰り道でようやくツーリングに参加するという快挙を成し遂げてしまいました。

同じ愚を犯さないため、今回は相当早めに現地到着をもくろみました。
NAVITIMEで調べると、我が家から集合地までは1時間半で着くとのことなので、集合2時間以上前の6時過ぎに出発することに。


途中特に混んだところもなかったのですが、何気に道に迷い、ナビを確認しながら現地を目指します。

と、右手にマック箱根ヶ崎が見えてまいりました。

マック箱根ヶ崎

「よーし、もうすぐだ。」

そう思った瞬間、ベスパはトンネルに向かってまっしぐら。

あーれー!

マックが立っているのは立体交差の上だったのね・・・・・。

慌ててUターンし、無事7時50分ごろに現地到着。


現地では、既に何台ものバイクが待っています。

以前ご一緒(?)した白はんぺんさんなどと談笑しながら待っていると、続々原2バイクが到着。
何と、8時過ぎには全員が揃いました。

集まった原2は、PCX、アドレス、カブなどの人気車種に加え、マラグーティブログ、ジレラランナーなどのイタ車に、エリミネーターやビラーゴなどのアメリカンも入った、総勢17台。


まずは、16号沿いのGSで各自の愛車に朝ご飯。
その後、国道299号を通って秩父へと向かいます。
さすがに17台もあると、途中で列が途切れたりしますね。


途中、道の駅芦ヶ久保での小休憩なんかを挟みながら国道140号に入り、一路、奥秩父もみじ湖へ。


何度も通っているはずなのに、ベスパで行くとなんだか新鮮な感じ。
滝沢ダム直前にあるループ橋なんて、フルスロットルなのに全然登りません!(笑)
非力なバイクで一生懸命走るのって楽しいですね。


そうそう、このループ橋、雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)っていうそうですね。

雷電廿六木橋

すごい名前・・・。
この辺は雷がとどろき渡るのかな?


さて、もみじ湖では、滝沢ダムの駐車場に集合。

滝沢ダム集合


先客にハーレー軍団がいます。

ハーレー軍団

一体、何台いるんでしょ?

陸送ハーレー

中には、トラックで運ばれている人も・・・。


我々はというと、ランチまでの時間つぶしに、しばらく滞在とのこと。
その間を利用して、早速、ダムカードをゲット。

滝沢ダムカード


しばしまったりタイムを過ごした後、ランチの待つ扇屋山荘にチェックイン。

扇屋山荘

今日のランチはいわな定食。

いわな定食

左奥の四角いステーキは、この辺で捕れた鹿だとか。
バターで炒めてあって、くさみとかもなかったですね。
いわなも肉厚でおいしくいただけました。
いやぁ、お腹いっぱい。


お次の場所を目指すべく外に出ると、どうやら雨?
皆さん、そそくさとカッパを着て出発。


次に向かう三峯神社へは、秩父(甲州)往還を通って向かいます。


途中、武田信玄が設置した栃本関所の跡を通ったりしながら、三峯神社へとクネクネ道を進みました。

栃本関所


三峯神社は、標高1100mの高さにある古社で、日本武尊が創建されたとか。

三峯神社

さすがにこの高さまで来ると、木々の色づきもはっきりしてきます。

三峯神社紅葉

バイクを停めて、しばし境内を散策です。


ほぉ・・・。 色鮮やかな拝殿は最近修復を受けたのでしょうか?

三峯神社拝殿

ひときわ高い場所にある遙拝殿からは、秩父の山々がよく見えます。

三峯神社遙拝殿からの景色

しかーし、熊が出るそうなので、行かれる方はお気を付けを~。

三峯神社熊注意


神域の清らかな空気をたくさん吸ったので、お土産など買って、いざ、下界へと戻って行きましょう。


帰り道は、行きとほぼ同じ行程で、マック箱根ヶ崎店へと向かいます。


途中、ビラーゴのきくいけさんとカブ88に乗るその友人とはぐれちゃったり、別カブの大月きーちさんが離脱したり、山伏峠でタイヤが滑ったりと、色々ハプニングはあったものの、無事、最終立寄り所である名栗のケーキ工房綵珠に到着。

ケーキ工房綵珠


ここで行方不明のきくいけさんと友人カブさんが無事合流
皆でお茶をしながらしばし談笑していると、お店を出る頃にはすっかり暗くなっておりましたとさ。


その後、マック箱根ヶ崎店で解散し、新青梅街道を通って帰宅しました。

ベスパでのマスツーは初めてでしたが、皆同じようなパワーの集まりなので、とても走り易かったですね。


幹事のみっちーさん、お疲れさまでした。(って、見てないか・・・
次回もまたよろしくお願いいたします。(だから、見てないって・・・





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ☜ ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(20) |  記事を編集 | 

2011年11月04日(金) 記事No.50
日常が忙しく、すっかり時間があいてしまいましたが、日光ツーリングの続きです。


【行程】
東北道 大谷PA(集合@9:00) → 霧降滝(見学) → 大笹牧場(ランチ) → 瀬戸合峡(見学) → 蛇王の滝(見学) →
日塩もみじライン~太閤下ろしの滝(見学) → 回顧の吊橋&滝(見学) → チーズガーデン(おみやげ&解散)



さて、ライぱちさん家族とのご挨拶で始まった朝の大谷パーキング。
ついつい本名で自己紹介。

「おはようございます。私がニャンコ先生です。」

なんて、ちょっと言えないシャイなオヤジ・・・。


ライぱち号

出発するライぱちさんを見送って、さぁ、ツーリングの始まりです。
(すいませんライぱちさん。手を振っていただいたのに、ピラーに隠れ、写真では車しか写っておらず・・・。)


まずは、朝の栄養補給にと、コジコジさんから『いがまんじゅう』をいただきました。

いがまんじゅう


こちら、こしあんのおまんじゅうを赤飯でコーティングしたもので、ほどよいボリューム感。
なんと、農林水産省主催の郷土料理百選に選ばれている模様。
空きっ腹にほどよくフィットいたしました。
ありがとうございます。>コジコジさん


東北道から日光宇都宮道路に入ると、道の両側で葉が少し色づいてます。
空は快晴で、少し茶色の混ざった緑とのコントラストが美しく。
あー、写真がなくてすみません(汗) 言葉だけじゃ伝わらないですね・・・。

とにかく気持ちよく走り、あっという間に日光ICまで到着。
インター出口を出てすぐのGSでガソリンを補給した後、霧降の滝を目指し、高原の道をレッツゴー!


高原道路を少し走った後、まだ観光客の少ない駐車場にバイクを停め、歩いて霧降の滝に向かいます。
5分ほど歩いて観瀑台から対岸を見ると、見事な滝とご対面。

霧降の滝


霧降高原をバックに流れる高さ75mのこの滝は、日光三名瀑のひとつだそうです。
目で見る景色が写真で再現できないのが残念!


駐車場に戻り、出発の準備をしていると、隣の車の方から近付いてきた御夫人からお声掛けが。
「東京から、わざわざ栃木に来てくださり、ありがとうございます。」 と。
二言三言言葉を交わし、こちらこそ良いものを見せていただいて、とお礼を言ってお別れしました。

そんな話は出ませんでしたが、原発の風評被害に会われたのかもしれません。
東電とかマスメディアとかとは、一度闘っとかなきゃいけないですね。


気を取り直して、霧のない霧降高原道路を走りだすと、駐車場出てすぐのところで特別サイン会開催中!
事前に、OBSCの総統さん、ヌコマニアさんから情報いただいてたので、勝てない闘いを回避することができました。
お二人ともありがとうございます!


霧降高原道路。
意外に車も少なく、何よりコジコジさんのペースがちょうどよく、気持ちよく走りを楽しめます。
でも、徐々にお腹が空いて参りました。
期せずして、空腹との闘いが始まることに。ぐぅーっ・・・。


途中、見晴らしのよい駐車場に停まり、澄み切った空をバックに記念撮影!

霧降高原


いーい天気ですねぇ。
空の青さが、まるで、青魚のよう・・・。

サンマ、イワシに、アジにサバ・・・・・・。あー、お腹空いた・・・・・。
いかん!空腹に負けてしまいそうだ・・・。


そのとき、「あの辺りに大笹牧場があるんですよ。」と、コジコジさんが教えてくれました。
大笹牧場と言えば、本日のランチの場所です。
とっとこハム太郎、いや、とっとと、麓にある大笹牧場に参りましょう。

大笹牧場



ランチには、ソーセージ盛り合わせをチョイス。

大笹牧場レストラン


プリッとした皮の感触と、ハーブの効いた肉汁の味が空きっ腹にしみわたります。
ラークさんに少し羊肉などいただきながら、至福の時間を過ごしました。

食後は、本日の地域貢献。

地域貢献@大笹牧場


しっかりとミルクの味がするおいしいソフトクリームでした。
油ものの後なので、さっぱりと美味し。


食後は、広場で少しまったりタ~イム!

シガリロをじっくりと味わってると、パイプを持った人懐っこいおじさんが登場。
しきりにラークさんとコジコジさんに話しかけてきます。

そのうちどこかに去って行ったのですが、中座から戻ってみると、おじさんも戻ってきてラークさんとお話してました。

ラークさんからは、おじさんを集めるフェロモンが出ているようですね。

が、いつまでもおじさんに付き合っているわけにもいかないので、振り切って次の目的地である瀬戸合峡に向かいます。


でも、食後は眠いにゃ~
食後の眠気と闘いながら、なんとか瀬戸合峡に着いた次第。

瀬戸合峡2


ここからは、吊り橋までトレッキング。

・・・・・・の予定が、吊り橋までの道が通行止めとのことで、急遽上から吊り橋見学することに。

瀬戸合峡


『あー、吊り橋に行けなくて残念・・・。』

・・・と思っていたら、何と吊り橋に人がいます。

よく見ると、お店の横に吊り橋までの道があるじゃあーりませんか。
でも、吊り橋まで50分とか書いてあるので、全員一致で行かないことに。

ラークさんがホッとしてるのがありありで・・・。


並いる老老男女が吊り橋を目指すのは見ないことにして、景色を楽しむオヤジ達。
うん、まずは体力付けなくちゃね。
オヤジは自分を知っているのです・・・。


さて、吊り橋は行かないことにしたものの、何か物足りない気分の我々は、行きに通り過ぎた蛇王の滝へと向かうことに。

蛇王の滝


蛇王の滝・・・流れ落ちる姿が蛇に似ているからこの名がついたとか。
ちなみに、「へびおうのたき」ではなく、「じゃおうのたき」と読むそうで。
・・・世紀末覇者の滝


しかし、この滝、名前はいかついですが、県道の脇にバイクを停めた瞬間から眺められるお気楽な滝。
県道脇に、滝を眺めながらお茶をいただけるお茶屋さんもあるので、次回はゆっくりしたいかも。


ここからは、日塩もみじラインに入り次の滝を目指します。
と、ここで眠気が本格的に襲ってきました。

第二次眠気との闘い勃発

今度の眠気は、先程の眠気の比じゃありません。
あまりの眠さに、敢闘むなしく闘いに破れそうになるオヤジ!

がんばれ、俺!眠ると死んじゃうぞ!!


・・・・・・と、そのとき、唐突に太閤下ろしの滝に到着。
危機一髪オヤジの命は繋がったのでした・・・。

太閤下ろしの滝


こちらの滝、その昔、太閤秀吉があまりの滝の美しさに、つい馬から下りて観瀑したことに由来するそうで。
確かに、上下二段の滝は、緑の森に包まれてそこはかとない気品を感じさせます。
・・・気のせい?


そんな気の迷いを抱えながら、再度日塩もみじラインを走りだします。
かすかに色づく木々の中を、うねうねうねうね走っていると、不思議と眠気も覚めていきます。

と、山のてっぺんにある富士見台展望台にコジコジさんが吸い込まれていきます。
バイクを停めて人の集まっている場所に行ってみると、何やら皆さん上を見上げてます。




富士見台inもみじライン

おぉ!本日一番の紅葉が!!


得した気持ちで再びバイクに乗り込み、日塩もみじラインを出口まで一気に駆け抜け、塩原に出ました。


さて、ここからは最終立寄り所でもあり、お土産場所でもある那須高原チーズガーデンに向かうとのこと。
国道400号を東進し、途中でちょっとおトイレ休憩。


と、思いきや!
コジコジさんから「ここにも吊り橋がありますよ」とのお声掛け。


なるほど、そうでしたか!

瀬戸合狭のリベンジ&本日4本目の滝見学でしたか!

さすが、コジコジさん!


金色夜叉


こちら回顧(みかえり)の吊り橋は、尾崎紅葉の「金色夜叉」にも登場する橋で、長さ100mの渡り応えのある吊り橋。
それだけの長さの橋を支える二本の塔も、まっすぐ空に伸びてます。

回顧の吊橋


塔のてっぺんまでの高さは正確にはわからないのですが、ラークさんとの比較からもかなり高いことがわかります。
ラークさんの身長が5mくらいありますから、塔の高さは25mくらい?


そんな吊り橋を渡ってすぐに観瀑台があり、川の向こうに回顧(みかえり)の滝がコニチハ

回顧の滝


「みかえり」の名は、景色が美しく、「去る旅人が振り返らずにいられない」と言われたことからついたそうで。
すっかりその気になり、去り難い気持ちと闘いつつ、最終目的地のチーズガーデンに向かいます。



ついに到着したチーズガーデンは、本日一番の人混みです。

チーズガーデン


それもそのはず。
おいしいチーズケーキが売ってます。

御用邸チーズケーキ


買っちゃった。


同じくおみやげを買ったコジコジさん、ラークさんと共に、店内のカフェでコーヒーをいただくことに。
100円だけど、なかなかおいしいコーヒーですネ。

しばしまったりして、ついに解散と相成りました。


帰りは、バビューンとすっ飛んで行ったお二人を見送り、ゆっくりペースで東北道を南下します。

と、何やら渋滞掲示板が真っ赤っか・・・。


最後の最後で渋滞との決闘がまっていました。


しかし、疲れていたので不戦敗することに。
最も混んでいる区間をスキップし、岩槻ICで高速を降りて一般道を走って自宅に帰り着きました。



企画のコジコジさん、味覚のラークさん。
遊んでいただきありがとうございました。

また、次回もよろしくお願い致します!






にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ☜ ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(21) |  記事を編集 | 

2011年10月31日(月) 記事No.49
先日の土曜日、OBSCメンバーコジコジさん企画の日光那須紅葉ツーリングに参加してきました。

今回のコースは以下の通り、滝見学三昧です。

東北道 大谷PA(集合@9:00) → 霧降滝(見学) → 大笹牧場(ランチ) → 瀬戸合峡(見学) → 蛇王の滝(見学) → 日塩もみじライン~太閤下ろしの滝(見学) → 回顧の吊橋&滝(見学) → チーズガーデン(おみやげ&解散)


さて、例によって例のごとく、今日のツーリングも朝の試練から始まります。
自分への挑戦、運命との戦い。

そう、集合時間チャレンジの開始です!


本日の集合場所は、家からはるか116.3kmのかなた、東北道は大谷PAに9時ちょうど。
NAVITIMEで調べると到着まで1時間33分とのことなので、渋滞も考えて朝の6時半前に出発することに。


『いやぁ~いい天気だ! けど、寒いニャー・・・』
などと考えつつ、駐車場へとベスパを走らせます。


愛車TMAXの準備ができ、駐車場を出たのが6時45分。 
最近寒くなって来たので、高速も空いてますね♪

・・・・・・なんて、夢のまた夢。 外環に乗った瞬間から渋滞が始まってます!


日本道路交通情報センターのウソつきー! 
外環は混んでないって言ったじゃない?


などと独り言を言っても仕方がないので、ひたすら先を目指します。

案の定、東北道も渋滞がたびたび。


しかし、文句も言わずひたすら先に進むのです。
自分への挑戦、運命との戦い、いや、闘いなのです!


佐野PAを過ぎたところで残り時間は30分をだいぶ切ってます。
が、大谷PAまではわずか42km。高速なので間に合うはず!

ナビを見ると、到着時刻は9時32分。


ん? 9時32分!?
あれ、間に合わない??


いやいやいや。 そんなはずないよね?


よく見ると、ナビのコース案内では一旦高速を降りることに。
何故?


そんな疑問はさておき、運命との闘いはまだ続いてるので、アクセル全開!


目の端には流れ去る景色!

高速に軋む車体!


目的地まで10kmを切った時点で、残り時間は、わずかに○分!
間に合うか間に合わないか、微妙な時間・・・。


残り●kmで、3分!


残り1km! 時間は1分を切った!!



今、まさにPAの二輪駐車場に滑り込もうとした瞬間、こちらを見てニコニコしているコジコジさんを発見!

「1分くらい前ですよ」の声に、勝負に勝ったことを実感しました。

ふぅ。 ツーリング開始前に一仕事終えた気分です。


と、向こうからやってくる髭の紳士が。

おや、ライぱちさんにそっくり。
・・・と思ったら、ご本人でした。

ご家族と一緒に塩原に向かう途中、コジコジさんを見かけて立ち寄られたそうです。


そして、ラークさんともご対面。
なんだか元気がない?

やはり、朝まで飲んでたそうで。
お気を付けを~。


そんなこんなで、無事皆さん(+1名)揃ったところで、続きはまた次回。





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ☜ ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 | 

2011年09月14日(水) 記事No.34
謎の儀式を終えた一行は、まずは、ラークさんご指定の焼饅頭屋・火群庵を目指します。
が、残念ながら開店時間までまだ間があることが発覚。
道の駅『白沢』で道の駅切符を入手してから、吹割の滝を見に行って時間をつぶすことに。
『白沢』では、「5分ネというchibiokaさんの優しい言葉に、ダッシュするラークさん。
そのさまはピンポンダッシュする小学生のごとし!

さて、道の駅『白沢』から吹割の滝までは十数分。
緑の中、中速ワインディングを気持ちよく駆けて、到着。
駐車場で100円払って、イザ、滝へ。

微妙な高さの階段を降りて行くと、勢いよく流れる川の流れが目に飛び込みます。
吹割の滝

通常吹割の滝は、張り出した岩から覗き込むのだそうですが、増水のため近づけず残念。
しかし、初めてみる滝は私には興味深く、ついつい奥まで進むことに。

結果、ラークさんに呼ばれるまで、皆さんが戻ろうとしているのに気づきませんでした。
失礼しました。

さて、中速ワインディングを一路戻り、焼まんじゅうの火群庵にカムバック。

火群庵

ラークさんが皆に「えっ、焼まんじゅう知らないの?」と聞いて回ってたのが何気に印象深く。

お店では地元の人(chibiokaさん)に100円を渡し着席。
しばらくして出てきたものは、まんじゅうと名乗るのもおこがましい巨大な物体

焼きまんじゅう

ふと、chibiokaさんを見て、群馬の法則を知った次第。
謙虚な県民性?それとも、天の邪鬼

甘辛の楽園をさまよいながらも、早くもツーリング後の胃袋を心配するありさま。
横を見ると、「炭火焼、炭火焼」とつぶやきながら1.5人分のまんじゅうをほおばるラークさんが・・・。
(でも、おいしかったですよ。ね?ラークさん♪)

お次は、道の駅『川場田園プラザ』を目指して、利根沼田なんとかラインを快走です。
この道、自然がいっぱいな上ほとんど車が走っていません。
しかも、ゆるいワインディングとなだらかな上り下りがある快適ロード。
そして、前を行くのはジモピーのchibiokaさんとくれば、これは楽しむしかないでしょー。
急なブレーキにも鳴きもしない我がリアブレーキにほくそ笑みつつ、安心してchibiokaさんについていきます。

道の駅『川場田園プラザ』は、さすが「関東好きな道の駅 5年連続第1位」。
道の駅のレベルを超える広さと設備を誇っています。

田園プラザかわば

まずは道の駅切符を手に入れ、早速、食い物を求めて園内をさまよいます。
マックなど食べている人がいますが、これは見ないフリ・・・。
人の食とはいえ、見てるだけでお腹膨れちゃいますからネ!

そして、見つけたのは大盛りの美学、山賊焼!
その瞬間、chibiokaさんラークさんの大盛りブラザーズの眼が光る!!

その迫力に残りの者は恐れをなし、黙って100円をchibiokaさんに手渡します。
chibiokaさんの威光にお店の方も逆らうことなどできず、塊ハム乗せの山賊焼をGet。

山賊焼

すごいぞ、chibiokaさん なんだか、無敵だー

山賊焼を食らった後、猛者たちはソーセージなどをお土産に、田園プラザを後にしました。

ここでまたうねうね道を快走。
・・・も、前を行く軽自動車に阻まれ、踏切でストップ。

「あらら・・・」と思ったら、フォーッ!と遠くで汽笛の音が。
すわ、レイザーラモン!?
急いでカメラを構えて待っていると、やって来ました、SL号!!

SL号@群馬

一転して、得した気分に。

しかし、その後すぐ、群馬の内陸性気候が牙をむく!

ジモピーのchibiokaさん以外は急速に体力を失ってしまい、あっという間に青色吐息。
見かねたchibiokaさんの進言で、高速で鶴商文庫までワープすることに。

鶴商文庫は群馬の爆盛りの聖地

鶴商文庫

店内にはchibiokaさんのお師匠・ギャル曽根先生の写真が飾られています。

しばらく待った後、案内されたテーブルに椅子を追加してたむろするオヤジーズ。

入口に「4人以上では座れません」と書いてありましたが、大人ですから見ないふり。

5人で、デミソースバーグw/並ライスx2 + おろしバーグw/小ライスx3 をオーダーしました。
誰がどれを頼んだかは一目瞭然?

それ、喰らえ!

おろしハンバーグ

とばかりに、縦、横、高さとも重量級のハンバーグがお出迎え♪
ジューシーなハンバーグと、なかなか辛いわさびおろしにお箸が進むも、なにせ尋常じゃない量です。
『脳がお腹いっぱいだと気づく前に食べきろう!』と食を進めるも、あっという間に満腹サインが胃から上がってくる始末。

四苦八苦しながら食べ終えたものの、消化のために血が胃に集まり、頭がぼーっとしてしまいました。
食後ラークさんが話しかけてきたよーな気がしますが、よく覚えておりません・・・。

ぼーっとした頭のまま、近くのGSでガソリンを入れ、さぁ、道の駅『ららん藤岡』でデザートでも!
・・・と思ったところで、何やら日差しが眩しいのに気付きます。
おやっ、サングラスがない!
あわてて鶴商文庫に逆戻り。

無事サングラスを回収して、鶴商文庫の扉を開けたところをラークさんにフライデー(古い?)
これも、全ての血が胃に回り、頭に酸素が届かなかったためでしょう。
大食いもほどほどに、ということでしょうか?

気分一新。サングラスをかけて『ららん藤岡』にまっしぐら。
こちらでは、ガトーフェスタハラダにてchibiokaさんお勧めのラスクパフェ(抹茶&バニラ)を食べつつ、ダベリング

抹茶&バニラソフト@ハラダ

ツーリングの余韻に浸りながらまったりと過ごし、本日は解散することに。

それぞれが別々の方向に帰る中、私はライぱちさんと一緒に関越道を南に向かいます。
三芳PAまでランデブーを楽しんでから、一人スマートETCを通って帰途につきました。

ご一緒したみなさん、お疲れさまでした。

chibiokaさん、重楽しいツーリングありがとうございました。次回はもっと走りましょーネ☆
頭に血が戻ってきたら、またよろしくお願いいたしまーす。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(14) |  記事を編集 | 

2011年09月12日(月) 記事No.33
今回は、ギャル曽根先生を師匠と仰ぐ群馬の爆食キングchibiokaさんが企画した「残暑のこる群馬ツー」に参加。
残暑真っ盛りの群馬を高速で駆け抜けて来ました。

本日のコースはこちら。

関越道三芳PA → 関越道駒寄PAで目覚めの一食 → 道の駅『白沢』 → 吹割の滝 → 『火群庵(ほむらあん)』で焼きまんじゅう(大×4) → 道の駅『川場田園プラザかわば』でプレランチ → 『鶴商文庫』でランチ → 道の駅『ららん藤岡』でデザート

飽食の群馬ツーリングに挑む勇気あるメンバーは、
企画者のchibiokaさん、GGRライぱちさん、ラーク7447さん、お初のななパパさん、そして私・ニャンコ先生の5名でした。

前回のTKGリベンジツーでは、楽しみにし過ぎて前日ほとんど眠れなかったのを反省し、今回は前々日(木曜日)の睡眠時間を減らすことで前日(金曜日)に早く寝る作戦に。
作戦は成功し、前日のお昼は眠くて眠くて仕事が手に付きません。
・・・が、夜が更けてツーリング当日が近づくにつれて眼が冴えていき、ベッドに入っても眠れなーい。
結局、寝不足のまま一次集合地の関越道三芳PAに向かうことに。
またも、完敗でした・・・。

スマートETCを通って三芳PAに着いたのは集合時間の30分ほど前。
例によってたくさんのバイクが集まっていますが、ツーリングメンバーはまだ誰も来ていないようです。

バイクを停めて少しユックリしていると、近づいてくる謎の人物が。
何やら見覚えのある丸坊主、・・・・・・!?
なんと、別件のため新しく買った黒TMAXで新潟に向かうスキンヘッドさんでした。

スキンヘッドさんと、TMAX談義などをしていると、ライぱちさんとラークさんが到着。
三芳PA@群馬ツー

一休み後、スキンヘッドさんは新潟に、我々は本集合地の駒寄PAへとフリー走行で向かうことに。

道中、急に道が混みだしたと思ったら、追い越し車線でこけているカワサキが。
さすがに停まることもできず、人が大丈夫そうだったのをチラと確認して先に進むことに。
と、今度は路側帯でCB1300を停車して電話をしている人が。
こちらも人は無事そうだったので、そのまま次の集合場所を目指しました。

100キロ近い速度で走る車の間近にたたずむ気分はいかなるものでしょう?
事故にしろ故障にしろ、バイクの怖さを確認した次第。

さて、駒寄PAに着いてすぐ主催者のchibiokaさんと、また、お初のななパパさんとも無事合流。
chibiokaさんの前説を聞いた後、本日の『おめざ』として赤飯まんじゅうをいただくことに。

ここで、chibiokaさんが差し出したまんじゅうを囲み、みなさんすかさず写真を撮り始めます。
赤飯まんじゅう1

知らない人が見たら、きっと「何の儀式だ?」と思うことでしょう・・・。
げに、ブロガーという身の罪深きことよ。


赤飯まんじゅう2

あ、赤飯まんじゅうは甘辛くて重おいしかったっす。
ごちそうさま>chibiokaさん

続きは明日(の予定)。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(20) |  記事を編集 | 

2011年07月28日(木) 記事No.13
さて、道の駅みょうぎへと辿り着いてすぐ集合。
参加者の自己紹介の後、今回の主催者あきまさんによる本日のコースの説明。
と、AKOさんが少し遅れて到着予定とのこと。

妙義山
20分ほど自由行動とのことで、妙義山など見ながらぶらぶらしていると、後ろからつついて来る人が。
あ、ライぱちさん。
penguinさんのつぶやきにあったもの、チェックしてきましたよ」と。

そういえば、先日さすらいのスク人penguin774さんがつぶやいていたのを思い出した。
曰く、かがみというお土産屋さんで、ご自身のブログが印刷され飾られている、と。
penguinさんといえば、ダムカード集めで私に大いなる影響を及ぼした偉人
これは、早速チェックしに行かなくては!
と、動き出したところで、あきまさんが仰る。
「AKOさんは後ほど合流しますので、そろそろ出発しま~す!」
るるるー・・・・。

奥秩父の峠道は赴き深い。
うっそうと茂る樹木の向こうに時々見える妙義山の威容が目に新しい。
道は狭いがよく整備されており、土地の人(あきまさん)の先導もあって、実に走り易い。

下仁田を抜け、上野村のスカイブリッジを目指すまでの道すがら、私の前にはふーちゃんさんのGマジェが。
なんか懐かしいにおいがする・・・。なんの記憶だろう??規制前の排ガスのにおい!?
答えは霧の中。

ここまでくねくね走ってきたので、途中にある道の駅うえのでちょっと休憩。

道の駅うえの


道の駅上野
こちらの道の駅。小さいながらもそこそこ人が集まっている。
当然、バイク乗り(のおじさん)も。
ピアジオMP3にベスパGTSと、ちょっと珍しいバイクもいたりする。

しばらく休み、再び出発するとあきまさんのフォルツァがなにやら狭い山道を登っていく。
砂が浮いてるので、あまり無理せずついて行く。
行き着いた先には、上野村スカイブリッジの文字。

上野村スカイブリッジ


上野村スカイブリッジ2
キャンプ場もあるまほーばの森と関東随一の鍾乳洞・不二洞とを結ぶ天空の橋
入り口のトンネルを抜けると見える巨大なつり橋は、高所恐怖症の人の心臓を鷲掴み?
お布施の100円を入れて、早速、橋を渡る一行。

上野村スカイブリッジ3
誰ですか?お金入れなかったのは??

景色がよかったり、シャボン玉が飛んでたりと盛りだくさんも、基本、行って戻るだけの橋。
あっという間に、終了~。

上野村スカイブリッジ
恒例のバイク(と人)の集合写真を撮って、ランチに向かうことに。

ここから第二のお楽しみ
志賀坂峠を抜けて、小鹿野までのフリー走行。
あきまさんを先頭に、追いかけるTMAX軍団
あきまさんの先導が良かったので、たっぷり峠を堪能しましたよ!

個人的には、ここでブレーキの効きをチェック。
峠などを走ると、疲れてきた時にブレーキ操作が雑になり、ノーマルのパットではついつい後輪をロックさせてしまうのだが、今日の私は一味違う。
新しいパッドは、効きがいいだけでなく、ロック寸前の細かいフィーリングがよくわかり、とてもコントローラブル。
下りのヘアピンで多少突っ込みすぎても、ぐっとブレーキが効き、滑らかに元のラインに戻れる。
たった数千円でここまで違うと換えた甲斐があったというもの。
OBSCのTMAX乗りの皆さん、ABSのないTMAXにはお勧めですよ?

と、峠走りの余韻を引きずりながら着いたところがこちら。
イデウラさん。
本日の主催者あきまじゅんさんの後輩さんのお店。
で、バイクを停めてヘルメットを脱ぐと、そこに見たことのある人が。
あ、AKOさんだ!
すみません。峠が楽しくてすっかり忘れてました・・・。

イデウラ


イデウラ  ワラジカツ丼

イデウラさんでは、小鹿野名物のワラジカツ丼を食べ、群馬名物chibiokaさんの飽食を見学。
ひとしきりお腹が落ち着いたところで、OBSC名物バビさんいじり、と、楽しいランチタイムを過ごした。
ここで、バビさんがスーツに着替え、『え、どーしちゃったの?』と皆が呆然とする中、「じゃっ、仕事なんで」と、颯爽と温泉に旅立って行かれました・・・。
温泉で仕事って、旅芸人

ナゾを抱えながらも人は前に進まなくてはいけない生き物。
デザートを食べるため、イデウラさんを後にふれあい牧場に向かうことに。
やや木の葉が多いが楽しそうな峠をぐんぐん・・・・ぐんぐん・・・・、ぐんぐん行けない?
乗用車に頭を抑えられ、とろとろ走りで山の上のふれあい牧場を目指すオヤジスクーター軍団。
まぁ、一般道ですからね。こーいうときもありますね。

ふれあい牧場


ふれあい牧場  ミルクハウスのソフト
高原牧場では、こちらもOBSC名物のソフトクリームを皆で食す。
ミルクの味がしっかりして、なかなかおいしかった。
が、素直においしいといえなかったのは、だれかさんに遠慮したから。
お話と違い、濃厚で美味しかったですよ>あきまさん?(笑)

ここで解散のはずが、話の流れで道の駅おがわまちに行くことに。
と、地元のイノさん、別ルートで帰るおんさん・パイロンさんとはここでお別れ。
お疲れ様でした。

道の駅おがわまちまでは、割と普通の道を普通のペースで流すことに、で、つい、うつらうつらと・・・。
声を上げて歌いながら眠気と戦っていたのだが、信号で停まってふと気づいた。
『あっ、私オープンフェイスヘルだった・・・』
どーりで、道行く人がものめずらしそうに見てきたわけだ・・・。

そーこーするうちに、道の駅おがわまちに着いた。

道の駅おがわまち

道の駅おがわまち2
こちらの道の駅、駐車場も施設内も広くてきれいだが、ほとんど人がいない。
お土産が少ないからかな?おトイレも少なく、なんだか不思議な施設だった。

さて、楽しかったツーリングもいよいよ終わりが近づいてきた。
高速で帰る皆さんと別れ、私は下道で東京まで帰ることに。

道の駅おがわまち1
皆さんを見送った後、一息ついてから出発。
ちょっと信号のつながりが悪かったが、渋滞も無く、下道を快適なペースで走ることができた。

家に帰ってツーリングの余韻に浸り、バイクを洗ったり所用を足しているうちに、あっという間に夜中となった。

皆さんお疲れ様でした。
楽しい時間をありがとう。
次もまたぜひご一緒くださいね。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(16) |  記事を編集 | 

2011年07月26日(火) 記事No.11
今日は久々のOBSCツーである。
とはいえ、何と、峠メインの走りツーらしい。
先日交換したブレーキシューの効き目がわかる、と喜び勇んで参加した。

まず向かったのは、第一集合場所の関越道三芳PA
そこまでは下道を走り、スマートICで裏道からPAに進入。
で、入ってびっくり!
バイク、バイク、バイク。バイクの洪水だ!

パッと見で多いのは、高速PAの定番ハーレーで、しかもツーリングファミリー主体。
次に目立つのは、これも高速でよく見かけるBMWか。
なんと、トライアンフの集団も見える。

そんな中、我がスクーター軍団は、出口近くに陣取っていた。
バイクを停めて軽く挨拶をしていると、なにやら平ペッタイ車が近づいてきた。
コジコジさんのエスプリである。さすがのハーレー軍団も、ついつい寄って来て写真など撮っていた。
三芳PA

せんさんによる簡単な説明の後、ガソリン補給のため同じく関越道の上里PAに向かう。
上里PA

皆さん、速い速い。
何とか追いつき、給油した後、バビロニアさんのリクエストで、上信越道の甘楽PAに向かった。

甘楽に着くと、既に本集合の十分前ほど。
『急がなきゃ』と、とっととトイレを済ませて出てきたら、我が同胞たちがアイスコロネを頬張っている・・・。
『美味しそうだけど、今日はワラジカツドンだしなぁ~』と考えていると、バイクの傍でせんさんが時計を見ている。
獲物を喰らい終わり集まってきた皆さんに「他の方は、もう到着しているようです」と一言。
・・・やっぱ、時間押してました?

その後、本集合地の道の駅みょうぎへと先を急ぐ。今更ながらですが・・・。

そこそこ混んでいる中、そこそこのペースで走っていると、バックミラーに平ペッタイものが近づいてくる。
そう、コジコジさんのエスプリだ。
負けるものかと頑張ってはみたが、敵うはずも無くあっけなく抜き去られてしまった。
『はえぇ~』と思っていると、駆け抜ける黄色い弾丸が・・・。
おんさん、その速度って・・・・・。

心の中でおんさんの無事を祈りつつ松井田妙義ICを目指す。
ICを出て少し走ると、ようよう道の駅みょうぎへと辿り着いた。

あれ?全然始まらない。
近日公開の本編に続きます!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村




ツー記録(北関東) |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 |