• ツー記録(富士山) カテゴリーの一覧

2013年12月27日(金) 記事No.230
さてさて、無事3160さんと合流できたことですし、富士本宮浅間大社にお参りしましょう。

こちらの神社。創建は、先週行った秩父神社に同じく神話の時代。
同神社に遅れること60年ばかり後のことだそうで。
主祭神は、以前なにげにご因縁のあった木花之佐久夜毘売命です。

ぬけるような青空の下、空の青と建物の赤がきれいなコントラストをなしています。
立派な楼門に

018_20131227143535354.jpg

見事な拝殿ですね。

019_20131227143529220.jpg

お参りを済ませて第二駐車場の鳥居に戻ってみると、焼きそばを食べているお二人が。

021_20131227143531ec3.jpg

『おー、富士宮焼きそばかー。でも、この後ご飯だよね? じゃあ、我慢しなきゃねぇ・・・。』

すんでのところで我慢できました!

・・・我慢したというのに、じんさんという赤い悪魔が囁いてくる。
「静岡は嫌いだけど、ここの焼きそばは絶品・・・。」

022_20131227143531f9c.jpg

しかし私もいい歳の大人。悪魔の言葉に耳を貸すことなどありえませぬ。

うりゃっ! 滅却心頭火自涼!!

見事、己の欲望に打ち勝ちましたよ!

025_20131227143533e45.jpg

「一人分の焼きそばをY'sさんと半分こして胃のスペースを確保する」という知恵者ブリを魅せつけてやりました!www

ウホッ、旨し!おみやげも買っちゃおっと。

026_20131227143803cdb.jpg

主催者のバビさんも、感心した面持ちでこちらを眺めています。
ていうか、あれ?呆れ顔・・・。


お腹も落ち着いたところで、本日のランチ場所に移動。
本栖湖の近くにある松風さんにお邪魔します。

028_20131227143805db4.jpg

と、ここで合流者が。
TMAX関係者の間で有名なbunさんです。

あれ?朝の出発時にはいらしたはずですが、どっか行かれてたですか??
あれれ???若年性健忘症・・・・・。

まぁいいです。
とにかく、松風でランチ、ランチ!
いただいたのはこちらの鹿カレーセットです。

029_2013122714380508a.jpg

旨し!お腹いっぱいで満足満足。
やっぱ、この時期はジビエだねぇ~。

そして、この方はやはりお土産をGETですね?

030_201312271509288c3.jpg

少し休息をとった後、本栖湖をグルっと回って写真スポットに移動。

034_20131227143808fa2.jpg

こーんな集合写真を撮った後は、

036_20131227143825712.jpg

皆さんグダグダっとバイクに移動(笑)。

ここで、penguinさん、たーさん、bunさん、Mercury77さんとはお別れです。
お疲れ様でしたー。

残った10名はというと、県道36号を気持よく走った後、枯露柿見物に。

・・・って聞いていたのに、着いた先は塩山にある武田信玄の菩提寺・恵林寺です。

あれれ?と思ったら、実は恵林寺の手前に目指す目的地・岩波農園があるってオチでした。

037_201312271438277cf.jpg

見ての通り、あんぽ柿と枯露柿がたっぷりです。

040_20131227143828e65.jpg

041_20131227143830100.jpg

二つの柿の違いですか?
それはこれこの通り。

042_201312271438311dd.jpg

一般的には、あんぽ柿は硫黄で燻製後の乾燥、枯露柿はそのままの乾燥、と作り方が違う模様。
当然、食感や見た目も異なり、あんぽ柿は半生の羊羹みたいな食感で見た目はきれいな柿色です。
一方の枯露柿は、やや固めの食感で、干し芋のように黒っぽくなったものです。

私がいただいたのはまさに干し芋のように熟成の進んだ枯露柿ですが、

046_20131227143849b75.jpg

中身が羊羹みたいで美味しかったです。

あれっ?枯露柿??あんぽ柿???
・・・・まぁ、細かいことはいっかー。


さて、この後私は東京で用事があったりします。
ってことで、皆さんははやぶさ温泉に向かわれるそうですが、ザッキーさんともどもここで離脱となりました。

バビさん、皆さんお疲れ様でしたー。
また来年もよろしくお願いいたします!

高速に乗ってすぐザッキーさんともお別れし、初狩PAでコーヒー休憩。

044_2013122714384656c.jpg

だって、寒いし眠いんだもん(笑)。

割りとスムーズに中央道を駆け抜け、駐車場に着いたのは18時過ぎ。

045_20131227143847e2e.jpg

総走行距離389.4km、平均燃費21.6km/Lのショートツーでした。

さぁ、今年のマスツーはこれで終了!

ご一緒した皆さんお疲れ様でした。
また来年も一緒に走りましょー。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


スポンサーサイト
ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2013年12月23日(月) 記事No.229

今年一年のお疲れ様の気持ちを込め、どこか年忘れツーリングに行こうと考えていたところ、バビロニアさんが富士山ツーを開催するとの情報を某mixiカレンダーで発見。

いの一番に参加を申し込んで待つことしばし。
12/14(土)、冬晴れの日に無事参加してまいりましたのでご報告。


まずは集合場所の中井PAに着く前に、恒例の渋滞&集合ダッシュがあったのですが、特別なイベントでもなかったんで割愛。

到着してすぐに、13名が全員集合~。
本日の参加者は、主催者のバビさんを筆頭に、ラークさん、ふーちゃん、ザッキーさん、Mercury77さん、torioさん、3160さん、Y'sさん、penguin774さん、ターさん、エビさん、bunさん、そしてワタクシNの13名です。

皆さん集まってバビさんによる出発前のブリーフィングを待ってます。

002_20131223202340fb0.jpg

私はというと、おとなしく車上で拝聴しようと待機。
何故、車上待機かというと、「すぐ出発するから、N先生はそのままで。」とバビさんに言われたので素直に従ってました(笑)。
が、13名もの大所帯で知らない方も多いってことで、遅れて輪に入ることに(汗)。
『ち、違うんです。横着じゃなくって、そうするように指示されたんです!』と心の中で無実を叫びながら・・・。

簡単な自己紹介などその名の通りブリーフィングをした後は、新東名の新清水ICを目指してフリー走行。

集合までに燃費の悪い走りをしてきたので、ここからはひたすらゆっくりゆったりと西進。

時に富士山を楽しんだり、時にラークさんとの会話を楽しんだり。
でも、途中でラークさんがフーちゃんに変わっていてビックリ!イツノマニ・・・?

そうこうするうちに、新清水ICに到着。
ICを降りてすぐの駐車場に着いたところで、Y'sさんが嬉しそうに近づいてくる。

「ラークさん、行き過ぎたんだって♪!」

喜びすぎでしょ(笑)。

ラークさんを待つ間、記念撮影。いーお天気だぁ!

003_20131223202341357.jpg

バビさんとザッキーさんという雨男が二人もいるのに珍しいなー。
やはり、マイナスとマイナスをかけるとプラスになるのかな?

そんなことを考えるうちに、無事ラークさん到着~。

004_201312232023418f7.jpg

「思ってたより早かったでしょ?」と、謎の自慢(笑)。

気が付くと静岡担当のビリケンさんもいらっさいます。いつの間に?

005_20131223202343157.jpg

で、ビリケンさんを先頭に薩埵峠にレッツゴー。
薩埵峠では、有名な富士山と東名高速の写真を撮る目論見。

30分ほどで峠に到着。
したら、駐車スペースを探すのに一苦労。混んでる・・・。
すったもんだの末、3160さんと私だけ少し離れた場所に駐めることで落ち着きました。
後にあんな悲劇を呼び寄せるとは思いもせずに・・・(謎)。

バイクを駐めたら、皆の待つ駐車場に移動。
駐車場では怪しい人影が・・・。
あれ、じんさん。サプライズ参加デスか?

それはそうと、富士山の絵を撮らなきゃ!
よーし、例の写真を撮っちゃうぞー!あそれ、パシャッと。

006_2013122320380213c.jpg

あれ?なにか違うよ、バビさん??
なんか富士山も遠い・・・。

実は、例の写真の撮影場所までは徒歩で移動が必要とか。

駐車場から山歩きのおいちゃんおばちゃんの流れを遡って歩くこと2・3分。
特に人の集まっているポイントで富士山をパシャリ!

010_20131223202344a43.jpg

見事、どこかで見たような写真が無事撮れました~。
空と海の青さに囲まれて、富士山もくっきりと美しいデス。

撮影後は路傍で売っているミカンをゲット!

013_20131223202524bec.jpg

売り子のおばちゃんに「なるべくすっぱいのちょうだい!」というと、
「すっぱいんじゃなくて、酸味がある、ネ」と言い直されました。
まぁ、美味しいんだからどっちでもいいや(笑)。

その後、駐車場で少しだべって、お次の目的地・富士山本宮浅間神社に向かうことに。

少し離れた場所に駐めていたバイクをUターンして、皆さんに合流。
皆揃ったところで出発!

ハイカー達でごった返す峠道を降り、古い町並みを残す由比宿を抜けて県道396号に合流。
車で少しごった返す県道を走っていると、とあることに気づきました。

3160さんがいない・・・。

道端にバイクを停めてしばらく待つも、一向に来る気配がない。

014_2013122320252778d.jpg

バビさんがゲットした『我々を追いかけて走っていった』というビリケンさん情報を信じ、浅間神社を目指します。

というか、ビリケンさんもいなかったのね・・・。

しかーし!
割りとゆっくり目に走ったのに、結局、神社に到着しても3160さんには出会えませんでした。

017_201312232025279f1.jpg

どこ行ったのかなー?などと思っていたら、正面鳥居の奥、参道の脇に見たことのあるニンジャが・・・。

ナント3160さん号でした。

バイクを良く見ると、あれあれ?なんだか軽量化の後が・・・・。

020_201312232055279cf.jpg

実は、3160さん。
離れ離れになっている間に悲劇に見舞われた模様。

詳しくは3160さんのブログ(なみだ、ナミダのフルバンク記事)をどーぞ。


というところで、本日はここまで。


続きが知りたい方は、バビさんの記事と3160さんの記事とtorioさんの記事をご覧ください。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 | 

2013年11月17日(日) 記事No.219

そんな訳で、
ガソリンが無く、泣く泣く富士山の五合目行きを諦めた訳ですが、付近にガソリンスタンドも無く、仕方無く県道180号を駆け下りて麓のガソリンスタンドを探すことに。

幸いなことに一軒目のエネオスで給油できたので、即座に無人ゲートに引き返します。

014_201311152140407a4.jpg


ぼっちをいいことに、朝から軽~くお昼寝タイム。

しばらくすると、帰ってくる帰ってくる。

015_2013111521404224f.jpg


五合目に行ってた皆さんが帰ってきましたゾ。

全員整列するのを待って再スタート。
というか、ワタシの準備を待ってスタート。

すみません、寝起きでちょっとグズグズで・・・・。


再び県道180号を駆け下りて、麓のスタンドにIN。
皆さんが給油し終えた段階で、お次の目的地・イーハトーブの森を目指しましょう。


途中、一年間の富士山詣での経験を100%注ぎ込むべく、華麗に迂回路なんか回ったり。

「この迂回路意味無くないスか!?」

Y'sさんの声で空耳が聞こえてきましたが、気にしません!
一年間の経験を100パー注入ですから(力)!!


そーして、やってきましたイーハトーブの森。

027_201311172009225c9.jpg


ご覧の通り、邪魔をするものの何もない富士山真正面。

んーファンタスティック!最高のロケーションですね。


ここで、しばしコーヒー休憩。

024_201311172009216a5.jpg

残念なことに今年の遅刻回数が3回を数えたため、皆さんにコーヒーを振る舞うことに・・・。んが~。


外では、なんだかLightwaverさんがピンチ!

022_20131117200919284.jpg

じゃれつかれてるだけでしたー。
生後5ヶ月と、まだまだ遊びたい盛りのお犬さまでした。

ここで1時間くらい優雅な時間を過ごした後は、紅葉写真を撮るために例の場所に移動です。


紅葉台のあたりをホニャララ・ホニャララと移動して、今年もやって来ました紅葉の地へ。

032_20131117200951163.jpg

きれいな紅葉の並木に彩られ、バイク達も嬉しげです。

人々も嬉しげで、思い思いの場所で紅葉をバックに愛車の撮影会(笑)。


ワタシもこんな写真や、

028_20131117200950663.jpg


こんな写真や、

038_201311172009543ab.jpg


こんな写真

045_2013111720095572a.jpg


を撮ってご満悦。


20分くらい撮影会をやった後、きれいに整備された林間を走ってランチの場所を目指します。

1時間弱走り回って、やってきたのはお馴染みこちら。

046_20131117200956256.jpg

みさきうどんさんです。


オーダーしたのは、もちろん、肉キンうどん。

047_201311172010151f6.jpg

うどんももちろん美味しいのですが、おばちゃんご自慢のすりだねとお漬物がとっても美味し!

今日は比較的余裕があるのか、食後のコーヒーも出てきました。


さて、すっかりお腹が落ち着いたところで、ここからはLightwaverさんの先導に代わり、金運神社こと新屋山神社の奥宮にお参りすることに。

両側に落ち葉が堆積する山道を上がっていき、空き地?にバイクを停めて参拝開始。

050_20131117201018a06.jpg

しばらく来ない間に、すっかり立派になっちゃった。
それだけご利益があるんでしょうねー。

記帳をして富士山羊羹をいただいたところで、早々に本日はお暇することに。
お礼参りができるように、しっかり働かなきゃねー、などと考えつつ。


と、駐輪場で満面の笑みを浮かべるものが!

052_20131117201021d15.jpg

『これで世界の富はワシのモンやー!』
などと思ったのかどうかはワカリマセンが・・・。


ここからは再び私が先に立ち、おみやげ場所に向かいます。
向かったのは、富士山プリンで有名なラ・ヴェルデュール木村屋さん。

店先で富士山プリンをいただきマンモス!

054_20131117201036b77.jpg

うぉ、美味い!

食感はもとより甘さが上品で、ずばり好みです!
また買わなきゃ。

ちなみに、その場で食べて空き瓶をお返しすると、ナント20円が戻ってくる特典付きです!!


さーて、おみやげも買ったことですし、そろそろ帰るとしましょうか。

ここからは、以前penguinさんと来た山梨・神奈川県道35号四日市場上野原線を使って神奈川に入り、517と518の両県道を使って相模湖まで抜ける、別名penguinロード(勝手に命名)で渋滞知らずで帰ります(予定です)。


と、その前に、県道35号の入り口までの抜け道に、中央道の側道を快走。

都留バイパスと県道35号の交差点にあるセブンイレブンで最後の小休止。

056_20131117201037c7c.jpg


この後、林道をバビュンとな。

た~のしー(笑)!


途中、往復15kmほど逸走しましたが、問題なく高尾山ICまで到着。

えぇ、全く問題なく!

ここで、群馬に帰るため圏央道に入るベップさんとはお別れです。

お疲れ様でした、お気をつけて~。


残りのメンバーは中央道に入り、石川PAで一休み。

057_201311172010395a7.jpg


コーヒーなどいただいた後高速に戻り、流れ解散となりました。

駐車場に到着したのは、午後6時前という早帰り。

059_201311172010403bd.jpg


総走行距離403.8km、平均燃費20.5km/Lのミドルツーでした。
あれ、燃費は一回リセットしたのにあまり良くないですね?


参加の皆様、ご一緒いただきありがとうございました。
またの機会にもよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 

2013年11月15日(金) 記事No.218


「なぜ、こんなことになってしまったのか・・・。」


富士山スカイラインを駆け上がっていく仲間を見送りながら、男はそうつぶやいた。

011_201311152136429f5.jpg


見上げるとまばゆいばかりの晴天で、五合目からの絶景は想像するに難くない。


『宿命、か・・・。』


イベント体質。 その特異な体質を諦観とともに受け入れて、男は麓の国道を目指す。


『それにしても、なぜ、こんなことに・・・。』

なお諦めきれず、つい、朝のことを思い出す。
わずか数時間前のことを・・・・・。



・・・・・・・・ヂリリリリリリリリリン。

朝の3時半。
眠い目をコスりながら目を覚ます。

草木もまだ目覚めていないであろう時刻だが、今日の集合時間は明六つ。
集合場所は100km以上先の足柄SAだ。

遅くとも4時半には出発しないと間に合わない。
遅れないための起床時刻。

コーヒーをすすり、軽く温めたトーストを口にする。
目覚ましのために濃く淹れたコーヒーが頭をすっきりとさせてくれる。

食後、早めに着替えようと立ち上がると、

キシリッ・・・

以前骨折した肩が軽く悲鳴をあげた。
思えば、週初めに起こった会社トラブルで運動もできず、すっかり身体が硬くなっている。

『少し柔軟でもして体調を整えておくか・・・。』

体調管理は安全の基本。
始めは肩、そして腰や背中など、念入りに身体をストレッチさせていく。

『なんか体調がよくなってきたな!ついでに腹筋と背筋もやっとくか!!』

身体の調子がよかったため、ついつい運動など始めてしまった。

そう、時計の針を見ることもなしに・・・・・。


「やべーっ!」

気づくととんでもない時間になっていた。

『飛んででも行かないと間に合わない?』

それでも、一縷の望みを掛けて男は走る。

早朝なのに渋滞している東京の街中を駆け抜けて、

ようよう明けていく西の空に向かい、

東名を走る車の隙間を縫うように、

足柄サービスエリア、6時の集合時間に間に合うように!


足柄の二輪駐車場に滑り込んだワタシを迎えてくれたのは、嬉々としてサムアップするY'sさんの笑顔。

ち~ん

3分間に合いませんでした・・・。
しかも、燃費計には車みたいな燃費が表示されているような?おりょっ?


いやー、間に合うと思ったんだけどなー。おかしいな~。

やはり、昨年よりも3時間も集合を早めたのが敗因か?


後悔先に立たず。
あらためて、本日のメンバーのY'sさん、Lightwaverさんにご挨拶。

残りのメンバーの一人、ジョンさんとは水ヶ塚公園で落ち合うお約束。
そして、もう一人、先週の約束を果たし参戦宣言をされているベップさんは、・・・なんと消息不明。
無事に会えますよ~に~(笑)。


出発時刻までは少し時間があるので、おトイレがてらSA内を彷徨うことに。

朝ごはん?を食べるLightwaverさんの前で、恒例の朝のコーヒーをゴクリ。

002_20131115213635cfd.jpg


Y'sさんも合流し、昨晩以来行方しれずのベップさんのことなど情報交換。


バイクに戻るため外に出てみると、ちょうど朝日を浴びた富士山にご対面。

004_20131115213636026.jpg


『今日もいい日になりそーだー!』

ちょっと前の落ち込みなど忘れ、自然とそう思うワタシはO型・・・。


軽いブリーフィングの後、いよいよ出発!
御殿場ICを出て北上し、県道23号を使ってジョンさんの待つ水ヶ塚公園駐車場を目指します。
ベップさんを探し探しのゆっくり行脚。

とかいいつつ、特別なことはいたしません。
なんとなーく典型的な道を行き、なんとなーく周囲に注意を向けるだけ。
すまぬ、ベップさん(笑)!

と、そんな気遣いが認められたのか、自衛隊駐屯地直前のセブンイレブンでベップさんを発見!
奇跡的に合流が叶いました。
ヨカッタネ~(笑)。

が、水ヶ塚公園ではジョンさんが待っているはずなので、話す間もなくすぐさま出発です。


楽しげな県道をしばしの間ダンプカーの後で我慢してから、水ヶ塚公園に到着。

やはり、ジョンさんが既にお待ちでしたー。


あれ、何かきょとんとしている?

『やべっ、人違い?』

そんな不安が頭をよぎりますが、大丈夫。ジョンさんで合ってました(笑)。


ということで、まずは富士山をバックにパチリ。

009_201311152136383f1.jpg


ランドローバーがわざわざ近くに駐めちゃったため、ジョンさん号が見切れ、Y'sさん号はフレームアウトですが、まずは満足。


さて、お次は本日のメインの一つ、富士山五合目登山です。
青空に浮かび上がる富士山に元気をいただき再出発。

水ヶ塚公園を少しだけ西に行ったところにあるゲートを抜けると、つづら折りの彼方に五合目駐車場が我々を待ってるはず。
もう少しだ、おー!


・・・・・・・・・・・と、走りだしてからふと気づくと、コクピットのメーター内に給油マークを発見!
しばらく前から点灯していたようで、既に5km程走行している模様。

ここでカンピューター始動!
簡単なシミュレーションを開始します。

***********

確か、TMAXには2Lちょっとリザーブがあったはず。
ということは、リッター20km走るとして後40km強走行可。

五合目は、登って下って26km。
ここから、最寄りのガソリンスタンドまでは確か10数kmも、土曜の朝の7時半から開いているものなのか?ここは最悪を考えて、倍+αの25kmは考えておいた方がよかろう。

スタンドまでの距離(26km+25km) > 走行可能距離(40km強-5km)

あれっ・・・・・・・ヤバくね?

***********

なんだかやばそうだ!

漢らしくガソリンが果てるまで走るのもありだが、その場合の時間ロスったら半端ないことこの上ない!
ここは、漢らしく行かないって判断するしかない・・・・か(泣)?


ヅガーン!


富士山スカイラインの無人ゲートを過ぎたところで、皆さんにご説明。
残念ながら、ここで袂を分かつことに。

一台、また一台と走りだすバイクを見つめながら、ふとつぶやきがモレてしまう。

010_20131115213639dd7.jpg


「なぜ、こんなことになってしまったのか・・・。」



どこがいけなかったのか、皆さんも一緒に考えてみよー!

つづ、くぅ~・・・・!!


Lightwaverさんの記事はこちらこちら




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 | 

2013年09月06日(金) 記事No.200

サル日曜日。

その男は、発売されたばかりのバイク(CTX700)を駆り、中央道の相模湖辺りを西に向かっていた。
ほんの少し前、都内の暑熱に苦しんだのも忘れ、今は頬を撫でる高原の涼しい風に笑みを浮かべている。

が、その男の心の中を覗きみる者があれば、外見からは想像もできない心情に驚くに違いない。

そう、その男は焦っていた。
遅刻かどうかの瀬戸際に立たされて・・・。


車の列を縫い集合場所の藤野PAに着いたのは、集合時間の3分前、6:57のことだった。
到着と同時に男の顔から微笑みが消え、深呼吸とともに安堵の表情が浮かびあがった。

やり遂げたぜ・・・。

男の心は達成感で満たされていた。


いやー、人間、緊張すると笑顔がこぼれちゃいますよねー。
遅刻せずに済んだ奇跡に今日も感謝です! ←って、おいっ(笑)!


何はともあれ間に合った。

メットを脱ぎ、mixiにつぶやきを投稿しようとしたちょうどその時、背後から声を掛けられました。

本日ご一緒するY'sさんでした。
一呼吸おいて、ベップさんともご挨拶。

で、今回の首謀者のpenguinさんはというと・・・。
なんと、遅刻されましたー。


水分補給してー、

003_2013090620184122a.jpg

しばし待ったところでご登場。


004_20130906201843cc7.jpg

いや、ピースするとこじゃないっすよ(笑)?


とまれ皆さん集合しましたので、上野原ICで高速を降りて早速田舎道アターック!


県道35号をうねうねと走ること1時間弱。
おにぎりのおおみやさんに到着。

005_20130906201844965.jpg

ままけは(ってなんだっけ?)と紀州うめにお味噌汁追加の朝ごはん。

007_201309062018466bd.jpg

おいしい! 
でも、食べ過ぎた・・・。

重いお腹を抱えつつ、県道24号で道志みちにIN。

008_20130906201847e77.jpg

すかさず道の駅どうしで地域貢献です。早っ!

009_201309062020298d1.jpg

ピーチソフト美味し。


さらに、いろはすで水分補給。

010_20130906202031890.jpg

今日は暑いですねー。


再び道志みちを走りだし、あっちゅーまに山中湖!

・・・・だと思ったら、パノラマ台に抜けてくpenguinさん。まさにブレーキの壊れたダンプカー?


富士山の見える峠にストップしたところで悲しい事実発覚!!

015_20130906202033193.jpg

なんと、パニアケースに擦り傷がー!


どうして、いや、どうしでやられたの?
新車なのに・・・・犯人の馬鹿ー!!

悲しみを背負いつつ、

012_2013090620203239d.jpg

富士山をバックに記念写真(泣)。


三国峠を抜けて県道147号を駆け下りる時には、マジで放心状態でした。

その後、どこをどう走ったのか・・・。

気づくと箱根スカイラインの入り口にいますた。

021_20130906202034f26.jpg

すると、私の気持ちを知ってか知らずか・・・、なんだか霧が垂れ込めてきました。


ますます落ち込むワタシ。


負けずに濃くなる霧・・・。

033_20130906202052fcc.jpg

ま、前が見えないっ(汗)!


芦ノ湖スカイラインのゲートを超えたところでしばし休憩。

036_20130906202053ad8.jpg

その間に気持ちを切り替えましたのね。大人ですからね!


・・・と、あら不思議。 再び走りだした時には、霧もすっかり消えてしまいましたとさ。


熱海に降りてきて、今宵宴が行われるというひさ花の前で記念撮影。

037_201309062020551f2.jpg

停め方が悪くて車に迷惑かけちゃった。すみませぬ。


その後、湯元を通り抜けて椿ラインを駆け上がる!

山の上、大観山ドライブインでお昼をとることに。

040_20130906202056c12.jpg


選んだ獲物は、DAMMTRAXカフェの ”相模湾を眺めるアジなバーガー”。

042_201309062020580b3.jpg

地元食材を使ったアジな一品で、なかなかうまし。


食後ふらふらと外に出てみると、珍しい光景に遭遇。

なんと、

043_20130906202232b5f.jpg

penguinさんがタバコを吸っている!?
超久しぶりだとか。

『珍しいこともあるもんだねー』なんて思いながら2Fのクシタニカフェに上がって行くと、

044_20130906202227b2d.jpg

ここにも珍しいものが。


ジャン!


045_20130906202229a5a.jpg

景色の見えるおトイレ~。

ほぇー。日本橋にあるどっかのホテルみたいで落ち着かねぇー。


なんだかスースーしたところで、椿ラインを再走行。

こーんななりだけど、それなりに楽しめるよCTX!

太い中低速トルクと素直なハンドリングが峠道にも合ってます。

ホイールベースもほぼNCシリーズと変わらないので、タイトコーナーでも苦労はしません。
バンク角があまりないので、リア中心のコーナリングは必須な感じですけれど。

全方位でイージーで、なんだかなかなかいい感じ。
もし今からバイクを買うとしたら、十分候補になったかも?

そんなことを考えながら気持ちよ~く下り道を走っていたら、最後の方のカーブでR32GTRがバスに突っ込んで停ってました。
既に警察もいたのでおとなしく横を通り過ぎましたが、けが人がいないといーなー。


さて、椿ラインを下ったところで、いよいよ皆さんとはお別れです。

皆さんは熱海の飲み会へ。
そして私は都内へと。


最後、石川PAで一休みした後、

049_201309062022308f1.jpg

都内某所でバイクを返却して本日は終了~。


本日の走行距離389km。
余韻が残ってちょうどよい距離でした。


ご一緒した皆さん、お付き合いありがとうございました。
またどこかでカッ飛びましょー。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(22) |  記事を編集 | 

2012年09月22日(土) 記事No.127
ある日のこと。

とあるmixiのスレッドで、以前何度かご一緒したことのあるびりけんさんから、「ゆる~く富士山周辺とか走りに行きませんか? 」との問い掛けがUpされてました。

一も二もなく参加の意向を表明したところ、一番手だったので私の希望でツーリング日時が決定。
まだ見ぬばねまつさん、その節はすみませんでした・・・。


さて、当日は朝から快晴で、気持ちよく高速を駆け抜けていたところ、あっという間に・・・・・・・・・・・・渋滞に。

奥の手を使って前進するも、いつも以上の交通量に、つい稲城ICから一般道へと避難。
ところが、悲しいかなココも大渋滞。
ナビに従い別のルートを探すと、何とか間に合いそうな道があったので、転進!

あかん、ココも渋滞やん・・・。
すかさず別のコースを選ぶも、またまた渋滞に・・・。
目的地までの距離は縮まれど、どんどん遅くなる到着時間。

やがて、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・痛恨の二連敗。 orz

関係者各位にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした・・・。
連休初日の渋滞を甘く見ていました。

うーん・・・、そろそろストップしないとまずいなぁ~・・・・。


それはさておき、見知らぬコンビニからその旨を主催者のびりけんさんに連絡したところ、走行中にお電話が。

見知らぬコンビニ

目的地までは「後5分」以下とナビには書いてあるのですが、後5分で辿り着く自信が無い・・・・。
お話を伺うと、ご一緒すると聞いていたラークさんも道の駅どうしで集合とのこと。
これ幸い同士がいた!と、びりけんさんにわがままを言って私も道の駅で合流させていただくことに。

『良かったぁ、ラークさんもたどり着けなかったんだぁ~』と何故か安堵しながら、道の駅に方向転換。

後で知ったのですが、ラークさんは前日から道の駅合流を表明されていたとか!
つくづく残念な男だよ、アタイッて・・・。


それでも、連休の道は甘くない。
道の駅どうしまでの道も、少し広ければ当然のように混み混みです。
仕方がないので抜け道を走っていたら、宮ヶ瀬湖の湖岸を厚木方面に走っていてビックリ。
マイナビよ。恥の上塗りをさせる気ですカイ?

それでも何とか無事に道の駅に着いた時には、ツーリング開始前に既に消耗しきってました・・・。


道の駅にて無事にラークさんと合流。
一息ついたところで、びりけんさん登場。

ここで全メンバーが勢ぞろい。
本日の参加者は、主催のびりけんさん、Team Free Wingsから、かもじろ~さん、じんじんさん、そして、ラーク7447さん、およびワタクシの5名です。

どうし120915

この時点で既にお昼前。
まずはランチを食べに、忍野村の渡辺うどんにレッツゴー。


こちらの渡辺うどんは、グルメ漫画「美味しんぼ」にも登場した人気店。

渡辺うどん

駐車場も混んでいて、さすがの客の入りでした。

注文したのは肉冷やしつけうどん。

肉冷やしつけうどん

吉田うどんならではのコシに大満足。


お腹が一息ついたところで向かったのが、同じく忍野村にあるおしの製麺。

忍野製麺

こちらで試食を強制されながらお土産をゲット!

奮闘中

じんじんさんもラークさんも収納に困ってましたね。


お次に向かったのは本栖湖です。

そこそこ交通量はありましたが、割とスムーズに国道を走って本栖湖畔の湖仙荘の駐車場に到着。
と、駐車場にとめるやいなや、湖仙荘のお母さんから矢のような勧誘が。

それにのったというわけではありませんが、本日の地域貢献を。

白桃ソフト120915

白桃アイス、うまうま~。


と、われわれのバイクの真後ろに停止する怪しげな黒いスカブが。

なんと、TFWのじんさんです。

その後、じんさんも加わって「暑いなぁ~」なんて話をしていたら、「冷たい温泉に行きます?」とじんさんが。
どうやら、この駐車場を少し下ったところに湯温の低い温泉があるそうな。

「自分。温泉セット持ってるんスよ」というラークさんの声に押され、急遽、その温泉に向かうことに。
早速、ナビをセットするじんさん。

じんさん登場

・・・って、『すぐそこ』に行くのになぜにナビが必要なのかに?

若干の疑問を感じつつも、そこはバイク乗り。
バイクに跨った瞬間に、あらゆる疑問を忘れるトリ頭・・・。クルックー・・・。


じんさんを先頭に高原を下る6人の勇士達。
国道300号で高原を下り、ぐるりと湖畔を回って到着~。

・・・と思ったら、そのまま湖を離れていきます。

ワインディングをうねうね走ったと思ったら、今度は大きな川のほとりの快適な道をアップ↑&ダウン↓。


先頭を行くじんさんの黒いスカブを、びりけんさんのGSX-Rが追いかける。

続く私の直後にたびたびラークさんが迫り、その後ろにはじんじんさんのマグザムとかもじろ~さんのPCXが!

ん? なんか走行速度がおかしくないですか、そこの125cc!?



長躯の果てに到着したのはこちらの佐野川温泉。

佐野川温泉


佐野川温泉2

結構お客さんがいますね。


にしても、えんえん1時間は走ったでしょうか?確か、『すぐ』のはずだったのでは?
そのことをじんさんに尋ねたところ、「すぐだったでしょ?」と涼しい顔。

後でわかったのですが、なんと、じんさんは時計の長針が読めないことが判明!
「短い針で5分か10分」って、あなた。それは世間では「1時間から2時間」って言うのですよ?
恐るべし山梨・・・。


とまれ、佐野川温泉に入っていく一行。
こちらのお風呂は、少し硫黄の匂いのするアルカリ性の無色のお湯。
内風呂の二槽と露天の二槽が全て温度が違う凝った温度設定。
さっと体を洗った後、まずは、ほてった体を冷ますべく、一番冷たい温泉にザブン。

ぶぇ~っ・・・・、気もちエェ~。

なんてことない話をしながらつかる温泉の気持ちよいことよ。
まさに極楽気分?

と、「ホント幸せそうな顔してるね~」とじんじんさんの突っ込みが。
へへへ。


季節柄、冷たい温泉もちょうどよい温度。
でも、あまりに長く冷たい湯船に浸かっていたためか、足がつっちゃいますた・・・。


その後、暖かい湯船に浸かり、充分リラックスして温泉を後にするころには、外はすっかり夕暮れ模様。
最後に夕食を取るために由比のさくら屋へ向かうことに。


富士川を対岸に渡り、国道52号を南下。
2、30分ほど走ってから何気なく停まった信号で、後ろにいるじんさんからお声が掛かる。
ふと振り向くと、そこには富士山が静かにたたずんでました。

イイネッ!

じんさん、あーざーっす!


やってきたさくら屋さん。

さくら屋

遅い時間だけあり、お客さんもまばらな様子。

頼んだのは、こちらの桜えび定食。

桜エビ定食

旨し!

と、びりけんさんのおごりの黒はんぺんフライと、ラークさんからは卵焼きが皆さんに。

黒はんぺんフライ

静岡名物を是非にというびりけんさんのおもてなしと、らーくさんのいつもの心意気に感謝!
どちらも旨かったっすよ。

しばし歓談・歓食の後、楽しかった一日もとうとう終わりがやってきました。
かもじろ~さんの「うちに帰るまでがツーリングです!皆さん気を付けて。」の声と共に解散です。


ラークさんと私は、ともにじんさんに連れられて富士川SAから東名にON。
じんさん、先導ありがとうございました。


足柄SAでは、最後のひとっ走りに備えて恒例の一休み。

足柄SA120915

コーヒーを飲んだり、お土産屋を冷やかしたりしてました。


そういえば、バイクの横で日産リーフが充電してましたネ。

リーフ充電

何分かかるんでしょ?


その後、ラークさんとは高速で流れ解散。
お疲れさまでした。


120915終わり



本日お声がけいただいたびりけんさん、どうもありがとうございました。
富士山と黒はんぺん、堪能しましたよ。
今度はもっとディープな静岡をご紹介下さい!

他の皆さんも、色々とありましたがこれに懲りずにまた遊んで下さい!
あーざーっす!



そうそう、ラークさんからはおみやげにとあられもいただいておりましたっけ。

ラークさんおみや

美味しくいただきました。
あーしたっ!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  で、ゆっくり走ったの? ってあなた。そんなこと気にせずにこちらをどうぞ!
にほんブログ村

ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(20) |  記事を編集 | 

2011年11月24日(木) 記事No.57
先週の日曜日、本来ならOBSCの総統さんと伊豆一周かっとびツーリングの予定でした。
が、金曜夜の段階で関東が雨予報だったため、泣く泣く中止にすることに。

ところが、一日経った土曜の夜には、見事に晴れ予報。

色々と考えた結果、久々にタンデムで富士山を見に行くことに。
道志みちで西に向かい、何箇所かで富士山を見て、ランチして帰ってくるというお手軽プランを発動。


翌朝、眠い目をこすりながら駐車場に向かいます。

色々と準備して、レッツゴー!
首都高が混んでいるとのことなので、まずは、圏央道経由で相模湖を目指します。


東京方面は少し曇っていますが、目指す富士山側は晴れ間が広がっています。
関越から圏央道に入り、とりあえず、狭山PA(内回り)で小休憩。

狭山PA内回り

早速、ソフトクリームをいっとこうかと思ったのですが、「朝からってのもなぁ~。」と踏みとどまり、持ってきたお水でのどを潤します。
と、隣に、ゴールドウイングと1400GTRという大物二台が登場し、その大きさにびっくり。

ビッグブラザーズ

「そういえば、1400GTRも購入候補に入っていたなぁ。あれから1年かぁ~・・・。」と思い出にふけることしばし。
駐車場が混んできたのを機に、再び高速に。


八王子で中央道に入ったあたりから、徐々に緑が増えてきて、やがて、紅葉交じりの高尾山が左に見えてきます。

この辺は、都会からの脱出を体感できて、好きな場所なんですよねぇ。
しばし樹木の匂いを感じながら、空中散歩さながら、山中の高速走行をエンジョイ


相模湖東ICを出てしばらくすると、もうそこは道志みち。

道志みち

と、宮ヶ瀬湖に向かう県道64号との交差点にあるヤマザキショップで、臨時野菜売り場があるのを発見。
その先で、野菜を持って売り場に向かうおっちゃんを発見。

「採れたて野菜!?」

ここで、Uターンして野菜を物色することに。


売り場では、新鮮な野菜が格安で売られています。

野菜売り場


売り子のおばちゃんとのやり取りを楽しみながら、本日の獲物をゲット。

戦利品

ピーマンにニンジン、アスパラガスにサラダ大根を買い込んで、再び道志みちを西に向かいます。


道志川を左に見て、いくつものキャンプ場を後にします。
道の駅どうしを過ぎ、山伏峠を越えれば、前方に富士山がこんにちは!
コンビニの駐車場から、さっそくパチリ

コンビニから


日頃の行いがいいのでしょうねぇ。空は日本晴れです。


そのまま道志みちを終点まで進み、山中湖の手前を左に折れてパノラマ台へと向かいます。
峠を登る道はそれほど車も多くなかったのですが、さすがパノラマ台、駐車場にはもう車が入れません。

バイクの機動力を活かし、車半台分の隙間に駐車して、さぁ撮影だ!
パチリ

パノラマ台より

おぉー、絶景ですねぇ。
右手に山中湖、手前にはススキ、そして、真正面に富士山。
イイ感じだと、自己満足。


さて、良い写真も撮れたことだし、お次はランチ・・・・・の前にもう一枚。

山中湖の北辺にある長池親水公園の駐車場から、再び富士山をパチリ

長池親水公園より

少し風で湖面がざわついているので、逆さ富士こそ撮れませんでしたが、なかなかいい写真が撮れました。(自画自賛


さてさて、後ろに座っている相方が「お腹が空いた~」とうるさいので、ランチの場所へと急ぎましょうか。


ランチは、20種類以上ものスパイスを調合して作ったスープカレーうどんのお店「カレ吉」さんです。

カレ吉


選んだのは、チャーシューカレーうどん(750円)と温泉卵(100円)です。

チャーシューカレーうどん

吉田うどんとしてはお高めですが、スープカレーも美味しく、携帯電話くらいの大きさのチャーシューがついており、納得のお値段。
ちなみに、かけうどん(普通のつゆ)は350円ですので、それだけスープカレーに手間暇が掛っているのではないかなぁ、と。

そして、食べてみても大満足。
いわゆるカレーうどんのカレーとは違い、さらさらのスープカレーですからさらっといただけます。
吉田うどんとしては柔らかい麺とスープとの相性もばっちりな上、テーブルにおいてある辛子と追加の温泉卵を使って、味の変化も楽しめました。

うどん完食後は、スープにご飯を入れてリゾット(お茶漬け?)風にしても美味しそう。
お腹一杯になったのでそうしませんでしたけどね。
また行って、別のメニューも頼んでみたいです。


さて、カレ吉さんを後にした我々は、食後のコーヒーを求めて近くのマクドナルドに向かうことに。
マクドナルドでは、コーヒーの他にデザートとしてマックフルーリーを注文。

コーヒーとマックフルーリー

地域貢献ソフトの代わりですね。


お腹も満足したことですし、さて、どうしましょう?

もう一ヶ所追加で富士山の写真を撮ろうかなぁ・・・。
・・・とも思ったのですが、帰りの渋滞が心配だったので、そろそろ中央道を通って帰ることに。


中央道は、小仏トンネルでやや混んだものの、比較的すいすいと東京まで戻ってこれました。
圏央道に入り、今度は狭山PA(外回り)で小休憩。


行きとは違い、結構、バイクがいますねぇ~。
リッターバイク集団に、ビーマーオヤジ達、などなど。
おっ、お約束のハーレー軍団もいますねぇ。いいなぁ~。

おや、あそこにあるのはゴールドウイング?

ビッグブラザーズ2


と、ふと遠くを見ると、東の空に分厚い雨雲のカーテンがかかっています。
視界いっぱいに広がる黒雲に一瞬驚きましたが、よくよく見ると風は東へ東へと吹いています。

『よし行ける!

そう思いましたが、念には念を入れて、雲の様子を見ながらPAで待機。


しばらくしてから、ゆっくりと出発。

少し川越あたりで混みましたが、ほとんど渋滞に会わずに戻ってまいりました。
案の定、自宅の辺りはびしょびしょで、豪雨の跡がそこかしこ。
間一髪で、雨を避けることができたようです。

ラッキー!


家に着いたものの、まだまだ時間があったので、いつものYSPにお邪魔することに。

YSPチャレンジ7000キロ

こちらでは、チャレンジ7000キロ達成のご報告。
3月に登録したので、ひと月875キロ?
結構走っているようですね。


お天気も良く、気温も暖かく、実にツーリング日和でした。

富士三景

とてもよいツーリングでした!





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村




ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(22) |  記事を編集 | 

2011年09月29日(木) 記事No.38
さて、西湖の畔に辿り着いた我々は、ランチまでの時間つぶしに、茅葺屋根の立ち並ぶ「西湖いやしの里根場」へと向かいます。

「ソフトクリームやB級グルメの購買で地域経済に貢献する」というOBSCの影の目的のために、粛々と場内に突入する15名の勇者達。 
場内では、茅葺の家や自然を楽しむことに。

癒しの里2 癒しの里1



しかーし。

なんと、茅葺の集落に立ち入るには350円という入場料が必要なのだとか。

350円と言えば、井出牧場でソフトクリームが買える値段!
ソフトクリームをあきらめて入場料で地域振興に貢献するのか、それとも、ソフトクリームを購入して一個人の欲望を満足させるのか。

社会貢献 Vs.個人の欲望充足

個人主義に対する倫理観の挑戦!

結果、・・・・・・哀れオヤジライダーズ+1姫 は物欲の前に敗北を余儀なくされ、その多くは入場をあきらめることに。
ただ、一部の勇気ある者は、お団子を買うためだけに入場料を支払い、「OBSCここにあり!」の心意気を世間に知らしめることに成功しました。

あぁ、食いしん坊万歳! いや、OBSC万歳!!  


さて、お団子を食べた人を除き、基本腹ペコライダーズに変身した我々は、ランチの地である「マ・メゾン西湖店」に向かいます。
こちら、外装だけでなく内装もクラシカルな、とても雰囲気のあるレストラン。

マメゾン西湖1 マメゾン西湖2

ランチに選んだのはご隠居カレーで、甘・辛・スパイシーのバランスが絶妙な一品でした。

マメゾン西湖3


食後、しばし余韻を楽しんだ後、次なる目的地の「桔梗屋 アウトレット工場」を目指すことに。


と、ここでビリケンさんご夫妻が離脱。
ありがとうございました~。また遊んでくださいねぇ。


ここからは、精進ブルーライン(国道358号線)を北上し、途中から八代芦川三珠線(県道36号線)へと突入~。
この県道36号線が超ー楽しい!

道は、川沿いを走る1.5~2車線で、時々橋を渡りながら川を左右に見る郊外の道。
ところどころに民家が点在しているものの、実に走りやすい道です。
目を三角にして飛ばすのではなく、まさに「流す」という言葉が相応しい快適ロードでした。

バビさん、ナイスチョイス!
じんさん、快適なペースでの先導ありがとうございました!


さて、山を降りて町に出てみると、今までの天気がうそのようなよい日和。
そこで、お土産をGetすべくやってきたのが「桔梗屋 アウトレット工場」です。

桔梗屋アウトレット


残念ながら一番の目当ての信玄餅は売り切れでしたが、それぞれおみやげにソフトクリームにと、しばし平和なひと時を過ごします。
が、途切れることなく入ってくる観光客に、早々に次の目的地を目指すことに。
お次の目的地は、かの武田信玄公の菩提寺である「恵林寺」です。

お時間は午後3時半。みなさんの背中にも少しお疲れが?

恵林寺1 恵林寺2


神妙な面持ち(当社比)で境内にお邪魔し、かの有名な風林火山の屏風や端正な石庭、音の鳴るうぐいす廊下を拝見。

恵林寺3 恵林寺4



国宝の不動明王を拝んだのち、信玄公のお墓とご対面して、つつがなくご挨拶をすませます。

恵林寺 信玄公墓


その後、家臣団のお墓を拝見し、国の名勝指定を受けている夢窓国師築庭というお庭に嘆息。

恵林寺5


良いものを見せていただきました。 ありがたや~。

恵林寺6 恵林寺7

おみやげに勝守りを拝領し、帰宅に備えて蓬だんごをいただいときました。
(コジコジさん、撮影協力ありがとうございました。)

ここで、長かった一日も遂に終わりの時間となりました。
温泉組と帰宅組にわかれ解散することに。

恵林寺8

私は、ご近所さんの塩饅頭さんと共に、柳沢峠・奥多摩湖を越える道、いわゆる青梅街道で帰ることに。

GSで皆さんとお別れして、いざ出発!


青梅街道では、柳沢峠こそ少し寒かったものの、全体に車も少ないワインディングをほぼノンストップで快走。2時間弱ほどで青梅に到着し、コンビニで一休み。
ここで塩饅頭さんとお別れし、ナビに従い県道を一人家に向かいます。

お疲れさまでした>塩饅頭さん
楽しかったですね♪

走り始めの県道こそ快適に進めたものの、所沢へ向かう国道463号に乗ったあたりから渋滞が・・・。
スリスリするも、意外に道が狭くなかなか進めない。

西武線の踏切に遮られたり、渋滞交差点に突っ込んだりとしているうちに、ようよう家に辿り着いた時には、実に夜中の9時となっておりました。
なんで、山梨から山越えるのより時間が掛るのだらう?

さすがに少し疲れましたかね。


企画のバビロニアさん、走りあり観光ありでとても楽しめたツーリングでした。
ありがとうございます。
また、他の参加者の皆さんも、一緒に遊んでいただき感謝です。

次の機会も、ぜひ、またご一緒しましょう。

ここまでお付き合いいただいた皆様。長々とありがとうございました。
次は、あなたもご一緒にいかが?




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(14) |  記事を編集 | 

2011年09月27日(火) 記事No.37
さて、みなさん時間通りに集合しましたので、主催のバビロニアさんから説明を受けた後、さっそく出発することに。


と、なにやらビリケンさん夫妻がレインウェアを着始めました。
『確かに天気が怪しいなぁ、私も着ておこうかな?』とも思いましたが、今日の上着は撥水加工がされているのでそのまま出発することに。

しかし、富士山に向かいしばらく進むと、小雨が降り始め、その後すぐに普通の雨に変わっていきました。

と、私の直前を走っていたせんさんが先頭に踊りだし、適当な場所でストップ。皆でレインウェアを着ることに。

ちょっと体が冷えちゃった。
やっぱ、地元の人(ビリケンさん)の真似しとけばよかったなぁ・・・。


雨は止むことなく降り気温も寒い。残念ながら五合目は断念することに。
ということで、行程を早めて「富士山スカイラインの水ヶ塚PA」に移動となりました。


ここで奇跡的に晴れ間が差し、みごとな富士山が顔を出しました!

富士山図


・・・なんてことはなく、立派な書き割の前で13台の集合写真をパチリ

水ヶ窪PA

今日も壮観ですねぇ。

幾人かがおトイレをすませるのを待って、「井出牧場」を目指します。


「井出牧場」では、ビックリ顔の牛さんを見ながら、皆で恒例のソフトクリームを頬張ります。

いでぼく1 いでぼく2


私が選んだのはカボチャソフト。

濃厚なミルクの向こうにカボチャの味が顔を出したりひっこめたり。
なかなかのお味に、寒さなど忘れてしまった四十ウン歳でした。

火照った頭を冷やした後は、「白糸の滝」へレッツゴー。


「白糸の滝」では、いきなり駐車場入り口で係りの人に停められます。
どうやら増水などで滝の傍まで近寄れないようです。
が、果敢に滝へと進むことにしたオヤジーズ。せっかく来たのですしネ。

バイクを駐車場に停め、まず向かったのは音止の滝。御覧のような濁流です。

音止の滝

目指す白糸の滝はと言うと・・・、
こちらも糸というよりはロープの滝くらいの太さでびっくり。

白糸の滝



駐車場に戻ると、じんさん登場。
バビロニアさんのバイクの鍵を持ってうれしそうに立っていらっしゃる。
バビさん、これで何度目かな~?


さて、いろいろと行程が早まった結果、お昼の前にもう一ヶ所寄ることに。
ここで現地ナビシステムが発動

ジモピーのじんさんを先頭に、「西湖いやしの里根場」に向かいます。
道は、バビさんお勧めの県道71号。


県道71号では、見通しのよい道をぐんぐんと進んでいくスクーター軍団。
道中にはフリー区間もあり、いやでも皆の興奮が高まります。

興味の対象は、

山梨の送り狼ことじんさん Vs. 韋駄天職人の総統さん
(じんさん、総統さん、すみません・・・。


逃げるじんさんに、追う総統さん。息詰まるバトルが、今、幕を、

・・・・・・・・・・・・・開けません。


ウェットな路面に、みなさん抑え気味の走りでした。

とはいえ、正直カッとび気味だったのは否めません。
ね、コジコジさん?


フリー走行が終わったところで後続を待っていると、こちらを向いてじんさんが何やら口パクをしています。

「○、○、○、○、○!」

このとき私はメットの中で音楽を聴いており、何をおっしゃっているのかがわかりませんでした。
わからない、と身振り手振りで示すと、再びじんさんが口パクを。

「○、○、○、○、○!」

口が五回開け閉めされたので、五文字であることはわかりました。

えっ、五文字って・・・、もしや・・・・・・・・「ア、イ、シ、テ、ル!?」
ポッ!


・・・はい、違いますね

正解は、「ト、バ、シ、ス、ギ!」でした。


BL(ボーイズラブ)ならぬOL(オヤージズラブ)のロマンスが香ったところで、本日はここまでです。






にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(26) |  記事を編集 | 

2011年09月25日(日) 記事No.36
今回は、身体の成分の3分の2がラーメンでできているハマのバビロニアさんが企画した「秋の富士山周遊と山梨ツーリング」に参加してきました。


コースはこちら。

御殿場IC セブイレブン御殿場インター集合(9:00) → 富士山スカイライン 水ヶ塚PA → 白糸の滝 → 井出牧場(ソフトクリーム) → 西湖いやしの里根場 → マ・メゾン 西湖店(ランチ) → 桔梗屋 アウトレット工場(お土産) → 恵林寺(武田信玄菩提寺)


今回のツーリングに参加するメンバーは、
企画者のバビロニアさん、本ブログ作者の私・ニャンコ先生、・・・以下省略の15名でした。(すみません、長過ぎて・・・


さて、今回の本集合地は御殿場IC近くのセブンイレブンですが、東に住む人達の一次集合は、東名高速の海老名SAに朝7時半となっております。
前回の群馬ツー・前々回の房総ツーと二回連続で遅刻していないものの、好事魔多しといいますから、用心をして早めの出発をすることに。

首都高速を通って行くルートは60数キロと、普通に行けば4~50分で着く距離です。
今回は3連休の初日ということで、安全を見てほぼ倍の1時間半前に出発で。
出発直前には、念のためにJARTICの道路交通情報を見て、首都高があまり混んでいないことも確認。
さーて、レッツ・ラ・ゴー


5分後、困惑。 首都高高島平入口で渋滞に巻き込まれている自分を発見・・・。
30分後、無心。 板橋JCTを越え、山手トンネルに入る坂道を何も考えずに下り中。
1時間後、再起動。 山手トンネルを脱出し、ようやく3号渋谷線に合流。
           遅れを取り戻すべく海老名SAへ鬼のような形相で猛進中。
1時間30分後、放心。 東名の渋滞を思うように抜けられず、バビさんに連絡するべく
            近くのパーキングにIN。
            遅刻レコードを更新することに・・・・・・。


パーキングにて:
ニャ「もしもし、すみません。時間内に着くことができそうにありません。」
バビ「あー、寝坊ですか?(笑)」


違いますっ!!

ニャ「いえ、そうでなく・・・。渋滞にはまってしまって時間に間に合いませんので、
   先に本集合地に行って下さい。途中で追い付きます。」
バビ「了解です。ちなみに、今どちら?」
ニャ「港北SAです。」
バビ「港北・・・ですか・・・・。」

バビさんの沈黙の訳もさもありなん。港北から海老名まではまだ20キロはあります。
100キロで移動しても10分強はかかる距離。
しかし、そこは蛇の道は蛇。◎○●km/hで走り、何とか集合地に着く前に皆さんに追い付く算段です。


のように敏速に移動した結果、目論見どおりの時間に御殿場ICの表示が出現。


「よし、追い付けるっ!」

そう思った瞬間、思わぬ誤算が!!

そう、御殿場ICには第一と第二の二つの出口があるのです!!!
本当の出口は、さぁ、どっち!?


とはいえ・・・・・、ふっふっふ。
冷静な私はこんなときでも慌てません。

落ち着いて標識を確認し、『山中湖』の表示を追って、迷うことなく第二出口に向かいます。(第一側は、御殿場とありました・・・。)

ETC出口を出たところで停まり、ナビで本集合地のセブンイレブン御殿場IC店を探します。
そしてセブンイレブンは、案の定、第一出口の近くにありました・・・・・。


本集合地到着前に皆さんに追い付くという計画も破れ、正しい出口を選ぶ選択にも外れた私に、セブンイレブン前に集うスクーター軍団が優しく手をふっている。
いやぁ~、持つべきものは優しい仲間ですよねぇ~。
あぁ、このクラブに入ってよかったぁー。


安堵してヘルメットを脱ぐ私に、近づいてきたせんさんが優しく声を掛ける。
「あははははぁ、寝坊しました?


ちがーうっ!!寝坊じゃなーい!!!

このとき、すっかり寝坊→遅刻キャラが根付いた瞬間であった・・・!!


その直後に給油したところ、8リッターものガソリンを飲み込んだ我がTMAX。
リッター18キロ弱という史上最悪の燃費が、海老名SAまでの渋滞のひどさとその後のペースの速さを物語る。


だから・・・・・・、寝坊じゃなーい!!!!


ちなみに、本集合地には集合時間前に到着できたので、今回も遅刻していないってことで。
・・・・・・・駄目?


この後、メンバーを悲劇が襲う!
が、詳しくは、暑さ寒さも彼岸まで~秋の富士山周遊と山梨ツーリング(彼岸編)にて。

例によって、今回もツーリングは始まりませんでしたが、本日は、ここまで。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ツー記録(富士山) |  トラックバック(0) |  コメント(26) |  記事を編集 |