マニアック 東京モーターサイクルショー2014 その2

2014.04.05(00:02)


終わって久しい東京モーターサイクルショー!

需要があると信じて、マニアックな視点からお届けいたします(笑)。

お題はエンジンガード(+ちょっとだけKTM)、です。

・・・・誰が見るんだろう?とか思いつつ、まぁいっかー。

初めまーす。


まずは、皆さんお馴染みNC-X。

P1000290.jpg

ツラーテック製の比較的ごっついのですが、オン寄りモデルなので控えめですね。


同じくオン寄りモデルのV Strom 1000。

P1000191.jpg

やはり、ささやかですねー。


ぐっとオフ寄りモデルのスーパーテネレ。

P1000253.jpg


さすがに、ぐっとゴツくなりましたねー。
いい感じです。


前から見てもスゴイんです(笑)。

P1000254.jpg



お次は、BMWのF800GS。

P1000198.jpg


あれー?
何だか頼りなさ気です・・・。


こちらは同じくF800のエンジンガードです。

P1000279.jpg


ツラーテック製なのですが、先ほどのメーカー純正のガードに比べ格段にカバー範囲アップ!



オフ系モデル続きで、トライアンフ・タイガーのエクスプローラー。

P1000216.jpg


ゴツくはありますが、カバー範囲が足りないよーな?


同じくタイガー用ですが、こちらもツラーテック製。

P1000278.jpg


カバー範囲は広がりましたが、見た目のゴツさは下がりましたかね?


見た目で最強なのはこちらです!

P1000275.jpg


我らがKTM1190アドベンチャーR!!

もうなんてんでしょう、・・・監獄結界(笑)?

ただただ素晴らしいっす。



さて、イーモンを見せてもらったところで、ささやかながらおまけのKTM特集(?)です。

まずは、話題の1290スーパーデュークRです。

P1000226.jpg

デュークシリーズの最高峰だけあって、各部の質感も高かったです。


お次は、RC8Rのお尻っす(笑)。

P1000228.jpg


お尻星人の私としてはた・ま・ら・な・いデス(笑)。



そして、密かにかなり興奮してたのがこちら!

P1000222.jpg


2014年ダカールラリーチャンピオン車、マルク・コマの450ラリーです!!

KTMは、前人未到、ダカール13連覇ですからね。
素直にスゴイっす。

実は、2005年にヨーロッパセクションを観戦したのですが、その時の優勝者が今回と同じコマだったんですよねー。

10年近くもトップをはるんですからスゴイです。

なんかわかんないですが、私も頑張るぞ!


と、謎の宣言をしたところで、また次回(笑)。





にほんブログ村 バイクブログ KTMへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   しばらく 旧サブカテも並列しますッス。
にほんブログ村



スポンサーサイト

マニアック 東京モーターサイクルショー2014 その1

2014.04.01(21:43)


とある水曜日。

待ちに待ってたブツが到着!

001_201403312221141cd.jpg

プレゼントで当たったチケットです。


ということで、いつものメンバーで東京モーターサイクルショー2014に行ってまいりました。


会場近くのタリーズに集まってきたのは、

004_201403312227247f9.jpg

Y'sさん、penguinさん、コウさん、ラークさん、ワタクシNの5名です。

まずは、開場時間までコーヒーをいただきながらダベリング。


・・・で、お時間になったので会場入り。


入るやいなや自由行動に移るラークさん。よっ、自由人!

で、Y'sさんにどこだろうと振ってみたところ・・・

Y「ん?ただでもらえる物集めに行ったんじゃない?」

なるほど!さすが、付き合いが長いだけありますね。
よくわかっていらっしゃる(笑)。

まぁ、最後には皆バラバラになって、疲れた頃に再集合するからイーんですけどねー。



最初に全体の感想から申し上げますと、安定しているけどドキドキ感の少ない展示でしたー・・・かな。

以下、気になったものをアップしていきますので、軽~い気持ちでご覧あれ。



P1000225.jpg

お馴染み、空飛ぶKTM~。




P1000242.jpg

P1000243.jpg

話題のクマモンキー。




P1000194_201403312248097c9.jpg

バーグマン200。・・・・・と群がるおっさん達(笑)。




P1000193.jpg

やたらめったら幅広なシートの下には底浅シートボックス。
これが、横置きでメットが2つ入るというアレですか・・・。

なんというか無理やり?




P1000192.jpg

国内向けハヤブサ。・・・・・と群がるおっさん達(笑)。




P1000207.jpg

ソファーばりの豪華リアシートは、BMWのK1600GTL。




P1000212.jpg

満漢全席状態のトライアンフトロフィーSEのコックピット。



P1000213.jpg

これ・・・・・使いきれるのかに?




P1000257.jpg

そして、ついに市販されたTMAX530用のType T36DR1C1L。(詳しくはこちら

相変わらず美しい・・・。




P1000252.jpg

こちらはMT-09用Y'sギアの三連マフラー。

かっこヨス!

どう、doiさん? 無茶苦茶クールじゃねぇスカ??




クールといえばこちら。

P1000221.jpg

スカルフェイスが堪らなくカッコよい新型Z1000。




カッコイイといえば、会場には、カッコイイ女性ライダーもちらほら。

というか、意外にカッポーも多いですね、モーターサイクルショーも。



こちらのカッポーもアツアツです。

P1000196_20140331232608e9b.jpg



わ~お!

こちらで更にアツアツに!!

P1000199_2014033123272379f.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
















えーっと。


少ないですが、美しい方々でちょいとお口直しをどーぞ。



まずはカワサキのおねぇさん。

P1000282.jpg

GS風のジャケットが端正な顔に合ってますね。




次にゴールドウィンのおねぇさん。

P1000266.jpg

こちらは笑顔が素敵なキュート系。
可愛いですね。




こちらの人は実に驚きの細さ。

P1000289.jpg

アニメのキャラなみ?

後ろの人との対比もある意味ドラスティックです。




過激といえばこちら。

P1000284.jpg

うん。スゴイよね・・・。




そんな感じの東京モーターサイクルショーでした。

次回は更に趣味の世界にご案内~。




にほんブログ村 バイクブログ KTMへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   しばらく 旧サブカテも並列しますッス。
にほんブログ村




ぐーたら東京モーターサイクルショー2013 その2

2013.03.26(22:22)


東京モーターサイクルショーの続きです。

ちょいと地味な日本勢と、やっぱりド派手なアメリカ勢に対し、ヨーロッパはどーでしょう?


ヨーロッパ車のブースでは、いくつか興味のあるモデルが展示されていました。


まずは、フルモデルチェンジしたばかりのKTM1190アドベンチャーがご来場!


ニューKTM


おー、やっぱイイー!
今まで乗ったバイクの中で、タンデムが一番ラクだったのが先代の990アドベンチャーだったんですよねぇ。


ドゥカティからもタンデム向きのこちらが展示されていました。


ディアベルS


はい、ディアベルストラーダです。
前後とも、シートのすわり心地が最高に良かったですよ~。


日本車ではありますが、こいつは欲しいなぁ~。


クロスカブ


クロスカブのオフロード仕様です。
こいつで日本一周とか夢ですねぇ~。


モデルに関してはこんなもんですかね。
なんか、去年のほうが盛り上がった気がするのは、目玉となるスクーターが少なかったからでしょうか!?


最後は、気になったものを一挙大放出!!



まずは、バイクTVでお馴染みの藤原明子さん。


藤原明子

仮免ライダー??


ついで、カワサキのZ250を買ったKAZEメンバーだけがもらえるZショルダーバッグ!


Zバッグ


欲しいー!!(笑)


そして、グランドディンクでお馴染みの台湾メーカーKYMCO(キムコ)からは・・・・、


キムコのキムコ


KYMCOのキムコをいただきましたっ!!(笑)
レーシングキングとダウンタウン125がカッコ良かったです!


そしてそして、今年のモーターサイクルショー一番の注目商品はコレダっ!!!


オーリンズ


オーリンズのTMAX530用リアサスペンション!

ウオーッ、カッコEー!!!!


参考出品でお値段はわかりませんが、きっと高いんでしょうねぇ・・・。


アレいいなぁ~・・・・なんて考えながらビッグサイトを後にし、お昼とコーヒーでダベリング。
Y'sさんの次期愛車を何にしようかってなことで盛り上がってました。



そのまま帰るのもなんですし、ラークさん推奨のライコランド東雲にGO!

駐車場には、なんとこんなバイクが停めてありました・・・・・。


気狂い隼1


派手派手ファイヤーカラーの隼です!
ライダーは当然アメリカン!!・・・多分。(笑)


ナント、椅子とタンクがヴィトン・デコレーション・・・。


気狂い隼2


なんちゅーか、アメリカ人スゲー・・・。


感動が薄れるまでライコランドに潜伏した後、やってきたのがこちら!


なんで、や豊洲


大衆酒場なんで、や豊洲店です。
開店前なので店外で待機ちう~。

はっはっは、夕方の4時から飲み会開始っス。
実はこちらが本日のメインディッシュだったとか、違うとか・・・。(汗)


まぁ、そんなことはおいておいて、

パンカイ130323


パンカーイ!


くぅ~、昼から飲む酒はうめぇ~!(笑)



この後、夜の8時過ぎまで4時間ほど飲んでました・・・。

旅を語り、夢を語り、あぁ、バイク乗りの夜は更けていく・・・・・。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村



ぐーたら東京モーターサイクルショー2013 その1

2013.03.24(20:45)


年度末の忙しかった日々もようやく終わりが見えてきました。

ふと気づくと、東京モーターサイクルショーの季節ですね。


・・・ってことで3月23日の土曜日に、軽い気持ちで東京モーターサイクルショーに行って参りました。


ご一緒したのは、ラークさん、Y'sさんといういつものメンバー。

この三人とくれば、ぐーたら行くのは決まったようなもんです。(笑)


家から駅に向かう道すがら、ふと見上げると桜が満開?

桜満開


青空に桜のピンクがよく映えています。


そして、東京ビッグサイトのタリーズで待ち合わせ。

タリーズにて


ナント!
ワタクシめが一番乗りでしたゾ!!
今年は一味違うカンジ??(笑)


しばらくして皆さん集合し、早速会場へと突入~デス。

まずは、ヤマハブースにて、ブラックマックス!

ブラックマックス


黒地に金色が映えますね!

お次は、新作のボルトRスペック。


ボルト

マットグレーメタリックというツヤ消しカラーがかっこいいです。

ふと見ると、Y'sさんがXV1900CUレイダーに跨ってしきりにチェックしています。

レイダー


随分と入念ですが、なんのためのチェック?


おっと!

こちらでは、ラークさんがVMAXに跨ってご満悦!?

VMAX.jpg


まさか・・・!?(笑)


私はというと、ツヤ消しベスパに注目だったりします。

マットベスパ


うーん。かっこいい。

おっと、こちらもかっこいいですね。


FXSB.jpg


ハーレー2013年のニューモデルFXSBブレイクアウトです。


そして、アメリカからは新たなメーカーが日本本格進出!


ビクトリー


ミネソタの大鷲(笑)、ビクトリーです。
上のモデルは、ビジョンツアーというようです。
炎のカラーリングがアメリカン!

それにしてもすごい造形ですね。全幅は一体どのくらいあるんでしょうか??


と、驚いたところで次回に続く。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村



柏秀樹ライディングスクールに行ってみた

2012.11.10(23:41)


先週の日曜日、実践的な講習と評判の柏秀樹ライディングスクール(KRS)に行ってきましたので、ご報告。


スクーターでライディングスクール!?と、ちょっと驚く方もいるかと思いますが、へなちょこリターンライダーとしては少しでも長く楽しくバイクに乗り続けたいのでチャレンジしてみました。

特に、こちらのスクールは安全運転教習スクールを標榜しており、そのコンセプトは『笑顔でいつまでも安全に楽しく走り続けよう』。

共感度大なのです。


また、今回の講習は私の要望にぴったりのツーリング形式のトレーニングで、題して「富士山紅葉周遊トレツー!安全旋回を取得しよう!」。
『低疲労で安全かつ楽しい走りの創造』がテーマだそうです。


まずは、御殿場朝9時の集合に備え、東名kousoku は足柄SAで一休み。

足柄SA20121104


寒くなってきたからでしょうか?バイクの数が減ったような。

少し休憩して、集合場所のファミレスにGO。

ジョナサン御殿場


ファミレスには既に多数のバイクが集まっています。
本日の受講者は17名とか。


まずは、校長の柏秀樹氏からの座学でスクールが開校です。
といっても、朝ごはんを取りながらなので、座学と言うより雑談に近い雰囲気。

でも内容は、柏校長の経験を踏まえた理論と実践のコラボレーションで、為になる話が語られます。
例えば、交差点ではどういう風に停まるのかとか、あるいは、センターキープで走る意味だとか。

理論としては当たり前のことも、現実との関連で語られると改めて重要性が分かるというもの。
「へぇー」、「ほぉー」、というよりは、「ですよね」、「あ、やっぱり」という感じ、と言えばお分かりいただけるでしょうか?


ちなみに、座学の対象者は初参加者と希望者です。

今回の参加者の皆さんは、結構何度も通っている方が多いのですね。
17名中、初参加は私を入れてわずか2名だけでした。
2009年の開始以来通っているという方もいらっしゃってびっくり。

「色々通ったけど、ここが一番よかったですよ。」
と言う方もおり、期待が高まってまいりましたヨ?


本日トレーニングするテクニックについて一通り聞いたところで、ツーリングの開始っす。

ファミレスを出て最初の停止地は、以前バビロニアさん企画のツーリングで立寄った水ヶ塚公園駐車場。

あの時は曇って富士山が見えませんでしたが、今日はとっても良く見えます。

水ヶ窪駐車場


・・・・・日頃の行い?(笑)


ここまでの道でも既にトレーニングは始っています。
まずは肩慣らしを兼ね、息遣いなどリラックスの仕方をトレーニング。

自主トレを続けながら、順次&適宜ライディングを柏校長に見てもらいアドバイスをいただくのですが、それ以外の時間は基本的に自習型のトレーニング。

座学を思い出しつつ、緊張感を持って自分と語り合うのです。


やってみて疑問に思ったことに答えていただいたり基礎を反復練習したりと、実に地道な作業の繰り返しですが、一日やってみるといかに基礎ができてないかがわかり、むしろすがすがしい気持ちになりました。
座禅とか写経に通じる心持ち、というんでしょうか?

また、緊張感を持って乗っていたからでしょうか?全く眠さを感じませんでしたねぇ。
不思議・・・。


一日の終りには、本日のトレーニングについて自らカルテを作成。
カルテの内容につき柏校長と簡単なブリーフィングを行って本日のスクールは終了。

頭が働かないので、ブリーフィングは地域貢献しながらとさせていただきました。

和風抹茶パフェ



KRSですが、自己研鑽が得意な方にお勧めのスクールだと思います。
何度か通って自分のライディングを校長に覚えてもらえるとより効果が増す感じだと思います。


私ですか?
私もきちんと基礎を習得したいと思いますです。はい。


ちなみに、本日は一日コースと言うことで、富士山のよく見える場所でBBQランチでした。

イーハトーブの森

あ、真ん中で遊んでいるのが柏校長です。
まるで子供のようでした。(笑)

校長が乗っているのはモンテッサのコタというトライアル車です。
他にも、初代セローがありました。

初期型セロー

今とは角が違うんですよね~。


この場所は、柏校長がプロデュースしたバイク専用トレックランド『イーハトーブの森』といい、イベントなどで貸切でなければ皆さんに解放されているようですよ。

富士山の下、バイクトレッキングを楽しみながらコーヒーなんていかが?


そうそう。
本日のトレーニングでは、KRSのステッカーをいただきました。

KRSステッカー

表面が反射材になっているそうなので、どっか目立ちそうなところに貼ろっかな~?




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  自分もスクール行ってます!って方は、こちらで記事をあげちゃいましょー!
にほんブログ村




ハーレーのお姉さん @ Demo Ride Caravan in Tokyo 2012

2012.04.03(23:44)


先週末は、東京都はあきる野市で行われたハーレーのデモ・ライド・キャラバン2012というイベントに行ってきました。(パイロンさんのレポートはこちら

スクーター大好き男なわたくしですが、実は、ハーレーも大好きです。


さて、このイベント。
基本、ハーレーの2012年モデルの展示・試乗会なのですが、免許なしでハーレーを体感できるコーナーやプロカメラマンが写真を撮ってくれるコーナーなど、色々なイベントも同時開催しています。

そして、ハーレー本で有名なアラキメグミさん(ブログはこちら)や、ハーレー専門誌「バイブズ」のマスコットVibes Foxのお姉さん方も来場するという、ななパパさんやラークさん型お父さん必見のイベントでもあります。


さて、会場の東京サマーランドに着いたのは、開始から30分ほど経ってからのこと。
春の陽気に誘われて? 既に、大勢の方がみえています。

DRC 駐車場

さすがに、バイクはハーレーばっかりですねぇ。


受付を済ませると、タオルと入場証を渡されます。

DRC 入場セット

入場証は、このように腕に巻きつけておきます。

DRC手錠


遊園地の駐車場の一部を使って会場が設営されているのですが、試乗コースもあるため入場者のスペースはやや狭め? 真中に、タイヤを模した風船のモニュメントが立ってます。

DRC会場


周りには、所狭しと東京近辺のハーレーディーラーのテントがひしめいています。

DRC 販売店テント

自店でカスタマイズした車両を展示しているお店や、ウェア類やアクセサリーを売っている店舗もありますね。


こちらは、キッズコーナー。

DRCキッズ

こんな小さいころからハーレーを教えるなんて、どんな大人に育てたいのでしょう?


こちらは、バーチャル走行のできるプレデモライドというコーナー。

DRC プレデモライド

要は、車検場のようにローラーを使って後輪を動かせるようにしてあって、免許がなくてもハーレーを運転した感じを味わわせてくれるというシミュレーターです。

車両の前方に二基設置してある大型ファンは、走行風を作るのではなく、空冷エンジンを冷やすためのもの?


別の場所では、アラキメグミさんを迎えて、ハーレーの乗り方や操作のコツを教えてくれるハーレーチャレンジコーナーがあります。

DRC アラキメグミ

写真は、コーナー開始前に手持無沙汰でぶらつくアラキメグミさんです。


また、会場内には、あちこちにハーレーが展示されており、希望すれば跨ることもできます。

私の好みは、こちらの三台。

DRC ソフテイルスリム

二月に発売されたばかりのソフテイルスリムと、

DRC ファットボブ

走りのダイナから、二つ目の個性派ファットボブ。

DRC ローキン

そして、パイロンさんも紹介されていたロードキングです。


どちらのモデルもそれぞれに魅力的ですね。
ハーレーお得意の150回ローン(12年半払い!!)、考えてみるべきでしょうか!?


さて、こちらは何のコーナーでしょう?
やたらとオヤジ達が集まっているようですが・・・?

DRCオヤジ集団

何かに気付いたあなた!鋭い!!
そう、VIBES FOXの撮影会です。


ということで、最後は、紳士諸君お待ちかねの、ハーレーのお姉さんで締めくくりましょう。
ちょっと離れたところから撮ったので、写真が悪いのはご勘弁くださいね。


まずは、三人一緒の集合写真です。

DRC FOX集合

ななパパさん、好みの方は見つかりましたか?

一人ずつアップで行きましょう!
まずはこちら、MARIさんです。

DRC FOX1

続いては、MIOさんです。

DRC FOX2

NATSUMIさんファンの方すみません。
良い写真が撮れていませんでした。


気を取り直して、三人で踊るFOXダンス!

DRC FOX踊り

なんだか、身体がビートを刻みだしましたか、バビさん?

最後は、ラークさんのためのスペシャルショット。 バックシャンです!

DRC FOXバック

老いも若きも心が躍りだしたところで、本日は終了。
会場を後にすることに。

肩が治っていれば、ソフテイルスリムあたりを試乗したりしたかったんですけどね。
残念。


さて、一年中色々なイベントを行っているハーレーですが、次なるイベントは、調布の味の素スタジアムで行われるライディングフェスタという展示・試乗会です。
ご興味のある方は一度参加されてみてはいかがでしょう。

また、何故か、来週の火曜日まで銀座にある阪急MEN'S TOKYOでハーレーを展示しているそうです。
新橋辺りで飲む前にちょっと寄られてみてはいかがか、と。


ハーレーを見ることで、案外、スクーターの魅力を再確認できるかもしれませんよ?




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  自分もハーレーが好きだーというあなた!ポチっと行っちゃいましょう~。 
にほんブログ村






音入れ

2012.03.30(22:50)

さて、東京モーターサイクルショー。
スクーター以外についても少しレポートしてみましょう。


まずはこちら、インディアン。

インディアン1

アメリカで最も古いオートバイメーカーで、ハーレーよりも高級だったという伝説的ブランドの復刻版です。

ベーシックモデルで1700cc強のエンジンに350万のお値段と、現在のインディアンもハーレーより高性能かつ高級路線です。

インディアン2

その名の通り、フェンダーマスコットもインディアン。(笑)
なんと、透明部分はガラス製だそうで。

カタツムリみたいなエスカルゴフェンダーがクラッシックでいいですねぇ。



お次は、イタリアはドゥカティのディアベルを後ろから。

ディアベル1

太いタイヤですねぇ~。

量産バイクとしては最大級?



でも、こちらの虎柄はもっと太い!

ボスホス1

どこのメーカーかというと、アメリカのボスホスです。

なんと、車(シボレー製)のV8-6リッターエンジンを積んでいる驚異のバイク。

ボスホス2

ラジエーターも車並み!?



うって変わって、こちらはヤマハのツーリング・セローです。

セロー1

こんなバイクと一緒に旅に出たいですねぇ~。

このセロー、物干しみたいなキャリアが秀逸です。(笑)

セロー2


このセローの他にも、参考出品モデルの陵駆やトリッカー、WRシリーズなど、今年のヤマハブースはオフロードが目立ちました。

また、各モデルともたくさんのアクセサリーが装着されており、バイクの楽しみを演出?

新型とはいえTMAXにも総額40万円強のアクセサリーが装着されており、過奮症の私にはひたすら目の毒でした・・・。

TMAXアクセサリー



少し歩くとすごい人ゴミが。

ラジコンバイク

何かと思ったら、ラジコンメーカー京商のモトレーサーというラジコンバイクのデモ走行でした。
私も含め、おじさん達の眼がらんらんと輝いてましたヨ。(笑)
(詳しくはこちら → http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/miniz_moto/index.html



また別のブースでは、JAFがロードサービスのデモを披露。

JAF

バイクを荷台に乗せるのですが、二種類の手袋を頻繁に交換してタイヤなどの汚れが車体に付かないよう気を配っていたのが印象的でした。



変わり者バイクとしては、こちらのおトイレバイクとか・・・、

おといればいく


こちらの霊柩バイクとかが展示されており、世の中の広さを知った四十代の春でした。

れいきゅうばいく



いやぁ~。一日バイクに囲まれて、すっかり栄養補給&リラックスができました。



でも、浮かれついでに、BMWブースでウイリーしたり、

ウイリー


革ツナギになったりしていたら、

ツナギ

はしゃぎ過ぎたのでしょうか?

ショーの後に寄ったお店で、食事を待ちながらうたたねしちゃいました。(汗)



童心に帰り過ぎ!?



最後に、今回のショーで一番気に入ったバイクをご紹介。

タイガーExp

トライアンフのタイガーエクスプローラーです。

去年発売されてたら、こちらを買ったかもってくらい気に入りました!




最近は随分と暖かくなって、いよいよツーリングの季節ですね。

やはり、見たりまたがるだけでなく、実際に走らせてみたくなってきました。


あー、早くバイクに乗りたーい!!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ポチっと病のあなた!ポチっと行っちゃいましょう~。 
にほんブログ村





スクーターデイ  in  東京モーターサイクルショー

2012.03.27(22:50)

最近、ツーリングもすっかりご無沙汰しており、バイクに触れる時間がとても少ないんです。
おかげで、少し元気が足りません。
所謂、心の栄養失調?


こりゃいかん!

ってことで、たっぷりと栄養を摂るため、先週末、東京ビッグサイトで行われた東京モーターサイクルショーに行って来ました。


遠路はるばる電車に揺られ、やって来ました東京ビッグサイト。

駅を降りて先ず目にしたのは、ピンクのうさ耳を付けた、前から見ても横から見ても同寸法のビッグな白人カッポーでした。


うおっ!この人たちもバイクに乗るのか!?
ヤッパ、ハーレー?


とか思ってましたが、そんなことはありませんでした。
彼らは、同時開催されていたアニメの展示会のほうへと向かって行きましたとさ。

うーん、クールジャパン。


閑話休題


さて、ここからはショーに出ていたスクーターに絞ってご紹介していきます。


まずは、本日の目玉、BMWの二台です。
C650GT@TMCS

いやぁ~、大きいですねぇ、C650GT。
感覚的には、デカブよりも半回り大きいくらいか、と。
カウルの中にスッポリと身体が隠れちゃいますね。


C600SPORT@TMCS

C600SPORTの方は、TMAXくらいのサイズ感でしょうか?

人を乗せて比べてみましょう!

C600SPORT_2@TMCS

C600SPORTは、TMAXでバックレストを一番後ろにした位のライディングポジションでした。


C650GT_2@TMCS

C650GTの方は、物理的にフットレストやハンドルが遠いです。
バックレストを前進させれば対処できるのかな?


ところで、写真を見てて、今思ったんですけど、C650GTの写真で私の後ろでC600SPORTに乗っている人が見たことのある人のよーな・・・。ひょっとして、おんさん!?
・・・ははは、まさか、ネ。


お次は、もちろん、TMAX。

TMAX@TMCS

色々とオプションがついていてカッコ良かったです。
おんさんもきっとガン見してたことでしょう。


そして、アプリリアのSRV。

SRV

こちらは残念ながら触ることができませんでしたが、ハンドルから後ろがまんまジレラGP800でした。

もう一台あったSR MAX250も、ジレラNEXUS250の兄弟車のようでしたけど、かっこよかったですね。

SRMAX@TMCS

アプリリアが本格的にディーラー展開してきましたので、これらのバイクが日本のスクーター界に刺激を与えてくれると嬉しいですね。


そして、次もイタリアンブランドのピアジオです。

まずは、ベスパGTVです。

GTV@TMCS

い~色ですねぇ。
とーってもコンパクトな車体は、とても278ccには見えません。
欲しぃなぁ~。


で、こちらは、ビバリー500ieです。

Biverly500@TMCS

こののっぺりとした風貌を見て、赤塚漫画「もーれつア太郎」のキャラ『べし』を思い出すのは私だけでしょうか?
(『べし』については、こちら → http://artstorm.co.jp/atarou_beshikemunpasu.htm


イタリアンの最後は、ちょっと変わったところで、マラグーティ。
日本では決してメジャーではありませんが、デザインが良いと評判です。

こちらは、マディソン3という250ccのスクーターです。

Madison3@TMCS

タンデマー用のフットレストには、なんと、ハイヒールのヒール部分を逃す切り欠きがあります。

Madison3_2@TMCS

さすが、イタリアン!

そしてこちらが、ブログルーフ160という屋根付きスクーター。

BROGROOF160@TMCS

雨の日なんかは、こんなバイクに乗りたいものです。



最後に台湾ブラザーズ。

こちらの黒いのは、キムコのダウンタウン200i。
Downtown200@TMCS

そして、こちらの白いのはSYMのRV200i。

RV200@TMCS

一緒に写っているおねぇさんは、10月の東京モーターショーのときとは違うみたいですね。

ダウンタウンが43万円でRV200が39万円と、台湾勢はコストパフォーマンスの高さが魅力です。


この他にも、話題のホンダインテグラやジレラのFuocoなど、興味あるモデルが目白押しでした。

いやぁ~癒されたなぁ。


次回は、スクーター以外のバイクについてご紹介します。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  いかがでしょう、 ポチっと押されてみては。 
にほんブログ村





日独伊三ヶ国巡り

2012.03.18(23:27)

さる金曜日、OBSCの皆さんに消毒会を開いていただき、すっかり身体が回復した(気になった)ので、相方と共に、本日は都心に突進してきました。

「消毒会って何?」って方はこちらのブログをどうぞ。
 → バビロニアさんの記事
 → パイロンさんの記事
 → ななパパさんの記事
 → せんさんの記事
 → ラークさんの記事

まず最初に向かったのは、東京メトロ青山一丁目駅5番出口を出てすぐの、Hondaウェルカムプラザです。
こちら、ご存知、本田技研工業の本社があるHonda青山ビル1階のコミュニケーションスペースですが、四輪だけでなく二輪も展示してあります。
今回は、出たばかりのNC700Xを触り倒して来ようって魂胆です。

その前に、まずはCB1100でチーズ。

CB1100

このバイクも購入候補の一台でした。わずか1年半前のことなんですねぇ。

次に、CBR600RR。

CBR600RR

座っただけで腰に違和感が・・・。SSは無理ですね。残念!

そして、今回一番気になったバイク。

そう、ベンリィ110です!

ベンリィ110

これに乗って日本一周キャンプ旅とかおもしろそうですよねぇ~。

結局、お目当てのNC700Xよりも、他のバイクで楽しんじゃいました。


四輪の中では、N BOXが萌~。
単純な仕掛けで死角が激減するピタ駐ミラーが秀逸でした。

NBOX1
NBOX2
NBOX3


40分ほどして始まるイベント「親子で学ぼう!モノづくりワールド」のためでしょうか。
親子連れが増えて来ましたので、そそくさと建物を後にすることに。


Hondaウェルカムプラザを後にし、青山通りを西進してやってきたのはこちら。

ポルシェカフェ1

期間限定オープンのポルシェカフェです。

テラスには、先ごろ発表された新型911が鎮座してます。

ポルシェカフェ2

カッコイーですねぇ。

開店後すぐということで、すんなり着席。

ポルシェカフェ3

ドイツ人シェフの手になるランチをいただきました。
でも、トマトソースのパスタにフォカッチャのサンドイッチと、なぜかイタリア風。
まぁ、美味しかったからいいんですけどね。

ライブラリーコーナーとかあったんですが、雲行きが怪しかったので、そそくさとお店を出ることに。
と、入口には入店待ちの人たちがぎっしり。
当然、お店の前には、ポルシェもいっぱい。

ポルシェの群れ

今春のオープンは終わってしまいましたが、6月、10月、12月にもオープンするそうなので、また来ようかな。


で、青山通りを東に戻り、お次に向かったのは、こちら。

フィアットカフェ1

FIATカフェです。

こちらはFIATが運営する通年営業のコミュニケーションラウンジで、1Fにアンテナショップ、2Fにカフェ、そして、BFにはイベントやパーティに使えるスペースがあります。

フィアットカフェ2

イベントは夕方から開催されることが多いようで、本日も夕方からサルサナイトがあるのだとか。

小雨が降ってきたことですし、ここでは、食後のエスプレッソだけいただいて帰っくることに。


日独伊を代表する自動車メーカーのコミュニケーションスペースを、一日で巡って来たわけですが、期間やコミュニケーション内容、そして、イベントと、三者三様でとてもおもしろかったです。


肩が治らないためバイクに乗れず残念ですが、こんな休日もいいものですね。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  よろしければ、 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村





東京モーターショー2011 (ライバル編)

2011.12.07(22:40)

全国スクーターファン(?)のご期待(??)に応え、今回はモーターショーに出ていた二つのモデル、ヤマハ新型TMAXとホンダインテグラに関して詳細に見て行きたいと思います。
 ※ 写真が汚くて済みません・・・。ストロボとかなくて。


まずは、新型TMAXです。

新TMAX


こちら、以前お伝えしたとおり様々な変更点があるのですが、細かな改善によって全体としてかなり商品力が上がってます。


まずは、リアブレーキから。

新TMAXリアブレーキ

ブレーキディスクの径が大きくなり、制動力が上がっただけでなく、ストッピングパワーの前後のバランスがよくなったことが推測されます。

また、サイドブレーキアッセンブリー(青矢印)がブレーキキャリパーとは別体となったことで、リアブレーキのカスタマイズの幅が大きく広がりました。

その上、ABSユニット(赤矢印)のが形状が変更されたことで、例えABS無し状態でも車軸廻りのスカスカ感が解消された?


次は、ドライブトレイン。

新TMAXスイングアーム

ドライブトレインに、ベルトドライブが採用されたことにも、いくつものメリットが考えられます。

メンテナンスフリー具合が上がったことと、騒音の低下が期待されます。

さらに、チェーン(しかもダブル!)に比べベルト単体が軽くなったことに加え、スイングアームがすっきりとしたことで、バネ下重量の軽減による路面追従性の向上が期待されます。
と同時に、横への出っ張りがなくなることで収納時のセンタースタンドの逃げが増え、バンク角が深まっていることが期待されます。

ベルトガイド(?)がセンタースタンドと干渉する部分(赤矢印)にえぐりがあることからも、バンク角に対するヤマハのコダワリを感じます。

こちらはお腹部分。

新TMAXリアサス

スイングアームがすっきりしたためでしょうか、リアサス(赤矢印)の存在感が上がりましたね。


見えないところにも手が入っています。
こちらは、ラジエーター廻り。

新TMAXラジエター

ラジエーター上部に簡単に外せそうなカバー(赤矢印)が付いたのは、バッテリーメンテナンスのためでしょうか?
今回は車体を切らずにパワービームを付けられますか、ヤマハさん?


ちょっと見にくいですが、ウインドシールド廻り。

新TMAXミラー

シールドが調整式となったことで、状況や嗜好に応じて好みのプロテクションが得られます。

やはり、冬と梅雨時は雨風を凌ぐべくシールドを上げたいですし、春秋は風の匂いを感じるため、また、夏は暑さを和らげるためにシールドを下ろしていたいっす。

でも、ミラーの形は好き嫌いがありそうですね。


そして、メーター廻り。

新TMAXメーター

タコメーターがアナログ表示となって見やすくなりました。


こちらは、リアエンド廻り。

新TMAXリアエンド

ランプ類がLED化されただけでなく、泥除けもすっきりしました。
カッコよし。


写真は撮り忘れましたが、他にも幾つかよいことが。

右のフロントボックスに鍵が付いたのは便利度アップです。

アクセサリーでは、トップボックスを付けたままでもタンデムバックレストを装着できるリアキャリアが用意されているのもよいですね。
通常の形のナックルバイザーも用意されており、対候性能も上がっています。



続いては、ライバルのホンダインテグラを見てみましょう。

インテグラサイド

こちらのパワートレインは、VFRのものに比べ軽く小さくなったという第二世代のDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)がついており、アクセル操作と加速がよりダイレクトに繋がっているのでしょう。

新型エンジンと第二世代DCTの組み合わせは、良好な燃費をもたらしたようで、WMTC(the World-wide Motorcycle Test Cycle)モードでの燃費は27.9km/Lとのこと。
ネットに落ちていた情報だと、大型のWMTCは60km/h定地走行燃費より3割ほど悪く出るとのことなので、単純に当てはめると39.9km/L!(マジェスティよりいいなんて、ホント?
ちなみに、燃料タンクは14リッターですので、無給油で400キロほど走る勘定でしょうか?

そういえば、ブースに立っていたホンダの方は、「燃費をよく出来たのでタンクを小さくできた」っておっしゃってました。


DCTということで、当然マニュアルスイッチ付きです。
およそ58馬力の出力とともに、走りの良さが期待されます。

なお、右側にオート⇔マニュアルのモード変更スイッチが、また、左側に変則スイッチがついています。(まともなのが撮れなかったので写真はありません・・・。)

タイヤは、前後とも17インチですので、走行時の安定感が期待できるのと、タイヤの選択肢が増えますね。


ご存じのようにこのインテグラ、ネイキッドタイプ(NC700S)とツアラータイプ(NC700X)と基本骨格を共有しており、純粋なスクーターではありません。
そのため、普通のスクーターとはちょいと違います。


まずは、収納。

インテグラ横から

インテグラシート下

なんと、シート下収納がほとんどない!
見ての通り申し訳程度で、当然ヘルメットは入りません。

ちなみに、タンデムシート下には燃料タンク(赤矢印)が鎮座してます。


収納が少ないせいか、最初からパニアケースを準備しています。

インテグラパニア

これはこれでいいですね。


しかし、兄弟車二モデルでは、どちらもヘルメットの入る収納を備えているのですから、ここは頑張ってほしかったな~。(下の写真はNC700Sの収納部分)

NC700S収納


さて、人が乗ってみたらどうなるでしょう。

まずは、前から。

インテグラ前から

ウインドプロテクションはそこそこみたいです。

次に、横から。

インテグラ足元

どーやら、普通にスクーターの乗り方ができそうですね。

でも、足を前に投げ出しても、斜め部分にはつま先くらいしか乗せられません(赤矢印)。
窮屈そうで、ちょっと微妙・・・。

しかし、モデルさんの脚、すごく長いですね。

ちなみに、シート高が790mmだそうで。
ちょっと乗る人を選ぶかも知れませんね。



以上、ライバルになるかもしれない二モデルを、独断と偏見で評してみました。

現行型を細かく改善したTMAXに有利となるのは、いたしかたないかな、と。




・・・・・だって、TMAXに乗ってるんだもん・・・・・。



TMAXサイコー!!(*゚Д゚)/ダー






にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ   さぁ、ポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  追加しました。 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村

東京モーターショー2011 (バイク編)

2011.12.06(22:43)

この日曜日、東京ビッグサイトで行われた東京モーターショーに行ってきました。

ゆりかもめに乗って行ったのですが、途中で富士山が見えました。
幸先いいですね。

お台場で富士山


会場の入口はそこそこ混んでます。

ビッグサイト入口


当然、会場に入って一番最初に向かったのはコチラ。

ヤマハブース

ヤマハブースです。

もちろん、目当てはコチラ。

TMAX

TMAXです。
やっぱり、実物はカッコイー!!
欲しくなっちゃいました。

お次は、スーパーテネレ。

スーパーテネレ

これもかっこいいですねぇ~。
もっとダイエットしたモデルを出して、またダカールラリーに挑戦して欲しいですね!

そして、こちらは世界初のモデルです。

RYOKU

キャンプとかに行きたくなりますねぇ~。

次も世界初のモデルです。

MOEGI

バイクが初めての人にも違和感のないようなデザインだそうです。
だから、自転車っぽいんですね。


お次は、こちら!

インテグラ

ホンダインテグラです。
思ったより小さい?

逆にこちらは大きいです。

クロスツアラー

クロスツアラー。
VFRのパワートレインを使ったビッグツアラーですね。


ビッグツアラーといえばこちらも。

ベルシス1000

カワサキのベルシス1000です。
こちらもいいですねぇ。
ヨーロッパを中心に、来年はビッグツアラーの当たり年かもしれませんね。

そして、カワサキといえばニンジャ。

ZX14R

ニンジャZX14Rです。ZZR1400の後継ですね。
ライムグリーンが目にまぶしいっす。

やはり、カワサキと言えばライムグリーン。

Kawasakiネクタイ

ネクタイもライムグリーン


今回は輸入二輪車はそんなに出展されていません。


そんな中、出展して盛り上げてくれたのが、こちらのKTMです。

690Duke

690Dukuのニューモデルです。
カッコはいいのですが、なんか、普通になっちゃいましたね。


スクーター大国イタリアからは、アディバが来てくれました。

AD3

日本導入予定の三輪スクーターAD3です。
屋根つきの三輪車となると、雨の多い日本で受けそうですね~。


そして、お隣の台湾からはキムコが出展です。

K-XCT300i

スポーツスクーターのXciting400iです!
でも、もしかしたらK-XCT300iかも・・・。

なかなかカッコイーですね!
値段によっては、ヒット商品になる予感。

どちらも、なんと、世界初お目見えとか。
うれしいですね。


ってところで、次回に続きます。






にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村





イベント

  1. マニアック 東京モーターサイクルショー2014 その2(04/05)
  2. マニアック 東京モーターサイクルショー2014 その1(04/01)
  3. ぐーたら東京モーターサイクルショー2013 その2(03/26)
  4. ぐーたら東京モーターサイクルショー2013 その1(03/24)
  5. 柏秀樹ライディングスクールに行ってみた(11/10)
  6. ハーレーのお姉さん @ Demo Ride Caravan in Tokyo 2012(04/03)
  7. 音入れ(03/30)
  8. スクーターデイ  in  東京モーターサイクルショー(03/27)
  9. 日独伊三ヶ国巡り(03/18)
  10. 東京モーターショー2011 (ライバル編)(12/07)
  11. 東京モーターショー2011 (バイク編)(12/06)