東北一周ツー改め中日本行って来いツー 道の駅制覇、木曽路ツー 一気に木曽路道の駅攻略編
- 2016/09/20(Tue) -

ということで、四時間ほど寝て目が覚めた朝6時半。

R_IMG_7839.jpg

早々に信州健康ランドを後にすることに。


なぜか?

それは、中山道沿いに道の駅制覇ツーを行うため。
全部で30道の駅を回る計画。

出発が遅くなりましたが、ま、行けるとこまで行きましょう〜。


まずやってきたのはこちら。

R_IMG_7840.jpg


稲と山々の見える場所。

え、どこ?(笑)

実は最初の道の駅、今井恵みの里の近くです。
うん、道の駅の写真撮り忘れてたんですねー。


で、2つ目の道の駅、

R_IMG_7844.jpg

小坂田公園茜里。


ようやくここから中山道に向かえます。

と、西に向かう道中でこんな交差点を発見!

R_IMG_7845.jpg

ここを中山道が通ってたんでしょうかね?


その一里塚はこの道に繋がってるんですねー。

R_IMG_7847.jpg

まっすぐに山に向かう道。
木曽路って感じがします。

えっ、ファラオの方向がおかしいですって?

そりゃそうですよ。
この写真のためにUターンして戻ってきたんですから(笑)

ってことで、いざ、中山道ツーの始まり始まり〜!!


まずは、3つ目の道の駅、

R_IMG_7850.jpg

木曽ならかわ。


サクサクっと続けて4つ目の道の駅、

R_IMG_7851.jpg

奈良井木曽の大橋。
言わずと知れた奈良井宿の近くです。

この時点でまだ8時前。
ということは・・・・・やっぱアレでしょうアレ。
奈良井宿で記念撮影!

R_IMG_7855.jpg


オォ、いい感じ。

とか写真を撮ってるとあっちゅう間に時間が過ぎる。


こっから先もサクサクっと回りましょう。

5つ目の道の駅、

R_IMG_7860.jpg

道の駅木曽川源流の里。


6つ目の道の駅、

R_IMG_7861.jpg

きそむら木曽福島。


ちょいと戻って7つ目の道の駅、

R_IMG_7862.jpg

三岳。


そして8つ目の道の駅、

R_IMG_7863.jpg

大桑・・・・に来たところで急に空気が冷えてきました。
ムゥ、これは・・・雨の予感?

カッパオンして走ることしばし。

9つ目の道の駅、

IMG_7865.jpg

賤母で豪雨にドンピシャリ(笑)
ナイス、俺の五感。


なかなか雨が弱まらないので五平餅をいただく。

R_IMG_7867.jpg

団子風のは初めてですな。


雨が小降りになったところで、道の駅攻略再開!

10個目の道の駅、

R_IMG_7868.jpg

きりら坂下。


11個目の道の駅、

R_IMG_7869.jpg

五木のやかた・かわうえ。


12個目の道の駅、

R_IMG_7871.jpg

花街道付知。


そろそろ皆さんが飽きてくると予想して、

R_IMG_7873.jpg

ここでちょいと霧の山道に迷い込んで見る(笑)


気分転換が出来たところで、道の駅ツーに復活。

13個目の道の駅、

R_IMG_7874.jpg

加子母。


ポンポン行きましょう!

14個目の道の駅、

R_IMG_7875.jpg

茶の里 東白川。


15個目の道の駅、

R_IMG_7876.jpg

清流白川 クオーレの里。

最初、道の駅アプリでスタンプが押せなくて焦りましたが、

R_IMG_7878.jpg

ここは施設が二箇所に分かれてることに気づき解決。

で、

R_IMG_7877.jpg

安心したところで地域貢献などしてエナジー補給。

からの、カッパオフ。
すぐに着なきゃいけないのはわかってますが、あまりに暑くて。


そして道の駅クエスト再開。

16個目の道の駅、

R_IMG_7879.jpg

美濃白川。

この辺から、早くもまた少し空が怪しい雰囲気。


そして17個目の道の駅、

R_IMG_7880.jpg

飛騨金山ぬく森の里温泉でついに土砂降りに。


しばし雨宿りしたところで気力が尽きて、

R_IMG_7882.jpg

本日はもう帰ることに。


行き掛けの駄賃にと、最後に18個目の道の駅、

R_IMG_7883.jpg

ロック・ガーデンひちそう、と


19個目の道の駅、

R_IMG_7884.jpg

日本昭和村を回ったところで高速にON。


途中、遅い昼ご飯を食べて休憩。

R_IMG_7885.jpg


その後は名阪国道を通って帰阪。

R_IMG_7886.jpg

3日間合計で、総走行距離1,259km、平均燃費 23.3km/Lのお泊りツーでした。

途中までご一緒したY’sさん、今回も遠い所お越しいただきありがとうございました。
またの機会にもよろしくお願いします!!


自宅に帰ったところでこの雑誌が到着していた。

R_IMG_7887.jpg

休刊だ、と・・・?

大好きな雑誌が休刊と知り、大きなショックを受けつつ次のツーの計画を練るのでした・・・・。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
三県横断幕の内弁当ツー ちょっと彷徨ってみよう!編
- 2013/11/12(Tue) -

さて、恐竜の足跡を見て頭をひねっていたところ、ふと時間が押してることを思い出しました。

この時点で10時前。
本来の予定よりも1時間遅れています。


そ・こ・で・・・、シンキン・ターイム!

ちょいと時間を短縮するルートを考えることに。


・・・が、どーあってもオリジナルコースが一番時間がかかりません。

仕方がないので、急ぎ目で次なる場所を目指すことに。


国道299号を西に進み、矢弓沢林道のウネウネを通り抜けて再び299号に。

そのまま佐久穂町まで出て、国道141号を通って佐久南ICから上信越道にON。


坂城ICを降りてやって来たのがこちら。

034_2013111122122334e.jpg

おそばとうどんのかいぜさんです。


まずはお通しに野沢菜?大根の葉?に、そば粉のガレットを美味しくいただきました。

035_2013111122122378b.jpg


で、私が頼んだのが、この辺りの特産品ねずみ大根を使ったおしぼりうどんです。

036_20131111221224212.jpg


まずはつけ汁を一口。

辛ーし!


唇がヒリヒリするよ?


でも、おうどんを浸けて食べてみると、辛旨し!

しばし、ヒーハーしながら大根汁だけでいただきます。


その後、お味噌を混ぜていただいたのですが、マイルドになったよ!

これも旨し!

くせになるよなおうどんでした。


すっかりおしぼりうどんを堪能した後は、七味温泉を目指します。

・・・の前に、以前買ったヘルメットロックアシストにトライ。

037_201311112338321f3.jpg


んー残念!ちょいと短い!!

TMAXには使えないことが判明しました。

買っちゃダメですよー(笑)> TMAX乗りの皆さん

でもまぁ、レンタルバイクで使えるので問題ないんですけどね。←負けず嫌い


その後、再び上信越道に乗って須坂長野東ICを目指すのですが、ラークさんがお味噌だ!りんごだ!と連呼します。

・・・が、時間が無いのでまとめて却下


でも、行く途中にあるお店に停まる分には構いません。

ということで、道中に合ったお味噌の塩屋さんと、

038_20131111221245d68.jpg


さわやかりんご直場所でおみやげ休憩(笑)

040_20131111221246dde.jpg


ラークさんが満足したところで、さぁ!温泉、温泉!!


道中、山田温泉、松川渓谷温泉ととっても混んでいたので、入れないことも覚悟していた七味温泉に到着。

041_2013111122124789d.jpg


が、意外や意外。なんなく入れました。


温泉から眺める紅葉は最高だね~

写真が無いのが残念です。


温泉から出た後は、温泉卵を堪能。

043_20131111221249509.jpg

冷えてないためか、うまく剥けません。
やはり、すすって食べるのが正しい食べ方か?


さて、そろそろ4時近く。
とっとと渋峠を越えて道の駅八ッ場に向かうとしましょう。


まずは、山田牧場の中を走り抜けて、県道66号で国道292号に出ることに。

この道は、春来た時はまだ開通してなかったっけなー。

・・・なんて回想してたら、

047_20131111221313e7f.jpg


今回も通行止め・・・


災害のため当面の間通れないんだって・・・。


とはいえ、ナンカ行けるかもしれないし、突っ込んでいっちゃえー(笑)!



ダメでした


ガックリきながらTMAXをパチリとな。

046_201311112212508c5.jpg


わかりにくいですが、奥の山には濃いモヤが掛かってます。


ここで作戦ターイム


以下の2つから、これから帰るルートを選べ。

①小布施まで降りて行き、上信越道をバビュン!

②峠の三桁県道を通り、ウネウネっと前橋まで

なお、現在の時刻は4時半で、三桁県道の進む方向にはモヤが掛かってます。


ちーん!
当然のように②を選びましたー。
ミンナ元気だねー。


一旦麓の村まで降りて行き、県道112号で再び山を上ります。

温泉効果でしょうか?
ワタクシ、ラークさん、Y'sさんの順で三人とも元気に走り回ります。


でも、元気だったのは最初だけでした。
寄る年波・・・。

あっという間に暗くなる山道。
上るにつれ細くなる峠道。
街灯などなく、頼りになるのは愛車のライトのみ。

しかも、モヤも出始めて、どんどん視界が狭くなったり・・・。


ワタクシN「うぉー、ライトが乱反射して前が見にくいっスー。」

Y'sさん「先頭は走りにくいでしょう。気をつけてー。」

ラークさん「いやぁ、自分はニャンコ先生のブレーキの方が眩しくて。」

ブレーキを掛けずに走れ、と(笑)?


そんな会話をしながらモヤの中、右手が崖の道を走り、なんとか万座温泉を通過。

そこから国道292号に合流。春(こちら)には雪の回廊だった辺りを夕靄(夜霧?)に包まれながら走る僥倖に巡り逢う。

怖ぇー。


それでも、なんとか山を降りることができ、145号を通って八ッ場に抜けた中之条のコンビニでようやく休憩。

048_201311112213142dc.jpg


コーヒーで生き返る~。

でも、まだもう少し走らなくちゃいけないですよー。


ここで県道35号に入り、延々と田舎道を通ってなんとか前橋に到着!

夕食の飯処ふぉす。さんに着いた時には、温泉を出てから実に3時間も経っていました。

049_201311112213171c1.jpg


さすがに疲れた~

さて、予定より1時間も遅れ、疲れた疲れた言いながらバイクを駐めていると、暗闇の中から怪しい人影が。

なんと、ジモピーのベップさんがサプライズで登場です

050.jpg


福島に行った帰りに待ち伏せ、いや、会いに来ていただきました。

あざーっす!


とはいえお腹がペコペコなので、挨拶もそこそこに早速オーダーです(笑)。

頼んだのはムネ&モモのミックス唐揚げ定食。

051_20131111221320a18.jpg


美味ーし

散々、「唐揚げは家のが一番!」とか仰っていたラークさんも絶賛の美味しさです。


せっかくベップさんもいることだし、食後、ラークさんの発案で珈琲館に移動。

053_201311112213414c3.jpg


炭火コーヒーを飲みながら、談笑。

052_20131111221340eca.jpg


結果、強烈に翌週の富士山ツーをプッシュされるベップさん

おっさん達に絡まれ、ついつい「行けるよう調整します。」と言ってしまった若者。

頑張れ、ベップさん! 若いんだからなんとかナルぞ(笑)!


翌日お仕事だというベップさんの都合を考慮して、早め?に切り上げることに。

なーんて言いながら、時刻は夜の10時前なんですけどねー。


給油のためにバイパス経由で帰る一行に、わざわざ遠回りして一緒に来てくれるというベップさん。


が、早々にGSを見つけたもんだから、急遽、近くの入口から高速に乗ることに。

すまぬ、若者よ・・・


関越を三台で走り抜け、最後は三芳PA辺りで流れ解散に。


ワタシが駐車場に着いたのは実に夜中の12時前でした。

kou.jpg


走行距離629.1km、平均燃費21.7km/L。
20時間に渡るロングツーでした。


ラークさん、Y'sさん、お疲れ様でした。

来週の富士山もよろしくお願いしますねー・・・ってことで、つづく




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(22) | TB(0) | ▲ top
三県横断幕の内弁当ツー 紅葉を愛でよう!編
- 2013/11/10(Sun) -

紅葉の季節到来!

ということで、色づくウネウネ道を楽しみながら、温泉で紅葉を楽しもーというツーに行ってまいりました。
メンバーはいつものラークさんとY'sさんと私という三名。

メインコースは、小鹿野(田舎道)~中津峡(紅葉)~十石峠(ウネウネ)~坂城(おしぼりうどん)~七味温泉(紅葉の温泉)~万座(ウネウネ)~八ッ場(道の駅)~前橋(唐揚げ定食)という、実に内容盛りだくさんの三県横断コースです。

七味温泉は、春先に行った際、紅葉の時期の再訪を誓った場所です。


まずは、集合時間に余裕を持って三芳PAに到着。

002_201311101744290dc.jpg


と、隣に停まったTMAXの方から気軽なご挨拶が。

『あれっ誰だっけこの人?』
『やべーっ、人の顔覚えてないからわかんねっす!』
『でも、この話し方は知り合いっぽいよね?』

などと思いつつ、笑顔で談笑。
TMAXの用品類について話が弾みます。

『誰だっけ、誰だっけ!?』

・・・・・知らない方でした。

いや、未だに絶対の自信はないんですけどもね・・・。


そんなびっくりドッキリイベントをこなしてからY'sさんと話をすると、まだラークさんが登場していない模様。
メールも入ってないようですし、電話を掛けてみました。
そう、インカムを使っているので、運転中も携帯が通じるのです。

プルルルルルル、プルルルルルル。

・・・・・携帯とインカムが繋がってませんでした。

ラークさん・・・。


そんなミニイベントを続けていると、10数分遅れでやって来ましたラークさん。
しばらく休息をとって出発!


花園ICで降りた後、国道140号で長瀞に向かい、皆野の辺りから県道37号にチェンジして小鹿野に向かいます。

途中、例によって寄り道などしていると、

「これってあのまままっすぐ来た方が早いんじゃないスカ?」とラークさん。

いやいや、気のせいですって。私を信じなさい。


そこから国道140号に再合流して、道の駅大滝温泉で小休止。

004_201311101744296e9.jpg


ここから紅葉真っ盛りの中津峡に向かいます。

その写真がこれだ!

007_20131110174431514.jpg


・・・・・真っ盛り、まだでした。


それでも、雁掛トンネルをくぐって

010_201311101744320ba.jpg


こーんな道を

012_201311101744271d0.jpg

北へ北へと進んでいくと、それなりに黄葉が増えてきます。


その写真がこちら!

020_20131110174457a8b.jpg


・・・・・イマイチですね。


でも、こんな感じで写真を撮っている方もいることだし、

015_20131110174455261.jpg

よしとしましょう。


さらに北上し、諏訪山近くの川原沢というところで、写真を撮ったり

023_2013111017530744c.jpg


撮られたりしていると、

021_201311101753099dd.jpg


ようやく発見出来ました、紅葉ポイントを!


それがこちらです!!

029_201311101745011f3.jpg


ジーン。

中津峡の紅葉は真っ盛りだと記憶が上書きされた瞬間です。

真っ盛りでもなく、中津峡でもなかったですけれど・・・。


その後、国道299号に出て、次の休憩ポイント道の駅上野を目指します。

が、ちょっと我慢ができなくなったので、恐竜の足跡が見える場所で休憩することに。

初めて来るんですよねー。
どんな足跡が見れるんでしょう?

元恐竜少年としてはドキドキの瞬間です。

イザ!

031_201311101746413fa.jpg


・・・・・よくワカリマセンでした。

あれー?


何だか思惑が外れっぱなしな感じですが、後半に続きます。

ラークさんの記事はこちら (前編後編




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
山道快走! 雪の回廊ツー (いつものトラブル侍 編)
- 2013/07/20(Sat) -

渋峠で国道最高地点を堪能した一行は、ツーリングの楽しみ、ランチの場所へと向かいます。


本日のランチは山田牧場です。

渋峠からは、県道66号を通って30分強の移動距離。

お腹をセットして、いざ移動!


道中、平床大噴泉に立ち寄りつつ

025_20130718220315.jpg


県道66号を南に進んで行くと・・・・。


やっちまったぁ~!(トラブル①)

026_20130718220317.jpg

はっはっは。 開通は一週間後ですな。

027_20130718220319.jpg


いつものことなので、すぐさま迂回路を取ることに。
あ、もちろん、こうさんが先頭ね(笑)。


30分で着けるところを1時間半掛けて移動。

さすがにちょっと反省しましたね。うん。


そんな苦労をして着いたのがこちら。

028_20130718220320.jpg


Red Wood Inです。

いただいたのが、全て手作りかつ無化調のレッドウッド特製 から~いカレー(ジャガイモつき)です。

031_20130718220343.jpg


カレーも美味しいんですが、このジャガイモがねー、もう、ホクホク?
ぺろっと平らげちゃいました。


お腹が満たされたので、お次は温泉です。
時間が押してるけど、気にしない、気にしない!

向かったのはこちら

032_20130718220344.jpg

七味温泉 恵の湯(500円)。

山田牧場からは、わずか5分の目と鼻の先。

見よ、この広々としたぬるぬるのにごり湯を(笑)!

033_20130718220345.jpg

これぞ露天風呂?

春は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色が楽しめそうです。
次は秋に再訪かな。


かなりのんびりと入っていたので、
肩や首が日焼けしてしまいました(笑)。(トラブル②)


湯上りに温泉卵を食すお二人。

035_20130718220347.jpg


私は湯上りの楽しみは次の地域貢献に残しておくことに。


その地域貢献は、菅平高原にある菅清園のメープルソフトです。

037_20130718220401.jpg


って、なんと販売休止中~(泣)。(トラブル③)

036_20130718220348.jpg


斜向かいの店のスジャータじゃ嫌だっていうので(私でしたっけ?)、こうさんの知っているお店へワープ!


林道みたいな道をかっ飛んでやってきたのは、湯の丸高原のソフト屋さん。

040_20130718220404.jpg


時間はなんと5時前です。 あー、お店開いててよかった(笑)!

039_20130718220403.jpg


木苺とナンカのソフトです。
美味しかった記憶だけが残っています・・・。


ここで、どこをどう移動したのか忘れましたが、上信越道を東に戻り藤岡ICで高速を降ります。
そう、最後の〆に、群馬県名物タレカツ丼をいただこうってスンポーです。


さすがに私が先頭になり(ようやく?)、目指すお店に急ぎます。
着いたところはこちら。

043.jpg


syokudo ぱくり亭。
うーん、名前の由来が気になるぅ~。

着いたのが7時過ぎ。
閉店時間は夜8時。
うん、ジャスト想定内(笑)!(トラブル未遂)


頼んだのはもちろん、タレカツ丼(カツ2枚)でした。

045_20130718220407.jpg


旨し。


最後は、三芳PAで一服して解散。

046.jpg


本日の走行距離は542km弱。山道を走り回ったので燃費はやや悪目の 22.1km/L でした。

047.jpg


今日も一日たっぷり楽しみました!



ラークさん、毎度毎度お付き合いありがとうございました。

こうさん、度々のご案内どうもありがとうございました。

また、どこかの誰かによる企画でお会いしましょー!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(4) | TB(0) | ▲ top
山道快走! 雪の回廊ツー(Y'sさんの呪い編)
- 2013/07/19(Fri) -

そのツーもいつものように始まりました。


「さぁ!来週は雪の回廊に行かれマスカ!!」

「来週、土曜ならOKっすよ♪ まだ、雪はあるよね!?」


いつものようにお声掛けしたところ、今回のツーにラークさんが名乗りを上げていただきました。
Y'sさんは家庭の事情(今思えば実に怪しい・・・)とかで来られません。

「冷たいなぁ。。。元は私の行きたい所だったのに。」というY'sさんの嘆きに背を押され、
ここに、雪の回廊ツー開催が決定しますた。

開催日は5/18(土)です!・・・って、2ヶ月も前のことなんですね(笑)。


参加しないY'sさんと情報交換し、例によって周回遅れのメールを送ってくれるラークさんと詳細を確認しあった結果、集合は三芳PAに7:00となりました。


明けて当日。 無事、時間内に到着(笑)!

002_20130718220237.jpg


ラークさんは既に到着されてるようですね。


と、そこへこうさんが参戦!mixiカレンダーを見てのドタ参です!

004_20130718220240.jpg


ってか、事前にLINEで連絡をいただいてたのですが、名前が違ってたのでスルーしていた事実が発覚・・・。その節は、モニョモニョ・・・・・スンマソン(汗)。


甘楽PAでアイスコロネを食べたり、

005_20130718220241.jpg


松井田妙義ICで降りた後、地蔵峠に行くまでに二・三度道を間違えたりしていると、気づくとこうさんを先頭にした編隊が完成。

いつものように乗っ取られツーの開始です(笑)。


県道33号から国道406号に乗り、気づくと日本ロマンチック街道の道の駅草津運動茶屋公園に到着。

007_20130718220243.jpg


ここから高度を上げて雪の回廊までバビュンと行くため、ダウンなど着込んで準備を整えます。

ついでにGoPro装着で、来られなかったY'sさんに雪の回廊を自慢、いや、お土産映像を差し上げることに。

008_20130718220256.jpg


さぁ準備万端! ・・・んっ? ・・・・・GoProが電池切れ!?

017_20130718220259.jpg


Y'sさんの呪いか? 撮影終了~



気を取り直して高原の道をぐんぐん進みます。

青い空、白い雲、高原の若葉・・・それらの映像は、ラークさんのブログでどーぞ(笑)。


そして、ついに雪の回廊に到着!

010_20130718220257.jpg


しばし撮影に勤しむ一行。


撮影後は、ラークさんご希望の渋峠にある国道最高地点に移動。

県境に愛車を置いたりしながら、

019_20130718220300.jpg


証明書GETです。

022_20130718220302.jpg



遠くを見てみると、そこには白馬連峰がカーテンのように広がっています。

023_20130718220314.jpg


いやぁーいい景色だぁ




ってところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(16) | TB(0) | ▲ top
滋養強壮!ゼロ磁場探訪(天空の里編)
- 2012/09/04(Tue) -

さて、ハイランドしらびそでマターリとした一行ですが、そろそろお腹が空いて参りました。

ちょうどpenguin774さん達がつぶやいてたことですし、道の駅遠山郷で我々も遠山ジンギスカンを食べよう!

と、思ったのですが、せっかく近くまで来たことですし、日本のチロル、天空の里こと下栗の里へ寄って行くことに。


ここから下栗の里へは南アルプスエコーラインという舗装林道を通って行きます。

バイクにとっては充分な道幅があるのですが、結構車が通るのと、ガードレールがない場所もあって、時々スリリング。

エコーライン



そんな道を一時間弱走ったところで、道路の左側に天空の里ビューポイントに行く人に駐車場が無い旨伝える看板が。

ようやく着いたか~。

そう思ってバイクを駐車スペースに停めようとすると、先に来ていたバイク軍団がこっちを向いてニコニコしている。

おぉ、ここまで来る人は人懐っこいなぁ!

なーんて、のんきなことを考えていたら、penguinさん達でした・・・・。

まったく気付きませんでしたよ・・・・。


penguinさん達は、ちょうど天空の里ビューポイントからの帰りだそうで、これからしらびそ峠に向かうのだとか。


ほんの束の間お話しをして、penguinさん達をお見送り。

Pさんと遭遇


さて、我々はというと、疲れた身体に鞭を打って天空の里ビューポイントへと向かいます。

天空の里入口

地元の方が林に造られた道を通ってビューポイントに向かいます。

天空の里道


着いたところは・・・こちら!

天空の里

下栗の里です!!

標高800m~1000m、最大斜度38度と云う急傾斜地に民家が集まったまさに天空の里。

イイ感じですね~。
さすが、日本の里100選に選ばれただけあります。


その後、この里の一番上にある高原ロッジ下栗で、お土産の下栗いもを買いました。

下栗いも

このおいも、日本に伝来した当時のじゃがいもの特徴をよく残しているそうで、小振りで味が濃いのだとか。
食べるのが楽しみ~。


さて、ここにきて、かなりお腹が空いて参りました。
ナビによると、道の駅遠山郷まではわずか7.6kmの近距離。

急いで記念写真を撮って、いざ出発~。

夕陽百選下栗

そうそう、ここは長野県の夕陽百選に選ばれているとか。
奥の山に夕日が沈む様は、さぞや見応えがあることでしょう。


しばらくして、下栗の里にこだまする3台のバイクの音。
今まで眼下に見ていた天空の里を通り抜け、我々が目指すのは、遠山ジンギスカンの待つ遠山郷・和田宿です。


すっかり走り慣れた感じの林道を降りていくと、すぐに秋葉街道こと国道152号に合流します。
この道を数キロ行くと和田宿があります。
なんだか懐かしい町並みを曲がり、遠山川にかかる橋を越えると、そこに道の駅遠山郷があります。


バイクを適当に駐車して、霜月祭りの銅像もものかわ、とっとと道の駅に向かいます。

和田宿


だって、もう3時半ですよ?
お腹すいて死んじゃいますよ・・・。


と、ここでハプニング発覚!!

なんと!レストランがやってない!!
どうやら、祭りがあるのでそれどころじゃないような?

ガーン!!!

焦って近くのレストランに電話するも、全て準備中・・・。

仕方がないので、コーヒー牛乳で栄養補給。
あ、懐かし美味かったっす。


協議の結果、ここで時間をつぶして再オープンを待つのでなく、50km先にある飯田市まで行って食事を取ることに。


そうと決まればレッツゴー!!


もう、なんだか目を三角にして飯田市を目指します。


と、和田宿を離れること数キロ。
国道沿いに梨元ていしゃばというお店を発見!!

梨本ていしゃば

閑散とした店内に、味を少し怪しみながらも、吸い込まれるようにお店に入っていく私達・・・。
いや、もう限界だったっすヨ・・・。


お店では、遠山名物のジンギスカンを無視して唐揚げ定食をチョイス!

唐揚定食

いや、本日のお勧めだったので、つい。
これも普通に美味しかったっすよ。特に、ミョウガのお味噌汁が。


お腹に物を入れて落ち着いたら、ちょっと辺りを散策しましょうか。
何と鉄道がありますよ?

遠山森林鉄道

でも、線路は途中で終わってる。

線路施設

なんだべぇ?と思っていたら、こんな立て札が。

24年度事業計画


どうやら、昔ここにあった森林鉄道を復活させるという計画のよう。

なるほど、だから名前がていしゃばなのね。


と、納得したところで時計を見ると、もう17時です。
そろそろおうちに帰りましょう。


途中で、お野菜を買ったり、ガソリンを入れたりしながら中央道に乗り、やってきたのは諏訪湖SA。

まずは、本日二度目の地域貢献でレアチーズソフトとやらをいただきます。

レアチーズソフト

おぉ、美味し!!

と、ソフトクリームを堪能していたら、なんだか辺りはすっかり暗くなってまいりました。
それもそのはず、既に19時をまわっております。

しかし、この先の道は大渋滞しているとのことなので、スタバのテラスでコーヒーブレイク。

スタバアイス@諏訪湖SA


結構な時間お休みしてましたが、まだまだ渋滞は収まる気配がありません。

と、30分後に諏訪湖で花火が行われるとのこと。

テラスのど真ん中の一番イイ席に座っていることですし、ここまできたら、と、花火を見てから帰ることに。


30分後。

諏訪湖花火

なんだか小さい花火が人の頭の高さで花開いておりました・・・。


花火が終わったので、最後の仕上げとばかり因縁の談合坂SAまでひとっ走り。

ここで、バイクと人に燃料補給。

私はチーズフォンデュお焼きとやらをいただきました。

チーズフォンデュおやき

あれ?微妙・・・・。


まぁ、そんなことは忘れて、本日の記念写真!

談合坂SA20120825

この後、中央道を走って流れ解散しました。


20120825了

さすがに山道を走っただけあり、燃費はいまいち。
でも、700km近い距離を走ってますね!

アー楽しかった!!

ラークさん、Y'sさん
一日遊んでいただき、ありがとうございました。
色々ありましたがとても楽しかったです。

また是非遊んで下さいね~。



追伸

そうそう、お土産に買った下栗いもは、ジャガバタで食べたらとってもおいしかったです。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  天空の里が見事だネ! ってアナタ、こちらにもっと見事な記事が!
にほんブログ村

この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
滋養強壮!ゼロ磁場探訪(山奥で磁場浴編)
- 2012/09/01(Sat) -

さてさて、初っ端から随分とスケジュールが変わってしまった今回のツー。

とりあえず、最初は、当初の目論見通りゼロ地場地帯の「磁場坂」を目指します。


ってことで、まずは各自のペースで中央道を降りる手前の駒ヶ岳SAに向かうことに。

決して遅くは無いけれど、全く早くもないペースで高速を走ってみると、駒ヶ岳SAには私が一番乗り。

「おやっ?」と思っていたら、お二人は諏訪湖SAでガソリンを入れてきた模様。
私も急いで給油して、ここでようやく一息つけました。

駒ケ岳SA


ここで一息ついた後、いよいよ磁場坂を目指して松川ICからは一般道を走ります。

誰一人行ったこと無い磁場坂に、地図も見ないで行こうってんですからナビってすごいですね。

でも、私ニャンコ先生を先頭に、ナビが案内してくれた道のすごいこと!
うっかり写真は撮り忘れておりましたので、そのすごさは伝わらないかと思いますが、車一台通るのがやっとのとってもスリリングな道でした。

山を登り山を越え、うねうねの細い道を下ってトンネルを抜けたところ、橋の向こうでようやく普通の道に合流。

と、道案内には左に行くと松川ICとの記載。

皆さんすみません!
どうやら、わざわざ過酷な道を通って来たようです。


左から来るバイクの一団にひっついてしばらく一緒に走っていましたが、大鹿村役場のところで彼らはまっすぐ行ってしまいました。分杭峠に行くのかな?

我々はと言うと、ナビに従って秋葉街道こと国道152号を、磁場坂目指してひた走ります。

秋葉街道も国道にしてはちょい狭い1.5~2車線道路。
しかし、ここまでの道に比べれば軽い軽い。
気持ちよく磁場坂を目指します。


と、しばらく行ったところで、ナビが教えてくれる目的地に着きました。

坂を少し登ったところにバイクを置いた我々は、集まってしばらく協議。これがホントの磁場坂なのか、と・・・。

だって、あまりに普通の坂なんだもの・・・。

磁場坂

しかし、よくよく観察してみると、なんだかとっても身体が重い。
はっきりと坂の入口に向かって引っ張られるような感覚があります。


すわ、これがゼロ磁場効果では!?と色めき立ってその旨語ってみるものの、

「そりゃ、坂だからですよ。」との、Y'sさんの無情なお言葉。

うん、そうですね。これは磁力というよりは重力ですね・・・。


それでも、

坂の途中で引っ張られ感が明確に変わっている地点があったり、
(坂の勾配が変わってるのではとか言わないように!)

右腕の疲れが取れてきましたし、
(バイクを降りたからとかじゃないからね!)

なんだか身体の中からポカポカと温まって来た気がしますので、
(お天気がいいからとか気のせいだ!!)

きっと、ここが磁場坂だ!!
うん、間違いない。


そう信じることにした我々は、しばらく磁場浴を楽しむことに。

より多く磁場を受取るためか、ラークさんは地面に仰向けに・・・。

ラークさん治療中

五十肩は治りましたか?


なんとな~く皆さんが 飽きてきた 充分に磁力を受取ったころに、次の目的地を目指すことに。

オプションは3つ。

1.このまま駒ヶ根に向かい、ソースカツ丼を食べてから諏訪湖でも回って帰る。
2.しらびそ峠まで行き、南アルプスを望んでから駒ヶ根に向かい・・・以下同文。
3.遠山郷まで行き、諏訪湖でも回って帰る。

協議の結果、朝の11時とまだまだ早い時間だったので、取り合えずしらびそ峠を目指すことに。


そんな感じで秋葉街道を南下していたところ、途中、峠の入口に差し掛かったところで「安康露頭入口」の看板が。

安康露頭入口

こちら安康露頭は、中央構造線と言う大断層が露出している場所。
せっかくなので寄って行くことに。


街道を外れて歩くこと数分。
こちらが安康露頭だ!

安康露頭

いまいちわかり憎いですが、真ん中の色が変わっている辺りで地層がズレているそうです。

思ったよりも地味だったので、さっさと道を先に進むことに。


と、ここでGoPro登場。
今回は、頭のてっぺんに装着!

すかさず写真を撮るラークさん・・・。
そんなにインパクトありますかぁ?


ここからの道は、見通しの悪い狭いうねうね道。

地蔵峠で国道が途切れていたり、道中たびたび未舗装路があったりと、それなりに大変なので要注意。

砂利道20120825

そんな道の割には対向車(バイク)が多いですしね。


ぐんぐんぐんぐん登り続け、最後に如何にもな山道を登りきったところで、ようやくしらびそ峠に到着です。

しらびそ峠

やぁ!雲も少なくて、南アルプスがよく見えますねぇ~。


ひとしきり写真撮影をした後、近くにある公共の宿ハイランドしらびそに向かいます。

こちらの宿には、観光バスも停車できる大きな駐車場があります。
我々が行った時も2台のバスが停まっていました。

この時点で12時半。
さすがに少し疲れたので、地域貢献で栄養補給。

ワインアイス

信州産のメルローを使った信濃ワインアイスです。
旨し!


こちらの宿、Wi-Fiも使えるということでmixiを見てみると、penguin774さんとtomokiuさんが同時に遠山郷のジンギス丼だとつぶやいている。


そこはまさにこれから向かうところで、それは私が朝から食べたいと思っていたものですね?


こりゃぁ、どっかですれ違うかも・・・・ などと思っていたあの頃。



というところで、本日は、ここまで




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  磁場浴ってイイネ! ってアナタ、こちらにもっとイイことが!
にほんブログ村

この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(12) | TB(0) | ▲ top
滋養強壮!ゼロ磁場探訪(幻の火祭り編)
- 2012/08/29(Wed) -
今年のお盆の時期は車で走り回り、すっかり疲れてしまいました。

ここらで身体を休めないとと考え、ゼロ磁場で有名な分杭峠へのツーリングを思い立ちました。


えっ? 遠くまでバイクは疲れるだろうですって?
気のせいですよ、きっと。


今回のメンバーは、ラーク7447さんとそのお友達のY'sさん、そして、塩饅頭さんと私の4名です。
が、塩饅頭さんはお仕事が入るかもしれない状況とのこと。


コースですが、分杭峠を訪問して充分に磁場浴をして英気を養った後、駒ヶ根でソースカツ丼を食べて体力をつけ、終わりに諏訪神社にお参りして運を付けて戻ってくるというもの。
その後、希望する方は富士吉田で行われる「吉田の火祭り」を見学して帰宅するというオプション付き。

このコースを皆さんにお伝えしたところ、「是非とも火祭りに!」という流れが確立。

そこで、火祭りの予定を入手し、こちらのイベントスケジュールも視野に入れながらスケジュールを組み直す必要が。
また、分杭峠が予想以上に混雑するという情報をY'sさんからいただき、いっそのことコースを再考することに決定。
この時点で木曜日の夜中です。

イヤァー、時の経つのはハヤイネェー。
コースを再考し、細部は明日詰めることにして、この日はお休みなさい。


翌金曜日、コースの細部も煮詰まり、連絡文をお送りしようとしたその瞬間、塩饅頭さんから「仕事で急遽休出することになりました」とのご連絡。
残念。又の機会によろしくお願い致しますぅ。


早速、他の方に塩饅頭さんの不参加と新コースについてご連絡。

新コースについては、渋滞があり、シャトルバスに乗らなくてはいけないという分杭峠を結局パスして、その南にある同じくゼロ磁場の「磁場坂」訪問と「吉田の火祭り」を中心としたルートを再設定。
はっきりとは書きませんでしたが、スケジュール的に「吉田の火祭り」メインです。

いやぁ、初めての火祭り楽しみです。
日本三奇祭とのことで、自然、期待は高まります。


この日、仕事を終えて帰宅したのは夜9時半。
ツーリングに備え、ナビにコースを入れていたときにその事件は起こりました。


私がナビを触っている横で、相方が不満を漏らしております。

「いーなぁ、私も火祭り行きたいなぁ~。」

敢えてスルーしていると、私の印刷してきた祭りスケジュールや交通規制地図などをじっくりと見始めました。

やれやれ、諦めてくれたか・・・、と思っていたら一言。


「あれ?これって、明後日じゃない??」

∑(ノ ̄┏Д┓ ̄)ノ ナンデストッ !!!


スケジュールを確認したところ、そこには、しっかりと明後日の日にちが入っておりましたとさ・・・。

マジ? (゚┏Д┓゚ ;)


一瞬、真っ白になる頭。

ボー然・・・。


再度日程を確認した瞬間、私の中の「吉田の火祭り」が終わりました・・・・・。



気を取り直して、ラークさんとY'sさんにご連絡すると、それぞれから暖かいお言葉をいただきました。
あーざーっす。

感謝しつつ、新たなスケジュールを作成しつつ夜が更けていくことに。



・・・明けて翌朝、眠い目をこすりつつ準備をし、無事駐車場を旅立ったのが、朝の5時過ぎ。

関越は既に混み始めていましたが、集合時間まではまだ2時間半もあります。

余裕のよっちゃん?


そう思いながら、渋滞の中を走ること2時間。 目的地、バイクで溢れる初狩PAに着きました。

まだお二人は来ていないようですが、集合時間にはまだ十数分あります。

余裕をぶっかまして、おトイレとか行って戻ってきましたが、時間になってもまだお二人は来ません。


とはいえ、このキャラクター。

「集合時間をもう5分も過ぎたよ!どこにいるの!!(*`・ω・´)」

なんて、死んでも言えません・・・。


しかし、携帯にも連絡がないまま集合時間を15分も遅れると、さすがにちょっと心配になってきました。

何度も廻りを見渡してみましたが、こんな狭いPAで見過ごすはずもなく、いらっしゃらないことが確認できただけ。

と、mixi にコメントがあるのでは?と思いつき、つぶやきをチェックしたところ、そこにあったコメントは・・・・・。

待ち人、まだ現れず… 信玄ソフトで、5服目(爆) by ラークさん

( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!?


もしかして、談合坂SAにいるの??


・・・実は、直前に集合地を談合坂から変更しているのです。

もしかして、お二人に間違った集合場所送っちゃったかな?
などと色々考えつつ、送信済みのメールを確認すると、そこにあった集合地点は・・・・・。

7:30 釈迦堂PA下り

ガーン!!


何と、企画者が集合場所を間違うという大失態・・・。

即座にお二人にメールをしてバイクに跨り、10分後、無事に合流が叶いました。


もう、平謝り?

ショックを引きずりつつ、コース説明もそこそこに出発です。




と、また新たな伝説を打ちたてたところで、本日はここまで。






にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  いや、ありえないよ! ってアナタ、こちらにもっと信じられないことが!? 
にほんブログ村

この記事のURL | ツー記録(信州) | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン |