ダムの無いダムカツ 紅葉の福島ツー (豪華絢爛絵巻物編)

2012.11.05(12:50)

さて、お腹がいっぱいになった我々が、フルーツライン経由でまず向かったのは磐梯吾妻スカイラインこと磐梯吾妻道路です。
ここは「日本の道100選」にも選ばれている山岳観光有料道路で、今回は北側にある土湯峠側から高湯温泉へと南に向かって駆け抜けて行く予定。

まずは入り口に停まって写真撮影。

basl入口


ここで私だけ撮影に手間取って発進が遅れてしまい、ブースの中にいる人に笑われてしまいました。

恥ずかすい・・・。


それはさておき、高度を増すごとに道の両脇の木々が色鮮やかになっていきます。
この辺りは天狗が舞い遊んだという言い伝えにちなみ、天狗の庭と言うそうです。

basl天狗の庭


青い空をバックに、見渡す限りの眺望が赤・黄・緑に埋め尽くされています。
その鮮やかさは錦絵のごとし。

こんな道を走れるなんて素晴らしい!
いとじんさん、ダンケシェーン!


と、突然現れる荒々しい風景。

浄土平に近づいたようです。
左手に吾妻小富士が見えるころ、我々を迎えたのは『火山性ガス注意の看板』。

basl火山ガス

窓を閉めてといわれても・・・・・、ねぇ?


車が混んできたなぁと思ったところで浄土平の駐車場に到着。

basl浄土平


吹きっさらしの高地らしくかなり寒くなってまいりましたが、時間は1時を過ぎていますのでこれからさらに冷え込むことが予想されます。

ので、寒いですけれど、このあたりで地域貢献と参りましょう!!
ガツーンと! 男らしくっ!!

basl塩バニラ


浄土平オリジナル、温泉水から作った塩を使用した塩バニラソフトです。
塩、使用、塩・・・舌噛みそうですね。

とにかく、かすかな塩味がして旨し!
お腹の調子は下降気味ですが、いとじんさんのハニーラとやらにも興味が湧いてまいりましたよ。


ソフトに満足したところで、さぁ、吾妻小富士でも登りましょうか!!

basl吾妻小富士


・・・なんて言った人は一人もおりませんでした。

年齢の問題?

basl浄土平2

いえいえ、お時間も2時を過ぎたことですし、素直に先を急ぐ必要があったのですよ、きっと。
多分・・・。


浄土平を出てしばらく進んだところで、道の真ん中にこんな表示がありました。

basl最高地点


磐梯吾妻スカイラインの最高地点ということでしょうかね?
寒いわけだ。


吾妻山にお別れし、次にやってきたのは磐梯吾妻レークラインです。
ちなみに本名は第二磐梯吾妻道路と申します。

若宮口を入ってすぐに秋元湖がこんにちは。

ball秋元湖


おぉー!
空と水と木々のハーモニーが目に鮮やかです。

レークライン、山の次は湖畔の道を流すのですね?グーッ!


・・・と思ったのもつかの間、道は何故か林の中、木々の間。

ball2

ほとんど湖は見えません。

・・・レークラインなのに・・・。


それにしてもこちらの道、先程のスカイライン程ではありませんが、とにかく車が多いです。
せっかく路面がよいのに、ちと残念。
まぁ、私の頭上のGoProにはいい塩梅なのですけれど。

ballGoPro

路面に移る影もくっきりとしておりますね!


と、少し走ったところでレストハウスにておトイレ休憩。
陽が低くなってきて少し寒くなってきましたからねぇ~。

ballレストハウス


いとじんさんと、「寒いっすねぇ~。」などと話しているとpenguinさんとtomokiuさんの姿が見当たりません。

フッと遠くを見てみると・・・・、

ball豚汁

お二人で何かを食べていらっしゃる・・・・。
豚汁だそうです。
・・・美味しそ~でした。

壁いっぱいに広がったカメムシに、過ぎゆく秋と冬の到来を感じつつレストハウスを後にしました。


しばしレークラインを楽しんだ後、剣ヶ峰出口のT字路でpenguinさんとtomokiuさんは離脱され、東京へと帰って行かれました。

さよ~なら~、お気をつけて~。


さて、残った我々二人は磐梯山ゴールドラインに向けて先を急ぎます。
あっ、磐梯山ゴールドラインにも磐梯山有料道路という別の名前があります。


檜原口から入り、山を登って行きます。

bgl出口


さすが笹に黄金が成り下がる山。

bglゴールド


その名のごときゴールドライン。
ん~、素晴らすい!

夕陽に輝く黄葉を堪能し、『さてそろそろ出口かな?』と思ったところで、いとじんさんが山湖台のパーキングにIN。

bgl並んで


ここから望む山頂の眺めの良いことよ。

bglパーキング


柔らかい日差しが紅葉した山を優しく染め上げています。
どこがどうというわけでははありませんが、もう冬の気配ですねぇ~。

反対側では猪苗代湖が遠くにそっと顔を覗かせてますが、写真失敗につき絵はご想像のままに。


しばし景色を堪能しつつ、実はこっそり作戦会議。
時間も4時と遅いので、このまま高速で直帰するというのもありなのですが、せっかくですから当初の予定通りカフェマリーナでコーヒーを飲んで行くことに。


そうと決まれば早いもの。
駆け足で山を降り、磐梯山を遠くに眺めながら~、

Mt磐梯

一路猪苗代湖を目指します。

はい、20分くらいで到着~。

猪苗代Mカフェ


カフェ『マリーナ』というだけあって、小船舶用の港・翁島港が目の前にあります。

猪苗代マリーナ


実は、カフェマリーナ自体は翁島港マリーナのクラブハウス内にあったりします。

そして、ここカフェマリーナはライダーズピットでもあるのです。

福島PitIn


ということで、ステッカーとバンダナGET!

福島バンダナ

会津地方なので緑です。


そして、加齢なる二人が仲良くケーキセットをオーダー。
いとじんさんがクリームブリュレで私はシフォンケーキをば。

猪苗代シフォンケーキ


旨し!
コーヒーも美味しかったです。


そうこうするうちに、外は真っ暗に。
そろそろ帰りましょうか。


カフェマリーナを出た後は、国道49号を通って猪苗代磐梯高原ICにて磐越道にON。
もちろん、その前に給油済みですよん。

磐越道の幾つかのトンネルを抜けて東北道に乗ったら、後ろを振り返らずにひたすら東京を目指しましょう!


・・・・・とはいえこの寒さ。
行きと同じく那須高原SAで、暖を取るため一休み~。

蓮田20121027帰り

ふぁー。コーヒーで生き返る~。


再度東北道の南下を再開!

ここで、ずーっと先導していただいたいとじんさんに休んでいただこうと、不肖・わたくしニャンコ先生が先頭をチェンジ!

佐野辺りから始まった無情の渋滞もものかわ前進を続け、これまた行きと同じ蓮田SAにて最後のピットイン。
ここで遂に解散し、それぞれのペースでおうちに帰ることとなりました。


いとじんさんを送りだし、私だけこっそりと夕ご飯代わりのコーンスープをゴクリ。

夕食20121027


ふぃ~。生き返るわ~。


本日の総走行距離は670km。

まとめ20121027

燃費は何と24km/L!!



いとじんさん、企画・先導どうもありがとうございました。
紅葉の福島は、豪華絢爛な絵巻物を見るようでとってもきれいでした。
大満足っす。

先週末から磐梯山には雪が積もっているそうですね。
まさにグッドタイミング!


penguinさん、tomokiuさん、お疲れさまでした。
楽しまれましたか~?
またご一緒させて下さいね。


企画者の眼で今回のルートを見たい方はこちら  いとじんさんのHP:クロスライド





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  えー、福島の秋は終わっちゃったの~? ってあなた。こちらのブログで今すぐチェック!
にほんブログ村


スポンサーサイト

ダムの無いダムカツ 紅葉の福島ツー (あぁ無情編)

2012.10.31(21:51)

ウェザーニュースによると、紅葉の色づきの良さは、夏の日照や朝の冷え込み、昼の晴天などで変わるそうです。

今年の夏は十分な日照があり、また台風による葉へのダメージが小さく、紅葉の色づきはまずまずと考えられるとのこと。


それじゃあ見に行かなくっちゃ!


ってことで、以前もご一緒したいとじんさんのダムカードツー企画で秋の福島を楽しんでまいりました。


コースは以下のとおり。

6:30 蓮田SA集合→(那須高原SA)→(吾妻PA)→10:30 ふくしまスカイパーク→11:00~12:00 【ランチタイム】→(磐梯吾妻スカイライン)→13:00 浄土平レストハウス→(磐梯吾妻レークライン)→(磐梯山ゴールドライ)→15:30 猪苗代湖(カフェマリーナ)→17:00 大内宿→20:30 蓮田SA解散


企画者ご本人が仰るように、パッと見で厳しいスケジュールな感じがにじみ出ていますねぇ。

そして、ダムカードツーなのにダムに行かない!
うーん、斬新・・・。


とりあえず、蓮田SAに向かいましょー!


前の週にまさに同じコースを通られたバビロニアさん達は、なんと雪に降られたとのことでしたので、冬ジャケットを着て寒さ対策は万全です。



・・・万全過ぎました・・・・。


あまりに暑過ぎるので、走り始めて5分で中間着を脱ぐことに。
早朝とはいえ、冬ジャケットは早すぎたか・・・。


その後仕切り直して、外環道を走り始めるとともに渋滞発生!
朝から渋滞だらけ・・・。

それでも早めの出発が幸いして、3・4分の遅刻ですみました。


・・・・はい、3試合ぶりにまた負けました。(泣)
いとじんさん、すみません!!


集合場所の蓮田SAでは、いとじんさんがカメラを構えてお待ちの様子。

くっ、悔しい・・・。

蓮田SA20121027


ご挨拶の時、いとじんさんが指差す方を見渡すと、どこかで見たことのあるNC700Xが。

サプライズ20121027


なんと、penguin774さんがサプライズ参加とのこと。
が、ご本人は食べ物を探しに行っており不在。(笑)


そうこうするうちに、これまたどこかで見たことのあるようなバンディットが到着。
penguinさんの影には常にこの人の姿あり。

もう一人のサプライズ


そう、tomokiuさんです。

到着と同時に、何か食べ物を探しに行かれました・・・。


10分後。

皆さんが揃ったところで、早速出発です。

まずは、那須高原SAまでひとっ飛び!



・・・・したかったのですが、蓮田を出てすぐに長い渋滞に遭遇。

いとじんさんを先頭に、我慢我慢のライディングがしばらく続きましたとさ。



なんとか辿りついた那須高原SAでしばしコーヒー休憩。

那須高原SA20121027


こんなコーヒーを見つけましたので、軽くチャレンジしときました。

高速限定


なんてことのない普通のお味でしたね。

特にイベントもなく、しばらく休んだ後順当に再出発。


と、しばらく走った段階で前方に通行止めの案内が!

高速を下ろされる手前の安達太良SAで作戦会議。

安達太良SA

おぉっ?

いきなりホットドッグか何かを食べ始めるtomokiuさん・・・。

朝食い


結局、このまま下道でランチの場所を目指すことに。

二本松ICで東北道から強制排除され、

強制排除20121027


降りてすぐにガソリン給油。

そこから一旦国道4号を離れ、裏道っぽい細い県道を通ってから国道4号にIN。

いとじんさんのガーミンも変なルートを選んでくれるようでして・・・。


そこからは国道4号を通って福島市内まで進み、『このまま福島競馬場に行ける。いぇい!』と思ったところで急に左折。

国道13号に入ってしまいました。

後、2kmもなかったのに・・・。



13号に入って10kmも行かないうちに、本日のランチどころレストランリンカーンに着きました。

リンカーン


なんでも南北戦争当時にリンカーンが立寄ったことからその名が付いたとか。



・・・んなわきゃない!

ぶっちゃけ、由来は不明です。



そちらで選んだのはこちら。

ポーク味噌カツ


ポークの味噌カツ(特製)です。

“(特製)”ですよ、皆さん!ついつい選んじゃいますよね!(笑)


こちらの一品、トンカツのカツの中にお味噌が挟んであるのです。
ナイフを入れる度にお味噌が『ジュワッ』っと出てきて、旨し!


他の人はリンカーン焼きなるものを頼んでニンニッキーになってましたね。
そちらもおいしそう~。


というところで、本日はここまで。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  え、紅葉は? って方は、一足お先にこちらでご覧下さい。
にほんブログ村



ツー記録(東北)

  1. ダムの無いダムカツ 紅葉の福島ツー (豪華絢爛絵巻物編)(11/05)
  2. ダムの無いダムカツ 紅葉の福島ツー (あぁ無情編)(10/31)