スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NC750Sで行く、琵琶湖とかその辺ショートツー


さて、依然としてNC750Sが手元にあるので再度ツーリングに出発。

R_IMG_7552.jpg


今度は琵琶湖周辺の道の駅をひとつひとつ回っていき、近畿のスタンプラリーのカンスト(?)を急ぐことに。

まずは、琵琶湖大橋西岸側にある道の駅妹子の郷を攻略。

R_IMG_7554.jpg

名前から推測できるように、近くにある遣隋使・小野妹子の出身地が名前の由来だそうで。

えい、スタンプっと。

R_IMG_7553.jpg

ホンダドリーム主催の道の駅スタンプラリーは、

R_IMG_7563_201608270550016fb.jpg

このようにスマホアプリでスタンプするんですよねー。


次に向かったのは、琵琶湖大橋西端にある道の駅びわ湖大橋米プラザを攻略。

R_IMG_7557.jpg

ここもサクッとスタンプ。

R_IMG_7556.jpg


で、琵琶湖大橋を渡って、

R_IMG_7559.jpg

琵琶湖東岸に上陸。


R_IMG_7560.jpg

湖岸道路の一部こと県道559号を通って南進。


道の駅草津に到着。

R_IMG_7561.jpg

黒いテスタロッサがある。なつかしー。

テスタロッサの爆音を聞きながら、それ、スタンプっと。

R_IMG_7562.jpg


そのまま東南に進み、道の駅アグリの郷栗東に到着。

R_IMG_7565_20160827060449eae.jpg


ここは日本で唯一新幹線を見ることのできる道の駅だそうです。
色々考えるもんですね。

で、

R_IMG_7564.jpg

もちろんスタンプ。


お腹がすいた気がするので何か食べたいのですが、この時点でまだ朝の10時過ぎ。
レストランが開いてないので我慢、我慢。


ということでさらに東南に進み、やってきたのがこちら。

R_IMG_7567.jpg

道の駅こんぜの里りっとう。

忘れないうちに、まずはスタンプ。

R_IMG_7568.jpg


ここに来るまでの道端の看板で気づきましたが、実はここはJRAの栗東トレセンからわずか5kmの場所。

「よーし、見学していくか!」

とか思いましたが、残念ながら事前予約が必要とのことで泣く泣く断念。


気を取り直して次の道の駅に向かおうとしたところでお腹のムシが鳴き始める。

グ~。

ムシして先を急ごうと思ったのですが、どうにもタマラズ併設するレストランでランチをいただくことに。

R_IMG_7569.jpg


名物の牡丹鍋、しし丼、猪のコロッケ定食のどれにしようかと悩んでいたところ、なんだかかわいらしい猪の絵を発見。
なんだべなーと見ていたら、どうやらこんちゃんという名のマスコットの模様。

えーんかい、マスコット食べて!(笑)

が、そんな理性も食欲の前にははかないもので、こんちゃんコロッケ定食というイノシシのコロッケ定食をいただくことに決定。

R_IMG_7570.jpg

さくさくほくほくのコロッケは、やや甘い味付けで旨し!
なんか、このコロッケのために再訪してもいいよーな?


「あー、なんかお腹いっぱいになったら、下界に下ってく気がしない~」などと思うのも仕方なし。
とにかく、周辺の平地が暑くて仕方なく。
※ 道の駅こんぜの里りっとうは、小さなお山の上にあります。

そんな時は、はい!目的変更〜。

琵琶湖周辺の暑い道を走るより、田舎の県道、険道ー♫
まずは滋賀の県道12号で、信楽まで山道走行だ!(想像)
山岳民族の血が騒ぐぜ!!(妄想)


ということで、気持ち良い県道を通ってお山を登って下がったところでいいものを発見。

はい、巨大建造物。

R_IMG_7572.jpg

新名神の橋梁です。

ふはははは。見ろ、バイクがゴミのようだ!!

などと思いつつ先を急ぐ。


数々の県道や名もなき農道を走り、大山田温泉の辺りで国道163に合流。

笠取山をぐるっとまわり、青山高原を抜けて大阪方面に戻ってこようとしたのですが、
あまりの暑さに途中休憩。

R_IMG_7573.jpg

ここで「眠い」という危機に見舞われることに。

やむなく昼寝場所を探すも、周辺に適当な場所がない。

この木陰とか最高なんですが、

R_IMG_7575.jpg

川床までは数mの高さがあり、降りられないので断念。


では、この苔の上にするか?

R_IMG_7574.jpg

とか考えるも、日陰がないので思いとどまる。


結局、シガー休憩を取り、

R_IMG_7578.jpg

とっとと国道163号を西に戻ることに。

くっ・・・・寝心地良さげな苔のベッドがあるのに炎天下とはっ!


断腸の思いで国道を走り出したものの、素直に走っていることができず、県道・農道で横道にそれるそれる。

途中、田舎風景を楽しみつつ帰阪。

R_IMG_7579.jpg


総走行距離254km、平均燃費30.4km/Lのショートツーでした。

R_IMG_7584.jpg





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NC750Sで行く、熊野本宮大社方面ショートツー


オプションを追加するため、先日Myファラオが臨時入院することに。

IMG_7540_R.jpg


元は半日作業のはずが、工場長が研修ということで仕上がりに一週間いただきたいとのこと。
もちろん代車をご用意いただけるという条件付き。

てことで、Myファラオを預ける代わりに貸し出してもらったNC750Sで近場ツーを堪能することに。

IMG_7541_R.jpg


まずは、国道168号をまっすぐ南下して十津川村に凸!
道の駅十津川郷で記念写真を撮ってからお昼をいただく作戦。

IMG_7542_R.jpg


しかし、人や車がひっきりなしにやってくるので、とっとと退散して先を急ぐことに。


更に南に下り、
やってきました道の駅奥熊野古道ほんぐう。

IMG_7543_R.jpg


さすがにここでお腹がぐうと鳴ったので、遅いランチをいただくことに。

まずは、和歌山名物目はりずしをいただき!

IMG_7544_R.jpg

大きくて旨し!


返す刀で熊野本宮音無茶ソフトをがぶり。

IMG_7546_R.jpg

オォ、ほうじ茶の濃厚な味がして美味し!!


ふと横を見ると、氷の無料配布をしている模様。

IMG_7545_R.jpg

ムゥ、なんと親切な。


・・・などと感心した風を装い、実は暑さに参った身体をご休息。
たった3時間半しか走ってないものの、あまりの暑さにバテちゃってたらしく、この後20分もぼーっと過ごす。

休息の甲斐あって元気回復したところで、熊野川沿いで記念撮影。

IMG_7548_R.jpg


元気いっぱい北上を開始!

したのもつかの間、1時間強走ったところにある道の駅吉野路大塔でヤニコーヒー休憩。

IMG_7550_R.jpg

いや、ホント暑いは今日は・・・。


さらに2時間走って本日は終了。

IMG_7551_R.jpg

総走行距離304.7kmのショートツーでした。


せっかくなんで、簡単にNC750Sのインプレなんぞ。

今回借りたNC750Sは2014年式のマニュアルABS未装着車。
価格も含めてザ・ベーシックといった内容です。

乗ってすぐにわかるのは、何もしなくても曲がっていく素直なハンドリング。
まぁ、普段がアフリカツインなんで、全く参考にならないとは思いますが・・・。

アフリカツインに乗っているからというわけではないでしょうが、リーンウィズで乗るよりもリーンアウトで走る方が気持ち良くコーナリングできる気がしました。
・・・うん、多分気のせいですね。

なんにせよ、かぶせなくても前輪に荷重がかかるバイクって楽だなー、とかのんびり走りながら思いました。
・・・どこまでいってもなんの役にも立たないインプレですね。

あ、あれですよ。
メットインスペース、すごく便利でした!

あと、すぐに頭打ちするエンジンですが、それを見越して早めのギアアップを行えば気持ち良く走れることが確認できました。
そうすると、音的にも疲れないことを発見。ラッキー。

総じて、気負わずに淡々とツーリングするのに向いたバイク、という印象でした!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

魚を求めて御食国再訪! リベンジ淡路島ツー


それは12月半ばのこと。

そろそろ年の瀬だなーとか考えていたら、何か美味しいものでも食べたくなった次第。
そういえば、先日淡路島でアナゴ丼を食べ損ねたなーとか思い出し、何だか再訪したくなってしまいました。

志摩や若狭などとともに、古くから朝廷に海水産物を納めていた御食国たる淡路島ですから「やっぱ、ここは魚だよねー」などと思い、目ぼしいレストランをピックアップ。
ここに、淡路島の再訪が決定!

今回の相棒はこちら。

thumb_IMG_6881_1024_20151229191919f39.jpg

ペリカン君こと、V-Strom 1000です。
乗りやすかったので、先週に引き続きの登板です。

いつものレンタル819店を後にして、海遊館近くの天保山ICで高速オン。

なぜか道が空いていて、あっという間に明石大橋を渡れちゃいました。

ついでに鳴門大橋も渡って徳島イン。

thumb_IMG_6882_1024_2015122919192170d.jpg

・・・・・・・。

あれっ? 淡路島通り過ぎちゃった・・・・。


せっかくなので、鳴門大橋にググッと近寄って写真をパシャリ。

thumb_IMG_6883_1024_201512291919210c9.jpg

世界最長の吊り橋で、横浜ランドマークタワーより高い主塔を持つ明石大橋にはかないませんが、この橋もかなり巨大な建造物。(説明的?(笑))

人が造った大きなモノを見ていると、なんか、身震いがしてきました。

ぐゥ・・・・・。

いや、決して、空腹による動悸・震えではないデスよ?(笑)


近寄って渦潮もじっくりと観察しようかと思ったのですが、お腹が空いて仕方ないので淡路島に戻ってランチに行くことに。

着いたのはこちら。

thumb_IMG_6884_1024_201512291919234f9.jpg

淡路島南PA。

・・・えーっと。
なんかお腹が空いちゃって、事前に選んだどのレストランへ行くまでも待てなくって・・・。
近場で済ませちゃおう!みたいな?(笑)


でも、ここはあれですよ。
あの、ほら、路面がキレイ!

thumb_IMG_6885_1024_2015122919192491f.jpg

ねっ?

などとおチャラケつつ、やってきましたフードコート。

頼んだのは、玉ねぎラーメンとちりめんご飯のセットです。

thumb_IMG_6887_1024.jpg

このラーメン、なんとなんと、炒めた玉ねぎが丸々一個入ってるんです。

なにこれ、美味しい!

熱を通したことで、玉ねぎの甘みが増しており、醤油ラーメンのスープと程よいコラボレーション。

食後は当然地域貢献のお時間。

thumb_IMG_6889_1024_20151229192034d43.jpg

淡路ミルクと玉ねぎのミックスソフトっす。 オォ、うまし!


さーて、用事も済んだことですし、適当に海沿いを走って帰るとしますかね。


まずは、大橋のすぐ横にある伊毘漁港にて、訳もなくV-Stromの写真撮影開始。

thumb_IMG_6891_1024_20151229192036a5a.jpg


普段は見れない嘴の裏などもパシャリとな。

thumb_IMG_6894_1024_20151229192037b6e.jpg


あったり前ですが、何にも入ってません(笑)

お次は、(恐らく)純正のステッカー。

thumb_IMG_6890_1024_201512291920343f2.jpg

これ、格好良くないですか?


そして、車体を舐めて漁港と高速を撮影。

thumb_IMG_6897_1024_20151229192053305.jpg


もちろん、意味はありません。


さらには、少し移動して、鳴門大橋を遠景に見つつまたパシャリ。

thumb_IMG_6899_1024_2015122919205414a.jpg

さすがになんか飽きてきたので、そろそろ移動することに。


海沿いを適当に流していたら、面白そうなものを発見したので近くに寄ってみることに。

それがこちら。

thumb_IMG_6900_1024_20151229192056b67.jpg


丸山海釣り公園の太鼓橋です。
橋の先の弁天島は結構小さい島なのに、わざわざアーチ橋になっていて船が通れるようになってるのが面白いですね。

私も渡ろうかと思って近づいてみたら、こんな看板があり断念。

thumb_IMG_6902_1024_201512291920583a9.jpg


うーん、世知辛い・・・。
「この橋通るべからず」ぐらいにして欲しかった。
そしたら、真ん中を通れるのに・・・・・。

仕方ないので、再びバイクに乗って海岸沿いを北上。

thumb_IMG_6903_1024_201512291920592cf.jpg


港町に特有の、狭くて急な坂とか見ると降りて行きたくなりますよね?

thumb_IMG_6906_1024_2015122919211230e.jpg


えっ、ならない?
そりゃまた失礼・・・。

めげずにその後も海沿いを走っているとこんなところが。

thumb_IMG_6907_1024_20151229192113664.jpg

この岩の先には巌神社というお社がありました。
ご神体なのかな?
後ろから撮ってすみません!


さらに北上を続け、ファミリーマート北淡サンビーチ店にてコーヒー休憩。

thumb_IMG_6908_1024_201512291921152f4.jpg


もう4時前ですし、そろそろ切り上げどきですかねー。


その後テケトーに走って、淡路島公園のメガソーラーにご挨拶。

thumb_IMG_6912_1024_20151229192116a4d.jpg

実は淡路島では、あわじ環境未来島構想という取り組みがなされていて、将来の電力自給率100%を狙っているのだそうです。(現在は、10%前後だとか)
どうりで、風力発電なんかも散見するわけだー。

なーんてネタも盛り込んでは見たものの、話題が広がらないままレンタル819に到着デス。


thumb_IMG_6914_1024_2015122919211880b.jpg


走行距離262.8km、平均燃費21.4km/Lのランチツーリングでした。


さぁ、年末が近づいてきた。
お掃除、お掃除ー!!




えっ? 魚はどうしたんだですって??


えーっと・・・・・。

ほら、アレですよ。

ラーメンのスープの出汁に入ってるってことでひとつ!







にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

行くぜ、カキオコツー


12月初旬その2。
前週に引き続き「そろそろバイクシーズンも終わりだなー」とか思っていたところ、乗ってみたいと思っていたバイクがレンタルされていることを知る。

じゃぁ、早速借りてどっか行こうかとお風呂場で夢想。
冬は牡蠣だよねーと思い、カキオコで有名な岡山県は日生に食べに行くことに。

そして当日。
いつもの店舗でお借りするのはこちら。

001 copy

話題(私の中で)のアドベンチャーバイク、V−Strom 1000です。

写真ですと、結構ブサいk……なんです。
だが、そこがいい!
ペリカンみたいで愛嬌がありますよね!


しかし、めっきり寒くなっちゃいました。
少し走っただけなのに、身体をあっためるためにコーヒー休憩する羽目に。

002 copy

しまった!冷たいの買っちゃった!!

『まぁいいや〜』と一気飲みしてから走り出し、赤穂ICで高速GET-OFF。


日生に入る直前でいいスポットを発見したので記念写真をパシャリとな。
題して「お山と電車とバイク」。

006 copy


・・・・・いや、わかってるんですよ? 自分にコピーライターの才能がないことなんて。
分かってはいるんですけどねー。(遠い目)

とか思いつつ先を急ぐ。
先週の淡路島同様、この辺りにも秋が残っているようで。

012 copy


そんな風に寄り道しながらも、そろそろ日生市に着く予定。
迷わないように、慎重に走ります。

とか言ってるそばから行き止まりに遭遇。

013 copy

止む無く、本日二本目のUターン。
一本目はどこかって?
それは、もちろん内緒です。


その後、もう一本だけUターンをかました後、無事にお店に到着。

014 copy

本日のお店、雀のお宿さん。

で、何を頼もうかと献立を見てみると・・・・・

015 copy

何が何だか分からない(笑)

ちょっとアレなネーミングセンスに困惑しつつ、仕方ないので、「牡蠣が多いやつお願い!」と頼むと、「はーい。半沢直樹倍返しね!」と親父さん。
すぐに焼き始めてくれはりました。

016 copy2

しかし、半沢直樹(店主)て!(笑)

注釈に身悶えていると、「お先にどうぞ」と味付きの焼き牡蠣をいただきました。

017 copy

旨し。

そして、そのすぐ後にカキオコ到着。

018 copy

わーい、牡蠣だらけだー!!

もちろん、美味しくいただきましたとさ。


お腹いっぱいでマッタリしていると、常連さんらしきご夫婦がご来店。
どこかで聞いたことのある言葉だと思っていたら、高知県からのお客さんでした。
(自分、母が高知県出身です)

曰く、「牡蠣も、大きさやったら広島やけんど、味やったらコッチやにゃあ。」

『えっ、そうなの? じゃあ、また来なきゃ!』と思った次第で。


なーんてミニエピソードを交えながらも、本日は早々に終了。

高速を使って、バビュンと大阪に戻って来ました。
V-Strom快適〜。


しかしいざ大阪に戻ってみると、返却までまだ2時間程あるので、ちょっと寄り道することに。

で、やってきたのがこちらのお店。

021 copy

トライアンフ大阪中央です。
せっかくオフブーツを履いているので、タイガーシリーズに跨りに参りました次第で。

020 copy

うーん・・・2台ともなんか違う・・・。

エクスプローラーの方は足べったりなんですが、何せ重い重い。
コリャー手に負えないにゃあ・・・。
対して、800Xcxの方は、足つき含めてサイズはちょうどいいんですが、もう少し高級感が欲しい感じ。
これならブサ・・いや、V-Strom 1000のが自分には合ってます。

タイガーの跨り具合に首をひねった後、続けてやってきたのはこちら。

019 copy

モトイタリアーナ大阪中央・・・・・・って、トライアンフと同じ建物にあるんですけどねー。
あ、V7IIってかっこよくないですかー?(笑)

こちらも跨りたかったのですが、時間がないので終了。
道が混んでなければ試乗もしたかったんですけどねー。

というわけで、速攻でレンタルバイクに戻り、本日は終了の巻。

022 copy

走行距離301.1km、平均燃費18.9km/Lのショートツーでした。



さてさて、最後にV-Strom 1000のインプレなんぞ。

乗る前は、850mmというシート高にちょっとビビってたんですが、意外や意外。
835mmのV-Strom 650よりも足つきが良いですね。
シークレット、いや、オフブーツを履けば、踵までしっかりと地面に届きます。(172cm 65kg)
車体も、990 Adventureに乗っていた自分には普通サイズで問題なし。

走り出してからは、十分な低速トルクと素直なハンドリングで街中も楽々。
キャストホイールの割には乗り心地も優しく、サスペンションが良い仕事をしている感じ。

自分の場合、初めてのバイクを借りた際、乗りやすいものでも1時間は色んな状況で走らないと慣れなくて普通に乗れない感じなんですが、このバイクは30分もしないうちにまるで自分のバイクのように操作できました。

・・・ちょっと盛りましたが、それ位、自分にはしっくりくるバイクでしたね。

それ以外で特筆してよかったことは2つ。

一つはクラッチ周り。
アシスト付きで軽い上に、バックトルクリミッターも付いていて、ツーリング時の疲労軽減に貢献度MAX!

もう一つは燃費。
あれだけガンガン走ったのに19km/L近い燃費とは・・・、まったり走ったら25km/Lは行くのではないでしょうか?
フルタンクで20L入るそうなんで、弟分同様500km無給油も夢じゃない!?
ただ、ハイオク仕様なのが玉に瑕ですけどねー。

特に悪かったことはないんですが、強いて言えば速度が高い走りが得意なようで、やや高めの巡航速度になってしまいがちだったところでしょうか。

なんにせよ、こいつはオススメですぜ、お客さん!(笑)




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

話題のあいつで行く、淡路アナゴ丼ツー


12月初旬。
「そろそろバイクシーズンも終わりだなー」とか思っていたところ、話題のバイクがレンタルされていることを知る。

じゃぁ、早速借りてどっか行こうかと仕事中に夢想。
脂ののったアナゴもいいなと思い、密かにアナゴも美味しいと有名な淡路島に食べに行くことに。

そして当日。
いつもの店舗でお借りするのはこちら。

001 copy

話題の子ハーレー、ストリート750です。

写真ですと、結構ブサいk・・・なんですが、実物はなかなかいい感じ。
ただ、広くのっぺりとしたタンクデザインと

044 copy


そのタンクの中心線がフレームからズレているところが

012 copy


気になると言えば気にはなりますね。
まぁそれも、場所柄目につくってだけで、走り出してしまえばドッてことありません。
ってことで、出発、出発!

しかーし。
走り出して30分。

004 copy


パーキングエリアにて休憩する私がいたりするわけで・・・。

なーんか、気持ち良く走れないんですよねぇ。

クルーザー然とした下半身に、前傾した上半身を強いるチグハグしたポジションとか、
ストロークたっぷりある割に、ヌメッと入るシフトとか、
バンク角があるのに、傾けるとある地点でグニっと挙動が変わるハンドリングとか・・・。

伝統的な『ハーレー』から抜け出そうとしつつ、脱皮できていない中途半端さを感じてしまうのは気のせいかな?


それでも気を取り直して走り続け、やってきました淡路島。

まずは、炭焼きアナゴ丼のお店・あさじさんに到着。

006 copy


やばい、暖簾が掛かっていない・・・・・。

近づいて見てみると・・・

005 copy


やっぱりー!

ということで、リカバーで入ったのがこちら。

007 copy


淡路牛のハンバーガーで有名なカフェMieleさんです。
いただいたのはもちろん、

008 copy


淡路産釜揚げしらす丼です。

・・・イヤ、ほら、お魚が食べたかったんですよ?

量もそれなりに多く、美味しくいただきました。
食後は、店名の由来である「蜂蜜」入りのフレッシュジュースを追加。

009 copy


ゆったりしたところで、目的達成。・・・いや、してないんですけどね・・・。

でも、特に次を考えていたわけではないので、適当にその辺を走ることに。

まずは、Mieleに来るまでに目に入った、気になるところにGO。

010 copy


はい、風車。
近くで見たかっただけです(笑)

お次は、田舎道で見かけた棚田と柿。

013 copy

さすが温暖な土地。
12月というのに、まだ秋が残っているようで。

そのまま、こんな道

015 copy


を選んで走っていると、高速の高架が出現。

016 copy


この後、Uターンで苦労したのは内緒の話。


と、竹のトンネルを降りていく魅惑的な道発見!

017 copy


降りていくと、次は当然、登りとなるわけで。

あぁ、枯葉があちこちに・・・・・。

018 copy


そして、なぜか登り途中で一休み。

019 copy


だって、散々後輪が滑るのに、車体の押さえが効かなくって、怖いったりありゃしないんすよー。

フとナビを見てみると、割と大きめの縮尺なのに道がなかったりします。

020 copy

こういうところが面白いんですよねー。
時々怖いけど・・・・。

普通の道に復帰して、今度は高速を下に見てみたりしていると、

021 copy


そろそろ北に向けて走り始めるお時間に。

走り出して数分後、視界が開けたところで絶景が。

023 copy


山と海と田んぼ。

024 copy


すなわち日本の原風景ですね。

ついでにストリート750を横から撮ってみる。

025 copy

こうして見ると、低くて長くて、クルーザー然としたデザインとわかります。

そういえば、リア荷重を意識すれば、思った以上の旋回性があったりするので、
ネイキッドっぽいですが、これはやっぱりクルーザーだったということかなぁ。

なーんて考えていると、明石大橋が見えてきました。

033 copy


そろそろこの旅も終わりですね。

道の駅あわじに到着し、改めて明石大橋にご対面。

037 copy


大きくてカッコいーです(笑)

コーヒープクイチしていると、橋の下を小型タンカーが通過。

042 copy


「これって、荷揚げしたら当たっちゃうんじゃないの?」
とか思っちゃいますね。

その後、夕闇迫る瀬戸内海を右手に阪神高速を迷i・・・いや、走り、
無事にレンタル店に帰着。

048 copy


走行距離178.1km、平均燃費23.0km/Lのお散歩ツーでした。




おまけ


ストリート750の後輪は、140/75R15というサイズのミシュランスコーチャー。

「フロントタイヤか!」と言いたくなる扁平率ですが、まずは写真を見てもらいましょう。

045 copy


「どこの四駆タイヤやねん!」と思わせる面白タイヤでした!

こりゃぁ、傾けるとグニっとしちゃうわけだー。




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

丹後温泉ソロツー


10/31から11/1にかけ、晩秋の日本海に温泉を求めてソロツーに行ってきたのでご報告。

今回の相棒はこちら。

001_20151116221113f1f.jpg

今時ルックスの異形ヘッドライトが特徴的なMT-07です。

乗りやすさと楽しさが評判なだけに、借りる前からワクワクドキムネ。

そして、先日大阪に引っ越しましたので、出発地点も大阪に変更です。


お店から下道で福島ICに入り、阪神高速池田線でバビュンとやって来たのがここ。

002_20151116221114e12.jpg


道の駅いながわ そばの館です。

ランチに名物のおそばをいただこうと思ったんですが、長蛇の列に空腹が耐えられず、ついつい屋台の焼き鳥をいただくことに。

003_201511162211156dd.jpg

旨し。

実は屋台の方もライダーで、鳥が焼きあがるまでの間少しバイクのお話などしてまったり。
縁は異なもの味なもの。
思いがけず楽しい時間を過ごしました。

で、せっかくなので、食後、地元産のそばを使ったそばソフトで地域貢献。

004_20151116221117b63.jpg

当たり前ですが、そばの味がします。
こちらも旨し。


その後、こんな景色の県道を走りつなぎ、

006_201511162211116b1.jpg


やってきたのは京都は福知山、丹波のもみじ寺と呼ばれる長安寺です。

008_201511162211376eb.jpg


薄っすらと色づく駐車場の木に、若干期待がこみ上げて来ましたゾ。


まずは、歴代福知山城主の霊牌が安置されているという薬師堂。

011_20151116221139258.jpg

ふむ。 まずまずの紅葉ですね。


そして、期待膨らむ紅葉のトンネルがこちら!



012_201511162211410df.jpg



アレッ?


いやいや、何かの間違いでしょう。
少し上に行ってみましょうか。

カモン、真っ赤な紅葉!!



014_201511162211425d5.jpg



おやっ?



・・・・・紅葉にはまだ早かったようでゴザル・・・。


すごすごとバイクに戻り、とっととお宿に向かうことに。

んでもって、国道をズズイと北上し、やってきたのがこちら。

018_2015111622113665d.jpg

京都府最古の温泉、奈良時代に開湯されたという木津温泉のお宿、丹波の湯宿えびす屋です。


昭和5年建造というアールヌーボー調の本館が魅力的。


まずは、お隣にある現代風の新館でチェックイン。
その後、風情豊かな廊下を渡り、

028_20151116221159388.jpg


楽しそうなゲームルームを越えて

025_20151116221158fc3.jpg


先ほどの風情ある本館に移動。
旅装を解いて、さぁ一息。

この時点でご飯までは後20分ほど。
温泉に入る時間はないので、少し建物の中を散策することに。

まずやってきたのが、松本清張氏が執筆に使っていたという書斎を見学。

022_20151116221155c76.jpg

ここは、本館の玄関の真上にあたる日当たりの良い部屋。
猫とセットで長居したい気分の場所ですね。

そして、その下は旧玄関で、今回バイクを置かせてもらった場所です。

024_20151116221156be4.jpg

お隣に停まっているのは1400GTR。
で、でかいっす。


とかなんとかやってるうちに、ご飯のお時間。

029_20151116221153a08.jpg

もっと色々出てきたんですが、写真を撮るのがはばかられマシテ・・・。
でも、地元食材でどれもこれも旨し!

お次は、今回のプランについていた貸し切り風呂にGO。

031_201511162212107e0.jpg

これまた創建当時のお風呂だそうで、雰囲気満点。

部屋に戻ると布団が敷かれており、その枕元にはブックライトと懐中電灯が。

032_20151116221212c29.jpg

こんな細やかな心遣いが嬉しいですよねー。


明けて翌朝。

朝風呂を浴び、朝食を食べたら、後は一気に大阪を目指します。

とはいえ、お腹はきちんと空いてしまうわけで。
まずは、道の駅 丹波おばあちゃんの里で一息。

042_20151116221213cbe.jpg

ここで、ランチタイムといきましょう。

ランチにいただいたのはこちら。

043_2015111622121659e.jpg

手作りおはぎです。
懐かしいお味の一品でした。


そして、食後はコーヒーを飲みながらプクイチ。

044_20151116221209e4f.jpg

いやー、いい天気で気持ちイーわ~。


ゆっくりと休んだ後、ノルマの険道をこなし、普通の県道でススキを楽しみつつ大阪に帰着。

045_2015111622122679a.jpg


走行距離357.7km、平均燃費25.9km/Lの一泊短距離ソロツーでした。

048_20151116221229754.jpg


最後にMT-07のインプレなんぞ。


本体を目の前にして思うのは、何よりも『小さいな』ということ。
実際、スズキのGSR250より小さくて軽いというコンパクトさ。
シートも低めで、軽い車体と相まって、いつでも乗り出していける気軽さがあります。

走りだしてからもその感覚は変わらず、なんの気負いも要りませぬ。
とはいえ、低速トルクは少し足らないかな・・・・・なんて思っていられるのも5000回転まで。
それ以上ではもりもりトルクが湧いてきて、さすがはMTシリーズといったところ。

このトルクに軽さが相まって、ワインディングではニッコニコ。
トルキーながら穏やかなエンジン特性に加え、ヤマハらしい素直なハンドリングで、ググググッ
と加速しながらも、ひらひらっと曲がれる感じ。
誰でも積極的に峠を楽しめること請負いですね。

では、ツーリングに向かないかというと、アクセルへの反応が素直(過激すぎない)な上に、
立ち気味の楽なポジション。意外にものんびり走るのも得意だったりします。
見た目薄いシートも、案外おしりに優しく、200km程度なら全く痛くなりません。
タンクも13Lと少ないのですが、400cc並みの燃費なので300km前後は無給油で走れ
るから問題ない範囲かと。
敢えてネガを探すとすれば、小振り過ぎるリアシートには、同じく小振りなシートバッグしか
付きそうにないことでしょうか。

噂に違わぬ楽しいバイク。
それがMT-07のインプレでした。


~ おまけ ~

道の駅 丹波おばあちゃんの里では、こんなおみやげを買ってきました。

049_201511162212301ba.jpg

050_2015111622122411b.jpg

ダンディーに美味しかったです(笑)




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

舟屋に泊まろうツー ~舟屋でガッツリ編~


天橋立を堪能した一行は、次なる行動に移ることに。

と、ここで軽いイベントが発生。
天橋立に到着したころから危険な予感がしていたアレがついに発動・・・。

そう、doiさんの属性がその恐ろしい本性を見せ始めたのです!

すなわち、、降臨。

doiさんと行くと雨が降る、の法則発動、です。

そんな訳で、念のためカッパを着てから走り出すことに。

しかし運命の神は、あくまで我々に試練を与え続け給う!!

ここで別の法則が発動なり!
今度は、カッパを着れば雨が止む、の法則発動です。

山の方はまだ涼しいんですが、海の近くはさすがにちと暑い。
doiさん、頑張って雨降らしてよ~(笑)


残念ながら(?)、願いは叶わず・・・・・。
ホカホカの身体で、伊根を目指して北上します。

途中、夜のビール等を購入したりしつつ、やって来ました今回の目的地、伊根の舟屋群です。

033_20150926175254a66.jpg

きんさん号とともにパシャリ。
今日も伊根湾は静かに波がたゆたっています。


皆でしばし写真を撮った後、本日のお宿に移動。

お宿はコチラ。

037_20150926175256ac4.jpg

舟屋の宿、たいせいさん(の母屋)です。

道を挟んだ母屋の反対側に私達が泊まる舟屋があります。
んで、その一階には、舟の整備道具だったり釣り道具だったりがぎっしりと。

001_201509261752572c1.jpg

そして、さすが舟屋。
家の真ん前まで海が肉薄してます。

040_201509271806470d2.jpg


さらに、宿泊する二階部分から外を眺めると、舟屋群を育んだ静謐な湾の源・青島が直ぐ目の前に。

039_20150926175258175.jpg

暮れゆく空が旅情を誘いますねー。

荷物をおろし、順番にお風呂に入ったら、ご飯の準備がされている離れに移動。

さーて、いよいよパンカイだ!

043_201509261752593df.jpg

夕御飯は、魚がたっぷりで美味しそー。

042_20150926175306df5.jpg

漁師町の料理だけに少し味が濃い目ですが、とても美味しくいただけました。


お腹いっぱいになった一行の次なる行動は、

045_2015092617530877c.jpg

当然、お部屋でパンカイ IIー。

もうお腹一杯だと思ったんですが、意外にツマミとか入っちゃうんですね。ビックリ。

バイクの話とかしながら夜は更けて、程よく疲れた所でお休みなさい。


明けて翌日。


朝ごはんまで少し時間があるので、舟屋の周りを探索することに。

一階の海への入口から対岸の舟屋群を眺めたり、

002_20150926175309dfe.jpg

澄んだ海を見つめたりしながらリフレッシュ。

003_20150926175311327.jpg


そして、建物にある舟の収納庫とか見ちゃうと、

004_2015092617531204e.jpg

舟屋に泊まった実感を改めて噛み締めたりできます(笑)


んで、探索から帰ってみると、既に朝ごはんの時間。
わーい。

008_20150926175323b64.jpg

朝ごはんも、お魚中心のヘルシーブレックファスト。


かと思いきや、一部に不健康そうなものが・・・。

007_20150926175326ae2.jpg

みどりさんの漫画盛りです(笑)

食後しばしお休みした後、さぁ出発だ!・・・・と思ったところで、doiさんの法則再発動。
なんだか小雨が降ってきちゃいましたの巻。
朝ごはんの時は大丈夫だったのにねー。
スゴイや、doiさん(笑)


まぁ、ポツポツ程度だったのでカッパオンせず出発し、北に向かって走り出す。

やって来たのはこちら。

011_20150926175327fa1.jpg

浦嶋子(浦島太郎)を主祭神とする浦嶋神社です。

実は伊根町は、日本最古の浦島伝説の地だそうで。
この神社も、創祀されたのは825年と平安時代。

拝殿には亀に由来の品々が。

012_20150926175328996.jpg

玉手箱もあるそうですが、特別公開しないかぎりは我々の目には触れないそうな。


とかなんとかやってると、気づくと雨が止んでおり、雨がふる前に次なる場所へと向かうことに。

向かう先に黒雲が山のように立ち上がっていることには触れず、滋賀県の大津市に向かって南東へとバイクを走らせます。


途中、道の駅舞鶴港とれとれセンターだとか、

015_201509261753307ef.jpg

コンビニだとかで休憩しつつ、

017_20150926175338f4c.jpg

山道を走ってやって来たのがこちら、

018_20150926175340b5a.jpg

そば處 美登路さんです。

他の人のブログなどからがっつり系を期待していたんですが、そこまでじゃなかったランチがチト残念。
あ、お味は普通に美味しかったです。


こっからは、琵琶湖大橋を渡って名神高速の栗東IC入口で解散する予定だったのですが、
グーグル先生によると、65km先の甲賀土山IC入口まで、下道でも高速を使った場合と10分と変わらず行けるとのお告げが。

ってことで、まだ時間もあることだし、甲賀土山IC入口まで下道をご一緒することに。


そして、数十分後。
案の定、渋滞の列の中・・・・。

ようやくIC近くのコンビニにたどり着いてみれば、予定より30分遅れというテイタラク。

020_201509261753439dd.jpg

皆さん、すみません!
IC入口で解散なので、別れを惜しみつつ、ここでコーヒー休憩を取ることに。

しばしダベリングの後、予約券を発行して再開を誓い合い・・・

021_20150926175345ff2.jpg

元気に、高速入口で解散しました!


関東組の皆さん、お疲れ様でしたー!
また、ご一緒しましょーネ。

総走行距離509.5km、平均燃費24.4km/Lの一泊ツーでした。



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

舟屋に泊まろうツー ~重伝建地区編~


とある9月の初旬、関東の方々とともに京都北部にある伊根の舟屋群を訪れたのでご報告。


本日の相棒は、

001_20150923230740d5d.jpg

懐かしのW800です。

クラシカルな外観の通り、見ても乗っても味のあるこのバイクは、重伝建地区に指定されている伊根へのツーリングには持って来い。
よっしゃー、行くぞ~。


さて、集合地点に到着したところ、既に関東からの皆さんがお集まりの模様。

003_201509232307416cb.jpg

それもそのはず、はい、いつものアレです・・・・。
申し訳なす。


で、早速、インカムの同期を始める御一行。

002_20150923230743133.jpg

きんさんとワタクシNは同期できたのですが、doiさんは繋がらず。
しばらくすったもんだやってたんですが、何だか繋がらないんで、

「doiさんはなくって、まーいっかぁ!」

ってことで、出発!

あ、今回の参加者は、関東からdoiさん、きんさん、みどりさんの3名と、関西からはワタクシNの、総勢4名でお送りします。


混雑する京都市内を迂回するため、西大津バイパスを抜けて北上することに。
んで、国道357から険道783、腐道110号を使い、東から京都市左京区最北端の久多地区に侵入。

久多と言えばこちら。

006_2015092323074406c.jpg

そう、茅葺屋根の家。
・・・の前で集合写真です。
実は、人とか車とか通りかからないかとドキドキしながらの撮影だったりします。(汗)


ふと見ると、道には栗が落ちていたりします。

029 - コピー

山の季節は早いもんですねー。


さて、再びバイクに乗り、そのまま腐道110号を西に進んで、いつもの橋の袂で写真撮影会!

007_2015092323084383f.jpg

008_20150923230844201.jpg


と、別の場所で撮影会をしていたdoiさん達が到着ん。

009_20150923230846c84.jpg

しばらく皆さんパシャパシャした後、お腹が空いたのでお昼の場所に向かうことに。


快適な府道38号を駆け抜けてやってきたのは、

005 - コピー

これまたお馴染み、芦生のちしゃの木庵です。

お店に着くなり、再びインカムを同期させ出すdoiさんを発見!

011_2015092323084741b.jpg

喋ってないと弱っちゃう体質のdoiさんとしては、インカムの同期は、やはり死活問題なんでしょうか?


そうこうするうちに、突き出し(?)に、お店から栗をいただきました。

012_20150923230849cb5.jpg

もぎゅもぎゅ。

メインメニューは、当然、ちしゃの木庵定食。

013_20150923231003773.jpg

相変わらずおそばが美味しいけれど、実は黒豆ご飯にノックアウト。
味ご飯って、美味しいよねー。


食事が終わったら、次の目的地を目指して西にGO。

ちょっと行ったところにあるかやぶきの里でストップ。

014_2015092323100598d.jpg


歩いて行くほどの時間はありませんので、遠くから写真撮影。

009 - コピー

実は、ここも重伝建地区だったりします。


その後は高速を求め、ひたすら西へと走ります。
ナビ様ではなく、標識にしたがって走ったので少しドキドキしていたのは内緒の話。


なんとか京都縦貫道に乗り、やって来ました天橋立。

今回は、天から降りてくる龍に似ているという飛龍観を見るため、天橋立ビューランドに登ることに。

016_20150923231007757.jpg


サクッとケーブルカーで頂上に登り、展望台から写真をパシャリ。

020_20150923231009b6c.jpg

ふむふむ。
なるほど!確かに降龍に見えますね。


そして、グループで来たら必ず記念に撮ってしまうという、股のぞきの写真をばひとつ。(笑)

023_2015092323102549a.jpg

短い時間ながら絶景を堪能したら、雨がふる前に宿を目指すとしましょう。


ちなみに、帰りはロープウェイで龍との別れを惜しみました。

024_2015092323102796d.jpg

気持ちいいー!


というところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

清涼、夏の京都裏山ツー


とある夏の日のこと。
涼を求めて、腐d、いや、山道を走りたいと思い、京都の北の裏山へと向かうことに。

001_2015081219011179a.jpg

本日の愛車は、ツンとした口元が特徴のV-strom650XTです。

西大津バイパスから国道477、367を通って北上し、西進して県道783から久多地区へIN。

003_201508121901062ea.jpg

この写真だといい感じの田舎なんですが、ここに至るまでは結構な険道っぷり。
しかも、ほぼ一車線道路なのに、路線バスなど通っていてなかなかシュール。


それでも、村落内は気持ちのよい田舎風景が広がっており、来たかいがあったというものです。

007_20150812190107d81.jpg


さて、この久多地区。

市内からのアクセスもバスがわずかに二系統。
それぞれ一日2・3便のみな上、最寄りのバス停が歩いて2-3時間先という交通至便な地域。
平家の落人集落と噂されるのも納得の場所です。

011_201508121901094ce.jpg


でも、こーんな茅葺きの家もあって、いい雰囲気。


008_2015081219010820c.jpg


長年村を見守ってきたであろう木もあって、いつまでも道端でのんびりしていたいところです・

・・・が、お腹が空いてきたので先に進むことに。


で、あっという間に・・・

013_2015081219014150e.jpg

こんな感じの山の中(笑)


道のママに山に分け入って行くと、

017_20150812190143397.jpg

清流も流れていて、実に風流。


でも、写真に撮れなかった道は、落ち葉たっぷりの下り坂だったりして、なかなかスリリング。
府道38号に出た時には、心からホッとしたとかしないとか!?


で、しばらく走ってやってきたのがこちら。

018_2015081219014343c.jpg

ちしゃの木庵です。
こちらのお店には、入ってすぐに囲炉裏があるんですが、

019_201508121901453c8.jpg

その先の景色に誘われ、迷わずテラス席に。

携帯圏外な場所ですが、結構な人がいます。
山仕事か登山のお帰りでしょうか?

それはさておき、いただいたのはこちら。

023_201508121901472b2.jpg

おそばとお惣菜がセットになったちしゃの木定食。
おそばには鰹出汁と鮎出汁の二種類のおつゆが付いていて、どちらも旨し!


たゆたう川の流れを見ながら、ゆっくりと食事を楽しみ、次の場所に進むことに。


ちしゃの木庵から10分位走ってやってきたのがこちら、

024-1.jpg

美山町のかやぶきの里です。

これだけの茅葺きの家を見るのは、西湖いやしの里根場以来。
ということで、近づいてしっかりと写真を撮るべー。


・・・・・って思いましたが、暑すぎて断念。
コークを飲んで帰ることに。(笑)

025_2015081219015677e.jpg


その後、国道162から477へ回って花背入り。
なんだか眠くなってきたので、適当な場所にある駐車場にIN。

木陰にバイクを停めて、

027_20150812190159ec6.jpg


地べたにどっかり座り、

029_20150812190200e26.jpg


葉擦れの音を聞きながら木漏れ日を見上げていると、

030_20150812190202884.jpg


いつしか眠気が。

・・・・ぐぅ・・・。

・・・・・。

・・・んがっ?


いやぁ、お昼寝って気持ち良いですね!!


シガーを吸いながら身体が起きるのを待って、リスタート。


ただの林道のような酷道477を南に下り、

033_20150812190216916.jpg


木立を抜ける風が気持ち良い腐道38を使って、

035_20150812190217926.jpg


鞍馬経由でレンタルバイクに戻りましたとサ。


走行距離 175.4km、平均燃費 24.7km/L。

036_20150812190219506.jpg

山の中をのんびり走った裏山ショートツーでした。


最後に、今回乗ったV-strom650XTについてちょい感想。

002_201508121902279d9.jpg


以前乗ったV-strom650と比べて、とにかく柔らかい乗り心地。
多分、スポークホイールの影響が大きいのかな、と。

002-1.jpg

なにげにチューブレスと、凝った造り。

このへんは、スタンダードのV-strom650とタイヤを合わせるためかもしれませんねー。

002-2.jpg


でも、柔らかいとはいえ高速でも不安になることなんてなく、快適度が確実に上がってます。

エンジンは、若干低速トルクが心もとない気がしますが、高回転までよく回る元気な仕様。
振動も少なく、どんな場面でもストレスは少ないと思われ。

相変わらず燃費も上々で、高速を使えば航続距離は500kmを越える模様。

弱点としては、大柄な車体で取り回しに手こずるのと、幅広シートによる足つき性の悪さでしょうか。

とはいえ、どちらも本格的なアドベンチャーバイクほどではありませんので、ネックと言えるほどではありません。
総じて、バイクに乗り慣れた通の方にオススメの、Theツーリングバイクといったところでしょうか。


ついでに、スタンダードのV-strom650に関するインプレはこちらをどうぞ。




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

再訪 熊野那智大社ツー


とある日曜日の朝。
とある方々との待ち合わせに、懐かしのバイクをひとっ走りさせることに。


001_2015071818200402c.jpg


バビュンと走って、とあるPAで一休み。

002_20150718182006799.jpg


コーヒーをグビッとやって、

003_20150718182007762.jpg

もうひとっ走り。



そして着いたのはこちら。

005_20150718182008537.jpg

前回、MT09トレーサーでやって来た元祖黒飴の里那智ねぼけ堂です。長いな・・・。


待ち合わせが9:30のところ、到着したのは9:26。
255kmも離れているのに、5分前集合というこの正確さ!
「時の魔術師」とでも呼んで下さい。


・・・・・・・・・・・・。


さて、5分後。
何故か突進してくる青いバイクが一台。

006_201507181820108a1.jpg

カウルに刻まれたその傷・・・。
関東からお越しのバビロニアさん!?

遅刻ですよ♪


そして、続々と現れる関東ラーメン軍団の面々。

007_201507181820240df.jpg

ん、バトロッキーでしたっけ?

ちなみにメンバーは、バビロニアさん(銀翼:雨男)、torioさん(TMAX530)、マロさん(TMAX)、ザッキーさん(NC750X:雨男)、わたくしニャンコ先生(TMAX530)、の5名です。



しばし歓談後、山の上にある那智大社下のおみやげ屋さん前に駐車。

008_20150718182025576.jpg


階段を登って那智大社を目指します。

と、何故か階段の上の方でポーズを決めるバビさんが

010_20150718182027928.jpg


・・・どうしちゃったの?


一の鳥居を過ぎ、

012_20150718182029ff1.jpg


二の鳥居の前に来るころには、すっかりバテ気味のマロさんが一人。


013_2015071818203083a.jpg


でも、肉汁がそれほどでもないので大丈夫みたいですよね。


拝殿でご挨拶をし、前回は訪れなかった青岸渡寺にもお参りです。


015_20150718182041751.jpg


こちらのお寺、実は西国三十三ヶ所の第一札所だったりします。
4世紀の創建とされ、役小角や弘法大師も参籠された由緒あるお寺です。


境内を歩きまわっていると、ふとtorioさんの服装が気になっちゃって。

016_2015071818352931c.jpg


「重ね着って、暑くないスカ?」と聞いたところ、代わって辛口ザッキーさんが即回答。


「これ、貧ぼっちゃまなんすよ(笑)」


チラッ

017_20150718182044a80.jpg


・・・・斬新ですね!


そんなこんなを話しながら、有名なあの場所に到着。


020_2015071818204544c.jpg


三重塔と那智の滝です。


いやー、みんな動かない、動かない。
いい写真は撮れましたか?(笑)

皆さんの笑顔からいい写真が撮れたんだと判断したところで、こちらにて家族写真をパチリとな。


022_201507181821413cb.jpg

うん。これで交通安全もばっちり!
帰りの道中も安心ですよ!!


駐車場まで階段を降り、お次は当然那智の滝まで行くでしょう。


023_2015071818214452a.jpg


うわぁ・・・人がいっぱい・・・。


那智の滝は、実は飛瀧神社の御神体。

そのため、本殿も拝殿もなく、直接滝をお参りします。


024_2015071818213798d.jpg


観光客の群れにまじってご挨拶したところで、本日の那智山詣は無事終了。


気づいたら時刻は正午前。
お腹が空いたので、ねぼけ堂に戻ってお昼を食べることに。


と、その前に。

026_2015071818213995e.jpg


大門坂入口前でパチリとな。


ここを起点として那智大社まで行く道が、古杉並木を歩く美しい石畳の熊野古道だったりするんですねー。

でも、30分位歩くそうなので今回はパス。


さて、ねぼけ堂。

027_20150718182140dd5.jpg

こちら、おみやげ屋さんと食堂が一体になっています。


てーことは、・・・・・・・・始まる、お買い物ターイム!


028_20150718182206ba0.jpg


がぜん試食に群がるおじさん達。(笑)


散々試食した後、奥にあるレストランで生マグロ2倍盛り(1,450円)を食す!

029_20150718182200b45.jpg

さすが生マグロ。
もっちりした食感で旨し!!


食後は、当然のように地域貢献のお時間です。
前回も食べた元祖黒飴ソフト(黒蜜がけ)!

031_2015071818220343a.jpg

えーっと、今回も曲がっちゃってますね・・・・。


さて、楽しかった時間もここまで。
大阪で所用のある私は、このままお家に戻らなくてはいけません。

ということで、皆さんを花の窟までご案内し、そのままさよ~なら~。


034_20150718182205731.jpg

走行距離575.4km、平均燃費23.6km/Lのミドルツーでした。


ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。
また、どこかでお会いしましょうね!



バビロニアさんの記事はこちら

マロさんのブログはこちら

torioさんのブログはこちら



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

熊野詣宿題ツー 課題再設定編


さて、孤島ホテルに泊まった翌日は朝から雨模様。
ポツポツとした小雨ですが、向かう先には濃い靄が。


002_20150705102326885.jpg


そんな訳で、念のためにカッパオン。
本格的に降る前に、急げ~!


国道168号を西北に進み、やって来ました熊野本宮大社。


005_20150705102328e9f.jpg


大きな鳥居にようやくご対面!


と思った途端に雨が本格化。
うん、期待を裏切らないよね(笑)

仕方ないので、お参りはまたの機会にするとして、先を急ぐことに。
次回までお待ち下さい熊野本宮大社様。


006_201507051023242af.jpg


ってことで、シートバッグにレインカバーをセットして、
十津川村に向けて再出発。


案の定、ほどなくして雨が本降りに。


011_20150705102344031.jpg


こんなとき、トラクションコントロールがあると思うと、心理的に安心感がありますねー。


雨だったので、有名な谷瀬の吊り橋も通り過ぎ、五條市に入ったところでコーヒー休憩。


012_20150705102346394.jpg


『谷瀬の吊り橋に寄れたかな?』
『果無集落に行きたかったなー。』
『まぁ、宿題にしたらいっかぁ。』
などと考えつつ・・・。


ここで、ナビ様からご提案。


013_20150705102347347.jpg


どう考えても道なりに進む方が自然なのに、後戻りして川向うの道を行けとな・・・・・。

まぁ、時間もあるのでナビ様の言うとおり道を曲がってみることに。


と・・・

014_20150705102349d6b.jpg


速攻でこんな道が目の前に。(笑)


でも、道は曲がってみるもんですね。


020_2015070510235161a.jpg


こんな生活用の吊り橋に行き当たりました。
ラッキー♪


さらに道を進み、

021_2015070510241848f.jpg


こんな橋を渡ったところでお決まりのアレが・・・。


022_201507051024207d2.jpg


はい、Uターン!(笑)


元の道に戻り、少し先の道の駅吉野路大塔にチェックイン。


029_20150705102439dfc.jpg


小腹がすいたので、地元特産品であるこんにゃくの煮物をパクリ。


026_20150705102416f6e.jpg


予想外に美味しかったので、


025_2015070510241565d.jpg

アンコール(笑)


小腹が満たされ、元気になったところで外に出てみると、H2が!


028_20150705102438507.jpg

カッコイイ。
でも、音は意外におとなしめなんですね。


再び京都を目指して北上していたところ、
こんな絶景が。


031_20150705102440646.jpg


道に迷うと、いい景色に出会えますよね!


さすがにこんにゃくだけだとお腹が満たされなかったので、
道の駅大淀iセンターで昼食タイム。


034_20150705102436e60.jpg

パンにラスクにくず餅という変則ランチ。
柿の葉茶旨し!(笑)


お腹が満たされたところで、京都までひとっ飛び。

和束町では、刈り取りが済んだお茶の木があちこちに。


037_201507051025227da.jpg


こんな時期でしたっけ?


そこそこ疲れたので、荷物をおろし、少し休んでから、バイクを返しに行こうと
家に立ち寄ったところで悲劇が!!


011 - コピー


うっかりシートバッグがあるのを忘れてしまい、トレーサーにハイキック!

ぎぃやぁー!!


039_20150705102502d31.jpg


スライダーが折れて、ナックルガードがガリガリ君・・・・(泣)

てなわけで、


無事、オチもつき、清々しい気持ちでツーリングを終わりましたとさ!


040_2015070510250343d.jpg


んなわきゃない!!(泣笑)

547.5km、24.3km/Lのミドルツーリングでした。



さて、話題のトレーサーについて少しだけインプレを。


ひとことで言うと、
アドベンチャー風の風貌ながら、固めの足回りと元気に回るエンジンで、完全なオンロードバイクかと。

回したらスゴイトルクが出ますし、MT-09ほどではありませんが結構スロットルに敏感です。
でも、3,500回転以下でも十分以上のトルクがありますし、何よりトラコンとABSの恩恵で、どんなシチュエーションでも安心して走れるのが美点。

ハンドリングは割りとおおらかな感じで、荷重掛けなど意識してやらないと曲がり難い印象を持ちました。
気持ち、ですけどね。
逆にそんな特性は疲れにくいですし、見た目に反してなかなかの防風性と、抜群の燃費に容量の大きなタンクときたら、ツーリング適性も高いレベルと言えるかと。
総じて、元気な走りにもツーリングにも使える万能車といった風情でしょうか。
何より、これだけのスペックと装備でこの価格は、やはりお買い得。
難点は、低くても845mmにもなるシート高と、固いリアサスですかねー。

アドベンチャーバイクではなく、元気なツーリングバイクとしてお勧めの一台です。


さて、次は何を借りて、どこに行こうかな?


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

熊野詣宿題ツー 那智大社編


昨冬のこと。

喜び勇んで熊野詣に出かけたのですが、冬季で路面氷結が心配だったため、熊野三山が一つ熊野速玉神社を詣でただけで帰ってきました。

時は過ぎ、既に路面的にもう全然問題なくなったので、残りの二山を詣でることにしました。


まずは、いつものお店でバイクを調達。

007_201506271314124c2.jpg

今回の愛車は、MT09トレーサーです。


002_20150627131415c20.jpg

ヤマハ製の話題のバイクですね。


まずは、宇治を抜けて府道62号へ。

038_201506271317189c4.jpg

京都なのに、ダビデに見送られながら・・・。


そして、道はあっという間にいい感じの腐道に変身。

006_201506271314117b3.jpg

よしっ!(笑)


何だかんだで、昼なお暗い道を抜けると、そこには茶畑が。

010_2015062713142876b.jpg

そう。ここは抹茶の原料となる碾茶の一大産地、和束町。


その後、何故か木津川市内に迷い込んだり、奈良の裏山を走り回ったりしているうちに、なんとか道の駅杉の湯川上に到着。

自販機限定という、プレミアムがあるんだか無いんだかよくわかんないコーヒーをぐびっとな。

012_201506271314300a7.jpg

この時点で予定より1時間遅れ・・・。


SNSでそのことをつぶやくと・・・・。
デフォだとか、相変わらずだとか、いつもどおりなんてコメントが押し寄せた気がしますが、気のせいだと思われ。

それはさておき、予定変更。
もうひと駅寄りつつ険道を楽しむ予定だったのをキャンセルし、海岸線の国道を目指すことに。

順調に道を間違えつつ、なんとかかんとか獅子巖に到着!

016_20150627131432cb2.jpg

サクッと写真を撮って熊野那智大社を目指します。


019_20150627131433e50.jpg

落差日本1位。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられる那智滝を見ながら山道を登り、境内付近の駐車場へIN。
神社防災道路通行料800円は、ちと高くない?


高いといえば二の鳥居に向かう階段。

020_20150627131435501.jpg

散々走ったあとなので、足腰に来るでゴザルよ。


登り切ったところで手を清め、拝殿でご挨拶。

061_201506271315508a6.jpg

拝殿右手に立派な大楠があるのですが、樹齢800年だとか。
それにしては樹勢も衰えず、さすが熊野三山が一角に立つだけありますね。


025_20150627131446901.jpg


那智山の原始林や

028_20150627131508222.jpg

紫陽花を愛でてから、お山を降りることに。


そろそろ甘いモノが欲しくなってきたので、

032_201506271314506fb.jpg

麓にある「元祖黒飴の里 那智ねぼけ堂」とやらに停車。


黒糖を使った黒飴ソフトで地域貢献。

031_20150627131449334.jpg

曲がっているけど、美味し!(笑)


この時点で3時半。
取り敢えずホテルのある那智勝浦まで行き、早めの夕食を取ることに。

やって来たのはこちら。

035_201506271314537d8.jpg

めはり寿司二代目です。


頼んだのは、

036_2015062713152727c.jpg

マグロとめはり寿司が楽しめる二代目定食(1,400円)。


このマグロ、近海で取れる生マグロなんです。
目の前でサクから切り分けてくれるのですが、分厚くて量も一杯。
常温に近い温度で保存されているらしく、お味もしっかり。
脂分は少しだけ少なく感じましたが、十分美味し!


満足しながらホテルに向かうことに。

まずは、指定の場所にバイクを停めて

037_20150627131529281.jpg


ホテルに向かう舟に乗船。

039_20150627131530c1c.jpg


そう、本日泊まるホテル中の島は、孤島の温泉宿なんです。

しばし船に揺られ、

051_20150627131545239.jpg

ホテルに到着。


さすが孤島。

050_20150627131533c22.jpg

エントランスが海に開けています。


当然、

044_20150627131532423.jpg

お部屋もシービューで、なんとまぁ贅沢なことか!(笑)


塩っぱい温泉にじっくりと浸かり、

出たばかりの限定販売ビールを呑み、

053_20150627131546e3d.jpg


本日授与された熊野牛王符を眺めながら、

054_2015062713154969b.jpg

眠りについたのでした。


つづく


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

ちょろっと丹後半島ツー -伊根の舟屋群編-


ということで到着したのはここ、

034_201506172233045bc.jpg

京都府与謝郡伊根町にある伊根の舟屋群です。



舟屋とは1階が海に開けた船倉になっている珍しい建物で、この舟屋が約230軒立ち並んでいるのがここ、伊根の舟屋群です。
妻籠宿や白川郷などと同じ重要伝統的建造物群保存地区ですね。

伊根浦は、亀島という半島と青島という湾口にある島で日本海の荒波から守られているので、舟屋という形態が可能になった、らしいです。

055_201506172233291e9.jpg

こんな感じに海際で、森に寄り添うように家々が建っています。


そのため、道はこんなに狭いです。

052_20150617223324ad2.jpg

軽トラがすれ違えない・・・。


舟屋の中には、宿泊サービスを提供している家もあります。

053_201506172233255e3.jpg

お、いい感じ。
今度泊まりたいなぁ。


浦を見渡せる道の駅舟屋の里伊根から舟屋群を見るとこんな感じです。

045_20150617223259ce7.jpg


こんもりとした森の向こうが若狭湾。

日本の北側にあるのに、伊根浦は南に向いて開けてるんですねー。

042_201506172232584b7.jpg

こんな感じで湾が閉じているので、なるほど、海なのに水面が静かな理由もわかります。


というところで・・・・・お腹が空いたので遅いランチを取ることに。

048_201506172233011e2.jpg

伊根浦を見下ろすレストラン「舟屋」にて、


050_20150617223303011.jpg

海鮮丼をいただきまーす!

美味し。


で、

051_20150617223322735.jpg

コーヒーを飲んだらもう4時半。


舟屋群を抜けて京都市に戻るとしましょうか。


京都縦貫道をバビュンと抜けて、道の駅京都新光悦村で一休み。

056_201506172234569e9.jpg

またまた、ぐびっ。


さて、目も覚めたところで、腐道50号を走って帰るとしましょう。

058_201506172234585dc.jpg

まずは、日吉ダムを抜け、


越畑で棚田にこんばんは~。

059_20150617223459d3e.jpg


ここからは、ソロのハレーで峠の夜走りっ!!

060_20150617223502032.jpg


一時間後。

真っ暗な峠を抜け、嵐山の明かりが見えた時、男の目には安堵のナミダが浮かんでいたそうな・・・。


総走行距離313.4km、平均燃費18.4km/Lのショートツーでした。


追伸
お天気が良かったので、

901.jpg

お縄についちゃったでゴザル(笑)



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

ちょろっと丹後半島ツー -天橋立編-


信州の傷も癒えてきた5月のとある土曜日のこと。

何となく日本海が見たくなったので、ちょろっと丹後半島まで行ってみました。


まずは、いつものお店でバイクを調達。
フルバンク停車の後なので、少し緊張していたのは内緒の話。


本日の相棒は、ハーレーFLDスイッチバックです。
ツーリング仕様ながらも、(ハーレーの中では)走りにふったダイナファミリーの一員。

001_201506071149449da.jpg

なんですが、で、でかい・・・。


気を取り直して阪神高速京都線から縦貫道に乗り、道の駅・和に到着。

002_2015060711494605c.jpg


ランチの時間ですが、あまりお腹が空いていないのでちょろっと地域貢献で誤魔化すことに。

004_20150607114947ee1.jpg

黒豆もなかです。
丹波特産の大振りな黒豆がおいしゅうござります。


一休みの後、北上を再開し、京丹波わちIC前で記念撮影。

006_20150607114949b60.jpg

電線が邪魔・・・。


とか何とか考えてる間に縦貫道の北端に到着。

ここは与謝郡。
天橋立ももう目の前です。


ここで丹波豆知識。

天橋立には四大観と言われる見方があり、

南から北を望む飛龍観
北から南を望む斜め一文字
東から西を望む雪舟観
そして、西から東を望む一字観

と、それぞれの方角毎に名前がついています。
詳しくはこちら。丹後広域振興局のHPにて(こちら


今回は、バイクでアクセスしやすい一字観を選択。

てことで、まずは大内峠を目指します。

・・・・・が、例によって入口が見つからない。

何度か往復して、ようやく見つけた入口がこちら。

007_20150607114951447.jpg

わかりにくかった・・・。


そして・・・・・

008_2015060711500355f.jpg

入口で、謎の方々がお出迎え。

ちょっと怖い・・・。


でも、道は走りやすい田舎道です。

009_201506071150066fd.jpg

ちょっと腐道ちっくですが、そんなに大変じゃありませんよー。


ほどなくして、大内峠一字観公園に到着。

017_201506071150292b6.jpg


さーて。 展望台で、さっそく撮影!

010P1000321.jpg

きれいな一文字ですね。
空が青かったらもっと映えたのでしょうけど、今日は仕方ありません。


天橋立と言えば、股のぞき。
バイク仲間のバビさんも、斜め一文字でやってますね。(こちら

さて、私が訪れた一字観公園はというと、・・・。
実は、こんなところなのです。

011_20150607115009500.jpg

『ホント!?』


そう思いつつも、思わず股のぞき。

012_20150607115010c50.jpg

かなりわかりにくいですが、「天」の橋立の片鱗は伺えますね。

伺えますよね!


雨が降ってきちゃいましたので、先を急ぎましょう。


宮津市に入ったところで、目の前に天橋立が見えてきたのでちょっと一息。

019_2015060711502918a.jpg

気持ち、雨が強くなってきたような??


で、天橋立のアップですが、こんな感じで海面から松が生えてるようです。

020_20150607115030f1d.jpg

そう、この海面は海なんです。

なので、そこにつながる側溝では・・・

023_20150607115033cf2.jpg

こんな風に潮の満ち引きがありんす。


天橋立に上陸したかったのですが、雨も降っていることで断念。


てことで再北上し、本日のメインであるこの地へと向かったのです!

028_20150607115034970.jpg


つづく


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

京都里山探訪ツー 晩春編


これは上諏訪騒動の起こる前の話でありんす。


『せっかく京都に住んでるんだから、ちょっくら周山街道でも走ってくるかなー。』

そんな軽い気持ちでソロツー決定!


まずは、いつものお店でバイクをレンタル。

001_20150524102500660.jpg

本日の相棒は、ヤマハボルトです。
Vツインのクルーザーながら、ショートホイールベースでハンドリングも軽快だとか。

なんと、後ろのVバンクがシートまではみ出してます。

008_20150524102547899.jpg

ちょっと熱そう・・・。

そんな不安を抱えながら、京都市内を北上します。
さすがに大きな通りは混雑してますので、敢えて細い道を選択。

002_201505241025017a5.jpg


バイクならではの機動力!

004_201505241025032af.jpg

快走、快走♪



・・・・・・・・・・。

003_20150524102502cd1.jpg

案の定行き止まりでゴザル・・・。

てぇことで、本日二度目のUターン(笑)


なんとか九条通に出て西進。
信号待ちで、日本一高いという東寺の五重塔を見上げたり。

005_201505241025067fb.jpg


さすが、千年の都・京都。
あちこち見どころ満載です。


その後、西大路を経由して周山街道を北上。

道中適当に写真を撮りながら田舎道を走り、

007_201505241025469d5.jpg


人がワサワサしているカモノセキャビンをパスして、道の駅 美山ふれあい広場に到着。


009_20150524102542d6f.jpg

道の駅どうしほどじゃないですが、バイクだらけだー。
さすが、関西の道志みち!(←勝手に思ってるだけです)


そろそろお腹が空いたので栃餅で軽ランチ。

011_20150524102543d56.jpg


さらに食後は、美山のめぐみ 牛乳工房の黒豆ジェラートで地域貢献。

012_201505241026032f8.jpg

美味し!

至福の時間を軽くシガーで〆た後、散策を再開。


国道曲がってすぐの熊野神社の桜を愛でたりしつつ、

014_20150524111626ae7.jpg

トコトコ、トコトコと。
こういう走りにクルーザーはピッタリかも。


少し走ったところで、天然記念物の九重桜で有名な常照皇寺に到着。

017_2015052410260596c.jpg


が、ゆっくりと境内を歩くほどの時間は無いと判断し、ローターリーにある桜を撮影して終了。

018_20150524102606f80.jpg


 ここも・・・・、く、黒い・・・・。


気を取り直して、そのまま国道477号に出て東に向かいましょうか。


途中、黒田百年桜なんてのにも立ち寄ってみるものの・・・

022_201505241026083b9.jpg

うん、ちょっとだけ遅かったようですね。


仕方ないので、里山でも撮ってみる。

023_2015052410260910e.jpg

この辺は、学生時代、黒のKDX200SRに乗ってよく訪れた場所だったりします。

和むなぁ~。


さてさて、昔は酷道に数えられていた国道477号も、現在ではすっかり走りやすくなっています。

だからついつい、険しい道(京都府だから腐道ですね)を訪ねて山の方に向かったりしたんですねー。(笑)


ってことで、貴船に抜ける腐道361号にやって来ました。

025_20150524102625a9e.jpg

期待を裏切らぬ腐道っぷりが素晴らしいです。(笑)


途中、見事な桜に足を停め、

031_201505241026284f1.jpg


写真を撮りつつ気も取り直し、

027_20150524102628f1f.jpg



さらに過酷な腐道に挑むのでした(笑)

033_2015052410263096b.jpg



そういえば、昔、ナビなんて無い時代。
夜の7時位にこの辺に迷い込んでしまい、
真っ暗で泣きそうになったことがあったなぁ~・・・。


何故か今も・・・・・

034_20150524102631877.jpg

泣き出しそうだったりします・・・。(笑)


それでも、なんとかして芹生峠を越えて貴船神社までやってくると、

035_20150524102648db0.jpg

そこでは、川床が作られている真っ最中。

そういえば、5/1が川床開きでしたっけ。

今年は行きたいなー。

どうすか、ラークさん。
しまなみ海道前哨戦としての川床ツーリング(笑)


観光客でごった返す中、完全に山を降り、岩倉のコンビニで水分補給をして時計を見ていたら、

038_201505241026483b9.jpg

まだ少し時間に余裕があることに気づく。


急遽、山中越えを使い、滋賀まわりでレンタル屋さんに帰ろうと。


040_20150524102651eec.jpg


途中、大津市街を眼下に望み、

039_20150524102650226.jpg

無事、レンタルバイク屋さんに戻ってきましたとさ。

バイクも人も、やっぱ、無事が一番だよね~。(しみじみ)


以上、153.5km、21.6km/Lのご近所ツーでした。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

東のアンコウ、西のクエ


とある1月のお話です。
関東組が2/1にLightwaverさん企画コチラで茨城にアンコウ鍋を食べに行くと聞き、自分は和歌山にクエ鍋を食べに行くことに。

相棒は、お久しぶりだのこの方です。

001_20150205222359589.jpg


あぁ、何もかもみな懐かしい・・・。


てことで、例によってレンタルバイクを借り、バビュンと第二京阪にON。


そして、乗ってすぐの京田辺PAで早々にストップ!

002_20150208171521aef.jpg

アクシデント!?


いえいえ。
寒いんで、スクリーンの高さを高くして、防風性能をあげようかと。

003_20150205222402d98.jpg


ついでにコーヒー休憩。 

005_20150205222403727.jpg

早っ!(笑)


近畿道への合流渋滞なんかに巻き込まれながら、2時間弱で下道に。

熊野街道こと国道42号を西に向かっていると、こんなお店が。

007_20150208171814fa1.jpg

「こんなところにまで『あの人』の魔の手が・・・!」

などとはさすがに思いませんでしたが、なんとはなしにパチっときました。(笑)


由良港で県道24号に乗り換えると、磯釣りで密かに有名らしい蟻島が見えてきた。

008_201502052224361bc.jpg

イサギやイシダイなんかが釣れるそうです。 美味しそう・・・。


しばし海沿いの田舎道を堪能し、やって来たのがこちらのお店。

021_20150205222526242.jpg


日高町にある観光旅館岬さん。
クエだらけ・・・。

実は、ここ日高町。クエで町おこしをしているそうで。
昔からクエで有名らしく、地元の白髯神社で行われるクエ祭は、江戸時代から続いているのだとか。
そんなわけで、天然のクエを出してくれる貴重な旅館が目白押し。


それはさておき、クエだクエ。(笑)

お店に入ると、一人だというのに個室へ誘導。

011_2015020522244071c.jpg


クエグッズでたっぷりと洗脳されます。

012_20150205222442a0e.jpg


お店の目論見通り、クエを注文して待つことしばし。


クエ定食2,900円登場。

014_201502052225043a7.jpg

28cmとか言っていたので、割りと若い個体かな。

さすが天然物の高級魚。
・・・・・・・身が少ない。


かといって、お造りや雑炊のつくフルセットなんて食べきれない!
安い方を選んだって仕方がなかったんだ!!
・・・などと自分に言い訳しつつ、まずは出汁取り用の骨周り肉をポチャっとな。

015_201502052225054d9.jpg

あ、ちなみにクエ鍋コースは8,400円もします。


それはさておき・・・・野菜を入れて煮立ったところでクエ投入。

赤みがかった身が、

016_20150205222506ad9.jpg


こんな風に真っ白に!

018_2015020522250931b.jpg


お味は、淡白ながら脂の甘みがうっすらのった上品な感じ。
皮付近のゼラチン質が面白い食感を演出。
旨し!


ということで、唐揚げを追加。

019_20150205222525f73.jpg

これまた旨し!


さーて、お腹いっぱいになったところで、お家に帰りましょうか。

022_20150208173629975.jpg



阪和自動車道に乗ったところで眠気が増してきたので少し休息。

025_2015020522254951b.jpg

コーヒーとシガーを楽しむことしばし。

023_20150205222529659.jpg

024_201502052225312ba.jpg


再び高速に乗って1時間強。
無事、返却1分前にお店に到着!

026_20150205222551ae0.jpg

ふぅ、今日も余裕だぜ。


343km、21.1km/Lのショートツーリングでした。


それにしても、久々のTMAXは楽・楽しかったー。
また借りなくちゃ。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

気になるあいつで行く、熊野詣でツー(サムシン・ステューピッド編)


さて、すっきりと目が覚めた朝。
窓の外を見ると、朝陽が大島から顔を出しかけたところ。

しまった!
朝焼けに染まる橋杭岩を写真に収めようと思ってたのに!!

こんな感じの写真が撮りたかった・・・。

大人のバイク旅

※写真は大人のバイク旅さんのFacebookから拝借しました。(こちら


仕方がないので、ただの朝の橋杭岩を撮っておきましたよ。

002_201501102347199be.jpg

ちょっと感動が薄い・・・。


気を取り直したついでに朝食も摂り、荷物を取りまとめて鳥とともに取り敢えず出発。

008_201501102347208d5.jpg

その時撮ったホテルの写真。あっ・・・逆光だ・・・。


で、
「さて、昨日の道を戻って京都に帰ろうかなー。」とか思いつつ、何故かバイクを南に走らせる。
何故かと言うと・・・。

009_2015011023472250c.jpg

ここは潮岬。
ついでなので寄ってみた本州最南端デス。

特に感動はなかったですが、寄ってみてよかったッス(笑)


海沿いの国道42号から山間の県道62号へIN。

013_20150110234724f88.jpg

とっても走りやすい二車線路です。
なんか残念・・・。


などと思っていたら出てきた出てきたこんな道。

022_20150110234742d5f.jpg

や、

あんな道。

023_20150110234743110.jpg

気持ーちだけ険道、の40号。うれしー(笑)


で、着いたところがこちら。

015_201501102347259ed.jpg

日本でも珍しい、本当に田んぼが千枚以上ある丸山千枚田です。
田んぼは、もっと左の方にも広がっています。

冬だとちょっと千枚田っぽくないですね・・・。
また、夏にでも来るとしましょう。


写真をサクッと撮った帰り路。
次の目的地に行く途中で出会ったこんな看板。

025_20150110234744f18.jpg

あちこちで見かけるのですが、歩ける古道が残ってるってことですかね?


そんなことを考えながら、山を降り、到着したのが熊野市駅。

026_201501102347453f6.jpg

実は、駅前にあるこちらのお店に、

028_20150110234804fcc.jpg

丸山千枚田のお米で造ったどぶろくが売ってるんです。


そのどぶろくがこちら!


027_20150110234747350.jpg

一ヶ月待ちだそうデス(訪れたのは12/7です)・・・。

えぇ、何も言いますまい。
うん。 よくある、よくある。


気を取り直して、国道42号を北上再開。

が、高速のような新道を通らず、熊野街道と呼ばれる古い方の国道42号をチョイス。
佐田坂という走りやすいワインディングを気持ちいいペースで走っていると、
バックミラーにハーレーが。

示し合わせたわけでもないのですが、軽くステップを擦るペースでしばらくランデブーを楽しむことに。

峠を超えた大きめの分かれ道。
信号が変わったタイミングで何気なくミラーを見てみると、後ろのハーレーの人が発進直前に手をあげる。
ヒトコトも交わしていないんですが、こちらも手をあげてサヨウナラ。

なんかいいですね、こういうの。
昔懐かしバイク乗り文化?
思わずニンマリしちゃいました。
バイクとしてはあれですが、ハーレーはこんな交流が多いのが楽しいです。

そんなこんなにメットの中でニマニマしながらもう少し走り、着いたのがココ。

030_20150110234807f19.jpg

道の駅熊野きのくにです。

こちらで遅めのランチターイム!
熊野特産さんま寿司。

029_20150110234805686.jpg

一匹使ったお寿司が、なんとたったの550円!
実はこのお値段、パックで買うのと同じ値段(笑)
良心的ですねぇ~。

さんまは塩漬け、しゃりはただの白米と、実に素朴なんですが、何だか美味しゅうございました。


食後は、コーヒーと地元の和菓子、そしてシガーを一服

031_20150110234809137.jpg

田舎だから音がしない。
しんしんと冷えた澄んだ空気の中で、ひとり、静かな時間を過ごしました。


そこから紀勢自動車道、伊勢自動車道、新名神と高速をバビュンと走り、京都に戻ってきたのは午後4時半。

032_2015011023481056e.jpg

走行631km、燃費20.1km/Lの一泊二日ツーでした。



最後になりましたが、レンタルバイクのインプレを。


今回借りたハーレースポーツスターXL1200Tですが、
結論から言うと、断然『有り』です。

ハーレーにしては稀なラジアルタイヤを履き、スポーツスターにしてはまともなサスのおかげもあって、
普通の乗り方で楽しいバイクになっています!
高速でタイヤが撚れたりしないので、ちょっと飛ばしても怖くない!!

一方で、末弟とはいえハーレーなので、ハーレーの楽しみも堪能できるとは、なんて贅沢な!!(笑)

標準装備で一泊二日程度のツーリングはこなせる積載量もありますし、航続距離もそこそこ。
それで、サスペンションを883R用のオーリンズかなんかにして、その上エンジンチューンとかしたら、
実に楽しいツーリングバイクになる気がします。

これ、ソロツー用に一台欲しいなー。


なーんて思いつつ、さーて、お次はどこに行こうかな?



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

気になるあいつで行く、熊野詣でツー(ムーンライト・セレナーデ編)


それは、関西で大雪が心配された昨年12/6・7のことでした。

かねてより熊野詣でをしたいと思っていたところ、昨年から関西勤務となり、渡りに船とばかりに泊まりがけで熊野詣に行ってきたのでご報告。


まずは、いつものようにレンタルバイクを拝借。

001_20150104202119f1b.jpg

本日のバイクは、ハーレースポーツスターXL1200Tです。

スポーツスターながら、ウインドシールドとサドルバッグ標準装備のツーリング仕様。
発売直後から気になっていたんですよねー。


まずは、新名神を東にGO。
雪は午後に少し降るそうなので、早めに鈴鹿峠を抜けるべく急ぎ足。

しかーし・・・・。
寒風吹きすさぶ午前、当然のように降りだす雪(笑)
新名神は、高架とトンネルでできた高速道路。
雪は横殴り、風は暴風ときたもんだ。

それでも、ウインドシールドと防水ジャケットに守られ、なんとか峠を越えられました。

んが、しかし!
伊勢湾の湿気を帯びたためか、雪がみぞれに大変身!!

しばらく走っても止む気配もなく、前方には真っ黒な黒雲が・・・。
さすがに、安濃SAでカッパオン。

002_20150104202119d54.jpg

この写真でオチが分かると思いますが・・・・・・。

ようやく安心して走りだしたところで、空には陽光が差し始め・・・・・・。

そして、晴れ間が広がる予定調和!

人生って面白いなぁ~・・・。


まぁでも、前方には変わらず黒雲が鎮座ましましてますので、南に伸びる紀勢自動車道をそのままカッパクルーズ。
結論から言うと、最後まで雨は降りゃしなかったんですけどもねー。


そうこうするうちに、お昼を予定していた紀北町・相賀の一富士さんに到着。
くっきりと影が出るくらい、いいお天気になりました!(笑)

006_20150104202120b90.jpg

こちらのお店では、汽水湖で採れる渡利牡蠣を食べさせてくれるんです。

それがこれだ!

007_20150104202122bd2.jpg

渡利牡蠣寿司ー。
甘辛のタレが染みてて、旨し!

せっかくなので、生牡蠣も食!!

011_201501042021236ca.jpg

潮っ気が少なく牡蠣の味が濃くて美味しいんですが、まだちょっと身が痩せているかなぁ?

お店のご主人によると、いつもならまだ出てこないんだけど、要望が多かったので少し入れてもらっているとのこと。
だよねー。
ここは、真冬に再訪ですね。


食後は、途中にある熊野古道関連の世界遺産を巡りながら、国道42号をひたすら南下。

まずは、海の熊野古道、七里御浜。

015_20150104202335684.jpg

きれいな海岸平野が、ゆるやかな弧を描きながら七里(といいつつ約20km)続いています。
熊野市から、熊野三山の一つ・熊野速玉大社がある新宮市まで行くのに使われた道だそうです。

この海岸、砂浜ではなくて小石浜なんですね。

014_20150104202334990.jpg

砂ほどは歩きにくくありませんが、疲れることこのうえありません。
これ20km歩くって、昔の人は健脚だなー。

この七里御浜にあるのがもう一つの世界遺産・獅子巌です。

013_2015010420233235d.jpg

世界遺産にして、国の名勝・天然記念物でもある高さ25mの奇岩。
確かに、獅子の形に見えますね。
近くにある大馬神社の狛犬だったとの伝承があるそうです。


さて、そんなこんなの観光をしながらも、今回のツーリングの主目的・熊野詣でを敢行しましょう。
20km南にある新宮市までばびゅんと走り、熊野三山が一つ熊野速玉大社に到着です。

022_20150104202337528.jpg

拝殿でご挨拶を済ませた後、
熊野権現にゆかりある烏を絵文字化した厄除けの熊野牛王符をいただきました。

024_20150104202339fac.jpg

『熊野山宝印』と書かれているそうですよ?


ここまでで既に16時前。
いかん!後一時間で時間が来てしまう!!
などと、(いつものように)時間に追われながら国道42号をまたまた南下。


なんとか時間内に到着して撮影したのがこちら。

030_201501042025430d0.jpg

橋杭岩に掛かる月とバイク、の図です。

もう少し早ければ、夕暮れの橋杭岩とかも撮れた気がしますが、まぁ、それは次回の楽しみに残しておきましょう。

海辺に一人立ち、橋杭岩を照らす月の光を眺めながら口ずさむ月光の小夜曲。
時は12月と、季節は正反対ですけどもね。

でも、仮にここに○ークさんとかがいたら、「ハラ減ったんで、先行ってていいスかー」とか雰囲気台なしになること必定。
ソロツーの良さを噛み締めたりしたのは内緒のお話(笑)


などと、なんだかんだで満足しつつ、麓を二周した後、丘の上に立つ串本ロイヤルホテルに到着。

037_20150104202548a7a.jpg

少し寂しい刺身盛り合わせをツマミに


036_20150104202546a50.jpg

ビールで乾杯。


続けて、寒風吹きすさぶ塩っぱい露天風呂を楽しんで、本日は終了。
ソロのお泊りツーもなかなかいいもんだねー・・・なんて、悦に入りながら眠りにつくのでした。


ってことで、続きはまた次回。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

淡路島 日本一バーガーツー (神話探訪編)


さて、カッパオンした我々は、吹きすさぶ嵐の中、必死でバイクにしがみついていました。
シールドに激しくぶつかる雨に視界を遮られ、時々煽られる突風に車体を捩らせつつも、次なる目的地目指してひたすらバイクを走らせました。

ブーツカバーの中、蒸れる足元。
カッパの中、したたる汗。
眼に突き刺さる光、上空で照りつける太陽・・・。

・・・アレですね。
カッパ着ないと雨が降り、カッパ着ると雨が止むってのは、いわゆる一つの真理なんでしょうね・・・。

そんな脳内暴風雨と闘いながら、やって来たのはおのころ島神社(自凝島神社)です。
(空は暴風雨っぽいんですけどねー・・・・)

018_20141227234941fef.jpg


朱色の大鳥居が立派ですねー。
実はこの鳥居、厳島神社、平安神宮の鳥居とならんで、日本三大鳥居だそうで。

階段を登った丘の上には、風情ある佇まいの拝殿が。

020_201412272349429e0.jpg


この丘こそ、国産み・神産みの舞台となった自凝島であるとのことです。
そう、神話では、ここ淡路島こそ世界の始まりの地なんですね。

拝殿の横には、ご神木が横たわっています。

021_20141227234944321.jpg


倒れた後もお疲れ様です。

丘を降り、カッパを脱いだりたたんだりしている間に時間も押してきましたので、
次なる目的地へ急ぎましょうか。

お次は、おのころ島神社から数百メートルにある天の浮橋。

023_20141227234939c5b.jpg

024_201412272350078fb.jpg


神話では、伊邪那岐・伊邪那美の二神がこの浮橋に立ち、混沌とする大地を掻き混ぜた時に先の自凝島ができたとあります。
この場所は、神社の駐車場で、昔ハーレーに乗っていたというタクシーの運転手さんに教わりました。
全く、目的地に考えていなかったのですが、近いし来てみてよかったです。
運転手さんありがとう!


さてさて、その後に向かったのは、淡路国の一宮、伊弉諾神宮です。

025_20141227235007c86.jpg


震災後再建されたという鳥居も立派なもの。

026_20141227235009e3a.jpg

神池にかかる神橋も、真正面に正門を望んで威厳ある造りです。

さすが一宮。他にも見どころ満載だそうで。
が、到着した際にはそんなことに気づかず、拝殿にご挨拶に立ち寄ったのみ。

027_201412272350107ff.jpg

予習の大事さを痛感しました~。

いつかまたリベンジできたらいいなーと、後ろ髪を引かれながら向かったのはサンセットストリート。


お時間はちょうど日没の時間。
いっちょ、いい写真を撮ろうかな!と思って撮ったのがこちら。

031_20141227235012bd7.jpg


ちょーっと日没には間に合わなかったんだなぁ、これが。(笑)
まぁでも、これはこれでよしとしましょう。


と、ここで、日向さんからリクエスト。
「お腹が空きまくったので、高速使って食堂に行きましょう!」
「生しらす丼は今日のメインとして楽しみなんです!」

で、やってきたのが、渡舟さん。

035_20141227235027852.jpg

まだ5時半なのに、真っ暗ですね。

そして当然のように頼んだのがこちら。

037_20141227235028c50.jpg

ご飯とおかずセットです!・・・・あれ?(笑)

実は生しらす丼、「お昼でなくなっちゃったのよ」だそうで。
あれあれ??

ま、これはこれで(色々と)美味しかったのでよしとしましょう。(笑)
お代わりに、おでんも少々いただきましたしね。

038_20141227235024241.jpg

しばしこのお店で会話を楽しみ、日向さんとはここでお別れに。

私のペースで一日、お疲れ様でした。(笑)
またどこかでご一緒しましょうね!



帰りの高速をバびゅんと飛ばし、空いた吹田PAでコーヒーブレイクして帰宅。

041_20141227235025a7f.jpg


今年最後のツーリングは、340km、18.6km/Lのショートツーリングでした。



ここでちょっとバイクのインプレを。

このFJR、二人乗りで3,000kmのツーリングをこなすスポーツツアラーというコンセプト。
そのため、ツアラーとしては軽い300kgを切る車体に、トラコン、クルコン、電動サスに電動シールドという快適ツーリング装備を満載した上で、オートマチッククラッチを装備するという満漢全席ぶり。

得意技は高速移動です。
大型の電動シールドは十分に風を防いでくれますし、クルコンはアクセルワークから右手を解放してくれます。
今回は電熱グローブをつけていったのですが、走行中に左手のスイッチをオン・オフできるのが便利でした。
ついでにいうと、それができるほど直進安定性は高かったです。
ただ、エンジン音が大きめなところにもってきて、ギアが5速までしかないので少しうるさかったでしょうか。
今回は調整しませんでしたが、シートやハンドル位置を変更できるそうなので、長距離でも楽々走れそうです。

町中ではどうかというと、これがまた秀逸。
軽快感こそ無いものの、予想以上に重さを感じさせないハンドリングは、オートクラッチと併せると、かなり町中でも乗りやすい。
ただ、車体を傾けると想像以上に前輪が切れ込むのは、最初ちょっと戸惑うくらい。
切れ込み過ぎないので、慣れればちょうどいいんですけども。
そして、オートクラッチは便利便利。
リアブレーキが効き過ぎるのであれですが、意外にUターンもこなしてくれるできの良さ。これは有りですね。
エンストが無い安心感に加え、ギアチェンジが足でできるので「自分で操っている感」が高いところもとてもよい。ワタシ的には、他の車種にもオプション装備して欲しいです。

もし複数台所有できるなら、欲しいと思える一台でした。




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

淡路島 日本一バーガーツー (カッパ大戦編)


それは12/13(土)のことでした。
東京にいた頃にご一緒したことのある日向さんと、淡路島に行ってきましたのでご報告。

日向さんのツーレポはこちら。(#1#2


まずは、いつものお店でいつもの儀式。

本日お借りするバイクの受け取りです。

001_2014122121561930c.jpg


なんと、オートクラッチを装備するツアラー、ヤマハFJR1300ASざんす。


バビューンと名神などを通り、集合時間の淡路SAに着いたのは、集合時間の1分前。

004_201412212156206df.jpg


今日も余裕で間に合いました。ニッコリ


と、早速、日向さんが撮影に勤しんでます。

005_20141221215621281.jpg


撮影するブロガーを撮影するブロガー・・・・・。
ブロガーってやつは面倒臭いですね。(笑)


で、まずはインカムのシンクロから。

007_20141221215622b02.jpg


なんと、日向さんのB+COMと私のSENAで同期できるんです。
(自分のB+COMで確認済み)
便利な時代になりましたよね!



・・・何故かつながりませんでした。 
おかしーな~。

ということで、日向さんが予備に持ってらしたB+COMを急遽お借りすることに。


話ができるようになったところで出発です。
神戸淡路鳴門自動車道を通って、淡路島最先端、道の駅うずしおに直行。

009_20141221215749fb8.jpg

着くやいなや、2013年度全国ご当地バーガーフェスタでグランプリを取ったという淡路島バーガーをいただくことに。
お腹スイチャッタからね!

こちらがそのハンバーガー様です。

013_2014122121575104c.jpg


このバーガー。

玉ねぎカツの上に、オニオンピクルス、オニオンスライス、オニオンチップをまぶした牛肉と、さらに玉ねぎ&トマトソースを掛けた、まさに玉ねぎづくしのハンバーガーなんです。

普通なら、玉ねぎが苦手な私の手に負えるものではないのですが、何故か淡路島の玉ねぎだけは大丈夫なんですよね~。 不思議・・・。
ってことで、こちらも軽く完食!

少しだけ物足りないので、淡路島たまねぎミルクソフトをパクリ。

014_20141221215752626.jpg


おぉ、ほんのり玉ねぎの甘味・・・美味し。


食後は、鳴門大橋を激写。

015_20141221215754ee0.jpg

写真でお分かりのように、とってもお天気が怪しいんです。えへっ。


それでカッパオンしようとしたところ、怪しい人魚を発見!

016_20141221220730ba3.jpg

かと思いきや、カッパと戯れる日向さんでした。
いや、むしろ格闘といってもよいレベルでございました。(笑)

ネタのご提供ありがとうございました!


というところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。