レッツゴー高知ツー (海道編)

2014.12.09(22:12)


さて、グッスリと寝た翌朝。
朝風呂と美味しい朝ごはんを食べたところで、9時頃出発。

お宿の玄関にバイクを回すと、いかにも重役然とした方からお声がけが。

002_20141130150242459.jpg


重「ピカピカですね。」
ニャ「えぇ、5千キロしか走ってないんです。」
重「なるほど、だからですね。」「ところで私もヘリテイジに乗ってるんですよ。」
・・・ってことで、しばらくハーレー&バイク談義。
意外な出会いがあるのがバイク旅のいいところですね。

十分位してから、お宿の方に見送られながら改めての出発です。

名道横波黒潮ラインに後ろ髪を引かれながら宇佐大橋を越え、

003_2014113015024391f.jpg


ただの黒潮ラインこと県道14号をクルージング。
一路、室戸岬を目指します。

途中、こんなところに寄り道しながら

006_20141130150247728.jpg


太平洋沿いの国道55号を南下して、やって来ました吉良川町。

007_20141130150312adf.jpg


この町は、かつて備長炭で繁栄した町で、その富を元にした独特の家並みが残っているのだそうで。

太平洋からの強い風雨に耐えるため、土佐漆喰と水切瓦を備えた家が特徴的です。

008_20141130150313f24.jpg


あと、石積みの高い塀なんかもあり、台風銀座らしい景観かと。

010_20141207231911f6f.jpg


暑くなってきましたね・・・。

013_20141207231910213.jpg

012_2014120723190879d.jpg


その後、室戸スカイラインを走り、太平洋にこんにちは。
ススキと海の組み合わせが、何だか新鮮でパチリ。

016_20141130150340a18.jpg


右を見て、室戸港にこんにちは。

018_20141130150342f80.jpg


ここから先はつづら折り。

019_2014113015034411d.jpg


下まで降りると岬はすぐ目の前です。

さて、四国東南端まで来たので、後は海沿いを北上しましょうか。

014_20141130150338668.jpg


幾つもの港町を越えて、やってきました夫婦岩。

020_201411301504185b1.jpg


大きい・・・。


その後も北上を続け、気づくと徳島イン。

山の上にお城が見える場所まで来ちゃいました。

025_20141130150422665.jpg


実はこのお城、模擬天守なんです。
資料がないんで、本物はどんなものだったのかわからないそうで。
そもそも室町時代のお城らしいので、天守があったかどうかもわかりませんよねー。

そんなこんなを考えながら再度北上し、徳島直前のこちらの道の駅公方の郷なかがわ(長いなぁ)でコーヒー休憩。

028_20141130150456952.jpg


しばしの休息の後、渋滞の中を徳島市内へGO!

029_201411301504577ce.jpg


京都までまだまだあるのに、渋滞は辛いでござる・・・。




苦労して入った徳島市内で、ホテルの駐車場へIN。

030_2014113015051393b.jpg

んっ!?




一息ついたところでパンカーイ!

033_20141207233619d9b.jpg


なんとなんと、長期旅行に出かけてきていたたーさん、Y’sさんと合流です。

鶏肉をたんまり食べた後は、名物徳島ラーメンの東大へ。

037_2014113015053504d.jpg

人気店の割に人が少ないですね。

茶系の代表らしく、こってりとした豚骨醤油スープが旨し。

038_2014120822483329d.jpg

でも、卵は黄身だけを混ぜて食べるとコクが出てよいそうですね。
知らなんだ・・・。

麺の量は少々少なめ?
お陰で、麺がのびなくてちょうどいいっす。

独特のコクを堪能してお店の外に出てみると、

039_2014120723362071b.jpg


いつの間にやら行列が。しかも、女子率高し!

麺の代わりに、誰かさんの鼻の下が伸びる伸びる(笑)。

そんな夜が更けていきましたとさ。



ホテルに戻り、短めの睡眠を取った翌日。
午前四時、眠れずに・・・。

001 - コピー


Y’sさん達をホテルに残し、バイクにキー差し込み、闇の中突っ走る・・・。
(あれ?どっかで使ったような言い回し(笑))


で、京都に着くと、すっかり朝日が登っていましたとサッ!


たーさん、ご連絡ありがとうございました。
Y’sさんも、乱入失礼いたしました..
でも、お陰様で楽しい夜を過ごせました。
またの機会にもご一緒しましょう!

距離855.3km、燃費18.0km/Lの一泊ツーあらため二泊ツーでした。

003 - コピー



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

レッツゴー高知ツー (清流編)

2014.11.29(22:17)


先々週11/22のことでした。

ふと鰹のたたきが食べたくなり、高知へ一泊ツーリングに行ってきたのでご報告。


いつものように、レンタルバイク屋さんでバイクを受領。

001_2014112922022404b.jpg


本日の相棒は、ハーレーFLSTC。
ハーレーとしてはジェントルな、バランサー付き1,584ccエンジンのモデル。

ここまでゆっくりスタートだったので、高速ワープで高知を目指すことに。


途中、淡路島でおトイレ休憩をしたり、

003_201411292202252c7.jpg


徳島でガソリンを入れたりしながら、

004_201411292202264d1.jpg


高知県に上陸。

早速、大きな川沿いの道をクルージング。

020_20141129220302d28.jpg


大河・仁淀川は、場所によっては清流・四万十川よりも水質がいいのだとか。

022_2014112922030390b.jpg


美しい風景です。


夕暮れ時の川を北上し、やってきたのは・・・



険道18号!

005_20141129220658d97.jpg


・・・あれっ?(笑)


魅力的な険道を走った先にあったのは、こちら。

018_201411292203008a4.jpg


片岡の沈下橋です。


当然ながら始まる、撮影ターイム!


ジャン!!


014_20141129220228a3f.jpg

うーん。 熊野古道に続き、ラークさんの悔しがる姿が目に浮かびます(笑)。



撮影が済み、しばし瀬音に耳を傾けた後、


006_20141129220227245.jpg


仁淀川を下流に延々走って、本日の宿・土佐龍温泉 三陽荘に投宿。



一人で乾杯し、

024_20141129220305537.jpg


鰹のタタキを楽しんだ後、

025_20141129220306080.jpg


塩分豊富な黄金の温泉を楽しんでグッスリ。
大きく重たいバイクに乗って、少し疲れちゃいましたねー。


というところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

レンタルツー記録(四国)

  1. レッツゴー高知ツー (海道編)(12/09)
  2. レッツゴー高知ツー (清流編)(11/29)