ハイパープロ & MRA X-Creenのインプレ

2017.11.21(07:30)


先日、四国最西端の佐田岬を訪問。
様々な道の色々な状況を走ってきたので、装着したハイパープロのスプリングとMRAのウインドシールドスポイラー(X-Creen)のインプレなんぞご報告。


まずは、MRA X-Creenについてから。

実は我がファラオ、過去に純正ハイスクリーンを付けていた。

が、スクリーン上端がちょうど目の位置になることや、疲れてくるとどうしてもスクリーン越しに前を見がちになることに嫌気が差して通常のに戻した次第。

当然、視界と引き換えに防風性が下がるわけで、どうしたもんかと悩むことしばし。
色々と考えた末、MRAから出ている汎用のスポイラーX-Creenを装着することに。

IMG_0130.jpg

秋が深まるにつれ冷たくなる風に耐えられず(笑)


今回購入したのはこちらの2つ。

① MRA X-Creen(エクスクリーン) ツーリング XCA-C

MRA エムアールエー/X-Creen(エクスクリーン) ツーリング

MRA エムアールエー/X-Creen(エクスクリーン) ツーリング 汎用



② MRA X-Creen(エクスクリーン)マウンティングキット XCC-1

MRA エムアールエー/エクスクリーン マウンティングキット

MRA エムアールエー/エクスクリーン マウンティングキット 汎用



ブツはバラバラの状態で届くので、

IMG_0127.jpg

IMG_0129.jpg


まずは、部屋で粗組み立て。

IMG_0224.jpg


その後、現地でファラオに装着!

IMG_0227.jpg


その辺を走り回って視界の変化と風の具合を見て、スポイラーの角度と位置を確定。


上げたり下げたり、

IMG_0229.jpg

IMG_0228.jpg


立てたり寝かしたりした結果、

IMG_0231.jpg

IMG_0230.jpg


こんな具合に落ち着いた。

IMG_0232.jpg


スポイラー下端とスクリーン上端が 3 − 4 cm ほど重なる高さにし、スクリーンと平行になるよう角度を固定。

この時、風はちょうどメットの頭頂部に当たる感じ。
これ以上高いと乱流に背中を押されて違和感がし、低いと額を少し押されて頭が重い感じ。
また、シールドより角度を立てると額を風に押され、寝かすと目の前に乱流が起きて風がうるさくなった。


さて、スポイラーを適切な位置と角度にすると何が起こるのか?

①当然ながら、身体に当たる風が弱まる。
②特に顔に当たる風が弱まる結果、長距離での首の疲れがぐっと減る。
③さらには、楽に首を振れるので後方確認がやりやすく。
④また、高速を走っていてもメットに届く風切り音が格段に減り、インカムの音がよく聞こえるようにもなった。

⑤一方で、肩とか腕への風が相対的に強く感じられ、若干気になる。
 が、思い切り手を伸ばすと腕ごと後ろにもってかれるので、それなりに風は防いでくれている模様。
⑥また、メット周りが静かになった反動か、前方のスポイラーの辺りで風切り音が聞こえている。

どちらも「敢えて挙げれば」のレベルなので、断然、装着した方が快適性が高いといえる。



次に、ハイパープロのスプリングキットについて。


HYPERPRO ハイパープロ/ローダウン サスペンションコンビキット (フロント&リアスプリング)

HYPERPRO ハイパープロ/ローダウン サスペンションコンビキット (フロント&リアスプリング) CRF1000L



足つきについては以前の報告の通りなので、今回は乗り心地のみのご報告。


走り出してすぐわかるのは、

市街地

サスのしっかり感と動きのスムーズさ、そしてピッチングの少なさである。
でも、この辺は、あるいはオリジナル時の設定とも関係あるのかも。


私の場合、アフリカツインの基準サス設定では少し硬く跳ねる印象があった。
そこで、圧側の減衰力とプリロードを少し緩めて乗っていた。
(実際は走りながら調整したので、どのくらい緩めたかはわからなかったりするのだが・・・)

この設定では、通常の乗り心地こそ良くなるが、少し大きい入力でカツンとした尖ったショックが現れやすいのと、ピッチング方向の動きが大きくて加減速で結構身体が振られた。
更には、気持ち曲がりにくくなる気もしていたり。


それがハイパープロ導入後は、通常の乗り心地が良いままで尖ったショックが現れにくくなり、加減速で身体が振られる感じもだいぶ減った。


こんな程度の段差なら

ガッタン

ヌルッといなして超楽勝ー!


曲がりやすさに関しては、市街地走行ではあまり感じられなかったが、高速走行中では1/4テンポ位レスポンスが早くなった気がする。

このあたりは、大きめのワインディングでも同様だが、

高速カーブ


低速ではほとんど違いがわからなかった。

狭いカーブ


まあ、曲がりやすさに関してはプラシーボ効果が効いていると思われるのでアレだが、尖ったショックの減り具合と、サスの滑らかさにも関わらずピッチング方向の動きが減ったことで、町中郊外問わず、走行中の快適性が高まったことは確か。

このことによる一番の効果は、ズバリ『疲れにくくなった』こと。


今回の最先端ツーを通じて、細かいショックと頭の前後上下動がいかに疲れにつながっていたかを実感。
こりゃ手放せん!(笑)

工賃・消費税込み5万円強でこれらと足つき性が手に入るのなら、やってみて損はないと思うのだがいかがだろう?


なお、上に記載のことはすべて個人の感想です。
カスタマイズは自己責任でひとつよろしくお願いします(笑)




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

​サスペンションを変えてみた

2017.11.07(08:04)


ということで、ハイパープロの​コンビキット (ローダウンタイプ:約-25mm) を入れてみたのでご報告。

HYPERPRO ハイパープロ/ローダウン サスペンションコンビキット (フロント&リアスプリング)

HYPERPRO ハイパープロ/ローダウン サスペンションコンビキット (フロント&リアスプリング) CRF1000L



【経緯】

我がファラオですが、オリジナルだと850-870mmというシート高を誇っている。
オフ車なんで仕方ないが・・・・いや、ホント高過ぎる。

私Nの場合、
シートの角を削り、ブーツを履いてようやく踵がつく高さ。

とはいえ膝は伸びきり、力があまり入らないという油断のならない状態。
特に、大好物の狭い林道の離合などでは、車に崖に落とされそうで要注意。

また、ファラオのサスペンションには少しだけ不満があったりして、その解消も狙って交換を決意。


【効果】

①足つき
何はともあれ、交換前後の写真を見ていただきたい。


まずは、純正サス+シート位置はスタンダードポジション(以下、JS)。

IMG_9409.jpg

この通り、膝が伸びている。


次に、純正+ローポジション(同、JL)。

IMG_9408.jpg

わずか2cmの違いなれど、膝がしっかり曲がって力も入る。


お次は、ハイパーP+スタンダードポジション(同、HS)。

IMG_9482.jpg

先ほどよりは膝が伸びるものの、力は全然入れられる。


最後に、ハイパーP+ローポジション(同、HL)。

IMG_9485.jpg

シートにドッシリ腰掛けていられるほど膝にもがっつり余裕がある。


てな訳で、足つきとしては以下の順。

(低)◀◀ HL < JL < HS < JS ▶▶(高)


この中からバランスを考えてHSを選択。


これにより、ガッツリ足がついて安心感を感じられることに!
それでいて、シートローポジションの時に感じた膝とお尻のストレスから解放。
もう、感謝感激雨霰!

これは交換して大正解。


②乗り心地

純正のサスペンションでも充分な働きをしてくれると感じてはいたのだが・・・、
実は全く不満がないわけではなかった。

以前は、普段の快適性がいちばん大事なので、サスは圧側の減衰力とプリロードを少し緩めて乗っていた。
これにより、ショックの吸収性が大きく高まることに。
でも、ショックの角が残るというのだろうか、カツンと来る硬質なショックを僅かに感じていた。

それが、ハイパープロのスプリングに変えた後は、カツンの出る頻度と強さが少なくなった。
「明確に快適性が高まった」と言っても過言ではない。
それでいてショック自体の吸収性は高まっていて、ピッチングが少ない穏やかなサスになった・・・ような。

プラシーボ効果かただの調整力の違いか?
何にせよ思った方向に変化したので万々歳。


③その他

さて、そんなこんなで良いことづくめに見える今回のサス交換ながら、1点だけ不具合が。
それは、相対的にサイドスタンドが長くなって、停めている間の姿勢が不安定になったこと。

ハイパープロの説明だと、サイドスタンド交換はしなくても大丈夫とあるが、かつて給油中にバイクがコケてしまった経験からは気が気じゃない。


ということで、キジマのショートサイドスタンドで対策をば。

KIJIMA キジマ/ショートサイドスタンド

KIJIMA キジマ/ショートサイドスタンド CRF1000L


このスタンドがどのくらいショートかというとこの位。

まずは長さ。

IMG_0081.jpg

イマイチ判りにくいが、ちょっと長い程度の認識。


駄菓子菓子、高さの違いを見てみると、

IMG_0086.jpg

結構な違いに驚く。

3cm位?
こりゃー効きそうだ。


で、実際につけた効果に関しては、またまた装着前後の写真をご覧あれ。


まずは、ショートスタンド装着前。

IMG_9489.jpg

少し暗いが、随分とバイクが起き上がっているのがお分かりかと。


次に、ショートスタンド装着後。

IMG_0113.jpg


見ての通り、装着後はガッツリ傾いてくれ、超安心。

・・・てか、少し傾き過ぎてなーい?
いや、大丈夫だとは思うけど。

まぁ、引き起こしが大変だけど、そこは引き起こし側にハンドルを曲げることで対応。
よし、解決!


かくして、ハイパープロへの交換は、今のところ大成功と相成った!
そのうち、長距離での疲れにくさとか寒い時期の挙動とか、何か問題があればまたご報告しようと思う。


では、今回はこんなところで。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

ヘプコ&ベッカー ハンドガード+α 装着

2017.04.02(22:36)


さて、年末の衝突実験でナックルカバーを破損した私N。
その修理と対策を行うことに。


ってことで4・5ヶ月ぶりに訪れたホンダドリーム。

IMG_8824.jpg


とっととバイクを預け、代車で周辺散策&お昼を食べに行くことに。


お馴染みの府道242で山を越え、

IMG_8825.jpg


やってきました喜撰坊 in 笠取。

IMG_8833_20170401134532534.jpg

あ、代車はPCX125です。



で、早速囲炉裏席に陣取り、

IMG_8827.jpg


待つこと50分(笑)


やってきました大好きなとろろニシンそば膳!

IMG_8830.jpg


ここのニシンそば。
ニシンの身が大きくて肉厚、しかも味が濃くて大変美味。
時々食べたくなっちゃうんですよねー。

ここのお店は、普通に1時間くらい待たされるのが難点ですが、笠取の田舎風景と古民家のホッとする空間が癒しになるので、時間のある時には訪れてしまいます。



で食後は、当然のように作業が終了してますので、早々にドリーム店に戻ってブツとご対面。


ブツは、スチール製でやや細身。スマートな外観のハンドガード。


中心側はハンドルクランプボルトと共締めし、

IMG_8839.jpg



外側はバーエンドでしっかり固定。

IMG_8837.jpg



前から見ても、

IMG_8836.jpg



上から見ても、

IMG_8840.jpg


綺麗に純正ナックルカバーに沿っているのがわかります。
ムフー、かっこヨス!




ついでにブレーキレバーも、U-KANAYA アルミビレットレバー ツーリングタイプに交換。

IMG_8838.jpg

車体の赤とフロントフォークの金に揃えたカラーリングです。
うむ、かっこイー!





さて、準備は整った。

各地の桜を求めて、いざ出発!!






にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

アフリカツインのちょっといいところ

2016.05.16(23:06)


アフリカツインに乗っていてちょっと気が付いたことなど二点ほど書きつく。


まずはこちらから。

IMG_7150.jpg

はい、サイドスタンドです。

ご覧の通り、根元に行くほどモリモリしております。
またその造形もなかなか雄々しく美しいデス。

実は今、アフリカツインの中で最も好きなところだったりします。

・・・・・足フェチじゃないですよ?(笑)

バネに付いているゴムは泥除けかな?



そして、お次は実用的な機能です。

オナハンによると、燃料計が点滅を始める時の残燃料は3.4Lとのこと。

その際燃費計は勝手にこの表示になります。

名称未設定2 copy copy

そう、走行可能距離計です。


更には

名称未設定 copy

残燃料計も。

こりゃ便利!
そして安心ですね。

アフリカツイン・・・なかなかのおもてなし上手。www



さて、ようやく1ヶ月目の初回点検してきました。

IMG_7419.jpg

走行距離は、ここまで約2,500km。
意外に走れませんでしたネ。

さて、週末はどこに行こうかな?


そうそう、ついでにこんなん買っちゃいました。

IMG_7422.jpg

ふふふ。
これで楽しみが増えた。

寝ても覚めてもアフリカツイン!(笑)



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

アフリカツインがやってきた

2016.05.08(18:06)


ホンダカテゴリーの皆様、初めまして。


IMG_7096.jpg

この度、CRF1000LアフリカツインDCTを購入したニャンコ先生と申します。
主にツーリング記事を書きながら、老後に備えて外部メモリー代わりの備忘録を書き綴っていこうと思います。
出勤時の時間つぶしに、あるいは、ご自身のツーリングの参考になどしていただけたら幸いです。

そして既読者の皆様、改めましてよろしくお願いいたします。
これまで通り、適当なことを適当に書いていきますので、適当に読んでいただけたらなー、とか思います(笑)


さて、アフリカツイン。
まだ、2〜400km位のショートツーが数回と、宿泊付きで7〜800kmの長距離ツーを二回終えただけなので、現時点で約2,500kmしか走行できていません。

IMG_7403.jpg

お察しの通りまだまだ慣れ親しんでいる最中なのですが、インプレなんぞを記すことにします。
初期段階での感想を残しておき、乗り続ける中での印象の変化など知るのも一興かと思い。


早速ですが、まずはエンジンから。

さすがに排気量が1,000ccもありますから、低回転から充分な力が出ています。
特にDCTをS3モードにしてガバッと開けると、身体を後ろに持って行かれるような加速をしてくれます。
一方で、Dモードで低いアクセル開度を一定に保つと、ポンポンポンとギアを上げて行き、エンストこそしないものの加速も最低限といった感じ。
この辺に関しては、DCTのモードとアクセルの関係がいまいち掴みきれていないのでまだなんとも言えないのが正直なところなのですが、基本、回せば回しただけ力が出るエンジンなのかなーという印象です。
別の言葉で言うと、抑揚は少ないが全域スムーズなフラットトルク型の出力特性、というところでしょうか。
疲れなくていいです(笑)


IMG_7152.jpg


次にDCT。

『楽』この一言に尽きますねー。
1日、7〜800km走らないとなんとも言えませんが、思った以上に疲れません。
上で書いたように、まだDCTに慣れていないのでアレですが、これまでのところはイラついてどうしようもないようなシチュエーションに出会っていません。

例えばDモード。
あまり開けずにアクセル一定にするとポンポンポンとギアが上がっていきますが、それなりに開けるとそれなりに引っ張ってくれます。
また、登りでは心持ち平地よりも引っ張ってくれますし、下りでは明確にエンブレを効かせてくれます。
もちろんシチュエーションによっては、二速と三速を行ったり来たりすることもありましたが、そこはシフトスイッチ(正確にはOpのシフトペダル)を押して低速で引っ張ったり、いっそMTモードに変えてしまえばいいだけのこと。ただ、そんなシチュエーションは、これまで二度あっただけですけどね。

そうそう、Opのシフトペダル、大分いいです。
スポーティーな走りをする時にMT的に使うだけでなく、少し加速が欲しい時とか登りで速度が落ちてきた時なんかにとてもGood。
DやSモードにしていてもシフトスイッチ一つでシフトダウンできるのですが、シフトダウンした後に普通にオートマ復活してくれて自動でシフトアップしてくれるのが便利でした。

IMG_7108.jpg


最後にその他。

私の愛車はシートの角を落として足つき性を確保しています。
そのため、ローポジションにしてツーリングブーツ(ジー・ミッドランド)を履けば、両足踵までしっかり着く上、膝も軽く曲がります。
がしかし、ローポジションのまま走ると尻尾の付け根あたり(いわゆる仙骨の辺?)がすごく痛くなりました!
これはクルーザーなどに乗っているとよくあることで、基本お尻で体重を支えている状態かと認識。
そこで、シートをハイポジションに戻して走ったところ、この症状は改善。
片足の踵が少しだけ浮くこととなりますが、KTM990アドベンチャーよりも重心が低い気がするので極端に不安定にはなりません。ので、今はこの状態で走ってます。

で、このシートのハイポジションにはもう一つ利点があって、それは視界が確保できること。
ハイウインドスクリーンを付けているのですが、ローポジションで具合が悪かったことが、ハイポジションでは解消されてるんです。
具体的に言うと、ローだとちょうど目の高さにスクリーンの上辺が来て前がとても見にくいのです。
乗り始めの背筋が伸びている状態だとそれでもスクリーンの上から路面が見えるのですが、疲れてくるとスクリーン越しに路面を見る形に。
んで、これが意外に疲れるのです。
ハイだと、疲れてきても視線はスクリーンの上からとなるので一安心。
普通に見えるって、すごく大事なことだったんですねー。
ハイウインドスクリーンを検討している方は、この辺りの視線の位置を確認された方が良いと思います。


あっさりとしていますが、まずはこんなところでしょうか。


IMG_7105.jpg


しばらくはツーリング記事が続きますので、気になったことがあればその中で記していきます。

ではでは、また。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

CRF1000L Africa Twin

  1. ハイパープロ & MRA X-Creenのインプレ(11/21)
  2. ​サスペンションを変えてみた(11/07)
  3. ヘプコ&ベッカー ハンドガード+α 装着(04/02)
  4. アフリカツインのちょっといいところ(05/16)
  5. アフリカツインがやってきた(05/08)