スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっと行ってみた奥四万十ツー 沈下橋三昧編


さて、四国カルストで絶景を楽しんだ私ですが、

IMG_8244_20161117220413ed8.jpg

この時点で夕方の4時と結構なお時間。


とっとと宿に行ってゆっくり温泉に浸かろうか・・・、
なーんて思いもしないほど気力が充実しております!


てことで、四万十川名物の沈下橋を訪れてから宿に向かうことに決定。

こーんな魅力的な険道19号を南下して、

IMG_8247.jpg


やって来たのは四万十川最古の沈下橋・一斗俵沈下橋。

IMG_8248.jpg


写真ではちょっとわかりにくいですが、橋の真ん中部分に橋脚がないという珍しい構造。

最初はあったそうですが、完成年の台風で流出。
岩盤が深く再建は難しいとのことから、現在の歯抜け気味の構造に落ち着いたとか。
橋に歴史ありですね。

ところで、不思議なのが一斗俵という名前。
地名に由来するのだと思いますが、斗も俵も同じくお米の体積を図る単位だったはず。素直に考えると1g・kgみたいになっておかしな感じ。
さて、どんな由来があるのでしょう?

・・・なーんてどーでもいーことを考えつつ夕暮れを待ってたものの、なんかあんまりいい色が出ないのね。

IMG_8255.jpg


仕方ないので、早めに切り上げて宿に向かうことに。


本日のお宿・ホテル松葉川温泉は、四万十川の奥座敷を名乗るだけあって流石の秘境ロケーション。

険道322号を通ってアクセスするのですが、この道がまた険道19号をグレードアップしたようなナイスな道路(笑)
しかも、日没後の真っ暗闇の中のソロ走行と条件も最高で、久々に涙目に大声で歌を歌いながら走りましたー・・・。

道に迷って対岸のキャンプ場についた時にはどうしようかと思いましたが、延々道を戻って無事にホテルに到着した時には心底ホッとしましたとさ。

IMG_8277.jpg


到着後、とろとろの源泉に軽くつかった後の夕食は、地元の食材が贅沢に使われていて大満足。

鰹のタタキも、

IMG_8278_20161117220802768.jpg


天然鮎の塩焼きも

IMG_8281.jpg


とっても美味しゅうござんした!


食後は再度温泉に浸かってゆっくり。
旅の疲れもあり、健やかな眠りに就けました。


明けて翌日。


中々のボリュームの朝食に舌鼓を打った後、

IMG_8283.jpg


後ろ髪を引かれながらホテルを後に。

IMG_8284.jpg


まず向かったのは、2つの沈下橋が望める四万十源流大橋。

IMG_8292.jpg


北に一斗俵沈下橋。

IMG_8288.jpg


南に清水ヶ瀬沈下橋。

IMG_8289.jpg


素朴な景色の中、清流・四万十川はさすがの透明度。

IMG_8290_20161117221805878.jpg


いつまでもここでぼーっとしていたいですが、時間はもう9時。
今日中に大阪に戻る予定なので出発、出発!


四万十川沿いの道をクルージングし、川沿いの道の駅を渡り歩く。

IMG_8294.jpg


一時間強走ってやってきたのがこちら。

IMG_8301.jpg


JR予土線鉄橋とのコラボが素敵な第一三島沈下橋。


『汽車が通らないかなー』とか思いながら撮影をつづけたものの、

IMG_8308.jpg


・・・・・全く通る気配もないので撤収。


またも道の駅を渡りながらまず北に向かう。

IMG_8315.jpg


実は、

IMG_8317.jpg


正午近くでもまだ四万十川沿いを走ってたりしてマス。

さて、大阪には何時に着くのかな??


などと考えてたら、道の駅 広見森の三角ぼうしに着いてビックリ。

IMG_8319.jpg


すげーリアルな赤鬼が・・・・・。

IMG_8321.jpg


鬼王丸さんと申します。

全国唯一『鬼』の字が入る自治体・鬼北町のシンボルとして降臨されたとか。
人知を超えた能力で、学業成就・恋愛成就・金運アップを叶えてくれるそうです。


その後、ようやく松山道に乗ってバビュンと高速を走り、

IMG_8329.jpg


瀬戸大橋を通って大阪に戻ってきました。


あ、瀬戸大橋中央の与島PAで、

IMG_8327.jpg


焼き芋ソフトに舌鼓は打っときました。


総走行距離1044km、平均燃費21.6km/Lのお泊りミドルツーでした。

IMG_8332.jpg


にしても、今回のお宿・松葉川温泉がとってもよかったので、また訪問したいと思いました!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ちょこっと行ってみた奥四万十ツー 与作とカルロス編


とある十月末のこと。
思いつきで高知に行ってきましたのでご報告。


まずは秘密基地を出発!

IMG_8204.jpg


2時間後。

IMG_8205_20161109214428768.jpg


向かう先に厚い雲を見て少し震えるファラオ・・・じゃなくて私 in 淡路島。
おかしいなぁ、今日は晴天予報だったはずなのに?


あ、でもほら、こちらは晴天だ。

IMG_8208.jpg


・・・・・180度逆方向だけど。


さらに30分後。
益々厚く低く垂れ込める雲に呆然とする私 in 徳島。

IMG_8214_20161109214431124.jpg


う~ん。晴れる気がしない・・・・(汗)


「まぁいっか」
・・・と進んだ先でランチタイム in 山の中。

IMG_8215.jpg

メロンパンが濃厚で美味しかったです。


ここで雨雲レーダーを見てみると・・・

IMG_8216 copy

見事な晴天!

やったね、お天気回復!!

・・・・のはずなんだけど・・・、

IMG_8217.jpg


なんで四方を厚い雲に覆われているのでしょーか?


IMG_8218.jpg


それでも雨に降られず高知入り。
なんて素晴らしい。

で、

IMG_8219.jpg

到着したのは道の駅大杉。


となると、訪れるのはこちら。

IMG_8222.jpg


特別天然記念物、杉の大杉。


IMG_8221.jpg


樹高60m前後、樹齢3千年と言われる大きな樹。
縄文杉が見つかるまでは、日本最大の杉だったとか。

二株が根元でくっついている変わり種。

でも、かなり空洞化が進んでおり、内外から補強を行っている模様。

で、定期観測のために内部に入り込む扉が幹にあったりします。

IMG_8226_20161109214550981.jpg

なんか痛々しい。


色々と考えつつも、
お次は高知名物、三大酷道の一つ与作酷道こと国道439号線にGO。


IMG_8228.jpg


期待に胸膨らませ走り始めたものの、改修区間しか走らず酷道の片鱗すら体験できず・・・がっかり。


ぼーっと走っていると古く大きな吊橋ハッケン!

IMG_8232.jpg

田村橋だそうです。


いやー。
なんか自然がいっぱい。

IMG_8233_201611092146063c3.jpg

IMG_8237.jpg


ここからは、県道33号などを通って県道三昧。
た~のし~(笑)

で、到着したのがこちら。

IMG_8240_2016110921463050f.jpg

風車が見えるこの場所はどこでしょう?


答えは四国カルロス・・・じゃなくて四国カルスト。

IMG_8241_20161109214631016.jpg

日本三大カルストの一つです。


なんと、牛の放牧をしてたりします。

IMG_8243_20161109214634194.jpg

モォーお腹いっぱい?

・・・オチが付いたところで、本日は以上!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

さよならジュピ・・・四国


GW四国ツー:

その1 イニシャルD
その2 四国上陸
その3 四国制覇


さて、高知から愛媛へ向かい北へ北へと走る私たち。

着いたのはここ。

IMG_7342.jpg

しまなみ海道の来島海峡大橋・・・が見える来島海峡展望館。

このしまなみ海道四国側第一番目の橋が夕陽に染まるところを見に来たですよ。

さぁ、ご覧あれ、真っ赤に燃える来島海峡大橋を!!

IMG_7345.jpg

あれっ?

強風で水っ気が足らなかったのがいけなかったのでしょうか?
残念ながら夕暮れも中途半端な感じに。

気を取り直し、真っ暗な中本日の宿に向かいます。
本日の宿は「塩」で有名な伯方島のサラサヤ旅館。

到着後すぐに夕食ターイム!
見よ、圧巻の豪華な夕食を!!

IMG_7352.jpg

特にこの鯛の丸揚げは絶品でした。

IMG_7353.jpg

さすがは来島鯛。
しまった身がカリッと揚げる調理法にぴったりです。


翌朝訪問したのはその来島海峡・・・ではなくて船折瀬戸。

IMG_7360_20160802230309c71.jpg

名前の通り、船が折れるほどの早い流れの海峡です。

IMG_7358_20160802230306788.jpg

軽く集合写真を撮影の後、道の駅伯方S・Cパークへ移動。


2IMG_7362


ここで皆さんお土産タイム、アーンド、伯方の塩ソフトの実食。

IMG_7361_20160802230310dd7.jpg

旨し!

が、気づくと時間はもうお昼前。

残りのしまなみ海道を抜けて、対岸の尾道に移動です。

IMG_7412.jpg

ここは、橋だけでなく適度にうねうねした道を走るので気持ちいいですねー。


で、尾道でやってきたのはこちら。

2IMG_7371

ご当地ラーメンの名店、朱華園さん(矢印部分が看板)です。

でも、見ての通りの大行列。
時間もないし諦めるしかないっすねー。

ってことで、少し先の雑兵めん屋さんに入店。

IMG_7368.jpg

ここで無事尾道ラーメンにありつけました。

IMG_7366.jpg

背脂がうかぶ澄んだ醤油スープが美味し。


次々にお客さんが来るので早々にお店を出ると、本日中に東京に帰るみどりさんとお別れの時間です。

2IMG_7369

みどりさん、遠くまでありがとうございます。
三日間、お疲れ様でしたー。

そしてdoiさん、いつも通り邪魔だよ?(笑)



ここから、残った3人は少し尾道観光をしていくことに。

まずはロープウェイで千光寺に。

IMG_7375.jpg

新緑が目に眩しいです。

山頂に登ると、尾道の街並みと瀬戸内海が美しく混ざり合った景色を見られます。

IMG_7377.jpg

で、坂を降りていくと、魅力的な小路がいっぱい。
例えばこことか、

IMG_7382.jpg

あるいはこことか、

IMG_7386.jpg

はたまたこことか。

IMG_7387.jpg


路地の辻もなかなか様になりますし、来てよかったです。

IMG_7385.jpg


さて、短いながらも尾道を堪能したので、ここからはずいっと関西までひとっ走り。

道中、パーキングでお仲間に出会ったり、

IMG_7395.jpg

幾つかの道の駅に寄ったりしながら、

IMG_7397.jpg

doiさんリクエストの岡山ブルーラインを通って中国道にON。


最後は、西宮名塩SAにて最後の休憩&お別れを。

2IMG_7399

キムコさん、doiさん、お疲れ様でした!
色々ありましたが、おかげさまで楽しめました。

またどこかでお会いしましょうぞ!!


などと思いつつ、実は近畿道の東大阪JCTまでご一緒したりしました。

関東組のお二人は、この後、奈良の健康ランドにてもう一休み。

お気をつけて!!と思いつつ、今度こそさよならです。


IMG_7401.jpg


総走行距離が832.7km、平均燃費が23.4km/Lの二泊三日ツーでした!



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

四国制覇


GW四国ツー:

その1 イニシャルD
その2 四国上陸


さて、道の駅ことひきで地域貢献をした後は、ミニ作戦会議。
ここからのオプションは2つ。


1. オリジナルもどき案

暴風で淡路島に閉じ込められなければ、沈下橋とか四国カルストとかUFOラインを訪れこの四国ツーのハイライトとなるはずだった二日目。
その気分を味わうため、せめてUFOラインを訪れようというオリジナルもどき案。


2. まったり案

ここまで来ちゃったんだから、まったり適当に走って早めの宿でまったりしようぜ的なまったりx2案。


もちろん1の案が魅力的なのですが、この場合宿に着くのは夜中になるのは必定。かといって、四国まで来て2もなー・・・というような思考が働き、取り敢えずUFOラインを目指し、予定通りの時間に宿に着けるよう途中で折り返そう、という折衷案に決定。

エェ、我々日本人かつライダーですからね。
そこに絶景があれば全力で見に行く方向で!


てなことで、高速を使っていよ西条ICまでワープ。
山を目指して颯爽と・・・・進む前に国道11号沿いのコンビニでコーヒーブレイク。

IMG_7333.jpg


だってほら、むちゃくちゃ眠いんですもん(笑)


しばしエナジーを貯めたのち、今度こそ山に向かって快適移動。
そこはかとなく四国的な川沿いの道を南下し、

IMG_7477_2016071613215830c.jpg


よく整備された気持ちの良いワインディングを通って山を登る。

IMG_7414_20160716132156bb6.jpg


気持ちいー!
こういう道を走るのは実にライダー冥利に尽きますね。

途中に罠があるので有名らしい寒風山トンネルを延々5km超走り抜け、やってきたのがこちらの場所。

IMG_7334.jpg


道の駅木の香です。

実は、寒風山トンネルの途中からは高知県いの町になってます。
鳴門大橋を通って上陸した鳴門市は徳島県。
うどんを食べたまんのう町は香川県。
コーヒーブレイクした西条市は愛媛県。

すなわち・・・
これを持って四国制覇達成と言わせていただきましょう!

感慨に耽る私の勇姿をごらんください。

IMG_7406_20160716132154216.jpg


エェ、スマホ見てるだけですが(笑)

この時点で夕方の4時目前。
残念ながらタイムアップです。

てことで、来た道を戻って北へ北へと移動を開始です。


余談その1

Ninja 250SL、Ninja 250R、MT-07、Africa Twinと、燃費の良い我々4台ですが、さすがにそろそろ給油どき。
北に向かう途中でとあるGSに立ち寄ることに。
そのGSの人に昨日の強風について聞いたところ、
「いやー、この時期にあんな強風になったのは自分の人生でも初めてのことですよ!」
と、20代と思しきお兄さんが言ってました。

doiさーん!(笑)

詳しくはこちら


余談その2

自分、ホンダドリーム主催の道の駅スタンプラリーに参加している関係で、道の駅が近くにあれば立ち寄ることにしています。
これは、そんな道の駅の一つで出会ったサービス。

IMG_7338.jpg


すげー、温泉売ってるよ!(笑)


IMG_7340.jpg


しかも、100円で100リットル!!

ここ道の駅今治湯ノ浦の近くに住んでると、自宅で温泉に入れますね。
羨ましいかも。


おっと、ここで気力が尽きました。
続きは次回で。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

四国上陸



GW四国ツー:

その1 イニシャルD


IMG_7302 copy


さて、超悪天候の中で宿が取れず、

どうする?どうなる?

と焦っていた我々ですが、ダメ元で掛けた旅館の一つが泊めてくれることに。

と同時に、本日予定していた高知の宿にキャンセル申し込み。
doiさんのトークが良かったのか、当日キャンセルにも関わらずキャンセル料は要らないとのことでホッと一安心。

急遽泊めていただけることになったのがこちら。

IMG_7310 copy

慶野松原にある民宿淡路荘。

バイクも大きな納屋に停めさせてもらえて二重に一安心。

KKOIMG_7410.jpg



安心ついでに夕ご飯前に練習開始〜。

KKOIMG_7312 copy


もちろん夕ご飯も美味しくいただきましたよ。

IMG_7313 copy


部屋に戻って再飲みしつつ、強まる風雨に「いやー無事に宿が見つかって良かったー」などと言いつつ夜がふけていきましたとさ。


明けて翌朝。

とっとと朝食を済ませ、四国へ向かってダッシュ!


・・・・の前に、

せっかくなので、国生みの聖地・おのころ島神社にお参りを。

IMG_7316.jpg

台風一過、いーお天気で。


古事記・日本書紀によると、淡路島は日本で最初に作られた土地なのです。

IMG_7318.jpg


神話の時代に想いを馳せつつ、諸々の現世利益をお願いしたり。

IMG_7319.jpg


うん、正しい日本人のあり方ですね(笑)


少し強風に煽られましたが、高速に乗ってからはサクッと四国入り。

早速やってきたのがこちらのお店。

IMG_7321.jpg

香川県はまんのう町の長田うどんです。
元祖釜揚げうどんと、たらいうどんという爆盛りで有名です。
もちろん、爆盛り王みどりさんとdoiさんのためのチョイス!

IMG_7322.jpg

が、なぜかお二人ともご不満気味。

「『大』を頼んだら、『止めときな』って『小』にさせられた」

「俺、絶対食えるのに・・・」

なんてことがあったとか。


注文後、着席して待ってると・・・・

KKOIMG_7323.png


あっという間に行列が増えててびっくり。

そうこうするうちに、注文した釜揚げうどんが到着。

IMG_7324.jpg

徳利から出汁を注いでいざ実食。

うまい!
讃岐うどんのツルツルしっかりを想像してたらちょいと違って、もちもちしっかりって感じでした。

正面ではdoiさんがタライうどん小にムシャぶりついてます。

KKOIMG_7327.png


で、でかい・・・・。
それもそのはず、6玉もあるのですから。

食後にdoiさんが、

「『大』頼まなくて正解。良かったー。」

と言っていたので十分な量があったのでしょう。

そりゃねー。
大はこの倍、12玉もあるからねー(笑)


食後外に出てみると、列が回り込んでいてまたびっくり。

IMG_7328.jpg

早めに来て良かったー。


混雑する長田うどんから30分ほどの場所にバイクを停めて、少し腹ごなしをすることに。

KKOIMG_7413.jpg


やってきたのはこちらの名所。

IMG_7330.jpg

テレビ銭形平次のオープニングで有名な銭形砂絵です。
が、実は17世紀から作られていると言われているらしい。
銭形平次関係ないのね・・・。

周りの木々との比較で分かるとおり非常に大きくて、縦横100m前後とサッカーコートが丸々入る大きさだそうで。


で、展望台から戻った後は、麓にある道の駅ことひきにて地域貢献。

IMG_7332.jpg

眠気を押して次の場所へと向かうのですが・・・・・続きはまた次回。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。