• ドライブ カテゴリーの一覧

2017年09月21日(木) 記事No.362

さて、瀬戸内周遊も既に三日目。

まずはバビュンと壇ノ浦・・・・・・の対岸にあるめかりPA。

IMG_9662.jpg


なんか、空が急にモクモクしてきましたよ?


実は、ここに来るまでに二時間ほど走ってるんですが、一度Uターンと二度回り道しただけなので割愛。
下道あるあるっス。

お天気も良かったですし、
太陽は天に在りて、全て世は事も無し。

あ、空は曇ってきましたけども(笑)


サクッとコーヒーブレイクした後、関門橋で海峡を渡って高速OFF。
下関市街を抜け、下関駅前にパーキング。

IMG_9666.jpg


もちろん目的はコチラ。

IMG_9664.jpg


本州最西端到達証明書!

いや、まだ到達してないんですけどね。
戻ってくんの面倒じゃないですかー?
なので、やむなし(笑)

で、当然本州最西端を目指すのですが、モクモクは晴れず。
ついに雨が降ってきちゃいました。

IMG_9669.jpg


おっと、目の前を走るのは京都府内ナンバーの原二さん。

IMG_9670.jpg

下道で来たの?すごいねー。


とか思いつつ到着しました本州最西端は毘沙ノ鼻。

IMG_9672.jpg


有名なこの場所でパシャりとな。

IMG_9675.jpg


そして海を眺めるの巻。

IMG_9676.jpg


よし、本州最西端制覇!



今回の旅の目的も果たしたんで、気分良く車を東に走らせる。
もちろん、雨の中!


なんか山の中を走ってると、やたらと目立つ茶色の甍。

IMG_9680.jpg


ふんわり漂う異国情緒・・・・・と思うのは私だけ?


13時を回ったのでコンビニでランチ購入。

IMG_9681.jpg


昨日の腹痛が尾を引いてたんで軽くすませることに。


が、さすがに軽すぎたのか、クゥと鳴るお腹をシガーで鎮めて先を急ぐ。

IMG_9682.jpg


そうしてやって来たのがこちら。

IMG_9683.jpg


山口県は岩国市名物の錦帯橋。

見事なアーチは、遠くで見ても

IMG_9686.jpg


近くで見ても見事なもんです。

IMG_9685.jpg


写真で分かる通り、周りを周遊して終了。
なぜなら、先を急ぐから。


てな訳で、岩国を離れること二時間弱。
お次はなんと

IMG_9689.jpg


船の上!?



牡蠣筏の並ぶ瀬戸を渡り、

IMG_9691.jpg


見えて来たのは海に立つ大鳥居。

IMG_9693.jpg


そう、本日の宿泊地は世界遺産・宮島こと厳島。


お宿は、ドライブ最終日ということで奮発した宮島グランドホテル 有もと。

IMG_9700.jpg


宿で一休みしたら外に出て、ピーピー威嚇する鹿を愛で、


IMG_9702.jpg


名物穴子丼を食べる。

IMG_9703.jpg



夜はホテルのツアーに参加して、

IMG_9714.jpg


美しくライトアップされた厳島神社を

IMG_9712.jpg

外から詣でて大満足。


こうして満足のうちに最後の夜が更けていきましたとさ。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年09月12日(火) 記事No.361

瀬戸内海周遊ドライブ2日目。


本日も快晴。
市電を眺めつつ松山市内を後にする。

IMG_9596.jpg


窓から見える市電を見てふと思う・・・・四国の県庁所在地には路面電車が多くね?
確か、松山には「いよてつ」、高松には「ことでん」、そして高知には「とさでん」があるなー・・・・なんて考えつつ西を目指す。


やって来たのはこちら。

IMG_9597.jpg


愛媛県の西の端、八幡浜港。

そう、フェリーに乗って九州に渡ろうって魂胆です。

いくつかある四国ー九州間航路から、今回は何かと便利な八幡浜ー臼杵航路をチョイス。


「長い列に並んでようやく臼杵行きのチケットを買ったのに、車に戻ってから別府行きの乗船証を渡されたことに気付いて再び列に並ぶ」という小ネタを挟みながらも、無事乗船して四国を後にする。

IMG_9600.jpg


船上から見える景色の、左手に伸びるは佐田岬。


IMG_9603.jpg


行くはずだった四国最西端の地。
行けなかった悔しさを胸に秘め、こっそりとファラオでのリベンジを誓う私。

青い空に碧い海。
海上にありながらドライブ日和を実感。

うん、幸先よさそうだ!


出港からわずか二時間半で九州上陸。

IMG_9609.jpg


上陸後も西へ向かい、やまなみハイウェイを目指す。

途中、道の駅おおのにてランチタイム。

IMG_9610.jpg


大分名物、豊のしゃもで作った親子丼。

さすが、お値段が通常品の6割増し。

IMG_9611.jpg


プラシーボ効果もあり、超旨い!(笑)


プクイチして、

IMG_9615.jpg


道の駅を後にしようとして気づく。

IMG_9616.jpg


なんと、駐車している車の大半がエコカーだ!
もしかして、九州人はエコロ人?


そんな感想を抱きつつ、旧小国街道からやまなみハイウェイに入る。

IMG_9631.jpg


山裾ばかり走っていると、まるで山に潜るかのよう。


かと思ったら、山の向こうは展望台。

IMG_9634.jpg


阿蘇五岳の勇姿と整然とした田んぼのコントラストが楽しめる。


厚くなる一方の雲なんて見えませんよ!
前だけを見て、ひたすら阿蘇市中心部を目指すのです。

IMG_9638.jpg


他ではあまり見ない道をもっと走っていたかったけれど、
故あって少々道行きを急ぎ、やってきたのは道の駅阿蘇。


IMG_9641.jpg


そして、駆け込むとある場所!

IMG_9643.jpg


ふぃーっ・・・・。

しばしこもっていると、・・・やばい、時間がなくなった!!(笑)


北に向かう道を急ぎ、ひたすら北上していたものの、

IMG_9644.jpg


ついつい停まって写真撮影。


さらば、阿蘇よ!

IMG_9650.jpg


あ、初出ですが、今回の相棒は代車・旧型プリウス(奈良ナンバー)さんです。
走りやすい良い車です。


と、目の端で何かが動いたのに気づき、遠くに目を凝らして見る。
と・・・

IMG_9652.jpg


そこに浮かぶはパラグライダー。

楽しそうでいいなー


なんて考えつつ山間の道を北上し、やってきました福岡県の道の駅うきは。

IMG_9655.jpg


ここは筑後平野の東の端。


プクイチなどしつつ休んでいると、平野を染める夕陽に出会った。

IMG_9654.jpg


あー、今日も楽しい一日だった。

余韻に浸りつつ宿までの道を急ぐと、

IMG_9658.jpg

一時間後に本日のお宿・ホテルグランスパ アベニュー in 甘木に到着。
明日に備えて温泉を楽しんだ後、深い眠りに陥るのでした!








にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年08月31日(木) 記事No.360

さて、瀬戸内周遊一日目。
まずは四国に向かうことに。


バイクでなく車での道程ということで遅くにスタート。

真夏の太陽のもとだと言うのに涼しい風が吹いている。
あぁ、エアコンが快適過ぎる・・・・(笑)

快適な環境に守られながら、

IMG_9542.jpg


やってきました道の駅 藍ランドうだつ in 脇町/徳島。


IMG_9543.jpg


水陸交通の要だった往時が偲ばれます。


近くを流れる吉野川には潜水橋。

IMG_9546.jpg


四万十川(いわゆる沈下橋)に比べてモダンっスね。


川向こうのつるぎ町には、

IMG_9553.jpg


脇町に対抗するかのように二層うだつが屹立。


そして川沿いの木の下で涼む人あり。

IMG_9551.jpg


気持ち良さそ〜。


そのまま吉野川沿いを西に西に走り続け、県境を越えて愛媛県に入る。
愛媛県内をさらに西に向かい、古都松山市を飛ばしても来てみたかったこちらに到着。

IMG_9571.jpg

ここは下灘駅。


この通り、

IMG_9568.jpg


目の前が海になっている駅。
その昔は、この道の部分から海が始まる「日本一海に近い駅」だったとか。


フと目に入った

海と女

綺麗な後ろ姿に思わず釘付け・・・。


しばし見とれたのち駅を去り、海岸沿いを東に北上?
ちょうどお腹も空いたので、適当なお店で夕ご飯を食べることに。

IMG_9590.jpg

美人の余韻に浸りながらサクッと肉うどんを食す@本手打ちうどんの白川さん。


その後、松山市内に戻ってホテルにチェックイン。
聖書に並ぶ坊ちゃんに癒されながら眠りにつくのでした。


IMG_9595.jpg


今日はイベントもなく穏やかな1日だったと安堵しながら・・・・。









にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2017年08月26日(土) 記事No.359

ま、そんなことがあったわけで。


状況から推測するに、誰かが標識にぶつかって、折れた標識が運悪く私の車にぶち当たってしまったのだろう、と。

でもって、バンパーとかライトとかがあえなく損壊。


でも、明日からツーリングなんだなーこれが。
でもって、バイクの駐車場は、自宅から車で30分の距離にある、と。
うん。
困ってしまってワンワンにゃにゃん・・・。


と、聞き取りされている間に警察に一報が入った模様。
加害者の人が署の方に連絡をして来たとのこと。


で、現着したご本人と顔合わせののち、謝罪や保険の話でしばし歓談。
駐車中の事故ということで、お相手の保険で修理代は全て賄うことに。
当然、車はディーラーさんへ修理で預けることに・・・。

でも、バイク駐車場は車で30分の距離、と・・・。


・・・うん、まぁ、ここは言うしかないよね。


「あの、明日から夏休みなので車を使う予定だったのですが、しばらく代車とか用意いただけたりしますか?」

「もちろんです!保険屋さんに連絡しますので!!」


よし、二つ返事で代車ゲット!


ただなー、なんかケチついちゃったから、少しテンション下がっちゃったんだよねー。

てことで、しばし目をつぶって脳内会議を開催!

****************************

なんか、さすがに縁起が悪いしなあ・・・・・・・。

それに、代車手配って言ったって、お盆の時期にまともな車残ってるかなぁ・・・・・・・・・・・。

てか、これツーリング中の事故の前ぶりだったりして・・・。

うーん、なんか色々メンドくさくなって来たカモ・・・・。

うーん・・・・・いっそ止めちゃうか?

うーん・・・・・うーん・・・・・うーん。



うん?

・・・・・・そっかその手があるか!?

よし、それにしよう!!

****************************



ってことで、

代車で瀬戸内一周に行くことにしました!!!

さぁ、気を取り直して、旅に出発だぁ!(笑)







にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2017年08月23日(水) 記事No.358

ヴェルシス-Xで復活を確認した翌週。


ファラオで瀬戸内海一周ツーに出かけようと、溜まった洗濯など片付けながら諸々準備。

洗濯機の音がくぐもるように聞こえるなか、明日からの旅程に思いを馳せる。


豊後水道に伸びる腕、四国最西端・佐田岬

阿蘇に向かう道、やまなみハイウェイ

対馬海峡を望む岬、本州最西端・毘沙ノ鼻

そして、平家の栄華を今に伝える景勝地、世界遺産・厳島神社


何れ劣らぬ絶景名勝の数々。
体調に不安を残すも道行きに心躍らせる


と・・・、

ピンポーン!

突然の呼び鈴に我に帰る。


「すみません、警察の者ですが。」
「Nさんでしょうか?お車のことでちょっとお話が・・・。」

け、警察!?

「す、すぐ降りていきます!」


取るものも取らず乗ったエレベーターの中で考える。


『あれか、速度超過か!? いつだ、いつ写真撮られたん?』

『いやいや、安全運転の自分に限ってそんなことはないハズ・・・・・。』

『いや、速度標識を見間違えたとかならありうるのか!?』


走馬灯のように駆け巡る駆け抜ける歓びの日々。


ドキドキしながらお巡りさんの前に立つ。

「えーと・・・・なんでしょーか?」


「話すより早いと思いますので、こちらに来ていただけますか?」



素直に後に続いた私がそこで目にしたものは・・・・・



jiken copy


折れた一時停止標識(赤)と、見事に凹んだ我が愛車(黄)であった!!

ヌァーニィー?



続くっ!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2013年06月21日(金) 記事No.180


それは3月半ばのことでした。

「4月にショップ主催のロータスツーリングがあるのですが、いかが?」

はい、以前サーキットの狼博物館にご一緒したコジコジさんからのお誘いです。


ってことで、とある4月の週末に、行って来ましたロータスツー、です。

実は、それがこの間のトトロツーの翌日だったのですね。
えぇ、2日連続で遊ぶので、おうちの用事を済ませるための早帰りだった次第です。テヘ。


さて、ツーリング当日。
雨模様の中、朝も開け初めの午前六時、待ち合わせ時間に遅れぬため押っ取り刀で待ち合わせ場所に行ってみると、なんとパトカーが二台停まってる!

えっ!コジコジさん捕まっちゃった!?

それとも、こんな時間に犯罪か!?
ふと蘇る空き巣に入られた苦い思い出・・・・・。

色々と憶測しながらしばらくポリスメーンを睨んでいると、パンダグルマの向こうに黄色いロータスが。
てっきり曲がってくるかと思ったらそのまま素通りして行っちゃった・・・。ありー??

『ウムウム分かる分かる。見つかったらマズイですからね~』などと勝手に事情を斟酌していると、コジコジさんから電話連絡が。
道を間違ってしまい集合場所が分からないとのこと。なーんだ。


数分後、無事に合流。
中央道に乗るため、一番近い調布ICに向かいます。
つっても1時間。結構遠いですけどね(爆)!

まずは無事をお祝いし、コジコジさんのおごりでコーヒーで乾杯!
あざーっす。

001_20130621193852.jpg


雨の中央フリーウェイを疾走し、

002_20130621193847.jpg


集合場所の談合坂SAには40分前に到着。

003_20130621193848.jpg


既に何台かのロータスが集まってますね。
 

カフェテリアでミーティングをし、次の目的地もちやドライブインへ出発。

河口湖ICで高速を離れ、国道139号を 使ってもちやドライブインに到着。

004_20130621193849.jpg


本来であればもっと富士山よりのうねうね道で行くはずでしたが、先日の雪で危険が危ないってことで安全コースに変更。残念!
ここのドライブインでは、寒空のもと1時間程休憩。

005_20130621193850.jpg


いや~寒かったァ・・・。

お次の目的地、御殿場高原ビールへ向かいます。

ここで先導車が道を間違えて高速にON。
エスプリが水を得た魚のように走りだす、走りだす(笑)。

それでも無事に皆さん集合できたのは、車だからかメンバー故か。
皆さん、レディース&ジェントルメンでした。

006_20130621194415.jpg



その後、御殿場高原ビール内にあるバイキングレストラン「麦畑」のバイキングでランチタイム。

007_20130621194417.jpg


久々にお腹いっぱい食べました。
 
食中食後に歓談し、駐車場で全員の集合写真を撮って解散となりますた。

009.jpg


帰路は、裾野ICから東名でしたが、空いてて実に快適ドライブ。
いやぁー、渋滞がないと御殿場ってほんとに近いですね!

雨に寒さにと結構厳しい条件でしたが、 無事に開催されるのは自動車の特権?
車もいいなぁ~、などと考えるツーリングでした。
特に、ずらっと連なったロータスは感動もので、私も一台欲しくなりました 。
コジコジさん、半額!売価の半額でどうですか(笑)!?

それはさておき・・・

本日はお誘いいただきありがとうございました。
また、よろしくお願いいたしま~す。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年12月06日(木) 記事No.147
先週末。

世間が新橋での忘年会で浮かれている頃、自分は新潟でまったりとした時間を過ごしておりました。

行ってきたのは越後大湯温泉にある友屋ホテル(http://www.tomoyahotel.com/)です。

こちらのホテル。
雑誌「自遊人」の運営するサイトにおいて選ばれた雪国A級グルメ(http://www.jiyujin.co.jp/yukiguni/)の二つ星旅館なのです。


当日。

ゆっくりと起きだして出発したのは朝の10時前。

さすが平日。
こんな時間でも関越道には渋滞のじの字も見られません。


順調に進めたので、お昼は前橋でいただくことに。

やって来たのはこちら、ばりきやです。

ばりきや


群馬でいただく博多ラーメンとは、これいかに?

注文したのは、トロトロの肉入りバリコテ麺と、

肉入りバリコテ麺


ニンニク抜きの玉ねぎ餃子、博多一口餃子。

博多一口餃子


旨し!



お腹がいっぱいになったところで、関越道に乗って北上再開。

道中、南魚沼市の目黒米店から減農薬・従来コシヒカリの新米を実家へ発送したり、

目黒米店


同じく南魚沼市の八海山泉ビレッジで

八海山泉ヴィレッジ


新潟のお酒類をたんまり購入したりしながら、

収穫20121201


ホテルへと向かいます。


いかにも!な少し?さびれた感じの大湯温泉街を通り抜けて辿り着いた友屋ホテルは、

・・・えっ、やってるの?
と、一瞬ドキッとするようなさびれた外観ですた・・・。


が、中はびっくり、実にモダンできれいな館内でした。


ロビーにはバースペースがあり、

バースペース


露天風呂の前にはライブラリー、

ライブラリー20121130


部屋の窓からは佐梨川の流れが眺められ、

景色20121130


和室におかれたコタツがまったりタイムを演出。

オコタ20121130


雪国で温泉にコタツ・・・最強タッグ?(笑)


何はともあれ露天風呂に浸かってドライブの疲れを取り、

露天20121130


ライブラリにある漫画を読んでいると、あっという間に夕食ターイム!


本日の夕食メニューは、

カシスの食前酒、スモークサーモン、舞茸の鍋、ノッペイ汁、煮物、サンマとアオリイカの刺身、岩魚とサツマイモ、ウニ餅、海老とセリの酢の物、スズキのソテー
ご飯、湯葉の味噌汁、ミントのシャーベット

と地元食材を使った美味しいものが盛りだくさん。
もう、天国?

どれも美味しかったのですが、中でも特に美味しかったのが、
新潟名物のっぺい汁と、

のっぺい汁


塊で味が濃厚なスモークサーモンと、

スモークサーモン


餅とウニの取り合わせが絶妙なウニ餅、

ウニ餅


そして、何といってもご当地コシヒカリのご飯です。

ご飯


お腹いっぱいになった後、内風呂に入ったらあっという間に寝ちゃいました。


翌朝は、何と雪!

豪華朝ごはんに舌鼓を打ちはしましたが、

朝食20121201


さらに雪は降るとのことなので、余韻を味わう間も惜しんで東京に戻ることに。

小出ICから関越に乗ったのですが、六日町ICを過ぎるころには積雪が増えてきて遂にはチェーン規制・・・。

雪の関越


塩沢石内SAでチェーンを装着し、

塩沢石内SA


ゆっくりと走行車線を走りだすのですが、スタッドレス装着車の速いこと速いこと。
制限速度で走っているこちらの方が超怖~っ。


皆さ~ん。

スタッドレスだって、滑るときは滑るんですよ~。
その上、一般的には、夏タイヤよりもハイドロが起こり易いんですよ~。
さらには、これくらいの雪なら夏タイヤよりも制動距離が長くなり易いし~。

気をつけなはれやっ!

なーんて言ってたら、あっという間に東京に着きました。


温泉に入って、美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲む。
そんな大人な休日でした。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  新潟っていいね!ってあなた。ここで新潟の人(偶に大間の人が混ざってますwww)のブログをチェック!
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 

2012年11月22日(木) 記事No.144


さて、青空を屋根に、快適なワインディングを駆け抜け、やってきました本日のメイン・サーキットの狼ミュージアム!

狼ミュージアム


心なしか軽やかな足取りのコジコジさんと共にいざ館内へ。

館内には、言わずと知れたスーパーカーの数々が。


どんな車が飾ってあるのかは、前記事にリンクを貼ったLightwaverさんなど別の方々のブログを見ていただければきれいな写真と共に確認できますので、私は少し違った視点からご紹介したいと思います。はい。


題して『もしもスーパーカーを運転したら』です。


まぁ名称から容易にご想像できるかと思いますが、要は運転席の頭位の位置から前方の写真を撮ったってだけですね。
所有など夢のまた夢なので、せめて、「乗った気になろう!」という趣向です。(笑)


まずは、フロントノーズの峰が雄々しいロータスヨーロッパから。

ロータス


さぁ、この車を所有したと思って下さ~い。

いーですかぁ?

運転席に座ったあなたの目の前には、こーんな視界が開けているのです!
それ!

ロータス社内

・・・あれ?
いまいち感動できませんね・・・。

かすかに白い峰が見えるかどうか。

iPhoneでは、視野角といい明るさといいやはり力不足は否めない?
とはいえ、これしか写真がないのですから、強引に先に進みましょー!


お次は官能的なボディのフェラーリディノ246GT。

ディノ


こちらがディノのドライバー視点。

ディノ車内


明確に両サイドの官能的な峰が見えますね。

ディノの特徴である肩のラインも載せておきましょうか。

ディノ肩

いい形だあ。


そして、未来的な形で多くの子供の度肝を抜いたランボルギーニクンタッチ・・・の写真は無いので、タイヤで代役を・・・。

クンタッチタイヤ


これがクンタッチのドライバー視点。

クンタッチ車内


外側同様カクカクしてますね。


クンタッチのイッコ上の先輩、ランボルギーニミウラにもご登場願いましょう。

ミウラまつ毛


会長?が前後のカウルを開けてくれました。アーザーッス。

ミウラはこのまつ毛が特徴的ですよね。

ミウラ


そして、私の大好きなトヨタ2000GTの登場です!

2000GTオープン

なだらかなラインが美しい・・・。
おまけにオープンとは・・・、これまた素晴らしい。


そのドライバー視点がこちら。

2000GT車内

古典的スポーツカーらしいロングノーズが美しい・・・・・??

何か、開けたボンネットが見えていますね・・・。


・・・・・えーと、
手元に見えるのが美しい木製のダッシュボードです。
ヤマハ製だそうで、うーん、かなりいい!

エンジンルームを見てみると、オイルキャップには誇らしげにトヨタの文字が。

2000GTオイルキャップ

・・・・・・・・。


さて、お次の車は何でしょう?
まずはドライバー視点の写真から。

360車内


なんだかシンプルですねぇ。何の車でしょう?

答えはこちら!


360


スバル360です。
何故ここに・・・・?www


そして、次にご紹介するのが、ラリーで大活躍した車で、これも私の好きなランチアストラトス。

ストラトス


ドライバー視点はこんな感じです。

ストラトス車内


これまでの車と違って、視界が広いですねぇ。
何か、外が近い感じです。


ストラトスと言えばそのドアポケットにも言及しなくてはいけません。
ヘルメットがおけると噂のポケットです。

ストラトスドア

確かに広い。
猫がマルっとなれそうです。


ドアポケットには乗込み禁止とありますが、会長さん?から許可をいただいたのでドライバー席に座ってみました。
あーざーっす! 明るくて実に快適ですねぇ。


ただ、足元は狭い狭い。

ストラトス足元

こんな感じで、足がこんがらがりそう。
さながら、「優雅に泳ぐ白鳥も水面下では激しく足を動かしている」って感じでしょうか・・・。(笑)

そういえば、巨人の星もこの時代の作品でしたねぇ。
なんか感慨深いっス。


2000GTに続いて、日本からもう一台。
マツダコスモスポーツを。

コスモ


世界初の量産ロータリーエンジン搭載車だったんですよね。

そのドライバー視点がこちら。

コスモ車内

ナルディのステアリングがかっこいいですね!


そうそう、新しいのも見ておきましょうか。
会長?が「今朝、東京から走ってきたばかり」(笑)と仰っていたベンツSLSです。

SLS

これもサービスでボンネットが開いております。


そのドライバー視点はこちら。

SLS車内

長~い鼻なのがよくわかりますね。

でも、安全のためでしょうか?
車内に深くもぐりこむ感じがしました。


と思ったら、もぐりこんでいる人がいます!

SLS乗り込み


舐めまわすように車内を見ていましたね、コジコジさん!!
お次はこの車?


新しいのをご紹介したら、古いのも行かなくちゃいけませんね。

まずは、現在の自動車産業を作ったといっても過言ではない、T型フォードのドライバー視点から。

T型車内


う~ん、高さが違いますね。
横に線が入っているのも斬新です。


次に、古典スポーツカー・モーガン(?)SLK(??)のドライバー視点です。

モーガン車内


鼻が長~い!


最後は一時代を築いたアレにご出演願いましょう!

ジャジャン!!


スーパーカー消しゴム

スーパーカー消しゴムです。


いやぁ、お昼休みとか、教室いっぱいを使って皆でレースをしたな~。

廊下を使って『公道グランプリ』とか開催したのが懐かしい・・・・。
思い出は尽きないっすよお。


いやぁ、堪能しました~。
たっぷり1時間はいましたね。
もう、満足しまくりですヨ。


と、さすがにそろそろ戻るとしましょうか。

この後は、道の駅いたこでひとまずお休みを。

道の駅いたこ20121118


スーパーカーで興奮した気持ちを落ち着けなくっちゃ。(笑)


ここで、エリーゼの車高の低さを再認識。

アウディとエリーゼ


左端の車と比べていただければ分かる通りアウディTTも車高は低い方(ポルシェ911+4cm)なのですが、エリーゼはそれよりもさらにずっと低い(-22cm!!)のです。
ホンダビートよりも4cmも低いなんて・・・。


結構驚いたところで、圏央道に乗ってチーバ県に戻るとしましょう。

それにしても、この辺に来たのは年初以来です。
助手席に座りながらも、ちょっと緊張していたのは内緒の話。
おっさんになって少し臆病になったかな・・・。


そうそう、エリーゼのドライバー視点はこんな感じです。

エリーゼ車内


黄色の峰がいい感じっす。


帰り道では、軽量を活かした怒涛の加速とダイレクトなハンドリングとを楽しみながら、最後のひと時を楽しみました。

普通の道を走る限り、エリーゼの乗り心地は結構いいです。
おかげで、帰りの高速で落ちそうになったとかならなかったとか・・・・。(爆)


無事、コジコジ邸に着いたところで、コジコジさんからお土産が。

コジコジさんおみやげ


お野菜いっぱいと柿と焼き芋です。
あーざーっす!


買っていったパテや初夢と共に、その晩、早速いただきました。
が、当日は、魚兵効果が続いていたので、簡単ご飯をリクエスト。

夜食20121118


大きな焼き芋が甘くてとっても美味しかったです。
でも大き過ぎて結構残ってしまいましたので、スープにして後日またいただきました。

旨し!


そうそう初夢の感想ですが、

初夢

茄子の面影が残っているのは形だけでして、何と言うんでしょう?黒糖の和菓子をいただいている感じで、私的には美味しかったです。
季節のお菓子として、また次も買おうかな、と。


コジコジさん、
エリーゼドライブ楽しかったです。

また、色々とお土産もありがとうございました。
どれも美味しくて、いただいたものは既に完食いたしましたよ。
夫婦そろって感謝です。

今後とも、バイク・車の両方でよろしくお願い致します!


イギリス万歳!世界を統べよ!!・・・・ってか?


しかし、アレいいですねぇ~。
諸般の事情により買えませんが、とっても欲しくなっちゃったっス・・・・。





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  自分も子供のころに戻ったよ!ってアナタ! こちらでさらに若返りましょー!!
にほんブログ村




ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2012年11月20日(火) 記事No.143
ある日、OBSCのコジコジさんから一通のメールをいただきました。
曰く、「ドライブに行こう」と。

『おや、車ですか?』と思いつつ・・・、
コジコジさんの車にとっても興味があったので、一も二もなく行くことに。


そして、後日届いた旅程表に興味度アーップ!

そう、夢の博物館こと、あの『サーキットの狼ミュージアム』が目的地なのです!!


ということで、やってきました某チーバ犬の某市。
外環道を使えば、うちからは約1時間の距離です。

例によって道に迷ったりしながらも、無事に時間ぴったりに到着!
(ぴったりかいっ!って突っ込みは無しの方向で・・・)

コジコジさんとの挨拶もそこそこに、早速出発!


河沿い

晴天の朝のさわやかな空気の中、快適な河沿いの道を駆け抜けます。


と、あまりに快適に進んだので、早く着き過ぎちゃいそう・・・。
しばし炭酸でも飲んで時間調整することに。

やってきたのは道の駅水の郷佐原。


ここで、改めまして本日のお車をば。

ジャン!

道の駅佐原20121118

コジコジ号こと、ロータスエリーゼCRです。

サフランイエローが目立って格好いいですね。
青い空とのカラーバランスが最高です。


が、残念ながらお目当ての醤油サイダーはありませんでしたので、小休憩の後早々に再出発することに。


やってきたのは水郷のとりやさんこと須田本店。


須田本店

このお店でコジコジさんお勧めの自家製レバーのパテを購入。

ここで、ついつい店内で食せる親子丼や焼き鳥丼に目が行きっぱなしに。
思わず『何かいただいていこうか・・・・』とも思ったのですが、このすぐ後に早お昼が控えており、なんとか我慢することに。


我慢しながら次のお店に移動です。

次のお店には、わずか5分で到着~。


そこは・・・・・。

そう、ブログ村でお馴染の魚兵食堂です。
実は、初来店なんですよね~。


まだ開店前に到着したのですが、10分前になってもシャッターは閉まってます。
お休みかな?

と、5分前になってようやく開店準備開始。


魚兵開店前

営業中のサインが出たところで、いよいよお店に進入です!

さーて、何を選ぼうかな・・・?


ニャ「この一品の魚って、どんな魚を使っているんですか?」

との問いに、

店主「何って言われても困るんですが・・・。」

との回答をいただいた賄い丼に甚く興味を惹かれましたが、このお店に来たらまずはこれしかないでしょう!


魚兵海鮮丼

ということで海鮮丼(1600円)with 酢飯です。
当然、普通盛り。(笑)

旨し! 来たかいがあったぁ~。


さて、お腹が膨れたところで、いよいよメインに移動か?と思ったところ、もう一ヶ所寄り道を。


魚兵珈琲

コジコジさんからいただいたコーヒーを飲みつつ(あーざーっす)、快適な田舎道を通って向かった先はこちら。


阪本総本店

坂本総本店です。
登録有形文化財指定の店構えが趣深いですね。


ここで購入するのは、匝瑳市名物の初夢です。


初夢

なんじゃこりゃって感じですか?


実は、茄子の砂糖漬けなんです。


何でも、江戸時代にこのあたりでよく取れた茄子を、当時高級品であった砂糖を大量に使ってお菓子に仕立てた贅沢品だとか。
砂糖蜜で8回煮た後また蜜に漬けておき、注文に応じて砂糖をまぶして作るそうです。
まぶしてある砂糖を落としてから食べるとちょうどよいとか。

基本贈答品らしく、一番小さい箱でも10個入りからしか売ってません!

高い・・・。

しかし、季節もので贈答品とくれば高いのは当たり前。
ここは買っとくしかないでしょー。


たっぷりとお土産も買ったことですし、お次は、いよいよサーキットの狼ミュージアム!

空は青々とまったくの快晴。


お天気もよいことですし、ここはオープンで走るしかない!!

・・・ってことで、いそいそと準備を始めるコジコジさん。(笑)


屋根を取る狼

軽量が売りのエリーゼですから、電動トップなんて付いてないんですねぇ~。
サイドの留め金をガコッと外して、屋根をくるくるっと巻いてできあがりぃ。


オープンエリーゼ

うーん、爽快っ!


オープンカーは、やっぱオープンじゃないと!!

車のためにもそれが一番。

まさに、エリーゼのために!!!


と、気持ちよくなったところで、続きはまた次回。


あれ?ミュージアムに着かないの?ってあなた、一足お先にこちらをどーぞ! → LightwaverさんのHP

すいません Lightwaverさん、お借りしま~す!(汗)



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ついでにこちらもドーゾ!にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(8) |  記事を編集 | 

2012年08月02日(木) 記事No.116
この週末は新潟に遠征することが決まっています。

で、その前にちょっと視察に行ってきましたので、ご報告。


今回は車で行って来ました。
行きの関越は結構混んでいて、東松山まで一般道で行ってみました。
ちょっと疲れましたかね。



新潟1

新潟に入ってからは美しい田園風景が続きます。
さすが米どころ!



新潟2

行きがけに馬運車に遭遇。
これは運命!?(謎)



新潟3

そうしてやってきたこちらの建物はなんでしょう??



新潟4

建物の中にはこのようなポスターが・・・。


もうお分かりですね!


新潟5

そう、新潟競馬場です。
ご縁があって、こちらの指定席にやってまいりました。



新潟6

とりあえず売店でお昼を購入。
まずは栄養を付けないと脳味噌をフル回転できませんからね!



新潟7

お腹が落ち着きましたので、さぁ、活動開始です。

まずはパドック(下見所)で本日のお馬さんの状態をチェック!



新潟8

開催日だというのに意外に空いていて、こんな真ん前でお馬さんを見れます。

目の輝きに注意しながら本日のお馬さんの調子をチェック。
縦の比較ができるとベストなのですが、久々の競馬なのでそこまではできません。



新潟9

パドックが終われば馬場に回り、返し馬(直前の準備運動)のチェックです。

息遣いに足の運び、それに、何より騎手とのコンビネーションをよーく観察。
さて、どの馬の調子がよさそうかな??



新潟 券売機

直前の勢いやコース・距離特性など考慮しながらこれまでの成績を分析し、お馬さんの本日の調子など参考にしながら買い目を決めて、いざ、馬券を購入です。



新潟10

ゴールの真ん前に陣取り、勝負の行方に目を凝らします。

馬券を握りしめる手には汗・・・・。
暑いからだけじゃないのです。



新潟11

残念ながら、先程のレースは外れでした。

とても暑かったので、ここらで地域貢献。
意外にも濃厚なお味ににんまり。

これで、随分とほてってしまった頭を冷やせました。



新潟12

そのおかげか、本日のメインレースは、席に着いて落ち着きながら観戦です。



新潟13

こちらの席はターフビジョンの真ん前なので、表彰式も目の前(下?)で見ることができます。

優勝おめでとうございます!!

さて、私の方はどうなんでしょう???



新潟14

はい、小当たりです。

いつものように、中穴の馬の複勝が当たりました。
これで今回の旅費を回収できました。

良かった良かった。



気分がよくなったところで、本日の夕食処&宿泊地に向かいましょう。

それがこちら。


新潟15

欅苑です。(HP



明治三年建設のこちらの古民家の中には、色々と趣深いものが。


新潟16

例えば、昔の電話だったり。


新潟17

あるいは、薬箪笥だったり。



個室に通されて、気分が盛り上がってまいりました。


ここからは、出てきたものを連続でご覧ください。


新潟18

前菜から旬の物が続きます。
右下の根曲がり竹も美味しかったですが、その上のジュンサイが大きくて美味しかったです。



新潟19

右下の自然薯の海苔巻きは面白い食感。
左下の自家製がんもどきは具も多くてたまりません。



新潟20

そうそう。

食事のお供は、地元のお酒・八海山のお冷。
うまうま~。



新潟21

なんとこの鮎、一匹一匹地元で友釣りしたものだそうです。
頭からかぶりついたところ、ワタの甘さにビックリ。



新潟22

そして出てきたのっぺい汁は、夏らしく冷やし汁です。
うん、さっぱり。



新潟23

締めは枝豆ご飯と茄子のお味噌汁。
漬物もよく漬かっています。

美味しっす!



新潟24

デザートは、黒蜜の寒天。
さっぱりとした甘さが美味しかった料理をうまくまとめてくれました。

うーん、満足。



満足して別棟にある宿泊部屋に戻ると、あっという間に寝てしまいました。


新潟25


朝起きて、朝ご飯のためにまたあの古民家に向かうと、カエル君がお出迎え。


新潟26


朝ご飯はオーソドックスな内容ながら、さすが新潟のご飯は美味しかったです。
朝からお替わりしちゃいましたよ。



宿を後にして訪ねて来たのはこちら。


新潟27

お米の直売店・目黒農園です。

こちらでは、減農薬・有機肥料栽培の、なんと従来コシヒカリを売っているのです。
珍しいですねぇ~。

もちろん自分の家だけでなく、知り合いにもお米を買ってお送りしました。
食べるのが楽しみぃ~。



他にも自分達へのお土産を買いました。


新潟29

こちらのお菓子は、昨日の夕ご飯の前に出たものです。
素朴な味がおいしかったので、お土産に買っちゃいました。



新潟28

そして、こちらは八海山・・・の大吟醸!
地元だけに、やはり最高のものをと思いまして・・・。

飲んでみたところ、雑味がなくてチョー美味しいー!!!


さて、土曜日は再び新潟だ!!
今から楽しみ~。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  新潟は美味しそう ってアナタ、こちらでもっと楽しい新潟が見つかります。 
にほんブログ村

ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(16) |  記事を編集 | 

2012年06月10日(日) 記事No.97
昨日は、ラークさん・Lightwaverさんと岩牡蠣をチュるっと行く予定でしたが、あいにくの雨模様。
仕方がないので、GoProの映像を眺めたり、昔の写真などを見て過ごしていました。

と、記事にしようと思っていて忘れていた写真達を発掘。
改めて、ここに記事にしてみました。



ちょっと前(5月始め)のお話です。


四ヶ月ぶりのバイク復帰を目前に、会社を半休して、手術を受けた病院で肩の診察をしてもらいました。

診断結果は良好で、バイクに乗ってもいいよと、お医者さんからGoサイン。


ウキウキ気分で家に帰り、これも早帰りしていた相方と待ち合わせ、以前から行きたかった場所に向かうことに。


・・・・・いえいえ、いきなりバイクには乗りませんよ。
車に乗ってのお出かけです。


途中小腹が空いたので、蓮田SAに停まって点心バーガーをいただくことに。

点心バーガー

もちもちの生地がふかふかで美味しいですね。


ふと横を見ると『さくらソフト』の六文字が。
ちょっと早いですが、本日の地域貢献とまいりましょうか。

さくらソフト

こちらのソフト、香りだけでなくきっちりとさくら(もち)の味がします。
意外な美味しさに、幸先の良いスタートとにっこり。


その後、再び車に乗って北上し、着いたところはこちら。

あしかがフラワーパーク

花の芸術村 あしかがフラワーパークです。


そう、こちらで旬のふじのはなを楽しもうって魂胆です。


ここから先は、文字よりも写真でお楽しみください。
えっ、いつも写真がいまいち?

はっはっは。そこはそれ、iPhoneですからね。


まぁ、お楽しみあれ!

ふじ1

白藤のトンネル


ふじ2

白藤の滝


ふじ3

野田の九尺藤(大藤)その1


ふじ4

野田の九尺藤(大藤)その2


ふじ5

野田の九尺藤(大藤)その3


ふじ6

きばな藤のトンネル


ふじ7

マロニエ前の藤


ふじ8

八重黒龍(八重藤)


ふじ9

白藤の滝(夜景)


ふじ10

大長藤 その1


ふじ11

大長藤 その2



そうそう、美味しそうだったので、栃乙女ソフトもイッテおきました。
本日二本目の地域貢献ですね。

栃乙女ソフト



たっぷりとふじを楽しんだ後は、ゆっくりと車を運転して帰宅しました。

来年も是非来たいなぁ~。





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  夜のふじって神秘的だよね~ってあなた!今日もポチっとありがとうございます。 
にほんブログ村

ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(22) |  記事を編集 | 

2012年04月20日(金) 記事No.87
先週の週末、所要があって三重の実家に帰っていたのですが、帰京の折、開設間もない新東名を走ってきましたので、プチインプレをレポートします。


伊勢湾岸道路から旧東名に入ってしばらく走ると、やってきました新東名の西の端、三ヶ日JCT。

ひときわ巨大な案内板に従い、左に伸びていく進入路から新東名に入ります。

当初こそ大きくカーブが曲がっていますが、しばらく行くとまーっすぐでゆるやかな坂がだらだらと続きます。
でも、勾配がきつくないからでしょうか、加速の落ち方は大したことないですね。


道は、ところどころ三車線になりますが、基本片道二車線です。
そのため、追い越し車線に遅いトラックが出てきて危ないことも何度かありました。

これは事前に予想できるのですから、安全のためには最初から全線で三車線用意して欲しかったところです。
もともとは片側三車線で設計されていたものを、JH(日本道路公団)の民営化に伴い二車線になったのだとか。
なかなか難しいものですね。


それはさておき、三ヶ日JCTを離れ、しばらく走るとトンネルが。

新東名トンネル

トンネルは、夜中だというのにほどよく明るいです。
というか、見やすい?

路面が光り過ぎない上、前を走る車がよく見えるので走り易いです。
上後方から光を当てているそうで、眼にまぶしくないのが優しいですね。


まぶしくないと言うと、高速を走っていても全然まぶしくありません。

それもそのはず、街路灯が全然無いんです。

それでいて、路面ははっきりと見える不思議。
路面が黒いから見易いのか、はたまた、うちの車のライトが明るいのか・・・・・・。


しかーし、しかし。
カーブの曲率が大きいからでしょうか?JCTだけは無茶苦茶明るいです。

目に優しいLED証明だと思いますが、直前まで真っ暗の中を走ってきただけに、まぶしくて仕方ありませんでした。



そうこうするうちに、最初のSA、浜松SAに到着。

楽器の街「浜松」にふさわしくピアノをイメージした外観デザインだそうです。
・・・が、真夜中なので、建物の外観がわからず残念。


言われてみれば、建物内に入っても音楽モチーフがあちこちに。

キッズコーナーの音符に、

浜松SAキッズコーナー


フードコートの床や柱にピアノ柄。

浜松SA売店


そして、ピアノが置いてあり、ミニライブができそうなミュージックスポットもあります。

浜松SAミュージックスポット



おトイレの入り口もポップな感じが好ましいですね。

浜松SAトイレ



浜松SAを出た後、新東名の東の出口付近でもう一つのSA、駿河沼津SAに寄りました。

こちらのSAは、新東名で唯一の海の見えるSAです。

そのためか、新東名オープン初日には、このSAに入るだけで二時間待ちが発生したとか。
これも、暗闇のためしかとは確認できませんでしたが、夜目にも海の広がりが感じられ(た気がし)ました。


こちらのSAは、海の近くということかリゾート感を演出しているとのこと。
確かに、二階建ての建物は、ディズニーちっく・・・。


そして、おトイレの入り口も、心なしかリゾートホテル風?

沼津SAトイレ廊下


おトイレ自体もそこはかとなくラグジャリー?

沼津SAトイレ


また、こちらには、新東名開通前のプロモーションに使われたデモカー「アバルト500Cアランチア」が置いてあります。

沼津SAフィアット


さらには、このモデルをベースとした新東名開通記念限定オリジナルプラモデルが、東名・新東名のSA・PAとNEXCO中日本のオンラインモールにて販売されてるそうです。ちなみに、製造は地元静岡のフジミ模型で、1/24サイズで価格が3,200円(税込)とか。

沼津SAフィアット2

いかがでしょう?ななパパさん??


以上、簡単に新東名を走った感想と、今回立寄った二つのSAについてレポートしました。



他にも、上り路線で、実に見事な富士山が拝めるとか、各SA・PA毎にテーマが違って楽しめるとか、まだまだ訪れる楽しみがある新東名。

次は、バイクで行きたいっす!!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  新東名に行ってみた~いというあなた!ポチっとお願いしますです。 
にほんブログ村

ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(18) |  記事を編集 | 

2012年04月09日(月) 記事No.84

先日のいとじんさんの記事に触発され、桜と菜の花のコラボレーションを見に、この週末、埼玉県は日高市の巾着田に行ってきました。


来週の菜の花祭りを前に、既に菜の花が咲き誇っています!

巾着田 菜の花


もちろん桜も満開!

寂しい巾着田

・・・・・・満開?


とても残念なことに、桜はまだまだ蕾でした・・・。

巾着田 桜の蕾

そして、菜の花も割とスカスカ・・・。


先週はまだ気温が低かったからでしょうか?
はたまた、菜の花祭りを前に、人為的に開花時期をコントロールしているのでしょうか?


こんなこともあろうかと覚悟はしておりましたが、ちょっぴりは期待していたので残念。

とはいえ、せっかく来たのですから、できるだけ楽しんで帰りましょう!



こちらの巾着田。
高麗川(こまがわ)が蛇行して出来た土地で、形が巾着に似ているのでこの名がついたとか。
曼珠沙華(彼岸花)の群生地として有名で、年間訪問数の半数近くが曼珠沙華の開花時期に集中しているそうな。


巾着の形に似ているそうですが、現地に行くとほとんどわかりません。
でも、川に沿って歩いていると元の場所が見えてくるので、やはり巾着の形をしているのでしょうね。
(当たり前☆



桜も菜の花もまだですが、梅は咲いています。

巾着田 梅

でも、数が少ないので、にんともかんとも・・・。


秋の華である曼珠沙華は、・・・・・当然、枯れて(?)います。

巾着田 枯れた彼岸花



まぁそれでも、ベンチに座って持ってきたサンドイッチなどほおばっていると、気持ちもアゲポヨ?

巾着田 お昼


デザート代わりのお菓子も何気においしく。

巾着田 おやつ



川に手を浸したり、

巾着田 川


馬をなでたり、

巾着田 馬


水車を眺めたり、

巾着田 水車小屋


不思議な名前の木を愛でたりしていたら、なんだか、楽しくなっていましたとサ!

巾着田 アブラチャン



ウキウキした気持ちで巾着田を後にして、やってきました地域の農産物直売所。

アグレッシュ日高中央


ここで、お野菜とともに本デザートのマロンアイスをぱくり。

アグレッシュ日高中央 マロンアイス

地元産だという栗の味がしてGood!


とはいえ、何か物足らない気がして、遠回りして近所の公園で少し桜を眺めてしまいました。

H公園 桜と青空


今週は暖かいですから、きっと、桜は見ごろになりますね。


皆さん。
お花見楽しんでくださいね~。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  桜と菜の花が見たいヨ~というあなた!ポチっとお願いします~。 
にほんブログ村

ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(16) |  記事を編集 | 

2012年01月07日(土) 記事No.73
さて、日が変わった本日は、いよいよ晴明神社にお礼参りに出かける日である。

ゆっくりと朝ごはんを食べ、さぁ出かけよう!
・・・と、ホテルを出がけにふと横を見てみると、ロビーに牛車がディスプレイ。

牛車

うーん、京都。


晴明神社へはバスで移動。ホテル近くの停留所を出発して、十分ほどで神社に到着しました。

堀川通りに面した一の鳥居には、五芒星として有名な桔梗印の額が掛っています。

SJ一の鳥居

珍しいですよね。

この神社、亡くなった安倍晴明の偉業を讃えて、1007年に時の天皇が一条戻り橋近くにあった彼の屋敷跡に建てたものだそうです。

一条ということは平安京の一番北にあった通りですから、一条戻り橋は洛中と洛外を分ける橋、つまり、この世とあの世を分ける端(境界)にお屋敷があったということでしょうか?さすが、都一番の陰陽師らしいですね。
・・・などと、我ながらもっともらしい理由を付けましたが、お屋敷は別の場所にあったとの研究もあり、さて、事実はいかがでしょう?

その戻り橋が、神社の境内に再現(?)されています。

一条戻り橋

橋のたもとに座っているのは、晴明が使役した式神だそうです。


まずは手水舎で身体をお清めし、本殿に行ってお礼を申し上げます。

SJ本殿

そう、こちらの神社には拝殿がなく、直接本殿にお参りするのです。
厄除け祈願もこちらの本殿でお受けしました。


丁寧にお礼参りを済ませた後は、ただの観光客として境内を散策します。

本殿の脇にある厄除桃に厄と禍々しいものを撫で付け、晴明公の像からパワーをいただき、御神木に抱きついて大地と一体になってきました。

SJ晴明公像

昔は、あからさまな観光行為は何故か恥ずかしかったのですが、OBSCでツーリングをしていると、観光が普通になってきまして。
今では、立派なザ・観光客へと成長いたしました。(笑)
・・・歳のせい?


その他、手水舎の横に、晴明公が念力で水を得たという晴明井が。

SJ晴明井

北斗七星が井戸に向いているのは、井戸には反閇で近づけということか、あるいは、神事に反閇を行うためでしょうか?
謎が一杯の晴明神社でした。


さて、篤くお礼申し上げた後は、観光と食が待っています。


再びバスに乗り、河原町へと移動。
時は11時過ぎ。ランチの時間ですね。


ここで、相方のリクエスト通りに、美味しいコーヒーの飲める店スマートコーヒーさんへお邪魔します。

SC店内

さすが有名店、混んでいて並ばないと入れません。
入口のすぐ横にはロースターがあり、店のオヤジさんが引切り無しにコーヒーを焙煎しています。

PROVAT

使っているのは、ロースターのベンツ(笑)と言われている(らしい)ドイツPROBAT社のロースターです。

しばらく並んだ後、店内に落ち着けました。

ランチにいただいたのは、ホットケーキとオリジナルブレンドコーヒーです。
さすが高級ロースター、酸味があるけど酸っぱすぎない、コクはあるけど苦すぎない、絶妙な味のコーヒーでした。

SCコーヒー

いかにも京都人が作りそうな、突出したところのない丸い感じといえば伝わるでしょうか?

・・・えっ、伝わらない?まぁ、流しておいてください・・・。

あ、ホットケーキは、正統派、極めて普通のホットケーキでしたね。なんか、洋食屋のシチューみたいな懐かしい味です。

SCホットケーキ


お昼がこんだけで大丈夫?と感じたあなた、新年早々鋭いです!
この後デザートを食べるので、セーブしたんです。


しばし河原町界隈を徘徊した後、河原町通りを南に下って、美味しいお漬物を売っている村上重さんに移動。

村上重

ここも人気店ですが、ちょうど人の波が引いたところだったらしく、並ぶこともなく千枚漬とピリ辛茄を買えました。
こちらの千枚漬には、結構しっかりと昆布が入っているのが特徴です。おいしーですよぉ。


その後、さらに南に下り、甘味処の弥次㐂多さんへIN。

弥二喜多

ボリュームたっぷりの粟しるこをいただくことに。

YK粟しるこ1

こちらの粟しるこ、しることいいながら、汁は全然ありません。

YK粟しるこ2

もちもちの粟の山に、濃厚な餡子がのっかっているだけ。

おいしいけれど、ボリューム多過ぎる・・・。
でも、ランチを軽くしたおかげで、ぎりぎり乗りきれました。ふぅ~。


重いお腹を抱えながら、大混雑の錦市場を散策。

・・・の前に、錦天満宮にお参りを。

錦天満宮

こちらの神牛の頭を触ってから自分の頭を触ると知恵を授かるそうなので、さっそく撫でてみる。

NT神牛

・・・うん。授かった気がする。

当然お参りもしておきました。

そうそう、こちらの鳥居。何か、両側のビルが近いと思いません?

NT鳥居1

実は、端っこがビルにめり込んでいるのです!

NT鳥居2

写真がうまく撮れてなかったのでアレですが、なかなかないことなので、京都に行かれた方は一度ご覧になってください。
知恵を授かる特典付きです!
ちなみに、端っこは両隣のビルの室内に突き出していると聞いたことがありますが、ホンマ?


その後、混みまくっている錦市場でおしくらまんじゅうをしてたらお腹が空いてきました。

錦市場

そこで、予約していた富小路春隆さんで夕食を。
とてもおいしかったのですが、写真を撮るのを忘れたので、割愛。


翌日、東寺を観光し、再度錦市場を散策してから、京都のお雑煮をいただいて実家に向かいました。

東寺五重塔

京お雑煮


わずか二日間しかいなかったのですが、やっぱり京都は楽しいですね!
梅の季節にでも、また、是非とも訪れたいですねぇ~。




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ   さぁ、ポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  追加しました。 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村





ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(7) |  記事を編集 | 

2012年01月04日(水) 記事No.72

昨年末、何とか厄を抜けることができたようですので、厄除祈願のお礼参りに京都は晴明神社へと行って参りました。

今回は三重県の実家への帰省も兼ねていますので、東名と名神を乗り継ぎ、車で行ってきました。

途中、休息のために足柄SA、浜名湖SA、多賀SAに寄りましたが、どのSAも清潔に保たれていて、気持ち良く休息できました。

足柄では富士山の雄大さが、

足柄SA

浜名湖ではペンキ塗りたてポストとEVチャージポイントが、

ペンキ塗りたて

EVチャージ

そして、多賀では雪が印象に残っています。

多賀付近の雪


朝の7時半に出発したため大渋滞にこそ会わなかったのですが、幾つかの渋滞にはまったため、京都に着いたのは夕方の5時を回っていました。さすが年末ですね。


さて、駅近くのホテルにチェックインした後、少し休息。
そして、やや早目の夕御飯を食べに行くことに。


向かったのは、京都駅ビルに入っている「はしたて」さん。
こちら、京都の名料亭「和久傳」さんのグループ店で、料亭のお味をリーズナブルな価格で楽しめます。

いつものようにお店に着くまでに軽く迷ってから到着。
迷うのは、ご飯を美味しくいただくためのちょうどよい腹ごしらえといったところでしょうか?

はしたて

お店は、カジュアル店ということで趣こそありませんが、白を基調とした明るい造り。席と席の間がゆったりとあいていて、寛ぎながらお食事できるのが老舗プロデュースの味わいですかね。


お料理は、煖々というコースをいただきました。こちらのコース、先付け・

はしたて先付け

揚げ物・

はしたて河豚

鍋物・

はしたて鍋

〆ごはん・

はしたて〆

お菓子

はしたてお菓子

の五品(季節で変動あり)で3,675円と、本店の10分の1(感覚値)のお得な値段設定。
鍋物と〆を幾つかの選択肢から選べます。

相方は鯖しゃぶしゃぶとご飯で、

はしたて鯖しゃぶ

私が地鶏と野菜の豆乳鍋とご飯の組み合わせにしました。

はしたて地鶏豆乳鍋


お料理は京料理らしく、濃すぎないけどしっかりとしたお味で、海老芋・九条葱・金時人参・河豚等々季節のものがたくさん入っており、とてもおいしかったです。

特に、お菓子の蓮根餅が絶品です
おそらく蓮粉と和三盆を練っただけのものだと思いますが、上品な甘さとしっとりつるんとした触感で、満腹のお腹にもするっと入っていきました。

ランチセットが1,680円と決して安くはありませんが、駅中で老舗料亭の味が気軽に楽しめるのですから、京都に行かれる方は一度お試しになってはいかがでしょうか。
美味しおすえ。


食後は、駅中をぐるっと歩いて腹ごなし。
満腹効果でしょうか、京都タワーですら美しく・・・・・。

京都タワー

駅中にお花が飾ってあるのが、京都らしいですね。

京都駅お花

この後、ホテルまでのシャトルバスが満員で乗りきれなかったので、歩いてホテルに帰りました。

運転で疲れたので、本日は閉店。

(新年早々)つづく。(笑)




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ   さぁ、ポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  追加しました。 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(19) |  記事を編集 | 

2011年11月21日(月) 記事No.56
とある金曜の午後。
高崎にイノシシが出没した、と、群馬在住のchibiokaさんからつぶやきがあった。
過去、野生の猿と鹿にはあったことがあるが、イノシシは見たことがない。

・・・ということで、翌土曜日、イノシシに会いに群馬を目指した


土曜日は、あいにくの雨模様。
バイクに乗りたかったが、しかたがないので、車で出陣。
朝から茶柱なぞ立って、非常に景気が良い

茶柱が立った!

さらに、景気をつけようと、まずはお昼をいただくことに。


お昼の場所までは、関越道を使ったのですが、お昼前の関越にあるまじきスムーズさ。
さすがにこの雨では、あまり人が外出しないということでしょうか。
ICを降りて半時間弱。目指すお店に到着です。


やってきたのは、埼玉県は深谷市にある虎ひげさん。

虎ひげ

こちらで、深谷名物の煮ぼうとう(http://www.fukaya-ta.com/niboto/)をいただき、冷えた心と身体を温めようとの目論見。


車を停めて店内に入ると、香ってくるのは、何とトンカツのにおい
そう、こちらのお店、手打ちの麺類だけでなく、肉料理も作っています。
大好物のクリームコロッケや手作りの和牛メンチカツなどなど、魅惑のメニューがズラリ。

しかーし、冷えた身体にゃ鍋ものが一番。
初志貫徹で煮ぼうとうセットをチョイス。

煮ぼうとうセット

これが大正解!

このセット、ご飯とお漬物と串カツが付いてます。
この串カツのおいしいこと、おいしいこと
本場イギリスのウスターソースでいただくと、煮ぼうとうを食べに来たのも忘れ、ご飯と一緒にがつがつと食べ進みます。

ウスターソース

肉の美味しさを堪能した結果、次回は肉系のランチを食べようと誓った私。


ランチを食べたら、次は当然デザートでしょう。

いつもなら、地域貢献ソフトクリームといきたいところですが、今日はしとしと雨の降る寒い気候。
ソフトなんて食べたら、お腹を壊しちゃいます。
しかし、こんな寒い日なら、そうそう冷たいものなど選ぶ人間はいないだろうと、二年越しに狙っていた阿佐美冷蔵でカキ氷を食べに行くことに。


阿佐美冷蔵さんの金崎本店へは、車で1時間ほどの道のり。
煮ぼうとうセットでお腹いっぱいの私は、車内の温かさもあり、眠くなってまいりました。
と、その頃、ちょうど到着。うーん、眠い・・・。


こちらの阿佐美冷蔵さん。言わずと知れた天然カキ氷のお店。
古くからあるお店ながら、とてもおしゃれな内外装。

しゃれた暖簾をくぐると、店外にもたくさんの席があり、おまけで小さな足湯があります。

阿佐美冷蔵1

阿佐美冷蔵2

店内もよい雰囲気のインテリアで、ジャズが流れています。


メニューには定番に加え、季節ごとのシロップを揃えています。
私がいただいたのは、お芋あずきで、相方は黒蜜きな粉あずきです。

カキ氷

どちらも、サラッとした氷に、しっかりとしたシロップとアンコで、とてもおいしかったです。


埼玉の温かいものと冷たいものは、どちらもとてもおいしくて、すっかり満腹状態。
お腹いっぱい過ぎてあまりに眠いので、このまま高速で帰ることに。


帰りの関越道もほとんど渋滞せず、とっととうちに帰ってきました。


翌日の新聞を見ると、何と、特集で深谷市のことが載っていました。
偶然に、びっくりだ!



はて、何か忘れ物があるような・・・???

・・・あっ、イノシシ忘れてた!






にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村




ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(26) |  記事を編集 | 

2011年10月04日(火) 記事No.39
ツーリングシーズンを迎え、家族とバイクとの板挟みになる方も多くなってきたのではないでしょうか?

私もその一人で、家族マイルがマイナスに振れそうな今日この頃です。
そこで、家庭の平和を守るため、神奈川県は七沢温泉に一泊の家族旅行に出かけることにしました。

七沢温泉は、神奈川県は厚木市の奥座敷にある温泉で、首都圏から気軽に行ける温泉地。
今回は、数件ある旅館の中でもB級な匂いのする「七沢荘」を選択。

七沢荘外観

こちらの温泉は、東丹沢唯一の本格的天然温泉だそうで、県下最高濃度を誇るお湯はpH9.54の超アルカリ性。
リンス作用を持つメタホウ酸・メタケイ酸を多く含んでおり、とろっとろのお湯が美肌の湯として女性にも好評だそうです。
七沢荘HPより抜粋)

確かにとろとろのお湯で、お湯を触った後は手がすべすべ、というかぬるぬるになります。
ちなみにお部屋の水道からもこの水が出ています。
石鹸で洗ったのにいつまでもぬるぬるしているので、最初は「泡切れの悪い石鹸だなぁ~」と勘違いしてたほど。


お風呂は、貸切風呂と内風呂と露天風呂があります。

七沢荘貸切風呂

このうち露天風呂が結構広く、熱めのお風呂、ぬるめのお風呂、横になれるジャグジー付きのお風呂と、中で3つに分かれていますので、お好みで楽しめます。
私はジャグジー付きのお風呂を、夜と朝の二回たっぷりと堪能しました。


と、ここまでは普通の温泉旅館ですが、この七沢荘、普通じゃないことがいっぱいあります。


まずは、旅館がゼロ磁場に建っていることが第一にあげられるでしょう。
エネルギーが充満しているそうで、隠れたパワースポットとして有名だそうです。

七沢荘元気の広場

確かに、肩こりが少し和らいで、元気が出た気がします。(ネコも集まってますネ!)
・・・って、温泉のせい?

そして、館内にB級グッズやサービスがたっぷりです。

七沢荘三波石

玄関に鎮座ましましている巨大三波石を皮切りに、世界に三台しかないという宇宙パワーボックス
さらには、初代館長が開発(!)した縄文気功に、リングストーンのある元気の広場などなど、どこまで本気かわからないものがいっぱいのワンダーランド


今回は初回ということで温泉に注力しており、あまり珍しいものには挑戦しなかったのですが、次回行った際には是非とも試してみたい・見てみたいものがまだまだあります。

お湯だけでなく、色々と楽しめる七沢荘。
皆さんも一度訪れてみてください!


そうそう、ここんちのお湯は、過去に「全国名湯百選・美肌の湯ベストナイン」や、NPO法人健康と温泉フォーラム実施の「名湯百選」にも選ばれたことがあるそうで、うちの相方も「また来たい」と申しておりました。

奥様孝行に、皆さんもいかがですか?




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(20) |  記事を編集 | 

2011年08月17日(水) 記事No.25
今日は泊まりで高野山にお参りに。
先日行った関宿から名阪国道に乗り、一路奈良へ。
この名阪国道。日本で唯一(?)無料になった高速道路。
しかし、速度制限は60km/hと、こちらも一般道路並み。
いわゆるお役所仕事??

さて、奈良からは西名阪自動車道に乗り、今は無き近鉄バッファローズのホーム球場があった藤井寺に向かう。
が、その前に天理PAで待ち合わせていた知り合いとご対面。
そう、皆さんご存知のこいつです!(笑)
やつと待ち合わせ
そう、奈良のゆるキャラせんとくんです。
着ぐるみじゃないですよ、ぬいぐるみです。
ぬいぐるみが、一人でPAの食事スペースに座ってるんです

この天理PAでは、A○B48ばりに総選挙も行われています。
奈良の総選挙
すごいぞ、関西!そのノリが大好きだ!!

さて、藤井寺で高速を降り、後は一路南へと下ります。
途中、PL教団の有名な『超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和記念塔』を見つつ、麓にある橋本市から狭い峠を通って高野山へ向かいます。
PLの慰霊塔
峠では、神戸ナンバーの先導車の3台後ろで、時速30km/hの高速ドライブ。
おかげ様で、安全に山頂へ到着。お時間は、まだ1時半。

本日のお宿は3時チェックインと遅いので、まずは奥の院へとお参りすることに。
さすが建立1200年の高野山。分骨ではあるそうですが、日本の歴史上名だたる人々の墓所がある。
武田信玄に織田信長、明智光秀に豊臣秀吉も。
武田信玄のお墓 織田信長のお墓 明智光秀のお墓 豊臣秀吉のお墓
この目で確認はしていないが、大河ドラマで人気の江の墓所もあるらしい。
その他では、動物の慰霊碑なども。
動物の慰霊碑
また、企業の墓所もたくさんあり、こちらはパナソニック。
パナソニックの慰霊碑

慰霊碑にも変わり種がたくさんで、福助はあの福助が。
福助の慰霊碑
こちらの日産は工員か?
日産の慰霊碑
また、新明和工業はロケット型の慰霊碑が建てられている。
新明和工業の慰霊碑
しかし、企業のお墓とは・・・。
法律上の立場から来るものか、はたまた家族制の名残りなのか、この辺は外人さんには理解不能なのではないでしょうか?

もちろん、有名なお坊様も祀られていて、法然上人や親鸞聖人のお墓も見られます。
法然上人のお墓 親鸞聖人のお墓

そして、奥の院には高野山の開祖、弘法大師こと空海上人が祀られています。
高野山 奥の院

そして、やはり高野山にもいました。ゆるキャラが!
それがこの人、こうやくんです。
こうやくん
関西って一体・・・。

厳かにお参りをした後、本日のお宿・宿坊『一乗院』へと入宿。
夜の一乗院
こちらは、平安時代に始まるお寺で、襖絵や掛け軸など、大変素晴らしい。
さすがは大名格と言われた高野山の別格本山。
本日泊まるお部屋として通していただいたのは、重文級の狩野興甫作の襖絵があるお部屋。
狩野興甫の襖絵
予約を取った嫁の策略か?
松阪牛に引き続き、明日のお会計が恐ろしい。

でもまぁ、考えても仕方がないので、夕食の精進料理を堪能することに。
一乗院の精進料理
野菜だけで作られた幾種類もの料理が輪島塗のお膳で三つ。
それぞれの皿でバラエティーに富んだ味を供しており、とても美味。
お野菜でお腹いっぱいになった後、真言密教の根本道場である壇上伽藍まで散歩して腹ごなし。
ライトアップされたこちらの塔は根本大塔。高さは50mもあるそうな
夜の壇上伽藍
夜なのでさすがに内部には入れませんが、中央には大日如来がいらっしゃるとか。
明日また来たら拝見いたしましょう。

疲れたので、宿坊に戻り、お風呂に入ってゆっくり骨休め。
お庭の蛙の声が郷愁を誘うなか、明日に備えて早々に寝ることに。
明日の朝は6時からお勤めがあるそうな。起きれるといいなぁ。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2011年08月17日(水) 記事No.24
仕事してないとなんでしょうかね、ついつい連続で更新してしまいます。

本日は朝から近くの海岸をお散歩。
誰もいない海岸
朝7時と早いので誰もいません
ついつい、子供の時のように、浜辺に打上げられた者達を観察。
くらげ 巻貝 ガザミ
クラゲ、巻貝、ガザミなど。
そういえば、昔はスナメリの死骸とか上がっていたっけ・・・。

伊勢湾も奥の方とはいえ、この辺はまだ水がきれいな方かと。
透明な水
おっさんの足もよく見えますね。

さて、今日は親孝行にと、母親を連れて松阪牛をいただきに。
車で1時間半ほど走ると、ありました明治初期創業の『和田金』さん。
和田金

通してもらったのはこちらの合席。
合席
でも、席と席の間が屏風で仕切ってあるので、プライバシーは保てる仕組み。

頼んだのは、すき焼きと網焼きのセット。こちら、メニューには無いものの、仲居さんの裁量でOKに。
炭火
どちらもこの炭で調理します。炭が良いので、炭同士が当たるといい音がします。

まずはお通しで頼んだタタキから。薬味と醤油が良い塩梅。
たたき
次は網焼き。お箸で切れるほど柔らかいのに歯ごたえもあり最高。
網焼き 網焼き2
野菜も美味しく、特に淡路産だという玉ねぎが美味。

そしてすき焼き。関西風なので砂糖と醤油がメインで、それと少々のお出汁で味付け。
すき焼き すき焼き3 すき焼き2
舌がとろけるとはこのことか?新鮮な卵とのコラボレーションが素晴らしい。
お野菜には、肉のエキスがたっぷり染み込み、ご飯が進む進む。

美味しいお肉をいただいて、幸せいっぱい夢いっぱい。
しかし、人生、山があれば谷もある。
お会計の金額に目の玉が飛び出てしまった。
しかしまぁ、年に一度の親孝行と、割り切ったとか割り切れなかったとか・・・。

その後、食後のデザートに伊勢名物『赤福氷』をいただきに伊勢神宮まで行くことに。
渋滞中 大雨
・・・が、駐車場の大渋滞(60分待ち)と大雨に阻まれ断念。またの機会のリベンジを誓う。
全く、人生ってやつはリベンジすることが多過ぎて困っちゃいますよね。

晴れ
そうこうするうちに天気も良くなってきました。
ということで、気持ちよく帰宅。
そんな平和な一日でした。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2011年08月15日(月) 記事No.23
今日は帰省初日。
早速気軽に行ける観光地を探した結果、関宿へと赴くことに。

関は東海道47番目の宿場町で、この町で伊勢と大和(奈良)に向かう分岐があった程の重要地点。
東西に走る旧東海道を挟んで、古い街並みが趣深い

関の町
ちなみに、こちらは、鈴鹿山脈を望む京方向(西)。

町は、古い町並みを壊さぬように自由な建築ができなくなっているそうな。
そういえば、自販機と公衆電話はこうだし、
自販機と電話

銀行もこんなになっている。
百五銀行

母の知り合いがまさに旧東海道沿いに住んでいるのだが、改修もままならず不便だとのたまっておられた。

こちらで有名なのは関地蔵院

ここには日本最古のお地蔵様がいらっしゃり、なんと、天平の時代(奈良時代)に行基さんが安置したとの言い伝え。

色々と(血)迷うことの多いこのオヤジもお救いしていただけるといいな

その地蔵院では、本日オーガニックマーケットが立っており、暑い中、多くの人が集まっていた。
地蔵院


この町、東西1.8kmあるそうだが、観光して楽しそうなのは中心にある地蔵院の前後数百メートルほど。

まずは、東に歩いていき、疲れたころに地蔵院前に戻ってきて元旅籠の会津屋さんでランチをいただく。
会津屋

いただいたのは、このお勧め定食。
お勧め定食1

しっかりとした味のおこわが美味しかった。

若干観光化が進んでいるものの、由来などを知っていれば、なかなかに面白い町でした。

そうそう、「僕には、この程度が『セキノヤマ』っすよ!」なんていうときのセキノヤマが、この関の山(関東で言うところの山車)から来てるそうです。
さぞや、昔は賑わっていたんでしょうね。

で、こちらがその山(山車)を格納する建物。
山車格納庫

なお、町家の造りなどにご興味があれば、こちらをどうぞ。
http://www.kazabito.com/blog/log/eid75.html
(無断リンクですので、クレームがあれば削除します・・・)




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



ドライブ |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 |