FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

夏の秩父ツー (本編)

2011年07月28日
さて、道の駅みょうぎへと辿り着いてすぐ集合。
参加者の自己紹介の後、今回の主催者あきまさんによる本日のコースの説明。
と、AKOさんが少し遅れて到着予定とのこと。

妙義山
20分ほど自由行動とのことで、妙義山など見ながらぶらぶらしていると、後ろからつついて来る人が。
あ、ライぱちさん。
penguinさんのつぶやきにあったもの、チェックしてきましたよ」と。

そういえば、先日さすらいのスク人penguin774さんがつぶやいていたのを思い出した。
曰く、かがみというお土産屋さんで、ご自身のブログが印刷され飾られている、と。
penguinさんといえば、ダムカード集めで私に大いなる影響を及ぼした偉人
これは、早速チェックしに行かなくては!
と、動き出したところで、あきまさんが仰る。
「AKOさんは後ほど合流しますので、そろそろ出発しま~す!」
るるるー・・・・。

奥秩父の峠道は赴き深い。
うっそうと茂る樹木の向こうに時々見える妙義山の威容が目に新しい。
道は狭いがよく整備されており、土地の人(あきまさん)の先導もあって、実に走り易い。

下仁田を抜け、上野村のスカイブリッジを目指すまでの道すがら、私の前にはふーちゃんさんのGマジェが。
なんか懐かしいにおいがする・・・。なんの記憶だろう??規制前の排ガスのにおい!?
答えは霧の中。

ここまでくねくね走ってきたので、途中にある道の駅うえのでちょっと休憩。

道の駅うえの


道の駅上野
こちらの道の駅。小さいながらもそこそこ人が集まっている。
当然、バイク乗り(のおじさん)も。
ピアジオMP3にベスパGTSと、ちょっと珍しいバイクもいたりする。

しばらく休み、再び出発するとあきまさんのフォルツァがなにやら狭い山道を登っていく。
砂が浮いてるので、あまり無理せずついて行く。
行き着いた先には、上野村スカイブリッジの文字。

上野村スカイブリッジ


上野村スカイブリッジ2
キャンプ場もあるまほーばの森と関東随一の鍾乳洞・不二洞とを結ぶ天空の橋
入り口のトンネルを抜けると見える巨大なつり橋は、高所恐怖症の人の心臓を鷲掴み?
お布施の100円を入れて、早速、橋を渡る一行。

上野村スカイブリッジ3
誰ですか?お金入れなかったのは??

景色がよかったり、シャボン玉が飛んでたりと盛りだくさんも、基本、行って戻るだけの橋。
あっという間に、終了~。

上野村スカイブリッジ
恒例のバイク(と人)の集合写真を撮って、ランチに向かうことに。

ここから第二のお楽しみ
志賀坂峠を抜けて、小鹿野までのフリー走行。
あきまさんを先頭に、追いかけるTMAX軍団
あきまさんの先導が良かったので、たっぷり峠を堪能しましたよ!

個人的には、ここでブレーキの効きをチェック。
峠などを走ると、疲れてきた時にブレーキ操作が雑になり、ノーマルのパットではついつい後輪をロックさせてしまうのだが、今日の私は一味違う。
新しいパッドは、効きがいいだけでなく、ロック寸前の細かいフィーリングがよくわかり、とてもコントローラブル。
下りのヘアピンで多少突っ込みすぎても、ぐっとブレーキが効き、滑らかに元のラインに戻れる。
たった数千円でここまで違うと換えた甲斐があったというもの。
OBSCのTMAX乗りの皆さん、ABSのないTMAXにはお勧めですよ?

と、峠走りの余韻を引きずりながら着いたところがこちら。
イデウラさん。
本日の主催者あきまじゅんさんの後輩さんのお店。
で、バイクを停めてヘルメットを脱ぐと、そこに見たことのある人が。
あ、AKOさんだ!
すみません。峠が楽しくてすっかり忘れてました・・・。

イデウラ


イデウラ  ワラジカツ丼

イデウラさんでは、小鹿野名物のワラジカツ丼を食べ、群馬名物chibiokaさんの飽食を見学。
ひとしきりお腹が落ち着いたところで、OBSC名物バビさんいじり、と、楽しいランチタイムを過ごした。
ここで、バビさんがスーツに着替え、『え、どーしちゃったの?』と皆が呆然とする中、「じゃっ、仕事なんで」と、颯爽と温泉に旅立って行かれました・・・。
温泉で仕事って、旅芸人

ナゾを抱えながらも人は前に進まなくてはいけない生き物。
デザートを食べるため、イデウラさんを後にふれあい牧場に向かうことに。
やや木の葉が多いが楽しそうな峠をぐんぐん・・・・ぐんぐん・・・・、ぐんぐん行けない?
乗用車に頭を抑えられ、とろとろ走りで山の上のふれあい牧場を目指すオヤジスクーター軍団。
まぁ、一般道ですからね。こーいうときもありますね。

ふれあい牧場


ふれあい牧場  ミルクハウスのソフト
高原牧場では、こちらもOBSC名物のソフトクリームを皆で食す。
ミルクの味がしっかりして、なかなかおいしかった。
が、素直においしいといえなかったのは、だれかさんに遠慮したから。
お話と違い、濃厚で美味しかったですよ>あきまさん?(笑)

ここで解散のはずが、話の流れで道の駅おがわまちに行くことに。
と、地元のイノさん、別ルートで帰るおんさん・パイロンさんとはここでお別れ。
お疲れ様でした。

道の駅おがわまちまでは、割と普通の道を普通のペースで流すことに、で、つい、うつらうつらと・・・。
声を上げて歌いながら眠気と戦っていたのだが、信号で停まってふと気づいた。
『あっ、私オープンフェイスヘルだった・・・』
どーりで、道行く人がものめずらしそうに見てきたわけだ・・・。

そーこーするうちに、道の駅おがわまちに着いた。

道の駅おがわまち

道の駅おがわまち2
こちらの道の駅、駐車場も施設内も広くてきれいだが、ほとんど人がいない。
お土産が少ないからかな?おトイレも少なく、なんだか不思議な施設だった。

さて、楽しかったツーリングもいよいよ終わりが近づいてきた。
高速で帰る皆さんと別れ、私は下道で東京まで帰ることに。

道の駅おがわまち1
皆さんを見送った後、一息ついてから出発。
ちょっと信号のつながりが悪かったが、渋滞も無く、下道を快適なペースで走ることができた。

家に帰ってツーリングの余韻に浸り、バイクを洗ったり所用を足しているうちに、あっという間に夜中となった。

皆さんお疲れ様でした。
楽しい時間をありがとう。
次もまたぜひご一緒くださいね。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



スポンサーサイト



ツー記録(北関東) | コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME |