FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ハーレー昭和の森訪問

2011年09月08日
ハーレーで2012年モデルの販売が開始されましたね。

この週末、ハーレーのディーラーに新車を見に行ってきました。
せっかくなので、日本最大級の広さとの呼び声の高いハーレーダビッドソン昭和の森(以下、HDS)を訪問することに。
お天気が悪いので、残念ながら車で出動。


自宅からHDSへは、一般道を使っておよそ1時間。
お店は、JR青梅線の昭島駅前に広がる昭和の森の一角にあります。

HDSは、この昭和の森を開発した昭和飛行機工業さんの100%子会社。
この昭和飛行機工業さん、実は戦後の一時期、あの陸王の生産を行っていた会社(実際は子会社が生産)だそうです。
陸王はなくなってしまいましたが、伝説とモーターサイクルに対する熱い思いが残ったというところでしょうか?
余談ですが、昭島駅自体、昭和飛行機工業さんのために作られた駅だそうですヨ?


昭島駅側から駐車場に入ると、緑も一杯でバイク屋さんとは思えない余裕のある造り。

HDS外観

お店の敷地には数台分の駐車場と駐輪場、そしてカフェなどもあっておしゃれな感じ。
建物も、米国ミルウォーキーのハーレー本社を模した赤レンガ造りで、シックなデザイン。

HDJトレセン

隣接する敷地には、ハーレーダビッドソン ジャパン向けのトレーニングセンターなども建っています。


さて、中に入ってみましょう。

大雑把なレイアウトとしては、まず、駐車場側の入り口から入って右手にカフェ、

HDS3


正面手前から円状に各モデルが陳列され、

HDS2

左手と正面の真ん中にアパレル、


HDS1

そして、奥の方にはカスタムモデルとアクセサリーコーナーがあります。


入口をはいってすぐ、スポーツスターのForty-eightがお出迎え。

48

相変わらずかっこいいですね~。

曲がらない、手足が伸びきる、航続距離短い、と三重苦ですが、かっこいいので売れてるそうです。


そのまま円形に各モデルが陳列されていて、手前からスポーツスター、ダイナ、ソフテイル、ツーリングとなっています。
今日一番見たかったFLDスイッチバックは、お店の外、駐車場側に展示してありました。

これがその写真です。

FLD1

これもかっこいーですねぇ。


これこれ。

FLD3

このヘッドライトに移りこむ景色がよいのです。

FLDは、ハーレーの中では走りにふったグループ(ダイナファミリー)の中のツーリング向きモデル。
ツーリングファミリーほどの威圧感はなく、日本ではちょうどよさげなサイズ感。
それと、なんと、このスクリーンとパニアケース、道具を使わずに外れます。

FLD2

それらを外してもかっこいいですねぇ。


敷地内で試乗とかできるのですが、雨が降ったり止んだりしていることもあって今日は見るだけに。

スタッフの方は、やや武骨な感じですが無礼ではなく、全体的には親しみのもてる雰囲気でした。
ただ、やや人数が少ないのかな?つかず離れず、というよりは放置気味でしたね。
『見るだけ』の私のような客には、ちょうどよい感じです。

見るだけ見て、いい感じのラグを買ってお店を後にしました。


ハーレーは、私の使い方では決してメイン機種にはならないですが、いつかは所有してみたいと思った週末でした。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ぽちっ
↑ とお願いいたします。
にほんブログ村



スポンサーサイト



バイク一般 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME |