BMWスクーター事情

2012.03.31(22:27)


C650GT with Prof.N



さて、東京モーターサイクルショーで散々見て、触って、跨って来たBMWのスクーター。

既に、試乗レポートがウェブ上にUpされてますネ☆ (詳しくはこちら→バージンBMW


ですが、発売はまだ未定の模様。

会場にいらしたBMWスタッフの方によると、「年内には入れたいと思ってます。」とのことでした。


『あれ~? 確かヨーロッパで3月か4月の発売予定だったはず。
 随分と持ってくるのが遅いなぁ~・・・。』

なんて思っていたら、トラブル発生とかでヨーロッパでの発売が6月にずれるらしいです。


何故、そんな情報が入ったかというと、実は、相方の知り合いのドイツ人が現地カタログを送ってくれると同時に、現地情報として教えてくれたのです。(相変わらず、写真が汚くてごめんなさい

BMW Flyer 1


BMW Flyer 2


カタログは、Webで入手できますので、ご興味のある方はこちらをどうぞ。
(Experience > Downloads > Product information > Urban Mobility > Flyerでダウンロード開始です)


もともと、ロータックス製エンジンなので初期ロットは要注意、なーんて言われてましたが、まさか発売延期とは・・・。


ハッ! もしかして・・・・・。

私の怪我の復帰を待っている!?


なーんて、ネ。

なお、ヨーロッパでの発売延期の情報は裏をとってませんので、変更とかあったらごめんなさい。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ポチっと病のあなた!ポチっと行っちゃいましょう~。 
にほんブログ村





スポンサーサイト

音入れ

2012.03.30(22:50)

さて、東京モーターサイクルショー。
スクーター以外についても少しレポートしてみましょう。


まずはこちら、インディアン。

インディアン1

アメリカで最も古いオートバイメーカーで、ハーレーよりも高級だったという伝説的ブランドの復刻版です。

ベーシックモデルで1700cc強のエンジンに350万のお値段と、現在のインディアンもハーレーより高性能かつ高級路線です。

インディアン2

その名の通り、フェンダーマスコットもインディアン。(笑)
なんと、透明部分はガラス製だそうで。

カタツムリみたいなエスカルゴフェンダーがクラッシックでいいですねぇ。



お次は、イタリアはドゥカティのディアベルを後ろから。

ディアベル1

太いタイヤですねぇ~。

量産バイクとしては最大級?



でも、こちらの虎柄はもっと太い!

ボスホス1

どこのメーカーかというと、アメリカのボスホスです。

なんと、車(シボレー製)のV8-6リッターエンジンを積んでいる驚異のバイク。

ボスホス2

ラジエーターも車並み!?



うって変わって、こちらはヤマハのツーリング・セローです。

セロー1

こんなバイクと一緒に旅に出たいですねぇ~。

このセロー、物干しみたいなキャリアが秀逸です。(笑)

セロー2


このセローの他にも、参考出品モデルの陵駆やトリッカー、WRシリーズなど、今年のヤマハブースはオフロードが目立ちました。

また、各モデルともたくさんのアクセサリーが装着されており、バイクの楽しみを演出?

新型とはいえTMAXにも総額40万円強のアクセサリーが装着されており、過奮症の私にはひたすら目の毒でした・・・。

TMAXアクセサリー



少し歩くとすごい人ゴミが。

ラジコンバイク

何かと思ったら、ラジコンメーカー京商のモトレーサーというラジコンバイクのデモ走行でした。
私も含め、おじさん達の眼がらんらんと輝いてましたヨ。(笑)
(詳しくはこちら → http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/miniz_moto/index.html



また別のブースでは、JAFがロードサービスのデモを披露。

JAF

バイクを荷台に乗せるのですが、二種類の手袋を頻繁に交換してタイヤなどの汚れが車体に付かないよう気を配っていたのが印象的でした。



変わり者バイクとしては、こちらのおトイレバイクとか・・・、

おといればいく


こちらの霊柩バイクとかが展示されており、世の中の広さを知った四十代の春でした。

れいきゅうばいく



いやぁ~。一日バイクに囲まれて、すっかり栄養補給&リラックスができました。



でも、浮かれついでに、BMWブースでウイリーしたり、

ウイリー


革ツナギになったりしていたら、

ツナギ

はしゃぎ過ぎたのでしょうか?

ショーの後に寄ったお店で、食事を待ちながらうたたねしちゃいました。(汗)



童心に帰り過ぎ!?



最後に、今回のショーで一番気に入ったバイクをご紹介。

タイガーExp

トライアンフのタイガーエクスプローラーです。

去年発売されてたら、こちらを買ったかもってくらい気に入りました!




最近は随分と暖かくなって、いよいよツーリングの季節ですね。

やはり、見たりまたがるだけでなく、実際に走らせてみたくなってきました。


あー、早くバイクに乗りたーい!!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ポチっと病のあなた!ポチっと行っちゃいましょう~。 
にほんブログ村





スクーターデイ  in  東京モーターサイクルショー

2012.03.27(22:50)

最近、ツーリングもすっかりご無沙汰しており、バイクに触れる時間がとても少ないんです。
おかげで、少し元気が足りません。
所謂、心の栄養失調?


こりゃいかん!

ってことで、たっぷりと栄養を摂るため、先週末、東京ビッグサイトで行われた東京モーターサイクルショーに行って来ました。


遠路はるばる電車に揺られ、やって来ました東京ビッグサイト。

駅を降りて先ず目にしたのは、ピンクのうさ耳を付けた、前から見ても横から見ても同寸法のビッグな白人カッポーでした。


うおっ!この人たちもバイクに乗るのか!?
ヤッパ、ハーレー?


とか思ってましたが、そんなことはありませんでした。
彼らは、同時開催されていたアニメの展示会のほうへと向かって行きましたとさ。

うーん、クールジャパン。


閑話休題


さて、ここからはショーに出ていたスクーターに絞ってご紹介していきます。


まずは、本日の目玉、BMWの二台です。
C650GT@TMCS

いやぁ~、大きいですねぇ、C650GT。
感覚的には、デカブよりも半回り大きいくらいか、と。
カウルの中にスッポリと身体が隠れちゃいますね。


C600SPORT@TMCS

C600SPORTの方は、TMAXくらいのサイズ感でしょうか?

人を乗せて比べてみましょう!

C600SPORT_2@TMCS

C600SPORTは、TMAXでバックレストを一番後ろにした位のライディングポジションでした。


C650GT_2@TMCS

C650GTの方は、物理的にフットレストやハンドルが遠いです。
バックレストを前進させれば対処できるのかな?


ところで、写真を見てて、今思ったんですけど、C650GTの写真で私の後ろでC600SPORTに乗っている人が見たことのある人のよーな・・・。ひょっとして、おんさん!?
・・・ははは、まさか、ネ。


お次は、もちろん、TMAX。

TMAX@TMCS

色々とオプションがついていてカッコ良かったです。
おんさんもきっとガン見してたことでしょう。


そして、アプリリアのSRV。

SRV

こちらは残念ながら触ることができませんでしたが、ハンドルから後ろがまんまジレラGP800でした。

もう一台あったSR MAX250も、ジレラNEXUS250の兄弟車のようでしたけど、かっこよかったですね。

SRMAX@TMCS

アプリリアが本格的にディーラー展開してきましたので、これらのバイクが日本のスクーター界に刺激を与えてくれると嬉しいですね。


そして、次もイタリアンブランドのピアジオです。

まずは、ベスパGTVです。

GTV@TMCS

い~色ですねぇ。
とーってもコンパクトな車体は、とても278ccには見えません。
欲しぃなぁ~。


で、こちらは、ビバリー500ieです。

Biverly500@TMCS

こののっぺりとした風貌を見て、赤塚漫画「もーれつア太郎」のキャラ『べし』を思い出すのは私だけでしょうか?
(『べし』については、こちら → http://artstorm.co.jp/atarou_beshikemunpasu.htm


イタリアンの最後は、ちょっと変わったところで、マラグーティ。
日本では決してメジャーではありませんが、デザインが良いと評判です。

こちらは、マディソン3という250ccのスクーターです。

Madison3@TMCS

タンデマー用のフットレストには、なんと、ハイヒールのヒール部分を逃す切り欠きがあります。

Madison3_2@TMCS

さすが、イタリアン!

そしてこちらが、ブログルーフ160という屋根付きスクーター。

BROGROOF160@TMCS

雨の日なんかは、こんなバイクに乗りたいものです。



最後に台湾ブラザーズ。

こちらの黒いのは、キムコのダウンタウン200i。
Downtown200@TMCS

そして、こちらの白いのはSYMのRV200i。

RV200@TMCS

一緒に写っているおねぇさんは、10月の東京モーターショーのときとは違うみたいですね。

ダウンタウンが43万円でRV200が39万円と、台湾勢はコストパフォーマンスの高さが魅力です。


この他にも、話題のホンダインテグラやジレラのFuocoなど、興味あるモデルが目白押しでした。

いやぁ~癒されたなぁ。


次回は、スクーター以外のバイクについてご紹介します。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  いかがでしょう、 ポチっと押されてみては。 
にほんブログ村





過奮症

2012.03.21(22:06)

暖かくなって、巷にはすっかり杉花粉が飛んでますね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?
花粉症で苦しまれている方も多いことでしょう。


例にもれず、私も花粉症で、毎日マスクが欠かせません。

それに加え、今年は過奮症にも掛ってしまったようです。



【過奮症】

興奮し過ぎて、前後の見境なく行動してしまうこと。

ネット依存度の高い人間が掛ることが多く、ブロガーは要注意。

典型的な症状はインターネットショッピングの利用過多。
ポチっと病に似た症状を示すが、よりショッピング回数が多く、財政的に深刻な事態を招く。

最悪の場合、家庭不和や借金などに発展し、通常の生活を営めないこともある。

                                 (出展:家庭の医学 Ahooヘルスケア)



そんなわけで、今回ポチッてしまったのはこちらの商品です。

GoPro社のHD Hero2カメラ モータースポーツエディション。
http://jp.gopro.com/cameras/hd-hero2-motorsports-edition/


このカメラ、珍獣ハンターイモトでお馴染の人気番組「世界の果てまでイッテQ」などで何度も使われているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。


何故このカメラなのか?


それは・・・、

本体の低光量性能や耐震性、あるいは、付属ケースによる防水性もさることながら、画角170度という超広角レンズが最大の決め手でした。


画角170度というと、画角25-50度程度という通常のカメラをはるかに超え、人間の静止時の視野角(最大200度)に近い写真が撮れるってことですよ! 理論的には。



例えば、

こんな写真や

GoPro HD2 Ex4

こんな写真が撮れる!?

GoPro HD2 Ex3

(どちらの写真もGoPro社のサイトから転載いたしました。)



いやぁ、手元に届くのが楽しみだなぁ~。

・・・ってか、早くこのカメラ持ってツーリングに行きたーい!!





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  いかがでしょう、 ポチっと押されてみては。 
にほんブログ村





日独伊三ヶ国巡り

2012.03.18(23:27)

さる金曜日、OBSCの皆さんに消毒会を開いていただき、すっかり身体が回復した(気になった)ので、相方と共に、本日は都心に突進してきました。

「消毒会って何?」って方はこちらのブログをどうぞ。
 → バビロニアさんの記事
 → パイロンさんの記事
 → ななパパさんの記事
 → せんさんの記事
 → ラークさんの記事

まず最初に向かったのは、東京メトロ青山一丁目駅5番出口を出てすぐの、Hondaウェルカムプラザです。
こちら、ご存知、本田技研工業の本社があるHonda青山ビル1階のコミュニケーションスペースですが、四輪だけでなく二輪も展示してあります。
今回は、出たばかりのNC700Xを触り倒して来ようって魂胆です。

その前に、まずはCB1100でチーズ。

CB1100

このバイクも購入候補の一台でした。わずか1年半前のことなんですねぇ。

次に、CBR600RR。

CBR600RR

座っただけで腰に違和感が・・・。SSは無理ですね。残念!

そして、今回一番気になったバイク。

そう、ベンリィ110です!

ベンリィ110

これに乗って日本一周キャンプ旅とかおもしろそうですよねぇ~。

結局、お目当てのNC700Xよりも、他のバイクで楽しんじゃいました。


四輪の中では、N BOXが萌~。
単純な仕掛けで死角が激減するピタ駐ミラーが秀逸でした。

NBOX1
NBOX2
NBOX3


40分ほどして始まるイベント「親子で学ぼう!モノづくりワールド」のためでしょうか。
親子連れが増えて来ましたので、そそくさと建物を後にすることに。


Hondaウェルカムプラザを後にし、青山通りを西進してやってきたのはこちら。

ポルシェカフェ1

期間限定オープンのポルシェカフェです。

テラスには、先ごろ発表された新型911が鎮座してます。

ポルシェカフェ2

カッコイーですねぇ。

開店後すぐということで、すんなり着席。

ポルシェカフェ3

ドイツ人シェフの手になるランチをいただきました。
でも、トマトソースのパスタにフォカッチャのサンドイッチと、なぜかイタリア風。
まぁ、美味しかったからいいんですけどね。

ライブラリーコーナーとかあったんですが、雲行きが怪しかったので、そそくさとお店を出ることに。
と、入口には入店待ちの人たちがぎっしり。
当然、お店の前には、ポルシェもいっぱい。

ポルシェの群れ

今春のオープンは終わってしまいましたが、6月、10月、12月にもオープンするそうなので、また来ようかな。


で、青山通りを東に戻り、お次に向かったのは、こちら。

フィアットカフェ1

FIATカフェです。

こちらはFIATが運営する通年営業のコミュニケーションラウンジで、1Fにアンテナショップ、2Fにカフェ、そして、BFにはイベントやパーティに使えるスペースがあります。

フィアットカフェ2

イベントは夕方から開催されることが多いようで、本日も夕方からサルサナイトがあるのだとか。

小雨が降ってきたことですし、ここでは、食後のエスプレッソだけいただいて帰っくることに。


日独伊を代表する自動車メーカーのコミュニケーションスペースを、一日で巡って来たわけですが、期間やコミュニケーション内容、そして、イベントと、三者三様でとてもおもしろかったです。


肩が治らないためバイクに乗れず残念ですが、こんな休日もいいものですね。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  よろしければ、 是非、ポチっとお願いいたします。 
にほんブログ村





2012年03月

  1. BMWスクーター事情(03/31)
  2. 音入れ(03/30)
  3. スクーターデイ  in  東京モーターサイクルショー(03/27)
  4. 過奮症(03/21)
  5. 日独伊三ヶ国巡り(03/18)