FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

音入れ

2012年03月30日
さて、東京モーターサイクルショー。
スクーター以外についても少しレポートしてみましょう。


まずはこちら、インディアン。

インディアン1

アメリカで最も古いオートバイメーカーで、ハーレーよりも高級だったという伝説的ブランドの復刻版です。

ベーシックモデルで1700cc強のエンジンに350万のお値段と、現在のインディアンもハーレーより高性能かつ高級路線です。

インディアン2

その名の通り、フェンダーマスコットもインディアン。(笑)
なんと、透明部分はガラス製だそうで。

カタツムリみたいなエスカルゴフェンダーがクラッシックでいいですねぇ。



お次は、イタリアはドゥカティのディアベルを後ろから。

ディアベル1

太いタイヤですねぇ~。

量産バイクとしては最大級?



でも、こちらの虎柄はもっと太い!

ボスホス1

どこのメーカーかというと、アメリカのボスホスです。

なんと、車(シボレー製)のV8-6リッターエンジンを積んでいる驚異のバイク。

ボスホス2

ラジエーターも車並み!?



うって変わって、こちらはヤマハのツーリング・セローです。

セロー1

こんなバイクと一緒に旅に出たいですねぇ~。

このセロー、物干しみたいなキャリアが秀逸です。(笑)

セロー2


このセローの他にも、参考出品モデルの陵駆やトリッカー、WRシリーズなど、今年のヤマハブースはオフロードが目立ちました。

また、各モデルともたくさんのアクセサリーが装着されており、バイクの楽しみを演出?

新型とはいえTMAXにも総額40万円強のアクセサリーが装着されており、過奮症の私にはひたすら目の毒でした・・・。

TMAXアクセサリー



少し歩くとすごい人ゴミが。

ラジコンバイク

何かと思ったら、ラジコンメーカー京商のモトレーサーというラジコンバイクのデモ走行でした。
私も含め、おじさん達の眼がらんらんと輝いてましたヨ。(笑)
(詳しくはこちら → http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/miniz_moto/index.html



また別のブースでは、JAFがロードサービスのデモを披露。

JAF

バイクを荷台に乗せるのですが、二種類の手袋を頻繁に交換してタイヤなどの汚れが車体に付かないよう気を配っていたのが印象的でした。



変わり者バイクとしては、こちらのおトイレバイクとか・・・、

おといればいく


こちらの霊柩バイクとかが展示されており、世の中の広さを知った四十代の春でした。

れいきゅうばいく



いやぁ~。一日バイクに囲まれて、すっかり栄養補給&リラックスができました。



でも、浮かれついでに、BMWブースでウイリーしたり、

ウイリー


革ツナギになったりしていたら、

ツナギ

はしゃぎ過ぎたのでしょうか?

ショーの後に寄ったお店で、食事を待ちながらうたたねしちゃいました。(汗)



童心に帰り過ぎ!?



最後に、今回のショーで一番気に入ったバイクをご紹介。

タイガーExp

トライアンフのタイガーエクスプローラーです。

去年発売されてたら、こちらを買ったかもってくらい気に入りました!




最近は随分と暖かくなって、いよいよツーリングの季節ですね。

やはり、見たりまたがるだけでなく、実際に走らせてみたくなってきました。


あー、早くバイクに乗りたーい!!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ポチっと病のあなた!ポチっと行っちゃいましょう~。 
にほんブログ村




スポンサーサイト



イベント | コメント(22) | トラックバック(0)
 | HOME |