ゆっくり走ろう!ぶらり富士山ツー

2012.09.22(22:25)

ある日のこと。

とあるmixiのスレッドで、以前何度かご一緒したことのあるびりけんさんから、「ゆる~く富士山周辺とか走りに行きませんか? 」との問い掛けがUpされてました。

一も二もなく参加の意向を表明したところ、一番手だったので私の希望でツーリング日時が決定。
まだ見ぬばねまつさん、その節はすみませんでした・・・。


さて、当日は朝から快晴で、気持ちよく高速を駆け抜けていたところ、あっという間に・・・・・・・・・・・・渋滞に。

奥の手を使って前進するも、いつも以上の交通量に、つい稲城ICから一般道へと避難。
ところが、悲しいかなココも大渋滞。
ナビに従い別のルートを探すと、何とか間に合いそうな道があったので、転進!

あかん、ココも渋滞やん・・・。
すかさず別のコースを選ぶも、またまた渋滞に・・・。
目的地までの距離は縮まれど、どんどん遅くなる到着時間。

やがて、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・痛恨の二連敗。 orz

関係者各位にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした・・・。
連休初日の渋滞を甘く見ていました。

うーん・・・、そろそろストップしないとまずいなぁ~・・・・。


それはさておき、見知らぬコンビニからその旨を主催者のびりけんさんに連絡したところ、走行中にお電話が。

見知らぬコンビニ

目的地までは「後5分」以下とナビには書いてあるのですが、後5分で辿り着く自信が無い・・・・。
お話を伺うと、ご一緒すると聞いていたラークさんも道の駅どうしで集合とのこと。
これ幸い同士がいた!と、びりけんさんにわがままを言って私も道の駅で合流させていただくことに。

『良かったぁ、ラークさんもたどり着けなかったんだぁ~』と何故か安堵しながら、道の駅に方向転換。

後で知ったのですが、ラークさんは前日から道の駅合流を表明されていたとか!
つくづく残念な男だよ、アタイッて・・・。


それでも、連休の道は甘くない。
道の駅どうしまでの道も、少し広ければ当然のように混み混みです。
仕方がないので抜け道を走っていたら、宮ヶ瀬湖の湖岸を厚木方面に走っていてビックリ。
マイナビよ。恥の上塗りをさせる気ですカイ?

それでも何とか無事に道の駅に着いた時には、ツーリング開始前に既に消耗しきってました・・・。


道の駅にて無事にラークさんと合流。
一息ついたところで、びりけんさん登場。

ここで全メンバーが勢ぞろい。
本日の参加者は、主催のびりけんさん、Team Free Wingsから、かもじろ~さん、じんじんさん、そして、ラーク7447さん、およびワタクシの5名です。

どうし120915

この時点で既にお昼前。
まずはランチを食べに、忍野村の渡辺うどんにレッツゴー。


こちらの渡辺うどんは、グルメ漫画「美味しんぼ」にも登場した人気店。

渡辺うどん

駐車場も混んでいて、さすがの客の入りでした。

注文したのは肉冷やしつけうどん。

肉冷やしつけうどん

吉田うどんならではのコシに大満足。


お腹が一息ついたところで向かったのが、同じく忍野村にあるおしの製麺。

忍野製麺

こちらで試食を強制されながらお土産をゲット!

奮闘中

じんじんさんもラークさんも収納に困ってましたね。


お次に向かったのは本栖湖です。

そこそこ交通量はありましたが、割とスムーズに国道を走って本栖湖畔の湖仙荘の駐車場に到着。
と、駐車場にとめるやいなや、湖仙荘のお母さんから矢のような勧誘が。

それにのったというわけではありませんが、本日の地域貢献を。

白桃ソフト120915

白桃アイス、うまうま~。


と、われわれのバイクの真後ろに停止する怪しげな黒いスカブが。

なんと、TFWのじんさんです。

その後、じんさんも加わって「暑いなぁ~」なんて話をしていたら、「冷たい温泉に行きます?」とじんさんが。
どうやら、この駐車場を少し下ったところに湯温の低い温泉があるそうな。

「自分。温泉セット持ってるんスよ」というラークさんの声に押され、急遽、その温泉に向かうことに。
早速、ナビをセットするじんさん。

じんさん登場

・・・って、『すぐそこ』に行くのになぜにナビが必要なのかに?

若干の疑問を感じつつも、そこはバイク乗り。
バイクに跨った瞬間に、あらゆる疑問を忘れるトリ頭・・・。クルックー・・・。


じんさんを先頭に高原を下る6人の勇士達。
国道300号で高原を下り、ぐるりと湖畔を回って到着~。

・・・と思ったら、そのまま湖を離れていきます。

ワインディングをうねうね走ったと思ったら、今度は大きな川のほとりの快適な道をアップ↑&ダウン↓。


先頭を行くじんさんの黒いスカブを、びりけんさんのGSX-Rが追いかける。

続く私の直後にたびたびラークさんが迫り、その後ろにはじんじんさんのマグザムとかもじろ~さんのPCXが!

ん? なんか走行速度がおかしくないですか、そこの125cc!?



長躯の果てに到着したのはこちらの佐野川温泉。

佐野川温泉


佐野川温泉2

結構お客さんがいますね。


にしても、えんえん1時間は走ったでしょうか?確か、『すぐ』のはずだったのでは?
そのことをじんさんに尋ねたところ、「すぐだったでしょ?」と涼しい顔。

後でわかったのですが、なんと、じんさんは時計の長針が読めないことが判明!
「短い針で5分か10分」って、あなた。それは世間では「1時間から2時間」って言うのですよ?
恐るべし山梨・・・。


とまれ、佐野川温泉に入っていく一行。
こちらのお風呂は、少し硫黄の匂いのするアルカリ性の無色のお湯。
内風呂の二槽と露天の二槽が全て温度が違う凝った温度設定。
さっと体を洗った後、まずは、ほてった体を冷ますべく、一番冷たい温泉にザブン。

ぶぇ~っ・・・・、気もちエェ~。

なんてことない話をしながらつかる温泉の気持ちよいことよ。
まさに極楽気分?

と、「ホント幸せそうな顔してるね~」とじんじんさんの突っ込みが。
へへへ。


季節柄、冷たい温泉もちょうどよい温度。
でも、あまりに長く冷たい湯船に浸かっていたためか、足がつっちゃいますた・・・。


その後、暖かい湯船に浸かり、充分リラックスして温泉を後にするころには、外はすっかり夕暮れ模様。
最後に夕食を取るために由比のさくら屋へ向かうことに。


富士川を対岸に渡り、国道52号を南下。
2、30分ほど走ってから何気なく停まった信号で、後ろにいるじんさんからお声が掛かる。
ふと振り向くと、そこには富士山が静かにたたずんでました。

イイネッ!

じんさん、あーざーっす!


やってきたさくら屋さん。

さくら屋

遅い時間だけあり、お客さんもまばらな様子。

頼んだのは、こちらの桜えび定食。

桜エビ定食

旨し!

と、びりけんさんのおごりの黒はんぺんフライと、ラークさんからは卵焼きが皆さんに。

黒はんぺんフライ

静岡名物を是非にというびりけんさんのおもてなしと、らーくさんのいつもの心意気に感謝!
どちらも旨かったっすよ。

しばし歓談・歓食の後、楽しかった一日もとうとう終わりがやってきました。
かもじろ~さんの「うちに帰るまでがツーリングです!皆さん気を付けて。」の声と共に解散です。


ラークさんと私は、ともにじんさんに連れられて富士川SAから東名にON。
じんさん、先導ありがとうございました。


足柄SAでは、最後のひとっ走りに備えて恒例の一休み。

足柄SA120915

コーヒーを飲んだり、お土産屋を冷やかしたりしてました。


そういえば、バイクの横で日産リーフが充電してましたネ。

リーフ充電

何分かかるんでしょ?


その後、ラークさんとは高速で流れ解散。
お疲れさまでした。


120915終わり



本日お声がけいただいたびりけんさん、どうもありがとうございました。
富士山と黒はんぺん、堪能しましたよ。
今度はもっとディープな静岡をご紹介下さい!

他の皆さんも、色々とありましたがこれに懲りずにまた遊んで下さい!
あーざーっす!



そうそう、ラークさんからはおみやげにとあられもいただいておりましたっけ。

ラークさんおみや

美味しくいただきました。
あーしたっ!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  で、ゆっくり走ったの? ってあなた。そんなこと気にせずにこちらをどうぞ!
にほんブログ村

スポンサーサイト

アウディのスクーター!?

2012.09.19(21:35)

相方の知人から、とある海外の噂について情報をいただいたので情報共有です。


この春、ドイツの自動車メーカーであるアウディが、イタリアの二輪メーカーのドゥカティを買収することに合意したという記事を読んで、ビックリした方も多かったのではないでしょうか。


その買収に関連し、アウディがスクーターマーケットに参入するのでは?なんて記事がありました。

元になるのは当然ドゥカティのスクーターらしく、本当ならOEM生産になるのかな??


昔々、スクーターを作っていたドゥカティですから、現代にスポーツスクーターを作ってもおかしくはない・・・。


気になる外観はごらんの通りです。
(写真は一番下にあるリンク先からいただきました)

まずは、こちらがアウディのスクーター。

アウディ

シルバーのボディに輝くフォーリングスがカツコイイ。


で、こちらがドゥカティのスクーター。

ドゥカティ

こちらは、鮮やかな赤ボディとトラスフレーム調のデザインがドゥカティらしい。


ドゥカティがスクーターを作るのでは、という話は数年前からありましたねぇ。
でも、まさかアウディと兄弟車を造るなんて話になるとは夢にも思いませんでした。

まぁ、本国イタリアでのスクーター販売は、同社の安定経営に寄与するかも知れませんし。
さて、どうなるのか??


昨今、中国関連で問題のアウディですが、やはりクールな商品力は魅力的・・・。
アフターセールスが必要なので自動車ディーラーで売るのは難しいでしょうが、さてさて?


記事の原文はこちらから。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ドカがスクーター?、そんなこともあったねぇ ってあなた。こちらにも思い出がいっぱい!?
にほんブログ村


とある国から (いつでも・・いつでも北海道に 帰って来いよ!!編)

2012.09.13(23:15)

さて、然別湖に向かう道では、木陰がいい具合に太陽の光を遮ってくれます。
平野部とはうって変わって涼しい気候の中、カーブの続く高原の道を楽しんでおりました。


と・・・、突然視界の右側が開け、展望台が出現。

ここでふいっと右折をし、駐車スペースぎりぎりに停めて目の前に広がる視界を堪能。


扇ヶ原PA

ここは扇ヶ原展望台。
眼下に広がるのは、自衛隊の演習場を含む広大な十勝平野です。


地平線

空と大地の境界が霞んでよくわかりませんが、何となく丸いような?
この写真ではいまいち伝わりませんが、とても解放感があります。


あれっ、時間はまだ14時半なのに、気持ち肌寒くなってきましたヨ?

ちょっと早いですが、これで地平線を堪能したことにして、そろそろホテルに向かいましょうか。


え、然別湖ですか?
その昔、湖畔でキャンプをしたことがあるので、今回はパスしましょう!


高原を降りて行くと、やはり、というか暑くなってまいりました。

が、それも国道274号と国道241号に囲まれた一大農地に入る頃には、ぽかぽかとした暖かさに変わっていました。

今走っている国道274号は、この農地の北側にある延々17kmも続く直線道路。
せっかくですから、写真を撮っておきましょう。


直線17km



ここで、改めて本日の愛車を観察してみましょう。

まずは、気になるDCT部分。


NC700XDCT1

ふむ。
確かに少し出っ張っているとは思いますが、邪魔になるほどではありません。


他に外観上の特徴は、クラッチとシフトペダルがないことでしょうか。

特に、クラッチがないのは違和感がありますね。
なんか、いつも手にしているものがないと何かが不安・・・。
赤ちゃんのおしゃぶりタオルみたいな?

で、こちらがその映像です。

NC700XDCT2

代わりというわけではありませんが、シフトスイッチとサイドブレーキがあります。

このサイドブレーキですが、何と解除し忘れても走ることが可能です。
事実、私は何度か解除し忘れて走ってしまいました。

毎回すぐに気付いて解除したので、特に違いは感じませんでしたが、そのまま走っていたらどうなってたんでしょうね?


で、右側にはシフトモードスイッチがあります。

NC700XDCT3

走行モードにはオートマ(DとS)とマニュアル(M)がありますが、Dは楽々、Sはきびきび、Mでは操っている感が感じられます。

いやぁー、それぞれよくできている!
走っていて不満に感じることは全くと言っていいほど有りませんでした。

あっ。
唯一、未舗装路を走った時だけはクラッチが欲しくなりましたが、それも不便と感じるほどではありませんでした。
いやはや、素晴らしいできだと感心しきり。



感心も充分にしましたし、15時半を回って気持ち肌寒さが出てまいりましので、先を急ぐことにしましょうか。


いかにも北海道な広域農道を走っていると、何やらフォトジェニックな景色に出くわしましたので、思わず車両を停めてパチリ。

十勝広域農道


バイクもついでにパチリ。

十勝平野


その後、さらに南下を続けていると、何と白樺並木発見!
ダートでしたが無視して突入し、またまた写真をパチリ!!

白樺並木

ふーっ、写真はもうオナカイッパイ・・・。

なんだか満足しましたので、気持ちよく帯広入りできました。


帯広での本日のお宿はこちら。

帯広ワシントン

帯広ワシントンホテルです。

ライダー慣れしているんでしょうね。バイクを置くところを訪ねたら、すぐに場所を教えてくれました。

帯広にて


チェックインを済ませ、30分程部屋で休んだら、すぐに食事に出発です。

空いたお腹を抱えて、やってきたのはこちらのお店。

ぱんちょう


元祖豚丼のぱんちょうです。

こちら、創業昭和8年という老舗。
北海道の開拓史を身近に目にし、共に歩んできたんでしょうね~。


豚丼には、松竹梅ありますが、私は松を選択。
といっても、松は一番豚が少ないやつです。
本当は梅にしたかったのですが、この後があるので、我慢我慢。

何て考えていたら、早速、やつがやってまいりましたヨ!

先程の感傷も、こちらの豚丼を前にしては吹っ飛びます。

ぱんちょうの豚丼

いやぁ~、豚が柔らかくて美味しー!!
ブー、いや、モー、大満足?


その後、お勘定をすませ、随分増えた待ち行列をしり目に外に出ると、次なるお店を探して街をさまよいます。

駅の反対っかわまで迷ったりして、二倍の距離を歩いてなんとか辿り着いたお店がこちら。


六花亭本店

はい、みんな大好き、六花亭本店です。


こちらには喫茶室があるはずだったのですが、この時間は既に閉まってました。


が、捨てる神あれば、拾う神あり?
売り場にイートインスペースがあり、目の前で買ったお菓子を食べることができるとのこと!

喜び勇んでいただいたのは、帯広本店限定商品のサクサクパイと雪コンチーズです!


サクサクパイ&雪コンチーズ

サクサクパイは、サクサクっとしたパイの中に絞りたてのカスタードクリームがたっぷり。

雪コンチーズは、 ココアビスケットでベイクドチーズケーキを挟んであります。

サクサク感を味わうため、それぞれのお勧め賞味期限は3時間と2時間だとか。


イートインスペースに準備されているコーヒーと共にいただきまーす!




うっ・・・・・、まーい!!!


もう涙もの?

あぁ、羨ましがるななパパさんの姿が目に浮かぶようです。・・・・・(゚ー゚*?)オヨ?



さーて、楽しかった一日ももう終わり。

ホテルに帰って、北海道限定のサッポロビールを飲んで終了~。

長い一日がようやく終わりを告げました・・・。

北海道さっぽろビール




開けて翌日。

・・・ガーン! ∑( ̄[] ̄;) 

雨が降っている・・・・。


しばしボー然と空をニラムも、お天気には勝てるはずもありません。
諦めて、朝食のおにぎりを食べながら作戦を練ることに。


本来なら今日は、洞爺湖を巡った後、ニセコパノラマラインを通って今回の旅の目的地・ニッカの余市蒸留所に行く予定。

でも、雨なので無理はやめましょう。
パノラマラインは諦めて、高速だけを通って小樽経由で余市に向かうことに。


そうと決れば、チェックアウトして、カッパオンでレッツゴー。


帯広市内では、知らない土地の慣れないバイクでの雨天走行ということで最初こそ緊張しましたが、できのよいDCTとナビに助けられ、しばらく行くと普通に運転ができるように。

操作や心配が少ないということは、それだけ周りに気が配れるというもの。
いいなぁ、このバイク・・・。なんだか欲しくなっちゃいますね!


それはさておき、はるか250km西に向かうため、帯広市内を西に抜け、帯広広尾自動車道から道東自動車道に入ります。

雨は降ったり止んだりの小雨状態。
高架にある高速は風も少し強く、時々振られて怖い怖い。


と、山間に入る段階で、何と霧が発生。


「あー、そういえば、トマムは雲海テラスが有名だったよなぁ~。」なんてのんきなことを考えていると、霧は益々濃くなってきましたヨッ!!

リアライトがなければ、数十メートル先を走る車が識別できません。

わーい、怖ーい・・・・・。

半端なく、マジ怖いっす。


それでも、この辺にたくさんあるトンネル内では霧も晴れますし、安全運転を心掛け、余市蒸留所を目指してひたすらに西を目指します。


と、目の端に見えた電光掲示板に「通行止め」の文字が・・・。


とはいえ、走り続けるしかないので、そのまま高速を走っていると、再び電光掲示板に「交通事故で通行止め」の文字が・・・。

やはり・・・見間違いじゃなかったのね?


どうやら、道東道から道央道に乗り入れるジャンクションの辺りで事故が起ったらしく、ジャンクション手前の千歳東ICで強制的に高速を下ろされる模様。


雨も激しくなってきたので、千歳東IC直前のキウスPAでしばし雨宿り方々ひとり作戦会議をすることに。

通行止


この時点で雨は豪雨の様相を呈しており、天気予報では午後はずっと雨の模様。

高速の通行止めはそれほどの距離はないものの、この雨では一般道でも危険なことは明白。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



結局、苦渋の選択で、このままバイクを返却して早めの便で東京に戻ることに。

今回、余市蒸留所に行くのが最大の楽しみだっただけに非常に残念ですが、ここはやむなしということで自分を説得。



それでも、レンタルバイク屋に行くまでの道で暴風と豪雨にさらされていると、自分の選択が正しかったと思うことたびたび。
レンタルバイクの返却場所に着いた時には、心底ホッとしましたね。


同じように考えて早めに帰ってきた方が多かったようで、続々とバイクが戻ってきています。
混まないうちに、一足お先に空港に戻れたのが不幸中の幸いかな?



空港では飛行機の便を変更してからお昼をいただくことに。


北海道に来たからには、最後はやはりアレでしょう!
・・・とばかりに向かった先はこちら。

松尾ジンギスカン

松尾ジンギスカンです。

銀座や赤坂にも店舗がある名店ですが、北海道で食べることに意義がある!と、お店の中に突進です。


そしてぇー、ジ、ン、ギ、スゥーッ、

ジンギスカーン

カーン!!



食事が運ばれてきてからは、雨で目的を果たせなかったことなど吹っ飛んでいました。


うん、旨しっ!!

羊の臭みもほとんどなく柔らかいお肉に、ついついご飯をお代わりしてしまいました。

うーん、満足、満足。



食後は、ターミナルホテルに預けた荷物を受け取りに行き、軽装に着替えたら飛行機が飛ぶまで1時間を切っていました。


やばしっ!



急いでお土産屋に行き、目星を付けておいたお土産を購入。
その後、近くで目に付いたお店でデザートターイムッ!!

この旅二度目の地域貢献。
シナモンラムパフェです。

シナモンラムパフェ

一口食べて・・・・・・・、

美味いっ!!


・・・・けれど、飛行機の時間が迫っています。
残りをさっさとかっこんで、搭乗口へと急ぎました。



ふと見ると、雨はだいぶ落ち着いてきた模様。

外は雨

それでも、後ろ髪惹かれることなく飛行機に乗れたのは、自分が大人になったのか、それとも、満足いくまで食べることができたためなのか・・・・。

真相は藪の中・・・・・。


よーし、次回は絶対余市に行くぞぉー!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ジーンゥ、ギィス~、カーン! こちらにもおいしい記事がいっぱいです!
にほんブログ村


とある国から (母さん 今日も雲がきれいです編)

2012.09.10(22:05)

何やら細い通路。・・・さて、ここはどこでしょう?

ボーディングパス

って、飛行機のボーディングブリッジなのはバレバレですね。

先週の週末を利用して、北海道を旅してきましたのでそのご報告。

今回は、金曜の夜に北海道入りして、レンタルバイクを借りて土日を楽しむというプランです。



空港に着いたのは、実に夜中の8時。

ホテルにチェックインする間も惜しみ、グルメ広場に急ぎます。
だって、お店がしまっちゃうんだもん・・・。


やってきたのはこちらのお店、えびそば一幻です。(写真は閉店後に撮影デス)

一幻

甘えび(南蛮海老)の頭からとったスープと、純度100%の海老粉が効いた、実に海老海老したラーメンです。

塩・みそ・しょうゆと三種類の味に、トンコツスープの混ぜ具合、および麺の太さが選べます。
私が選んだのは、海老塩ほどほど(ほどほどのトンコツブレンド)に太麺、チャーシュートッピングです。

海老塩ラーメン

実に海老がしっかり効いていて旨し!

ラストオーダーが8時半と早いこともあり、その後も入れ替わり立ち替わりお店に人が来ます。
チェックイン前の夕食作戦、大成功。


満腹になった後は、ホテルにチェックイン。
レンタルバイク屋さんが空港の近くなので、エアターミナルホテルを利用。
さすが空港の中。窓からは滑走路が見えます。

窓から空港

こちらのホテル。
料金は実にお高いのですが、ぎりぎりまで寝ていられるのと、移動がなくて楽なので選んじゃいました。
が、空港に併設している温泉施設が使えるとのことで、早速利用。
ゆっくりお湯につかって、初日の夜は更けて行きました。



開けて翌日。
まずは北海道限定のジョージアで頭をシャキッとさせ、

北限定ジョージア

空港からバスに乗ってレンタルバイク屋さんに移動。

バスの中

結構きれいな店舗ですね。

819新千歳

今回借りたのはこちら!

819新千歳2

(ちょっと遠いですが)NC700X-DCTです。
周りには、今朝出発のバイク達。

左側グリップに、クラッチもリアブレーキもないのが不思議な感じです。


さーて、まずは朝ごはんを食べに、苫小牧目指してレッツゴー!

苫小牧まで

・・・・・出発して1分。
何故か、レーダーが作動を停止。
およっ?


レンタルバイクのある千歳郊外から苫小牧までは、一般道でわずか25kmほど。
迷いようもない道を、ナビの力を借りて迷走しつつ、およそ1時間弱でお目当てのお店に到着。

それはこちら。

マルトマ食堂

漁港にあるマルトマ食堂さんです。
先日天空の里でご一緒したY'sさんお勧めの店舗。

人気店ですが、10時前と時間が中途半端なので5分程待っただけで入店。
店内には、有名無名の人々の写真とかサインとかが所狭しと飾ってあります。

マルトマ店内

人気の生ホッキ丼を頼もうかと思ったのですが、入口にあったこちらに惹かれてついつい店長丼をオーダー。

店長丼セール

でもこれが失敗でした。

何と、待ち時間40分・・・。

直前に隣に座った方が頼んだホッキカレーは10分弱で来たので、遅れた理由が皆目分かりません。
基本、切って乗せるだけのはずですが・・・。

とはいえ、やってきた店長丼は、見るからに美味しそう!

店長ドーン

まさに、店長ドーン!


新鮮な具材に、ハラヘッターのスパイスが効いてとてもおいしゅうござんした。

次回は生ホッキ丼かホッキカレーを、ホッキしゅうまいを付け合わせにして食べたいなぁ、と。
いつかまた是非に、と心持ちを新たにしました。



さて、お腹も膨れたことですし、お次は東を目指して高速に乗りいれます。
先程までは全然涼しかったのですが、何やら太陽光線がじりじりと暑い・・・。


ジリジリジリジリ・・・・・

ひゃぁー!!


あまりの暑さに途中で飲み物休憩です。

由仁PA

こちらは由仁PAというのですが、トイレとドッグラン以外何にも無い。

仕方ないので、日差しが照りつけるベンチでアイスコーヒーを飲んでいたら、手に持ったコーヒーがあっという間にホットコーヒーに早変わり。
あちぃー。


それでも・・・・、この先の道は高地を抜けるトンネル街道ということが地図からわかっていたので、先を急ぐこととしましょう。


案の定、しばらく走ったらだいぶ涼しくなってきました。
メロンで有名な夕張を超え、雲海テラスが素晴らしいトマムを超え、さらに20分程走ると、目指す十勝清水ICに到着。
ここで高速を降りて、山中にある然別湖を目指します。


しばし低地を走っていましたが、なんだかとっても暑いのなんのって・・・・・。

結局我慢できず、道の駅しかおいで途中休憩。

道の駅しかおい

今回一発目の地域貢献中~。

ナチュラルチーズソフト@しかおい

こちら、ナチュラルチーズソフトと名乗るだけあり、チーズの味がしっかり。
美味し!!

ベンチの横にある実がいっぱいなっている梨の木を見ながら一服。
水分を採って再出発!

しかおい梨


さすがに山道に入ると空気がてきめん涼しくなってきました。

自然とバイクを脇に停めてパチリ。

高原の道ウリマク

こういうまっすぐな道を走ると北海道を実感します。

いやぁー、気持ちいー!!!


と、北海道を実感できたところで、本日はここまで。





にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  店長ドーン! こちらにもスゴイ記事が!
にほんブログ村


滋養強壮!ゼロ磁場探訪(天空の里編)

2012.09.04(22:01)


さて、ハイランドしらびそでマターリとした一行ですが、そろそろお腹が空いて参りました。

ちょうどpenguin774さん達がつぶやいてたことですし、道の駅遠山郷で我々も遠山ジンギスカンを食べよう!

と、思ったのですが、せっかく近くまで来たことですし、日本のチロル、天空の里こと下栗の里へ寄って行くことに。


ここから下栗の里へは南アルプスエコーラインという舗装林道を通って行きます。

バイクにとっては充分な道幅があるのですが、結構車が通るのと、ガードレールがない場所もあって、時々スリリング。

エコーライン



そんな道を一時間弱走ったところで、道路の左側に天空の里ビューポイントに行く人に駐車場が無い旨伝える看板が。

ようやく着いたか~。

そう思ってバイクを駐車スペースに停めようとすると、先に来ていたバイク軍団がこっちを向いてニコニコしている。

おぉ、ここまで来る人は人懐っこいなぁ!

なーんて、のんきなことを考えていたら、penguinさん達でした・・・・。

まったく気付きませんでしたよ・・・・。


penguinさん達は、ちょうど天空の里ビューポイントからの帰りだそうで、これからしらびそ峠に向かうのだとか。


ほんの束の間お話しをして、penguinさん達をお見送り。

Pさんと遭遇


さて、我々はというと、疲れた身体に鞭を打って天空の里ビューポイントへと向かいます。

天空の里入口

地元の方が林に造られた道を通ってビューポイントに向かいます。

天空の里道


着いたところは・・・こちら!

天空の里

下栗の里です!!

標高800m~1000m、最大斜度38度と云う急傾斜地に民家が集まったまさに天空の里。

イイ感じですね~。
さすが、日本の里100選に選ばれただけあります。


その後、この里の一番上にある高原ロッジ下栗で、お土産の下栗いもを買いました。

下栗いも

このおいも、日本に伝来した当時のじゃがいもの特徴をよく残しているそうで、小振りで味が濃いのだとか。
食べるのが楽しみ~。


さて、ここにきて、かなりお腹が空いて参りました。
ナビによると、道の駅遠山郷まではわずか7.6kmの近距離。

急いで記念写真を撮って、いざ出発~。

夕陽百選下栗

そうそう、ここは長野県の夕陽百選に選ばれているとか。
奥の山に夕日が沈む様は、さぞや見応えがあることでしょう。


しばらくして、下栗の里にこだまする3台のバイクの音。
今まで眼下に見ていた天空の里を通り抜け、我々が目指すのは、遠山ジンギスカンの待つ遠山郷・和田宿です。


すっかり走り慣れた感じの林道を降りていくと、すぐに秋葉街道こと国道152号に合流します。
この道を数キロ行くと和田宿があります。
なんだか懐かしい町並みを曲がり、遠山川にかかる橋を越えると、そこに道の駅遠山郷があります。


バイクを適当に駐車して、霜月祭りの銅像もものかわ、とっとと道の駅に向かいます。

和田宿


だって、もう3時半ですよ?
お腹すいて死んじゃいますよ・・・。


と、ここでハプニング発覚!!

なんと!レストランがやってない!!
どうやら、祭りがあるのでそれどころじゃないような?

ガーン!!!

焦って近くのレストランに電話するも、全て準備中・・・。

仕方がないので、コーヒー牛乳で栄養補給。
あ、懐かし美味かったっす。


協議の結果、ここで時間をつぶして再オープンを待つのでなく、50km先にある飯田市まで行って食事を取ることに。


そうと決まればレッツゴー!!


もう、なんだか目を三角にして飯田市を目指します。


と、和田宿を離れること数キロ。
国道沿いに梨元ていしゃばというお店を発見!!

梨本ていしゃば

閑散とした店内に、味を少し怪しみながらも、吸い込まれるようにお店に入っていく私達・・・。
いや、もう限界だったっすヨ・・・。


お店では、遠山名物のジンギスカンを無視して唐揚げ定食をチョイス!

唐揚定食

いや、本日のお勧めだったので、つい。
これも普通に美味しかったっすよ。特に、ミョウガのお味噌汁が。


お腹に物を入れて落ち着いたら、ちょっと辺りを散策しましょうか。
何と鉄道がありますよ?

遠山森林鉄道

でも、線路は途中で終わってる。

線路施設

なんだべぇ?と思っていたら、こんな立て札が。

24年度事業計画


どうやら、昔ここにあった森林鉄道を復活させるという計画のよう。

なるほど、だから名前がていしゃばなのね。


と、納得したところで時計を見ると、もう17時です。
そろそろおうちに帰りましょう。


途中で、お野菜を買ったり、ガソリンを入れたりしながら中央道に乗り、やってきたのは諏訪湖SA。

まずは、本日二度目の地域貢献でレアチーズソフトとやらをいただきます。

レアチーズソフト

おぉ、美味し!!

と、ソフトクリームを堪能していたら、なんだか辺りはすっかり暗くなってまいりました。
それもそのはず、既に19時をまわっております。

しかし、この先の道は大渋滞しているとのことなので、スタバのテラスでコーヒーブレイク。

スタバアイス@諏訪湖SA


結構な時間お休みしてましたが、まだまだ渋滞は収まる気配がありません。

と、30分後に諏訪湖で花火が行われるとのこと。

テラスのど真ん中の一番イイ席に座っていることですし、ここまできたら、と、花火を見てから帰ることに。


30分後。

諏訪湖花火

なんだか小さい花火が人の頭の高さで花開いておりました・・・。


花火が終わったので、最後の仕上げとばかり因縁の談合坂SAまでひとっ走り。

ここで、バイクと人に燃料補給。

私はチーズフォンデュお焼きとやらをいただきました。

チーズフォンデュおやき

あれ?微妙・・・・。


まぁ、そんなことは忘れて、本日の記念写真!

談合坂SA20120825

この後、中央道を走って流れ解散しました。


20120825了

さすがに山道を走っただけあり、燃費はいまいち。
でも、700km近い距離を走ってますね!

アー楽しかった!!

ラークさん、Y'sさん
一日遊んでいただき、ありがとうございました。
色々ありましたがとても楽しかったです。

また是非遊んで下さいね~。



追伸

そうそう、お土産に買った下栗いもは、ジャガバタで食べたらとってもおいしかったです。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  天空の里が見事だネ! ってアナタ、こちらにもっと見事な記事が!
にほんブログ村


滋養強壮!ゼロ磁場探訪(山奥で磁場浴編)

2012.09.01(15:02)


さてさて、初っ端から随分とスケジュールが変わってしまった今回のツー。

とりあえず、最初は、当初の目論見通りゼロ地場地帯の「磁場坂」を目指します。


ってことで、まずは各自のペースで中央道を降りる手前の駒ヶ岳SAに向かうことに。

決して遅くは無いけれど、全く早くもないペースで高速を走ってみると、駒ヶ岳SAには私が一番乗り。

「おやっ?」と思っていたら、お二人は諏訪湖SAでガソリンを入れてきた模様。
私も急いで給油して、ここでようやく一息つけました。

駒ケ岳SA


ここで一息ついた後、いよいよ磁場坂を目指して松川ICからは一般道を走ります。

誰一人行ったこと無い磁場坂に、地図も見ないで行こうってんですからナビってすごいですね。

でも、私ニャンコ先生を先頭に、ナビが案内してくれた道のすごいこと!
うっかり写真は撮り忘れておりましたので、そのすごさは伝わらないかと思いますが、車一台通るのがやっとのとってもスリリングな道でした。

山を登り山を越え、うねうねの細い道を下ってトンネルを抜けたところ、橋の向こうでようやく普通の道に合流。

と、道案内には左に行くと松川ICとの記載。

皆さんすみません!
どうやら、わざわざ過酷な道を通って来たようです。


左から来るバイクの一団にひっついてしばらく一緒に走っていましたが、大鹿村役場のところで彼らはまっすぐ行ってしまいました。分杭峠に行くのかな?

我々はと言うと、ナビに従って秋葉街道こと国道152号を、磁場坂目指してひた走ります。

秋葉街道も国道にしてはちょい狭い1.5~2車線道路。
しかし、ここまでの道に比べれば軽い軽い。
気持ちよく磁場坂を目指します。


と、しばらく行ったところで、ナビが教えてくれる目的地に着きました。

坂を少し登ったところにバイクを置いた我々は、集まってしばらく協議。これがホントの磁場坂なのか、と・・・。

だって、あまりに普通の坂なんだもの・・・。

磁場坂

しかし、よくよく観察してみると、なんだかとっても身体が重い。
はっきりと坂の入口に向かって引っ張られるような感覚があります。


すわ、これがゼロ磁場効果では!?と色めき立ってその旨語ってみるものの、

「そりゃ、坂だからですよ。」との、Y'sさんの無情なお言葉。

うん、そうですね。これは磁力というよりは重力ですね・・・。


それでも、

坂の途中で引っ張られ感が明確に変わっている地点があったり、
(坂の勾配が変わってるのではとか言わないように!)

右腕の疲れが取れてきましたし、
(バイクを降りたからとかじゃないからね!)

なんだか身体の中からポカポカと温まって来た気がしますので、
(お天気がいいからとか気のせいだ!!)

きっと、ここが磁場坂だ!!
うん、間違いない。


そう信じることにした我々は、しばらく磁場浴を楽しむことに。

より多く磁場を受取るためか、ラークさんは地面に仰向けに・・・。

ラークさん治療中

五十肩は治りましたか?


なんとな~く皆さんが 飽きてきた 充分に磁力を受取ったころに、次の目的地を目指すことに。

オプションは3つ。

1.このまま駒ヶ根に向かい、ソースカツ丼を食べてから諏訪湖でも回って帰る。
2.しらびそ峠まで行き、南アルプスを望んでから駒ヶ根に向かい・・・以下同文。
3.遠山郷まで行き、諏訪湖でも回って帰る。

協議の結果、朝の11時とまだまだ早い時間だったので、取り合えずしらびそ峠を目指すことに。


そんな感じで秋葉街道を南下していたところ、途中、峠の入口に差し掛かったところで「安康露頭入口」の看板が。

安康露頭入口

こちら安康露頭は、中央構造線と言う大断層が露出している場所。
せっかくなので寄って行くことに。


街道を外れて歩くこと数分。
こちらが安康露頭だ!

安康露頭

いまいちわかり憎いですが、真ん中の色が変わっている辺りで地層がズレているそうです。

思ったよりも地味だったので、さっさと道を先に進むことに。


と、ここでGoPro登場。
今回は、頭のてっぺんに装着!

すかさず写真を撮るラークさん・・・。
そんなにインパクトありますかぁ?


ここからの道は、見通しの悪い狭いうねうね道。

地蔵峠で国道が途切れていたり、道中たびたび未舗装路があったりと、それなりに大変なので要注意。

砂利道20120825

そんな道の割には対向車(バイク)が多いですしね。


ぐんぐんぐんぐん登り続け、最後に如何にもな山道を登りきったところで、ようやくしらびそ峠に到着です。

しらびそ峠

やぁ!雲も少なくて、南アルプスがよく見えますねぇ~。


ひとしきり写真撮影をした後、近くにある公共の宿ハイランドしらびそに向かいます。

こちらの宿には、観光バスも停車できる大きな駐車場があります。
我々が行った時も2台のバスが停まっていました。

この時点で12時半。
さすがに少し疲れたので、地域貢献で栄養補給。

ワインアイス

信州産のメルローを使った信濃ワインアイスです。
旨し!


こちらの宿、Wi-Fiも使えるということでmixiを見てみると、penguin774さんとtomokiuさんが同時に遠山郷のジンギス丼だとつぶやいている。


そこはまさにこれから向かうところで、それは私が朝から食べたいと思っていたものですね?


こりゃぁ、どっかですれ違うかも・・・・ などと思っていたあの頃。



というところで、本日は、ここまで




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  磁場浴ってイイネ! ってアナタ、こちらにもっとイイことが!
にほんブログ村


2012年09月

  1. ゆっくり走ろう!ぶらり富士山ツー(09/22)
  2. アウディのスクーター!?(09/19)
  3. とある国から (いつでも・・いつでも北海道に 帰って来いよ!!編)(09/13)
  4. とある国から (母さん 今日も雲がきれいです編)(09/10)
  5. 滋養強壮!ゼロ磁場探訪(天空の里編)(09/04)
  6. 滋養強壮!ゼロ磁場探訪(山奥で磁場浴編)(09/01)