ダムの無いダムカツ 紅葉の福島ツー (あぁ無情編)

ウェザーニュースによると、紅葉の色づきの良さは、夏の日照や朝の冷え込み、昼の晴天などで変わるそうです。

今年の夏は十分な日照があり、また台風による葉へのダメージが小さく、紅葉の色づきはまずまずと考えられるとのこと。


それじゃあ見に行かなくっちゃ!


ってことで、以前もご一緒したいとじんさんのダムカードツー企画で秋の福島を楽しんでまいりました。


コースは以下のとおり。

6:30 蓮田SA集合→(那須高原SA)→(吾妻PA)→10:30 ふくしまスカイパーク→11:00~12:00 【ランチタイム】→(磐梯吾妻スカイライン)→13:00 浄土平レストハウス→(磐梯吾妻レークライン)→(磐梯山ゴールドライ)→15:30 猪苗代湖(カフェマリーナ)→17:00 大内宿→20:30 蓮田SA解散


企画者ご本人が仰るように、パッと見で厳しいスケジュールな感じがにじみ出ていますねぇ。

そして、ダムカードツーなのにダムに行かない!
うーん、斬新・・・。


とりあえず、蓮田SAに向かいましょー!


前の週にまさに同じコースを通られたバビロニアさん達は、なんと雪に降られたとのことでしたので、冬ジャケットを着て寒さ対策は万全です。



・・・万全過ぎました・・・・。


あまりに暑過ぎるので、走り始めて5分で中間着を脱ぐことに。
早朝とはいえ、冬ジャケットは早すぎたか・・・。


その後仕切り直して、外環道を走り始めるとともに渋滞発生!
朝から渋滞だらけ・・・。

それでも早めの出発が幸いして、3・4分の遅刻ですみました。


・・・・はい、3試合ぶりにまた負けました。(泣)
いとじんさん、すみません!!


集合場所の蓮田SAでは、いとじんさんがカメラを構えてお待ちの様子。

くっ、悔しい・・・。

蓮田SA20121027


ご挨拶の時、いとじんさんが指差す方を見渡すと、どこかで見たことのあるNC700Xが。

サプライズ20121027


なんと、penguin774さんがサプライズ参加とのこと。
が、ご本人は食べ物を探しに行っており不在。(笑)


そうこうするうちに、これまたどこかで見たことのあるようなバンディットが到着。
penguinさんの影には常にこの人の姿あり。

もう一人のサプライズ


そう、tomokiuさんです。

到着と同時に、何か食べ物を探しに行かれました・・・。


10分後。

皆さんが揃ったところで、早速出発です。

まずは、那須高原SAまでひとっ飛び!



・・・・したかったのですが、蓮田を出てすぐに長い渋滞に遭遇。

いとじんさんを先頭に、我慢我慢のライディングがしばらく続きましたとさ。



なんとか辿りついた那須高原SAでしばしコーヒー休憩。

那須高原SA20121027


こんなコーヒーを見つけましたので、軽くチャレンジしときました。

高速限定


なんてことのない普通のお味でしたね。

特にイベントもなく、しばらく休んだ後順当に再出発。


と、しばらく走った段階で前方に通行止めの案内が!

高速を下ろされる手前の安達太良SAで作戦会議。

安達太良SA

おぉっ?

いきなりホットドッグか何かを食べ始めるtomokiuさん・・・。

朝食い


結局、このまま下道でランチの場所を目指すことに。

二本松ICで東北道から強制排除され、

強制排除20121027


降りてすぐにガソリン給油。

そこから一旦国道4号を離れ、裏道っぽい細い県道を通ってから国道4号にIN。

いとじんさんのガーミンも変なルートを選んでくれるようでして・・・。


そこからは国道4号を通って福島市内まで進み、『このまま福島競馬場に行ける。いぇい!』と思ったところで急に左折。

国道13号に入ってしまいました。

後、2kmもなかったのに・・・。



13号に入って10kmも行かないうちに、本日のランチどころレストランリンカーンに着きました。

リンカーン


なんでも南北戦争当時にリンカーンが立寄ったことからその名が付いたとか。



・・・んなわきゃない!

ぶっちゃけ、由来は不明です。



そちらで選んだのはこちら。

ポーク味噌カツ


ポークの味噌カツ(特製)です。

“(特製)”ですよ、皆さん!ついつい選んじゃいますよね!(笑)


こちらの一品、トンカツのカツの中にお味噌が挟んであるのです。
ナイフを入れる度にお味噌が『ジュワッ』っと出てきて、旨し!


他の人はリンカーン焼きなるものを頼んでニンニッキーになってましたね。
そちらもおいしそう~。


というところで、本日はここまで。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  え、紅葉は? って方は、一足お先にこちらでご覧下さい。
にほんブログ村


スポンサーサイト

幻のダムカード? 小布施ソロプチツー サプライズ失敗の巻

人様のツーリング企画などに参加していると、時々参加予定の無かった方にお会いすることがあります。

人呼んで(?)“サプライズ参加”

いつかはやってみたいと思っていたところ、先日、ひょんなことから、以前ツーリングをご一緒したことのある方々が小布施に行かれるとの情報を入手。

チャーンス!


サプライズを決めてみたい!と思い立ち、小布施にソロプチツーを計画しました。
小布施で待ち伏せ・・・。ぷぷぷ。

しかも、自分のバイクだと駐車場でばれてしまうので、敢えてのレンタルバイク。

いや、年間会員枠を消化しきれなくてもったいないからじゃないですよ!
えぇ、決して!!


そんなこんなでやってきたいつもの池袋のレンタルバイク屋さんでお借りしたのはこちら。

VFR1200F


ホンダVFR1200Fです。
ホンダが大型二輪スポーツツアラーを標榜するだけあって、とっても大きいです。
(えっ、ポイントはそこじゃない?www)


お尻が特徴的ですね。

VFR1200Fテール


メーターにも何気に同じようなモチーフが。

VFR1200Fメーター


にしても大きいバイク・・・。
しかーし、大きさに負けず早速小布施に向かいましょう!


お店を出てすぐに首都高に乗るのですが、レンタルバイクに乗るときの常で、最初は慎重に加速。
カーブで曲がる際も、バイクに語りかけるようにじっくりと曲がっていきます。


振動は少ないけれどビート感のあるエンジンに、直進安定性の良さと、しっとりとしたハンドリング。

まさにツアラー。
峠がどうとかよりも、疲れずに遠くまで走るのに適した感じ。


・・・などと、エセバイク評論家を気取って関越道を走っていると、鬼太郎張りの妖怪(?)アンテナが反応。

後ろから来る存在感を感じてミラーを確認すると、何やらひらぺったい車が接近中。


G2000GT1


先週に引き続き、トヨタ2000GTです!
色はグリーン。
・・・ということは後期型かな?

VFRの直進性を信じ、車上からパチリ。

G2000GT3


そしてもう一枚。

G2000GT2


速度が合わず、さすがに全身を撮ることはできませんでしたが、走る2000GTの優美な姿をお届けできたでしょうか?


しばらくランデブーを楽しんでいると、突如2000GTが加速。

ストーキングに気付かれたのかと思いつつ後を追っていくと、何と、2000GTが二台に増殖!
グリーンとホワイトの二台で仲良く走っています。お知り合い?

上信越道に入ったのを確認したところで、マイ妖怪アンテナがさらに反応。
とある感が働いたので、思い切って二台を追い越してそのまま甘楽PAにIN。

どんぴしゃり!

甘楽PAでは、既に3台の2000GTが待機中。
ほどなく、先程の2台とさらにもう1台の2000GTが合流して、総勢7台の2000GTが揃い踏みです!

2000GTクラブ


やはり、先程のグリーンは後期型でしたね。
その後ろの赤は前期型の模様。

うーん、いいなぁ~、などと感動しつつ、彼らが去っていくまでぼーっとその優美な姿を観察してしまいましたよ。
2000GTのツーリング、羨ましい限りです。



感動もそこそこに、私は私で上信越道を再び西に走り続けることに。
目指すは小布施ですが、まだまだ時間が早かったので上田菅平ICで一旦一般道に降りましょう。

国道144号から同406号を使ってやってきたのは、こちら。

菅平ダム1

菅平ダムです。


最近すっかり集めるのを忘れていましたが、これでもダムマニアの端くれ。
いっちょ、ダムカでも集めるか!ってな感じでやってまいりました。(笑)

しかし、この菅平ダムのダムカはレアものです。
なんと、国交省が本年10/24に発表した『ダムカード配布施設』一覧に載っていないのです!?
どうやら、管理署の方が試しに作ってみたという手作り感満載のカードらしい。

『果たして手に入るのか?』

そんな疑問が頭をかすめましたが、事前調査では菅平ダムのダムカをゲットしたという情報が2・3あったので、駄目もとでやってきた次第。


相変わらず疑念を感じつつ管理所に行ってみると、管理所の扉が開かない!

しばらく周りをうろつくも、どうやら他に入口らしき場所もない。

途方に暮れて帰りかけたその時。
管理所の室内に人の影が!!

急ぎ窓を叩き、窓を開けてもらって一言。


ニャ「ダムカードいただけますか?」

管「それってなんですか?聞いたことないですねぇ。」


えっ?


ニャ「あの、ダムカードと言って、ダムの写真が付いたカードなんです。」

管「私、1週間前に赴任してきたばっかりで、よくわからないんですよ~。そういうのは引き継いでませんねぇ。」


なっ!!


ニャ「えーと、このくらいのカードなんですが・・・。」

管「うーん、ちょっと待ってて下さいね。少し探してみますから。」

ニャ「すみません、お願いいたします~。」


どきどきして待っていると、5・6分して戻ってこられました。
その手には、青く輝くダムカードが!!


管「机の引き出しに入ってたんですけど、これですかね?」

ニャ「それです!それです!!ありがとうございました!!!」

大喜びでお礼を言い、立ち去ろうとしたところで後ろから、


管「すみませんが、お名前と住所、電話番号いただけますか?」


一瞬、『へっ?』と思いましたが、万一、返却の必要が出た時にいるのだろうなと思い直してそれらのメモを残して参りました。

菅平ダム2

幻のダムカードGET!!


すっかり浮かれきってしまい、思わず帰ろうかと思っちゃいましたが、そもそもの目的を思い出し、再び、小布施に向かって進み始めました。



小布施で最初に向かったのはこちら。

栗屋風味堂

創業150年の老舗、栗庵風味堂です。
正面には、蔵に泊まれることで有名な桝一客殿があります。

桝一客殿

いいところですよ~。


こちらでまずは、本日のお土産栗庵風味堂の栗鹿の子を購入。

栗鹿の子@小布施


これで家族マイルGET!?


そしてお次はお昼ご飯をいただきます。
ご飯はこちら。

栗おこわ@小布施

新栗がおいしい栗おこわです。

こちらを風味堂のテラスでいただいたのですが、観光客であるイニシエのお兄さんお姉さん方が「あれおいしそー」と指差し確認するのがちょっと辛かったです。


まぁ、いい時間になったので本日のメインイベントであるサプライズのため、道の駅オアシスおぶせに向かいましょう。

オアシスおぶせ20121021


せっかくのサプライズ。
ここで行き違ってはいけませんので、よーく道を見はっておきます。


・・・・・30分後、待ち疲れてコーヒー休憩。


奇跡を願いつつ、某mixiに一言つぶやいておきます。

「とある道の駅で、出待ちちう~。失敗?」

道の駅おぶせで待ち伏せ


・・・・・さらに30分後、いつの間にか寝てしまったようで、居眠りから覚めた自分を発見。

寒気を感じながら一縷の望みを掛けて某mixiのつぶやきを見たところ、

「おおおお!ここは!近所だよ!」という中華回鍋肉さんのコメントが!

おぉ、じゃあ回鍋肉さんにお会いしていこうか!とも思いましたが、せっかくサプライズに来たのだし初志貫徹で、とさらに待つこと40分。

・・・・・時間切れっす。


くっ・・・、サプライズ失敗!!

レンタルバイクを返す時間を考えると、そろそろ東京に戻らなくては。
この時期の関越は大渋滞のメッカですからね。


泣く泣くスマートICから上信越道に乗ると、早速悪い知らせが。

関越との合流地点で数十kmの大渋滞・・・。


一瞬、中央道回りで帰ろうかとも思いましたが、あっちも大渋滞必至なので止めて置き、素直に上信越道で帰ることに。


途中、横川SAで地域貢献したりしながら渋滞解消を狙うも・・・、

横川SA20121021


そんな都合のよい話などなく、レンタルバイクに戻った時には既に7時前でした。


サプライズには失敗しましたが、幻のダムカードを手に入れたし、何より2000GTをたくさん見れてまぁ満足な一日でした。


あ、返却時間には間に合いましたよ。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  サプライズなんて成功するの? って方は、こちらで検証を!
にほんブログ村


BMW発売決定!!

皆様、お待たせ致しました。

(以下、写真の元ネタはこちらデス。 → moto blog.it と BMW Mottorad Italy


C650 & C600


BMWのメガスクーター、C600SportとC650GTの発売が以下のように発表されました!!
(ネタ元はお馴染みこちらこちら、そしてこちら!)



■商品名/BMW C 600 Sport


C600 Rear End

■メーカー希望小売価格(消費税込み)/1,120,000円




■商品名/BMW C 650 GT


C650 Rear End

■メーカー希望小売価格(消費税込み)/1,155,000円




■発売日/2012年11月9日(金)


いやぁ、待ちくたびれましたね!!

これがあるために新車の購入を我慢してきた人もいらっしゃることでしょう?

値段も戦略的に抑えたのか、TMAX530とスカイウェーブ650LXの価格帯にどんぴしゃり!

こりゃぁベストセラーの予感??



詳細に関しては、以下の過去記事をご覧ください。

BMWのスクーターも発表! しかも2モデル!!

BMWスクーター事情
※文中でロータックス製エンジンと書きましたが、台湾製という情報もあります。
 真相は不明なり・・・。

BMWもミラノショーでチェック!



さぁ、再来週の週末は、BMWのディーラーへGO!!!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  迷っちゃうなぁ~ って方は、こちらで一服を!
にほんブログ村


二つの富士の物語

とある土日に、二つの富士山を見に行ってきましたのでご報告。


まず向かったのは本家本元の富士山です。
日頃、遊び歩いているので、たまには家族で行かなくてはと、相方と二人でドライブですね。


早朝から渋滞する関越道を抜け、圏央道の高尾山ICから大垂水峠経由で道志みちに入りましょう。

車で走る道志みちも楽しいですねぇ~。
凸凹路面での安心感が違います。


混んでいる道の駅どうしには寄らず、そのまま一気に山中湖まで直行!

そして、山中湖を従えた富士山の雄姿!!

富士山20121013

何度見てもいいですねぇ。
やはり、富士は日本一の山。


ぐぅ・・・。


お天気がいいせいでしょうか?お腹が空いてきたので富士吉田でランチといたしましょう。


車なので、鳥居地トンネルをくぐって富士吉田に抜けるルートを選択。
透明な湧水地がある忍野村を走っていたとき、どこかで見たことのあるような赤いスカブを発見。

シャアかっ!?

・・・ではなく、いとじんさん?


相方と、「実はお店であったりして~。」なんて話をしながら着いたのは、カレーうどんのカレ吉です。
時々食べたくなっちゃうんですよね。


オーダーしたのは焼き鳥カレーうどん。

焼き鳥カレーうどん

こちらのカレーはスープカレー。さらさらスープにスパイスがたっぷりで旨し。
焼き鳥もしっかり焦げ目が付いておいしいっすね。
はじめしこしこ、そのうちに徐々に柔らかくなる吉田のうどんもぴったりな一品でした。


と、お食事の途中でなんだかハードボイルドな雰囲気が店内に充満。

どうやら入口から入ってくる二人の男から漂ってくる様子。

気になりながらも食事を済ませ、お会計の途中でパシャッ!

男同士

こんにちは。
いとじんさん親子です。
親子揃って寡黙な感じ。

せっかくの親子水入らずを邪魔してはいけませんので、ご挨拶もそこそこにお店を出ました。


代わりといってはアレですが、ムック号を激写しておきましょう。

ムック号

トップケースがお似合いで。
さぞや、福島土産が入ることでしょう??


その後、国道139号を通って道の駅すばしりへ。

塩カボチャソフト

塩カボチャソフトを食べながら、再びの偶然を期待していましたが、さすがにそれはない模様。

諦めて東名に乗り、秦野中井ICで降りて七沢温泉に向かいます。

着いた先はこちら。

盛楽苑

七沢温泉の小さな宿、盛楽苑です。
ここでアルカリ泉を楽しんで、富士山巡りの一日目は終了。




明けて翌日。

今日は、昨日とうって変わって北に向かってツーリングの予定。


本日の愛車はこちら。

グラディウス

スズキのグラディウス400。
そう、レンタルバイクです。


例によって早朝に池袋のお店でグラディウスを受け取った後、渋滞する関越道を北上します。

圏央道に分岐する鶴ヶ島JCTを抜けると車が空きだしたので、少しペースアップ。

異形ヘッドライトと小ぶりなメーターカウルに空力効果があるのでしょうか?
ネイキッドにも関わらず、思ったほど風の抵抗は強くありません。


気持ちよく車の流れに乗っていると、追い越し車線を風のように走っていくキャンディーグレイスフルレッドの銀翼を発見。

『昨日はいとじんさんに会ったから、今日は塩饅頭さんかな~。はははん・・・。』とのんきに構えていましたが、銀翼とは思えないアグレッシブな走りと、あの四角い背中はまさに塩饅頭さん?

見たことのあるメットと言い、ナンバーと言い、ご本人と確信しましたので、追撃を開始。


しばらく後ろで手を振ったり追いかけて横に並んでじっと見たりと自分の存在をアピールしたのですが、グラディウスだったのが駄目なのか取り合ってもらえませんでした。(涙)


そうこうするうちに、藤岡JCTで別々の道を進むことに。


さよ~なら~。


失意のまま上信越道を走っていると、妙に平ペッタイ車が前を走行している。

よくよく見ると、名車トヨタ2000GTじゃあーりませんか!

後ろから横から優雅な姿を眺め、後を追って横川SAに進入。

駐車場に停まったところをパパラッチ!

2000GT2

2000GT1
2000GT3


かあっこいい~!!


すっかり上げ上げ気分で軽井沢に向かいましたとさ。


着いたところはこちらのお店。


ルプティニ20121014


戸建のおしゃれカフェ(笑)ル・プティ・ニ3で遅モーニング。


ふわふわ卵サンド

これこれ、このふわふわたまごのサンドイッチがおいしいのですよ。

オーダーしてから作るのでアツアツでフワフワです。


お腹も満たされたことですし、国道18号などを通って榛名湖を目指しましょうか。


車の少ない田舎道を快適に走行し、やってきました榛名湖畔。


榛名湖畔

湖畔の宿記念公園で、コーヒーで一呼吸。

ぽかぽかと暖かい気候に、野外劇場っぽいスペースでついついひと眠り。


20分程寝たでしょうか?
なんとか起きだして、本日の目的地に向かいます。


そこで見えた景色がこちら。


榛名富士

はい、榛名富士です。

榛名湖を従えた姿は、富士の名にふさわしいですね~。


これにてミッションコンプリート!
榛名湖を一周して、満足しながら伊香保に抜けておうちに帰りました。



そうそう。
グラディウスですが、いいバイクでしたよ!


グラと榛名富士

鼓動感のあるエンジンに、すいすい曲がる旋回性。

それでいて高速走行も安定していて、回せばどこまでも伸びていきそうなエンジン。

アップライトなポジションに、柔らかめのサスが適度に路面の凸凹をいなしてくれて快適ライド。


グラメーター


ただ、惜しむらくはトルク感が薄いのよねぇ~。

そんなあなた(どなた?)にはグラディウス650ってのがありますよ!

グラ斜め

グラディウス、噂にたがわずいいバイクでした。






サイドストーリー?はこちら(いとじんさんのブログです)


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  色々な富士山もいいものですよね? こちらで別の富士山を!
にほんブログ村


初秋の木曽路のんびりツー (帰り道でトラブル続き編)

さて、長々と続いている木曽路ツーシリーズですが、今回で終了です。
今しばらくですから、もう少しだけお付き合いくださいね。


さて、木曽路を擁する長野県木曽町周辺は、古くから続くそばの産地として有名です。
現在の形のお蕎麦に関する文献上の最古の記述は、この地方にある定勝寺という大桑村のお寺に見られるそうです。
それゆえか、涼しい気候でそば作りに適した開田高原は、現在でもお蕎麦の一大産地なのです。

がしかし、乗馬をしてお腹が空いた我々が向かうのは、数ある開田高原のお蕎麦屋さんではなく
国道361号線を10分程降りたところにある変わり種蕎麦で有名な時香忘です。

時香忘


人気店と聞いて覚悟をしていましたが、そんなに並んでいませんね。
・・・と思ったら、ウェイティングリストには10組の待ちグループが・・・。

幻の蕎麦という釣り文句に惹かれたわけではありませんが、仕方が無いので待つことに。

時香忘中

ちなみに、店内はミニギャラリーになってます。


中々順番が回って来ない中、それでも、我慢して待つこと1時間。
ようやくテーブルに案内されました。

注文したのは、もり蕎麦の大盛りです。
ここのもり蕎麦は、幻の蕎麦と言われる富倉蕎麦なんかと同じで、おやまぼくち(雄山火口)というアザミの仲間をつなぎに使ったものです。

幻という形容詞が一層期待感を盛り上げますネ!

ほどなくやってきたのがこちら!美味しそ~。

時香忘そば

まずは、一本とってパクリ。

美味し!

少しもっちりしているのかな。
香りもいいですね~。

そのままいただいても、薬味と一緒にいただいても美味しいです。
薬味には、生わさびと新鮮なネギがついてきます。

時香忘わさび


ついつい、ガシガシと食べちゃいました。

そして、食べ終わったころに運ばれてくる蕎麦湯も絶品です。

とろとろした蕎麦湯は、これだけでいただけそうなほどよい香りがしています。
蕎麦つゆに溶いて飲むと、お蕎麦とおつゆの隠れていた味が広がるようで超旨し!

近くにあったら、何度でも来たいお店ですねぇ~。


いつまでもお蕎麦の余韻を楽しんでいたいところですが、先を急がなくてはいけません。
まだまだ待っている人もいるので、本日はここらで退散するといたしましょう。

お勘定の時に、眠気防止のお水をいただいちゃいました。

時香忘水

あーざーっす。


さて、国道361号を先に進み、やってきたのは道の駅日義木曽駒高原です。
目的はもちろん、本日の地域貢献!

日義木曽駒ブルーベリー

いただいたのは、ブルーベリーソフトです。
これで少しでも目の疲れが取れるのを祈って・・・。
え?日本のブルーベリーは視力改善に効果がないですって!?
まぁ、鰯の頭ということで・・・。


さぁ、もうひと踏ん張り頑張って帰りましょー!

昨日通った権兵衛トンネルを抜け、中央道伊那ICに入ります。

渋滞もなく順調ですネ。


と、順調に高速に乗ったまでは良かったのですが、事故による通行止めで伊北ICで下ろされちゃいました。


当初、国道153号をとろとろ走っていたのですがらちが明かず、ラークさんの機転で途中で脇道に逸れて諏訪ICを目指すことに。
この作戦は大成功!
県道19号から同50号を使ってすいすいと有賀峠付近に到着です。

後は峠を降りて、バイパスから諏訪ICに乗るだけ。
そう思った矢先、私の前を走るY'sさんのバイクからオイルの焼ける臭いがプーン・・・。


そういえば、オイル漏れがどーとか仰られていたので、峠を降り切ったところにあるコンビニに緊急避難。


無事にコンビニに着くことができ、感動してラークさんにひれ伏して感謝するY'sさん!

Y'sさんお詫び

・・・・ではもちろんなくて、オイル量を確認するY'sさんの図。


オイル量を見たら、やはりなんだか足りない様子。

ラークさんのナビを使って調べると、近くにあるイエローハットを発見。
急遽そこに駆け込むことに。


ラークさん曰く、「自分、ナビ完璧に使ってますよ。いやぁ、買って良かった。」


ここぞとばかりにナビの有効性を力説するラークさん。
それをお父さん気分で聞いてあげるY'sさん。

お二人のコンビネーションに、私が密かに大笑いしていたのは内緒の話。


それからイエローハットに到着し、お酌して無事に給油完了です。

Y'sさんお酌


さぁ行くぞ!・・・と思いきや、念のため今度はラークさんのスカブのオイル量も確認してみることに。

当然のように大丈夫!

・・・・なんてことは全くなく、こっちの方がもっと酷い状態だと発覚!

高回転走行が響いたのか、何と、スカブにはほとんどオイルが入っていませんでした!!

怖えぇ~!!

もしかして、オイルが焼ける臭いはスカブから出てたのか?


ラークさん。Y'sさんに頼みこんで、無事にお酌終了。

ラークさんお酌


お二人とも給油できたので、これで一安心。
後は一息に中央道を東京まで。

それでもやはり一抹の心配はありますので、取りあえず八ヶ岳PAで再度ストップし、再給油するかどうかの判断をすることに。

八ヶ岳PA20121008

八ヶ岳PAで確認したところ、オイルの量に問題はないことが確認できました。

・・・が、困難はまだ去っていきません。
ここから先は、中央道名物、30km以上の大渋滞が待っています。


とりあえず、釈迦堂PAまで前進し、そこで再度渋滞を確認!

当然ですが、全く減る気配なし・・・。


協議した結果、ラークさんはそのまま直進して中央道の渋滞に突っ込むこととし、Y'sさんは大月で進路を南にとり、御殿場から東名に抜けることに。
そして、私は、渋滞が嫌だったので、時間がかかることを承知の上で真夜中の国道411号を青梅まで抜けることに決定。
このまま釈迦堂PAで解散と相成りました。

皆さん気を付けて~。


中央道を勝沼ICで降り、真っ暗な青梅街道をたった一人で走っていると段々と寂しくなってきました。
たまーに対向車があるものの、周りに街灯などなく、前も後ろも真っ暗闇・・・。

自分を元気づけるため大声で歌いながら走っていると、奥多摩湖まで来たところで雨が降ってきますた・・・。

ありー?

仕方なくカッパオンして道を続け、へろへろになりながらようやく圏央道の青梅ICに着いた時には、高速を降りてから実に3時間半が経っていました。

まずは狭山PAにチェックイン!

狭山PA20121008

コーヒー片手に、カッパオンのまま狭山PAでメールをチェックして見ると、ラークさんは既に帰宅されている様子。

やはり、素直に渋滞が正解だったか・・・。

なお、Y'sさんは少し遅れて大井PAに到着した模様。


何とか帰宅し、必要な片づけをしてシャワーを浴びたら、既に夜中の1時になっていましたとサ!
いやぁ~、翌日の人間ドックが大変だったこと・・・。(笑)


今回のお土産は、

開田高原の新蕎麦

開田高原の新蕎麦と


妻籠の栗きんとん

妻籠で買った栗きんとんでした。


妻籠の栗きんとん2

栗きんとんが激うまだったことは申し上げるまでもありません。


今回の木曽路ツーですが、実は初めてのお泊りツーでした。
いやぁー、楽しかった~。


お付き合いいただいたラークさん、Y'sさん。
二日日間どうもありがとうございました!
お二人とも色々と大変だったようですが、またよろしくお願い致します。

そして途中までお見送りいただいたパイロンさん。
今度またどっかご一緒させて下さいね。


ラークさんのブログはこちら
パイロンさんのブログはこちら



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  完結! こちらはまだまだ続きます。
にほんブログ村


初秋の木曽路のんびりツー (宿場町を快走編)

さて、木曽路ツーの続きです。


夕方の馬篭を散歩した一行は、宿に帰って部屋で一息ついた後、食堂で夕食をいただくことに。
豪華な夕食はこちら!

但馬屋夕食

うーん、美味しそう~!


お店の主人がやってきて、ご挨拶アンド情報提供。
食後、1時間半くらいしてから囲炉裏で木曾節と木曾踊りのレクチャーがあるそうな。
それは行かなくちゃ!


いただきまーす!の前に・・・・・、お泊りとくれば考えることは一つ。
そう、乾杯です。

但馬屋乾杯

カンパーイ。お疲れ様でしたぁ。

くはぁ、旨い!

ツーリングで疲れた身体に、ビールのアルコールが沁み亘ります。
当然、食事をしながらの会話があったはずなのですが、なーにを話してましたかねぇ?
話した内容さえ既に忘れてしまいましたが、楽しかった思い出だけ残っています。


そしてお料理ですが、一つ一つのお料理は少量なのですが、これだけ品数があるとなかなかお腹いっぱいになりますネ。
たくさんご飯をお替りしていたお二人は、なかなか苦しそう?

と、そこにパイロンさんの『帰宅しました』メールが携帯に飛び込んできました。
本日は、遠いところまでお見送りありがとうございました&お疲れ様でした~。


夕御飯を食べ終えて一息ついた後は、速攻でお風呂に入ることに。
木曾踊りをおどらなくちゃいけないですからね~。

ゆっくりとお風呂に入って一日の疲れと汚れを洗い流したら、お部屋での休憩もそこそこに囲炉裏にGO!

但馬屋いろり


間もなく宿のご主人が現れて、まずは木曾節を披露。
その後、木曾踊りの由来などを伺った後、すぐさま実演にうつります。

木曾踊り

囲炉裏で丸くなり、ご主人の真似をして踊りだす一行。
途中参加も含めて、全部で8人が囲炉裏で木曾踊り。


ある程度踊れるようになったところで、何と、宿の外で踊ることに!

但馬屋外出

坂道で少し動きにくくはありましたが、行燈を囲んで、皆で楽しく木曾踊りを踊りました。
寒いんだけど、なんだか楽しい!?


踊り終わって囲炉裏に戻ると、ご主人から修了証書をいただきました。

木曾踊り修了証書


その後、囲炉裏の前でご主人とお話。
馬篭宿も後継者がいなかったり、通いの人が増えたとのこと。
そういえば、五箇山でも月1万円で茅葺屋根のうちが借主を探していましたっけ。
少子化でどちらも大変なんですねぇ~。


ご主人とお別れしてからも『我々にできることは?』と考えた結果、とりあえず、ビールを飲んで地域に貢献することに。
再び乾杯をして、しばらく話をしていると、とある人が眠そうな雰囲気に。
そのうち、当然のように、囲炉裏でゴロリ、と。(驚)

いろりでグー

おーい、ラークさ~ん?(笑)
放っておいてしばらくY'sさんとお話ししてましたが、明日の朝が早いのでもう寝ることに。

あ、もちろん、ラークさんは回収しましたよ!


翌朝


朝散歩

朝が早いラークさんと示し合わせ、5時半から宿場内を早朝散歩することに。


馬籠の朝

ん~、澄んだ空気が気持ちいいですねぇ。


恵那山

遠くには恵那山がよく見えます。


馬籠の朝2

上に上って、下に下りて、ちょうど馬篭宿の中心地を往復した感じです。



程良くお腹を空かせて帰ってき、しばらく休んだ後、呼ばれるままに朝ごはんに向かいます。
今日も体力使いますからね、朝からお腹いっぱいいただきました。

馬籠朝食2

食後すぐですが、早々にお暇することにいたしましょう。
先は長いですからね!


お支払いを済ませた我々を、宿のご主人が入口までお見送り。
ありがとうございました。

この但馬屋さん、ホテルや高級旅館のようなサービスこそありませんが、民宿らしい程良い距離感のおもてなしをしていただきました。
木曾踊りも習ったことだし、もっと地元のお話を伺いたいなぁ~。
また違う季節に是非来てみたいものです。

そうそう、昨日のビール代はラークさんの奢りでした。
ご馳走様ーっす!



さて、ここからは再びバイク人となり、次の目的地に向かいます。

馬籠バイク置き場

まずは、馬篭宿!


朝から散歩したじゃん!なんて言わないでくださいね。

こちらの宿場町、何と、朝の10時までは車両の乗り入れができるのです。
ちょいと急な坂ですが、バイクで馬篭宿を縦断!

ラークさんを追いかけてぇ、

馬籠快走

造り酒屋だった大黒屋茶房の前で皆で撮影会。


馬籠撮影会

そこで撮った写真がこちら。


馬籠とバイク

坂の途中という感じは出てるでしょうか?


そして、私の頭の上には、もちろん、GoProが!!

馬籠でGoPro


充分に朝の馬篭を堪能した一行は、中山道を一路妻籠宿に戻ります。


ここ妻籠宿でも、もちろん宿場町に進入!

妻籠快走


そして撮影会!

妻籠とバイク


くぅ~。これこれ、この写真が撮りたかったのよ!


そして、もう一枚!

妻籠とバイク2


あ、撮影会はこんな感じで行われてます。

妻籠撮影会

この後、なぜかラークさんが観光客の人気者になって、色んな方から声を掛けられてました。(笑)


ここでも充分に朝の妻籠宿を堪能し、さぁ、次なる目的地へ中山道をGO!!


県道20号を左折して着いたのはこちら。

道の駅三岳

ラークさん待望の道の駅三岳です。


コーヒーを飲んで一服・・・のはずが、少し長めの休憩を。
ここまでは割と一息で来ましたからね!


県道20号を北上し、快適な田舎道を快走して着いた先は、標高1000m以上の高地、開田高原にあるとある牧場です。

乗馬ハウス

ここで新鮮な牛乳を使ったソフトクリームをガブリ・・・・・ではなくて、


木曽馬馬場

なんと、乗馬をしようって魂胆です。


こちらの正式名称は木曽馬トレッキングセンターと申しまして、木曾町周辺で飼育されている日本在来種の木曽馬に乗れるのです。


さぁ我らの雄姿をご覧ください!

木曽馬乗馬

サボテンブラザーズじゃあありませんよ?


乗馬と言っても、お馬さんに乗って、近くの木立まで往復40分位のお散歩なんですけどね。

前を行くラークさんに、後ろにはY'sさん。
二人とも、横についてくれたお姉さんと楽しげにお話ししながらの道行です。

しかし、間に挟まれた私には誰もついていただけず、仕方なくお馬さんと会話・・・・・。

まぁいいんですけどね。
何か・・・寂しくて。


と、寂しくなったところで、本日はここまで




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  まだ続くの!? はい、続きます。こちらもよろしくお願い致します。
にほんブログ村


LSO応急手当講習

木曽路ツーの一日前。

実は、LSO(モータースポーツ・ライフセービング機構:http://www.ne.jp/asahi/master/lso/index.html)の応急手当講習に参加しておりました。

木曽路ツーの続きを上げるのにちょっと時間がかかるので、先にこちらをUpします。


本講習の正式名称はLSO認定プログラム、LSFA-Basic Skills「緊急時の応急手当と事故防止」といいまして、元々はモータースポーツのファーストエイド向けの講座としてレーシングクラブなどに行われているものなのですが、LSOの好意で、一般の方向けの定期講習会というかたちでも開催されております。
(詳細はこちら → http://www.ne.jp/asahi/master/lsfa/basic.html


今回の会場はこちら。

大田文化の森

東京都大田区にある大田文化の森です。
元区役所だけあって、立派な建物です。


講習会場である教室は、講義を受けるスペースと

LSO教室


実技を行うスペースから成ってます。

LSO教室2


こちらは、本日の教材です。

LSO教材

教科書とゴム手袋、そして人工呼吸用のマスクをいただきました。


このマスク、以下のような形となっており、マウストゥーマウスの際の精神的・肉体的ストレスを軽減してくれます。

Qマスク

真ん中の黄色いところが一方通行の弁となっていて、被害者の方からの呼気や嘔吐物が救命者に戻ってこないようになっています。
考えられていますねぇ。



さて講習ですが、まずはこちらのビデオでテキストの内容を見た後、

LSOビデオ


講師の方から関連するお話しや注意事項を伺い、質疑応答の後、すぐに実技に入ります。

LSO実習1

今回の参加者はわずか3名だったので、質疑応答にたっぷり時間をとっていただき、非常にためになりました。

また、実技もシミュレーション形式の実践的な内容です。
各人役者になったつもりで、真剣に実技を行っておりました。


講義は、事故に出会った時の被害者へのアプローチの仕方に始まり、観察、気道確保、人工呼吸からAEDまで、救急救命士がくるまでの一通りの応急処置についてで、実にためになる内容でした。

もちろん実際の現場でシミュレーション通りに動くのは難しいとは思いますが、全く何も受けていない状況よりははるかにマシな動きができるという自信がつきました。


今回の講習を通して、「応急手当はあくまで人命救助を目的として、命を救うための行為だけに集中して各種作業をする」ということを確認できたことは、ともすれば治療まで行えるのではないかという自分の奢りを払しょくし、人の命を守ることの困難さと、それ故に応急手当の重要性を再認識するのに役立ちました。


今回講義をしていただいたLSO事務局の伊東インストラクターには、下らない質問にもお答えいただき、どうもありがとうございました。

伊東インストラクター
  ※ブログへの掲載を許可いただいております

これを機会に、もう少し応急処置について学んでいこうと思いました。


そうそう、会場では救急救命セットの販売も行われておりましたので、2つ購入しました。

業務用救急セット

バイクと車に備え付けておかなくちゃ!


本ブログを見ていただいている皆様のうちこの講習に興味をもたれた方は、一度講習を受けてみてはいかがでしょうか。

次回の定期講習会は、2012年12月8日(土)に東京都大田区の池上会館で行われるそうです。
詳しくはこちら(↓)をどうぞ!
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/kousyu.html


ちなみに、講習会に参加された方には、後日、2年間有効な認定書が送られてきます。

LSO認定書

さぁ君も講習会を受けて、かっこいい認定書をもらっちゃおー!!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  まじめな内容でビックリしちゃった! ってあなた。こちらでリラックスをどうぞ!
にほんブログ村


初秋の木曽路のんびりツー (道の駅すっとばし自慢編)

さて、パイロンさんとお別れした後は、天竜川を越えていよいよ木曽路を目指してレッツゴー!

天竜川

国道361号を西進し、権兵衛トンネルを抜けて中山道こと国道19号に合流。
そこからは、中山道を南下して妻籠宿を目指すことに。

街道沿いには、5つか6つの道の駅が点在しているとのこと。

ということで!
道の駅切符を収集しているラークさんが、嬉々としてここから先の先導を務めます。


まずやってきたのは、道の駅日高木曽駒高原。

日義木曽駒高原

着いた途端に道の駅切符を買いにダッシュするラークさん!

無事に切符を手にしたラークさんが戻ってきて語るには、

「19号に入った道を逆に行ったすぐのところに別の道の駅があるんですよ。
本来ならそこにも寄りたいところを、二人に気を使って今回はパスしたんスよ。」

とのこと。
速攻で、Y'sさんにたしなめられてました。(笑)


ちなみにここは中山道の中間点、つまり、江戸にも京都にも同じ距離になるそうです。

中山道中間点

ほぇーっ。
随分遠くまで来たもんですねぇ~。

と、ちょっと時間が読め無いので、先を急ぎましょう。


次にやってきたのが、道の駅木曽福島です。

木曽福島2

ここでもラークさんがピンポンダッシュのごとく疾走します。

木曽福島1

実は、ここに来るちょっと前に道の駅三岳の看板があったのですが、ラークさんパスしてました。

道の駅切符を手に戻って来たラークさんが「三岳も泣く泣くパスしましたヨ」と主張するのがおかしくて・・・。。
「行ってよかったのに」とY'sさんに言われて、えっ?って顔してましたね。


そして、道の駅大桑。

大桑

ここはすごい混んでますね!
なんででしょ?
観光地、寝ざめの床があるからでしょうか??

ところで、その寝ざめの床の近くに「道の駅寝ざめの床」って看板がありましたが、ネットに数ある道の駅マップに乗っていません。
自称??正式なものじゃないんでしょうか。

まぁしかし、当然ここでもラークさんが「パスしましたよ」と胸を張っておられましたケド。
既にY'sさんは呆れ顔でした。(笑)


ドルチェ・カリーナで地域貢献してから結構走ったので、ここらで少し長めの休憩タイム。
道の駅内を歩き回ってバイクに戻ってきたところ、ラークさんがフランクフルトを美味しそうに頬張ってるところに遭遇。

大桑でガブ

今日の夜ごはんはきっと大量ですよって言ったところ、「マジすか・・・・・」と絶句されてました。(笑)


ラークさんの食事終了を待って、次の目的地へGo!
お次はいよいよ妻籠宿です。


妻籠に着いたのは午後の3時半。
まだまだ明るい時間だったので、少々妻籠宿内を散歩することに。

と、その前に・・・。
秋のお楽しみ、新栗の栗きんとんをおみやげとして購入。

妻籠栗きんとん

栗きんとんといえば発祥の地中津川が有名ですが、ここ妻籠の澤田屋さんの栗きんとんも最高においしいんです。
いつもいつも遊び呆けているので、おみやげで雰囲気だけでもお裾分けってことで。

いやぁ~、なんだか往時の面影を残す建物がいっぱいですねぇ。

妻籠1

数百年前も、こうしてたくさんの人がこの宿場町を行き来していたんでしょうか。

妻籠2

木曽馬の鈴の音が聞こえて来そうです・・・。

妻籠3


おっと、ついついあちこち写真を撮ってしまいましたね。

明日も来るので、今日はこの辺にしておいてそろそろ馬籠宿に向かいましょうか。


と思ったら、何やらY'sさんがニコニコしながら近づいてきました。

悪だくみ?に、二つ返事で答えると、とあるお店にチェックイン。


栗きんとんアイス

はい、栗きんとんソフトで地域貢献です。www

おいしかったけど、甘かったぁ~。

ちなみに、道の駅でフランクフルトを食べたラークさんは、今回はパスしてましたね。(笑)

妻籠には30分程の滞在で、本日の最終目的地である馬籠を目指すことに。


妻籠から馬籠までは、1.5~2車線の峠道を通って向かいます。

この馬篭に向かう道の途中で、これぞ旧街道、『The 中山道』を発見!
お二人にわがままを言って、撮影会を始めさせていただくことに。

その写真がこちら!

The中山道

これは、私の中の中山道のイメージそのものでして。

檜の木立の奥に続く一本の石畳の道。
多くの旅人が、それぞれの想いを抱えてここを歩いて行ったんでしょうね。


撮影会が終わったところで道を先に進むと、20分もせずに馬篭に到着。

宿の人に駐輪場を教えてもらい、ただちに雰囲気たっぷりの宿に入りました。

そのお宿はこちら。

馬籠但馬屋

馬籠宿の但馬屋です。


チェックイン後、少し部屋でくつろいでから、夕ご飯前にお散歩タイム。

馬籠1

妻籠と違い、馬籠は坂の途中に出来た宿場町。

馬籠2

坂の向こうには、中津川の街が見えます。
江戸時代。馬籠峠を越えてこの宿場町に着いた旅人は、遠くに見える中津川の街明かりを見てホッとしたんだとか。

馬籠でサンセット

夕焼けがきれいですね。
まさに日本の原風景?
しばし、ぼーっと夕日を眺めます。


というところで、本日はここまで。


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  栗きんとん! えっ、しつこいですか!?
にほんブログ村


初秋の木曽路のんびりツー (サプライズ編)

この前の日曜日、初秋の木曽路に1泊のんびりツーリングに行ってきましたのでご報告。


今回のメンバーは、ラーク7447さんとそのお友達のY'sさん、そしてワタクシの3名です。
なんだか、最近よくご一緒するメンバーですね。


実は当初パイロンさんも参加のご予定でしたが、諸般の事情により割愛、いや、参加できないこととなりました。
またの機会によろしくお願い致します。


さて、今回の行程は以下のとおり。

談合坂SA(!)集合⇒諏訪IC直後のGS談合坂SA(!)集合⇒伊那(ソースかつ丼)⇒伊那(地域貢献)⇒木曽路を道の駅(Max.6つ)に寄りながら南下⇒馬籠宿(宿泊)⇒妻籠宿⇒開田高原(外乗)⇒ランチ(そば)⇒釈迦堂PA解散


談合坂といえば、同じメンバーで軽いアクシデントがあったSA。
その節はご迷惑をおかけいたしました・・・・。


前々回の反省を踏まえ、今回こそは間違わず遅れずに到着するため、一週間前から密かに気合を入れておりました。
その甲斐あって、三連休や土砂降りの雨にも関わらず無事に集合時間に到着です。

2連勝。

いや、「これがネタになるってどうなのよ?」と思いますが、そこはそれ。ねぇ?


取りあえず、皆さんカッパで寛ぎます。

談合坂20121007

と、そこに近づいてくる怪しげな人物・・・。


なんと、パイロンさんがお見送りにと、途中までの飛び入り参加です!

パイロンさん登場

お忙しい中、あーざーっす!


さて、うれしいサプライズ参加を得て、一行は雨の中、三々五々にSAを出発。
一路、諏訪ICを目指します。

道中抜きつ抜かれつ・・・何て事もなく、淡々と諏訪ICに到着。


既に雨は止んでいるので、ここでカッパオフ。

ICを出てすぐのGSでガソリンを補給して、これからの長旅に備えましょう。

諏訪ICで給油


ここからは、杖突峠を抜けて伊那市に向かうことに。

この国道152号は、片側一車線の快適な田舎道。
ちょっと風が肌寒いですが、車も少なく快走快走~。


30分ほど走ったところで、一旦停止。
本来なら、ここ高遠町で西に折れ、国道361号で伊那市街に向かうのですが、ランチのお店が始まるまではまだ時間があるようで。


そこで、急遽予定を変更し、丘の上の高遠城址公園で時間をつぶすことに。

ループ橋をくるりんと回って丘の上に登り、無料駐車場にバイクを停めて一息。

高遠城址

周りを見ると、立派な桜の木がたくさん佇んでいます。
春に来ると見事そう~。


ここ高遠城は、中世に武田・織田・徳川が覇を争った重要拠点。
しかし、今はお城の大手門が静かに城跡を見守っています。

高遠城大手門

兵どもが夢のあと・・・。

なーんて、感慨深そうに書いていますが、実はこちらを訪れるまでこのお城のことはよく知りませんでした。
パイロンさん(あれ?Y'sさんでしたっけ??)に教えてもらうまでは、よくある田舎のお城という認識だったのは内緒の話。
いやぁー、勉強になります!


30分ほど公園でゆっくりとし、伊那市のランチ場所を目指して出発進行ー!


古い町並みを抜け、国道361号を西進すると、20分ほどで伊那市に到着。
本日のランチは、こちらのお店です。

青い塔

元祖ソースかつ丼で有名な青い塔です。

さすが有名店ですね。
オープン10分前だと言うのに、既にこんなに人が並んで待ってます。

が、幸いまだ人も少なく、第一陣として入店できました。

頼んだのは、もちろんソースかつ丼。
まずはスタンダードということで、ロースかつ丼をチョイス。

ソースかつ丼ロース

やってきたこちらのカツ丼にガブリ!

ロースと言うことで、少し脂身が多いのですが、美味しす。


食べ終わってからも行列は止まず、早々にお店を出ることに。


ナビに導かれ、なんだかよくわからん田んぼの真ん中を通って辿り着いたのは、こちら。

ドルカリ

ドルチェ・カリーナです。
こちらで絶品ジェラートで地域貢献タイム!

オーダーしたのは、カフェグラニータとピスタチオのSサイズ270円です。

ピスタチオ&カフェグラニータ

んがっ!激うま!!
特に、ピスタチオは、我が人生で1・2を争う美味しさ!!!

店内でジェラートを頬張る漢達の図・・・。

ドルカリ内部

ジェラートとお店の人との会話をたっぷりと楽しんだ後、ここでパイロンさんとはお別れです。

パイロンさん離脱

今日は、わざわざお見送りあーざーっす!
帰路、お気をつけて~。


というところで、本日はここまで。


にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  ピスタチオ! こちらにも美味しそうなものがいっぱい!?
にほんブログ村

新型スカイウェーブ登場!?

ご存知の方も多いと思いますが、現在、ドイツのケルンで行われている二輪車の国際見本市インターモトにて、スズキがバーグマン650(日本ではスカイウェーブ650相当)の新型を発表しました。

新型デカブ

上の写真は、以下のサイトから拝借しました。(ので、万一、版権者からクレームがあれば削除します)
バイクブロスマガジンズ


フロントセクションは、250や400と同じデザインモチーフになってますね。
また、リアセクションもすっきりとしています。
さらには、燃費が15%Upですって。

うん、カッコいいし、魅力的ぃ~。


もっとよく知りたい方には、以下のサイトにカタログ風の情報がありますヨン。
英語だけですが、写真を見るだけでも面白いっす。

issuu.com


現在デカブにお乗りの方、次期愛車にいかがですか?



ちなみに、ドゥカティやアウディからスクーターの発表は無かった模様。
ホッとしたやら、残念やら?
ねっ、コジコジさん!?




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  かっこいー って思ったあなた。こちらにもかっこいいバイクがいっぱい!
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる