FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

初秋の木曽路のんびりツー (帰り道でトラブル続き編)

2012年10月21日
さて、長々と続いている木曽路ツーシリーズですが、今回で終了です。
今しばらくですから、もう少しだけお付き合いくださいね。


さて、木曽路を擁する長野県木曽町周辺は、古くから続くそばの産地として有名です。
現在の形のお蕎麦に関する文献上の最古の記述は、この地方にある定勝寺という大桑村のお寺に見られるそうです。
それゆえか、涼しい気候でそば作りに適した開田高原は、現在でもお蕎麦の一大産地なのです。

がしかし、乗馬をしてお腹が空いた我々が向かうのは、数ある開田高原のお蕎麦屋さんではなく
国道361号線を10分程降りたところにある変わり種蕎麦で有名な時香忘です。

時香忘


人気店と聞いて覚悟をしていましたが、そんなに並んでいませんね。
・・・と思ったら、ウェイティングリストには10組の待ちグループが・・・。

幻の蕎麦という釣り文句に惹かれたわけではありませんが、仕方が無いので待つことに。

時香忘中

ちなみに、店内はミニギャラリーになってます。


中々順番が回って来ない中、それでも、我慢して待つこと1時間。
ようやくテーブルに案内されました。

注文したのは、もり蕎麦の大盛りです。
ここのもり蕎麦は、幻の蕎麦と言われる富倉蕎麦なんかと同じで、おやまぼくち(雄山火口)というアザミの仲間をつなぎに使ったものです。

幻という形容詞が一層期待感を盛り上げますネ!

ほどなくやってきたのがこちら!美味しそ~。

時香忘そば

まずは、一本とってパクリ。

美味し!

少しもっちりしているのかな。
香りもいいですね~。

そのままいただいても、薬味と一緒にいただいても美味しいです。
薬味には、生わさびと新鮮なネギがついてきます。

時香忘わさび


ついつい、ガシガシと食べちゃいました。

そして、食べ終わったころに運ばれてくる蕎麦湯も絶品です。

とろとろした蕎麦湯は、これだけでいただけそうなほどよい香りがしています。
蕎麦つゆに溶いて飲むと、お蕎麦とおつゆの隠れていた味が広がるようで超旨し!

近くにあったら、何度でも来たいお店ですねぇ~。


いつまでもお蕎麦の余韻を楽しんでいたいところですが、先を急がなくてはいけません。
まだまだ待っている人もいるので、本日はここらで退散するといたしましょう。

お勘定の時に、眠気防止のお水をいただいちゃいました。

時香忘水

あーざーっす。


さて、国道361号を先に進み、やってきたのは道の駅日義木曽駒高原です。
目的はもちろん、本日の地域貢献!

日義木曽駒ブルーベリー

いただいたのは、ブルーベリーソフトです。
これで少しでも目の疲れが取れるのを祈って・・・。
え?日本のブルーベリーは視力改善に効果がないですって!?
まぁ、鰯の頭ということで・・・。


さぁ、もうひと踏ん張り頑張って帰りましょー!

昨日通った権兵衛トンネルを抜け、中央道伊那ICに入ります。

渋滞もなく順調ですネ。


と、順調に高速に乗ったまでは良かったのですが、事故による通行止めで伊北ICで下ろされちゃいました。


当初、国道153号をとろとろ走っていたのですがらちが明かず、ラークさんの機転で途中で脇道に逸れて諏訪ICを目指すことに。
この作戦は大成功!
県道19号から同50号を使ってすいすいと有賀峠付近に到着です。

後は峠を降りて、バイパスから諏訪ICに乗るだけ。
そう思った矢先、私の前を走るY'sさんのバイクからオイルの焼ける臭いがプーン・・・。


そういえば、オイル漏れがどーとか仰られていたので、峠を降り切ったところにあるコンビニに緊急避難。


無事にコンビニに着くことができ、感動してラークさんにひれ伏して感謝するY'sさん!

Y'sさんお詫び

・・・・ではもちろんなくて、オイル量を確認するY'sさんの図。


オイル量を見たら、やはりなんだか足りない様子。

ラークさんのナビを使って調べると、近くにあるイエローハットを発見。
急遽そこに駆け込むことに。


ラークさん曰く、「自分、ナビ完璧に使ってますよ。いやぁ、買って良かった。」


ここぞとばかりにナビの有効性を力説するラークさん。
それをお父さん気分で聞いてあげるY'sさん。

お二人のコンビネーションに、私が密かに大笑いしていたのは内緒の話。


それからイエローハットに到着し、お酌して無事に給油完了です。

Y'sさんお酌


さぁ行くぞ!・・・と思いきや、念のため今度はラークさんのスカブのオイル量も確認してみることに。

当然のように大丈夫!

・・・・なんてことは全くなく、こっちの方がもっと酷い状態だと発覚!

高回転走行が響いたのか、何と、スカブにはほとんどオイルが入っていませんでした!!

怖えぇ~!!

もしかして、オイルが焼ける臭いはスカブから出てたのか?


ラークさん。Y'sさんに頼みこんで、無事にお酌終了。

ラークさんお酌


お二人とも給油できたので、これで一安心。
後は一息に中央道を東京まで。

それでもやはり一抹の心配はありますので、取りあえず八ヶ岳PAで再度ストップし、再給油するかどうかの判断をすることに。

八ヶ岳PA20121008

八ヶ岳PAで確認したところ、オイルの量に問題はないことが確認できました。

・・・が、困難はまだ去っていきません。
ここから先は、中央道名物、30km以上の大渋滞が待っています。


とりあえず、釈迦堂PAまで前進し、そこで再度渋滞を確認!

当然ですが、全く減る気配なし・・・。


協議した結果、ラークさんはそのまま直進して中央道の渋滞に突っ込むこととし、Y'sさんは大月で進路を南にとり、御殿場から東名に抜けることに。
そして、私は、渋滞が嫌だったので、時間がかかることを承知の上で真夜中の国道411号を青梅まで抜けることに決定。
このまま釈迦堂PAで解散と相成りました。

皆さん気を付けて~。


中央道を勝沼ICで降り、真っ暗な青梅街道をたった一人で走っていると段々と寂しくなってきました。
たまーに対向車があるものの、周りに街灯などなく、前も後ろも真っ暗闇・・・。

自分を元気づけるため大声で歌いながら走っていると、奥多摩湖まで来たところで雨が降ってきますた・・・。

ありー?

仕方なくカッパオンして道を続け、へろへろになりながらようやく圏央道の青梅ICに着いた時には、高速を降りてから実に3時間半が経っていました。

まずは狭山PAにチェックイン!

狭山PA20121008

コーヒー片手に、カッパオンのまま狭山PAでメールをチェックして見ると、ラークさんは既に帰宅されている様子。

やはり、素直に渋滞が正解だったか・・・。

なお、Y'sさんは少し遅れて大井PAに到着した模様。


何とか帰宅し、必要な片づけをしてシャワーを浴びたら、既に夜中の1時になっていましたとサ!
いやぁ~、翌日の人間ドックが大変だったこと・・・。(笑)


今回のお土産は、

開田高原の新蕎麦

開田高原の新蕎麦と


妻籠の栗きんとん

妻籠で買った栗きんとんでした。


妻籠の栗きんとん2

栗きんとんが激うまだったことは申し上げるまでもありません。


今回の木曽路ツーですが、実は初めてのお泊りツーでした。
いやぁー、楽しかった~。


お付き合いいただいたラークさん、Y'sさん。
二日日間どうもありがとうございました!
お二人とも色々と大変だったようですが、またよろしくお願い致します。

そして途中までお見送りいただいたパイロンさん。
今度またどっかご一緒させて下さいね。


ラークさんのブログはこちら
パイロンさんのブログはこちら



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  完結! こちらはまだまだ続きます。
にほんブログ村


スポンサーサイト



ツー記録(東海) | コメント(18) | トラックバック(0)
 | HOME |