エアヘッドの使用感


意外に気になるエアヘッド。

先週末に装着してみましたので簡単にインプレなど書くことに。

はい。100%個人の勝手な感想で~す。
話八分でお願いしまっす(笑)。



まずヘルメットへの装着ですが、縦横を間違えなければ比較的簡単に付けることができます。

アライMZの場合、メットのおでこ辺りにある内装の溝(隙間?)にエアヘッドの一方を引っ掛けるとちょうどよい塩梅。
後ろ側は内装のカーブに沿って押しこめばOKです。これで、メットを逆さにしてもエアヘッドが落ちてくることはありません。


装着したらば、早速メットを被ってみましょう。


当初、しばらくは頭頂部にいぼいぼ感を感じるものの、やがて違和感も感じなくなります。

と言っても、私の場合はカッパ帽(ラフロのヘルメットアンダーキャップ)を被っていますので、ここの部分はご参考まで。
敏感な方がす頭に直接装着したらば、気になり続けることもあるかも知れません。


で、弾力性のある素材とはいえ、厚さ1cm弱のものをメット内部に装着して困らないのかというと、私の場合ちょっとだけ困りました。

何が困ったって、メガネです。

アライMZの内装には、メガネを掛け易いようにチークパッドと帽体内装の間に隙間があるのですが、エアヘッドを装着することでこの隙間が上方に移動してしまうのです。

結果、メガネの位置がちょいとずれる・・・。

比較的つるの細いメガネだったので困るほどのことはありませんでしたが、昼間掛けているサングラスの方は嵌め外しがやり難くなってしまいました。
これも人によっては問題になるかもしれないポイントかも知れませぬ。


さて、お次は機能について見てみましょう。

輸入元のモトリモーダさんの記事(http://www.motorimoda.com/info/2013/04/airhead.html)によると、エアヘッドは「頭部にこもる熱、汗、つぶれてしまう髪、におい、これらの問題を軽減するよう考案され」ているとのこと。

この日はちょいと暑かったので、インプレにはちょうどよい。


結論から申し上げると、
カッパ帽の影響を差し引いても、空気の通りは改善されてる気がしました。

このことは、汗でベトつくホッペタとの対比でも感じることができるレベルです。
頭頂部は比較的スッキリ。

でも、つぶれる髪とにおいについてはわかりません。
だって、カッパ帽を被ってるものですから・・・。


最後に、長時間装着した結果ですが、これはまぁ、「継続使用して経過を観察」でしょうか。

上述のように、機能的には満足しているのですが、メガネ部分がちょいと気になっておりますのです。
今のところ何もありませんが、体調が悪い時や超長時間走った時にどうなるかが課題だと思います。


以上、エアヘッドのインプレでしたー。



追伸

ところで、商品名の airhead なんですが、実はアメリカではパッパラピーな人を指す俗語。

1・2年前、パリスヒルトン嬢が、「皆が私のことを完璧な"airhead"だって思い込むように演じてたの」とか何とか言ってたように、a blonde airhead は金髪パープーお姉さんのこと。

つまりは、airhead とはそのような使い方をする単語ってことです。

この商品はオーストラリア製なのですが、あの国では問題ない言葉なのかな?
うん、よくわからん・・・。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


スポンサーサイト

話題のあいつを買ってみた!


休日前夜。

Amazonから届いた一個の薄い段ボール。

中身はこんなものです。

001_20130920215543d4d.jpg

雑誌?


ほい。 半分当たりで、半分外れです。


答えは、雑誌「バイク旅行」とエアヘッド。

003_201309202155455e9.jpg


一緒にオーダーしたところ、薄いので同じ箱に入ってきたのですね~。

どちらも今話題の商品。

皆さんも興味あるでしょう?



えっ、全く無い??

ガーン・・・



まぁ、そんな方はおいておいて、まずはエアヘッド。

ヘルメットの中に装着して、通気性を良くしようという快適グッズ。

シリコン製のボディーは、薄いようで意外に厚い?

厚みはこんなもんです。

005_20130920215547e57.jpg

ざっと人差し指の厚さの半分くらい。

作業後で、少し手がカサついているのはご愛嬌(笑)。


早速ヘルメットに装着してみましょう。

004_20130920215546ae0.jpg


そうです、私は嬉しがり。

興味のあるものはすぐに使ってみなくちゃね(笑)。

被ってみたカンジは、面の圧力が点の圧力になった感じ?

今のところ違和感は少ししかありません。


後は、長距離走ってみてどうかですね。

明日のツーリングでじっくりと観察?してみましょう。



もう一方の商品・雑誌「バイク旅行」は紅葉ロード特集。

006_2013092021554974e.jpg


中には、日本中の紅葉ロードがいっぱい。

うーん、どこも行きたい!


この時期は、美味しいものも出回ってきて、一年で一番そわそわする時期ですよね!


さーて、明日は4時半起きだ。

早くお風呂入って寝なくっちゃ!!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


嵐の日には雑誌でも


先週末は群馬・栃木方面へのツーリングを予定していましたが、台風直撃とあって泣く泣く断念。
代わって、最近出た雑誌などを読み返してみました。


まずは、アウトライダー。

0011.jpg


今回は大好きな富士山の特集です。

どの角度から見ても絵になる富士山は、何度行っても飽きません。

夏のマイカー規制も解かれたことですし、そろそろ行こうかなー
・・・なんて考えながら見てました。

特に目新しいものはありませんでしたが、富士山というだけで心踊る特集でした(笑)。


お次は、ビッグマシン。

002_20130918211232164.jpg


こちらの特集は、長距離バイク。

隼 × ZX-14Rにはじまり、DUCATIの3ストラーダ、BMWのGS兄弟など 遠くに行きたくなるモデルの比較記事がメインでした。


欲しいバイク達の特集に、ついつい胸弾ませてみたりして。


どれも買えないのがとても残念・・・・・・。


特に「二台のフラッグシップ」と銘打った隼×ZX-14Rの記事にはかぶりつき。


たった一日ずつですが(ZX-14R)、どちらも実際に乗ってみた車両だけに興味深く。

003_2013091821123389d.jpg

001_20130918211231f36.jpg


感想としては、ZX-14R=万人向けで公道でも面白い、隼=よりスパルタンで玄人好み、との印象でしたが、記事も大枠でそんな内容になってました。
素人インプレも、存外間違ってはいないってことかな?


ところで、個人的にはZX-14Rのメーターにやられてます。

だって、こんなん出るんですよ?

009_20130918211234c77.jpg


さらには、こんなに!

010_201309182112353f8.jpg


思わず萌える~(笑)。



その他の記事?としては、カワサキの2014モデルに興味をひかれました。


ZX-14Rにオーリンズが付いたバージョンが追加されたり、Ninja1000にトラコンが標準装備とか!

やはり、ABSとトラコンは今後のバイクに必須な装備となっていくのでしょーか?

・・・ってか、なって欲しいですねー。
安全バンザイ!


そんなこんなで、雨の中でも楽しく過ごせた二冊でした。



最後になりましたが、台風の被害に会われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


梨とボビーのいた夏ツー


「大きくなったら何になりたいですかぁ?」


そう聞かれ、


『いや、普通サラリーマンになるでしょ。』 などと思いつつ、

「博士になりたーい!」

そう答えた5歳の冬。


思ったとおりの自分になった今、心に去来するこの複雑な思いはナニ?
あ、涙が・・・。


そんな青春の1ページを追いかけるツーリングに行ってきましたのでご報告。


『幻の梨買い出しと片岡小説を辿る九十九里ツー』


MOTONAVIの片岡義男さんの特集記事をきっかけに、おなじみLightwaverさんが企画してくださいました。

別名りんご梨と呼ばれる「かおり」を買った後、片岡義男さんの小説「ボビーに首ったけ」で主人公が訪れた土地に行ってみよーというツーです。


本日の参加者は、企画のLightwaverさん、せんさん、コジコジさん、ソニークロケットさん、ラークさん、Y'sさんといった下総国の方々に、コウさんと私・ニャンコ先生という余所者二人を加えた8人です。


今回の集合場所は、高速を遠く離れた千葉ニュータウン中央駅北口。

そのため、ナビタイム様の想定所要時間に一時間以上の余裕を盛って出発。
なんと、着いてからの時間つぶしのために、こっそり本なんか持参する用意周到さです。

えっ? もちろん片岡義男さんの本ではありません。
そんなべたな(笑)。


集合場所にて。

001_20130910220057e26.jpg

居並ぶバイクの列に紛れ、黄色い車体が一つ。

愛車が故障したとのことで、コジコジさんはエリーゼで登場です。

まずは、お初のソニークロケットさんとご挨拶。
コジコジさん、コウさん、Lightwaverさんと立ち話をした後、ギリギリに到着したラークさんを待って、まずは梨園に向けて出発!

え、本が読める時間に着いたのかですって?

もちろん、余裕をもって到着しましたよ。
きちんと10分前に・・・・。
あれー、おかしーなー(笑)?

実は、道中の一車線道路で事故渋滞に会い、警察の誘導を受けて迂回路に出たところで迷いました。
仕上げに、ゴール目前でニュータウン中央駅の周りを二周ほど周回。
一時間なんてあっという間ですね(泣)?


さて、集合場所から20分程走行し、国道16号沿いの梨園またべーさんに到着。

004_20130910213420542.jpg

ここから合流のせんさん、Y'sさんとご対面。

Y'sさんはどうやら新しいマフラーのシェイクダウンをやってた模様。
嬉しそ~(笑)。


お店では、かおり・愛姫・南水をGET。クーラーボックスに仕舞います。

006_20130910213420c16.jpg

南水はおまけでいただきました。あざーっす!


ふと横を見ると・・・・・いつもの光景です(笑)。

007_20130910213421d5f.jpg

今日もいっぱい買ってますねー。

家族思い? 自己満足?? さて、どっち???


さぁ、お天気も怪しいことだし、早めにランチをいただきに参りましょー。

・・・・と、ここでせんさん、コジコジさん、ソニークロケットさんが離脱です。
お疲れ様でしたー。


残る5人で九十九里のえびせいさんに向かうのですが、道中は何かと忙しく。

今回、コウさんがSENAのインカムを導入されました。
で、SENA三人衆のY'sさん・ラークさん・ワタシと、初の4人会話に挑んだのですが、ナンカうまく繋がらず。

やっとの思いで繋がったと思ったら、別の誰かが外れたり・・・。
何とか全員に繋げようと、色々ボタンを押すのですがうまくいかず・・・。
挙句の果てに、私のSENAからローバッテリーの兆候が出る始末。

あーでもない、こーでもない、とやり取りしていたら、いつの間にかえびせいさんに到着です。

010_201309102134235c8.jpg


オーダーしたのは、お得エビフリャー定食。

012_20130910213438cf7.jpg

奥に見えるのはラークさんのジャンボエビフリャー定食だがね。
エビが大きくておいしー。


たっぷりのエビを堪能したらば、ボビーツーの始まり始まり~。



まずは、ボビーが働いていたというサーフショップ、

013_20130910213440c26.jpg


次に、ボビーが縁を歩いて工場に向かったという沼、

014_20130910213442bfe.jpg

そして、ボビーがサーフィンをしていたという海岸、

017_20130910213444ce2.jpg

の3点セットです。


この後、LightwaverさんとY'sさんとコウさんでボビー談義に花が咲いてました。

016_20130910213443a63.jpg


が、ラークさんと私は沈黙の嵐。

えぇ、二人共、片岡義男、読んだことありません(爆)!


まぁでも、こんな写真や、

019_20130910213503c5c.jpg

こんな写真

020_20130910213505ccb.jpg

が撮れたので満足、満足。


芸術的な地域貢献もできたことですし、

022_20130910213507ca3.jpg


晩夏ですが、

023_2013091021350884f.jpg

なべて世はこともなしっスよー。


九十九里有料道路を北上して東金に行き、石崎餃子さんに到着。

026_20130910213536687.jpg

生餃子を買って出来上がりを待っていると、


お店からサービスが!

028_2013091021382414b.jpg

ラークさんのおねだり交渉が功を奏したようです(笑)。

旨し。

ありがとう、ラークさん!

実はこの石崎餃子さん。
ちょうど二年前(詳しくはこちら)に行きそびれて以来の訪問。

ナンカ、宿題が片付いたみたいで気持ちいいなー(笑)。


その後、ボビーが通ったであろう抜け道を通って千葉市まで戻ってきました。

ここで、エッソに併設されているドトールで反省会。

030_20130910213825d7e.jpg

あ、コウさんとはここでお別れです。
お疲れ様でしたー。


ドトールでは、先日torioさんのブログで記事になっていたスピードパスで盛り上がり、ついつい申し込む人達が(笑)!

031_20130910213827d63.jpg

スピードパスを手に、ラークさんも嬉しそう!


その後、バイク談義に花を咲かし、Lightwaverさんとはこちらでお別れです。

今日も楽しいツーリングありがとうございましたー。


東関道の途中でラークさん、Y'sさんとお別れし、無事に駐輪場に戻ってきました。
お二人とも、最後までお疲れでした~。


032_2013091021382890b.jpg

285.1km、23.5km/Lのショートツー。


参加された皆様、お疲れ様でした。
また遊んでくださいねー。


Lightwaverさんの記事(こちら

せんさんの記事(こちら

ソニークロケットさんの記事(こちら

ラークさんの記事(こちら)って、まだ未掲載・・・・



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


CTX700で山道を走ろー!


サル日曜日。

その男は、発売されたばかりのバイク(CTX700)を駆り、中央道の相模湖辺りを西に向かっていた。
ほんの少し前、都内の暑熱に苦しんだのも忘れ、今は頬を撫でる高原の涼しい風に笑みを浮かべている。

が、その男の心の中を覗きみる者があれば、外見からは想像もできない心情に驚くに違いない。

そう、その男は焦っていた。
遅刻かどうかの瀬戸際に立たされて・・・。


車の列を縫い集合場所の藤野PAに着いたのは、集合時間の3分前、6:57のことだった。
到着と同時に男の顔から微笑みが消え、深呼吸とともに安堵の表情が浮かびあがった。

やり遂げたぜ・・・。

男の心は達成感で満たされていた。


いやー、人間、緊張すると笑顔がこぼれちゃいますよねー。
遅刻せずに済んだ奇跡に今日も感謝です! ←って、おいっ(笑)!


何はともあれ間に合った。

メットを脱ぎ、mixiにつぶやきを投稿しようとしたちょうどその時、背後から声を掛けられました。

本日ご一緒するY'sさんでした。
一呼吸おいて、ベップさんともご挨拶。

で、今回の首謀者のpenguinさんはというと・・・。
なんと、遅刻されましたー。


水分補給してー、

003_2013090620184122a.jpg

しばし待ったところでご登場。


004_20130906201843cc7.jpg

いや、ピースするとこじゃないっすよ(笑)?


とまれ皆さん集合しましたので、上野原ICで高速を降りて早速田舎道アターック!


県道35号をうねうねと走ること1時間弱。
おにぎりのおおみやさんに到着。

005_20130906201844965.jpg

ままけは(ってなんだっけ?)と紀州うめにお味噌汁追加の朝ごはん。

007_201309062018466bd.jpg

おいしい! 
でも、食べ過ぎた・・・。

重いお腹を抱えつつ、県道24号で道志みちにIN。

008_20130906201847e77.jpg

すかさず道の駅どうしで地域貢献です。早っ!

009_201309062020298d1.jpg

ピーチソフト美味し。


さらに、いろはすで水分補給。

010_20130906202031890.jpg

今日は暑いですねー。


再び道志みちを走りだし、あっちゅーまに山中湖!

・・・・だと思ったら、パノラマ台に抜けてくpenguinさん。まさにブレーキの壊れたダンプカー?


富士山の見える峠にストップしたところで悲しい事実発覚!!

015_20130906202033193.jpg

なんと、パニアケースに擦り傷がー!


どうして、いや、どうしでやられたの?
新車なのに・・・・犯人の馬鹿ー!!

悲しみを背負いつつ、

012_2013090620203239d.jpg

富士山をバックに記念写真(泣)。


三国峠を抜けて県道147号を駆け下りる時には、マジで放心状態でした。

その後、どこをどう走ったのか・・・。

気づくと箱根スカイラインの入り口にいますた。

021_20130906202034f26.jpg

すると、私の気持ちを知ってか知らずか・・・、なんだか霧が垂れ込めてきました。


ますます落ち込むワタシ。


負けずに濃くなる霧・・・。

033_20130906202052fcc.jpg

ま、前が見えないっ(汗)!


芦ノ湖スカイラインのゲートを超えたところでしばし休憩。

036_20130906202053ad8.jpg

その間に気持ちを切り替えましたのね。大人ですからね!


・・・と、あら不思議。 再び走りだした時には、霧もすっかり消えてしまいましたとさ。


熱海に降りてきて、今宵宴が行われるというひさ花の前で記念撮影。

037_201309062020551f2.jpg

停め方が悪くて車に迷惑かけちゃった。すみませぬ。


その後、湯元を通り抜けて椿ラインを駆け上がる!

山の上、大観山ドライブインでお昼をとることに。

040_20130906202056c12.jpg


選んだ獲物は、DAMMTRAXカフェの ”相模湾を眺めるアジなバーガー”。

042_201309062020580b3.jpg

地元食材を使ったアジな一品で、なかなかうまし。


食後ふらふらと外に出てみると、珍しい光景に遭遇。

なんと、

043_20130906202232b5f.jpg

penguinさんがタバコを吸っている!?
超久しぶりだとか。

『珍しいこともあるもんだねー』なんて思いながら2Fのクシタニカフェに上がって行くと、

044_20130906202227b2d.jpg

ここにも珍しいものが。


ジャン!


045_20130906202229a5a.jpg

景色の見えるおトイレ~。

ほぇー。日本橋にあるどっかのホテルみたいで落ち着かねぇー。


なんだかスースーしたところで、椿ラインを再走行。

こーんななりだけど、それなりに楽しめるよCTX!

太い中低速トルクと素直なハンドリングが峠道にも合ってます。

ホイールベースもほぼNCシリーズと変わらないので、タイトコーナーでも苦労はしません。
バンク角があまりないので、リア中心のコーナリングは必須な感じですけれど。

全方位でイージーで、なんだかなかなかいい感じ。
もし今からバイクを買うとしたら、十分候補になったかも?

そんなことを考えながら気持ちよ~く下り道を走っていたら、最後の方のカーブでR32GTRがバスに突っ込んで停ってました。
既に警察もいたのでおとなしく横を通り過ぎましたが、けが人がいないといーなー。


さて、椿ラインを下ったところで、いよいよ皆さんとはお別れです。

皆さんは熱海の飲み会へ。
そして私は都内へと。


最後、石川PAで一休みした後、

049_201309062022308f1.jpg

都内某所でバイクを返却して本日は終了~。


本日の走行距離389km。
余韻が残ってちょうどよい距離でした。


ご一緒した皆さん、お付き合いありがとうございました。
またどこかでカッ飛びましょー。




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


話題の新車を借りてみた! CTX700の巻


暑さがぶり返したこの週末。

話題の新車をレンタルしました。

そう、ホンダのCTX700を、です。


存外、スクーター乗りの中にも興味を持たれる方もあるかと思い、ツーリング編とは別に記事アップです。


まずは、全身をどーぞ。

035_201309011945384d7.jpg

この写真では普通のバイクに見えるかもしれませんが、実車は低く長い車体に大きなフロントカウル。

そのため、結構押し出しも強く、その点ではまぎれもないクルーザーと言えましょう。


今回お借りしたのはマニュアル車なのですが、豊富な低速トルクで走り出しもオートマ同然。
エンストの気配すらありません。

NC系に比べて最大出力を絞ってまで低中速にふっているというエンジンは、実におおらかで乗りやすい。
といってニブイわけではなく、アクセルの動きに適度に追従する加速。
鼓動感も適度にあって、ダラっと走ってても飽きません。


また、NCで気になるエンジンの頭打ちの早さも、クルーザーのこいつなら全く問題ありません。

トントントンと早めにギアを上げていっても、十分以上に高速の流れをリードできるくらいですし。
エンジンと車体の相性だけでいうと、もしかしてこちらの方が良いのかもしれません。
さすが、後から発表されたバイクだけあります。

ただ、一番上のギアがオーバードライブ設定なのか、高速以外ではそこは使う必要は感じませんでした。


ハンドリングは素直なもんです。

絶対的には低いんでしょうけれど、クルーザーとしては十分にある(気がする)バンク角と、スッと寝る車体はたいていのコーナーをサクッといなせますし、リア加重を意識したコーナリングをすれば、つづら折りも普通にこなせます。
あんまり普通に走れるので調子こいてしまい、バンクセンサーに蹴りを入れられてしまうのが玉に瑕ですが。

あと、ニーグリップができるので、低速走行も安定していますよ。

総じて乗り易いの一言です。



人がまたがるとこんな感じです。

014_201309011945366bd.jpg

写真の場所は車体の右側に向かって斜面になってるのであまり余裕がないように思えますが、ホントは足べったりの膝がっくりです。

え、そう見えない!?

いや、足が短いんぢゃ無いよ!ほんと、斜面のせいですって(汗)。
ま、ぢ、で(笑)!

なので、足の長さが不自由な方にとっても、街中の安心感たるや最強レベルです。
いや、ワタシの話しぢゃ無くって!!


閑話休題


NCとの一番大きな違いはこちらです。

002_2013090119453625a.jpg


そう、燃料タンクが前に付いているのです。

え、指さしてる場所が違う?
気にしない、気にしない!

で、タンクの容量はNCに比べて2L減の12L。
NC系に比べて燃費が悪くなってるのに、ナンで容量が少なくなったのカニ!?

それに加え、気持ーち燃料メーターの減りが早くって、給油には少し気を使うかもしれません。
慣れればそうでも無いんでしょうけどねー。


で、指さしてる場所は、小物入れです。
ホント、小型のワイヤーロックと小銭入れくらいしか入んない小ささ。
でも、ETCの使えない有料道路の料金所なんかでは重宝します。
内部はむちゃくちゃ熱くなりますけどね♪


熱くなるといえば、太ももは結構熱くなります。
フレームの熱が少し上がってくるのかな?
少しだけですが、気になりました。


シート下のスペースはあまりありません。

001_20130901194533eea.jpg

カッパとかは、この車両のようにパニアをつけるか、シートバックかトップケースが必要かも。

パニアは大きく結構出っ張っていて、悲劇の元になる可能性が多々あります。

そう、悲劇が・・・・ネ。

ま、そのお話はまた次回。
涙涙のお話ネ・・・(泣)。



で、メーターはこんな感じです。

00111.jpg

そです。
全くNCと同じ。
いさぎいいですねー。


余談ですが、今回の車両は総走行距離が26kmの下ろしたて。
なのにあんな悲劇がー!! ← クドイ?


さて、CTXシリーズの第一弾として導入されたこのCTX700。
第二弾が楽しみです。

できのよいDCTもあるし、スクーター乗りにもオススメですよ!

っていうか、私は結構気に入りました。

興味のある方は、レンタルへGOー(笑)!




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる