2014勝手にベスト3

2014.12.31(19:56)


今年も残すところ後4時間ですね。
こんばんは、ニャンコ先生です。

皆さんそれぞれ今年を思い出しつつ、来るべき年に思いを馳せているのではないでしょうか。
例年通り私も、勝手に今年を振り返りつつ、行く年を惜しんでみたいと思います。


と、この書き出しも今年で4年めを迎えることができました。
諸々の偶然と必然に感謝しつつ、記事をしたためる次第です。

今年も様々な、ホンットにサマッザマなことがありましたが、良い思い出だけを胸に気持よく新しい年を迎えたいと思います。

ということで、ベスト3から行きましょう!
第3位はKTM990アドベンチャーを手に入れたことです。

思い起こせば4年前の夏。
ふと大型バイクを買おうと思い立ち、20台ほど様々なバイクをレンタルしました。
その中でもっとも気に入ったのが、先代TMAXとこのKTM990アドベンチャーでした。
諸々あってTMAXを購入し、今に至る友人知己を得ることができたので、それはそれで大満足だったのですが、心のどこかでKTMに対する思いが残ってたりしたんですねー。
それがひょんなご縁から、今年の1月に購入できることになったんです。

詳細はこちらの記事をどうぞ。
・またまたお買い物(こちら
・焼きそばランチと新年反省会(こちら

まぁ、色々あってわずか半年で手放しちゃったり、
それ故に『あがりのバイク』扱いされちゃったりしたんですけど、
あのバイクに乗れてよかったです!

003_20141229204103493.jpg
写真は大山千枚田 in 千葉県、taken by たーさんです。あざした!

ということで、
ベスト3は、KTM990アドベンチャーを手に入れたこと、です。


続いて第2位は、関西に戻ってきたことです。

こちらもひょんなことから子会社に出向することとなり、この春から20数年ぶりの関西生活が始まりました。
久々に話す関西弁は、まるでインチキ芸人のようで自分でもイタイ・・・・。
まぁでも、山も近いし魚は美味しいしで、関西生活満喫しています。

ただ、こっちに戻る前に色々あって、KTMもベスパも手放してしまったのがこれまた痛かったですが・・・。

003 - コピー
写真はあららぎ島・・・失礼、噛みました。ホントはあらぎ島 in 和歌山県、です。


ってことで、
ベスト2は、関西に戻ってきたこと、です。



さて、第1位はというと、バイクを復活したことですね。

前述のように、一旦はバイクから降りた形となった訳ですが、それじゃあ生活がつまらない!
ってことで、レンタルバイクではありますが、バイクを復活した次第です。
あ、もちろん、お馴染みRental819の年間会員ですよ!

早速、行きたかった四国(こちらこちら)や熊野古道(こちら)などを回ってきましたが、来年はもっともっと西も訪れてみたいところです。目指せ九州ツー!!

006 - コピー
写真は片岡の沈下橋 in 高知県、です。


ですから、
今年のベスト1は、バイクを復活したこと、です。


さぁ、あと少しで新年ですね!
来年も、このブログをよろしくお願いいたします。

006_20141229204106698.jpg
写真は有田川 in 和歌山県、です。


皆さん、よいお年を。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

淡路島 日本一バーガーツー (神話探訪編)

2014.12.28(00:10)


さて、カッパオンした我々は、吹きすさぶ嵐の中、必死でバイクにしがみついていました。
シールドに激しくぶつかる雨に視界を遮られ、時々煽られる突風に車体を捩らせつつも、次なる目的地目指してひたすらバイクを走らせました。

ブーツカバーの中、蒸れる足元。
カッパの中、したたる汗。
眼に突き刺さる光、上空で照りつける太陽・・・。

・・・アレですね。
カッパ着ないと雨が降り、カッパ着ると雨が止むってのは、いわゆる一つの真理なんでしょうね・・・。

そんな脳内暴風雨と闘いながら、やって来たのはおのころ島神社(自凝島神社)です。
(空は暴風雨っぽいんですけどねー・・・・)

018_20141227234941fef.jpg


朱色の大鳥居が立派ですねー。
実はこの鳥居、厳島神社、平安神宮の鳥居とならんで、日本三大鳥居だそうで。

階段を登った丘の上には、風情ある佇まいの拝殿が。

020_201412272349429e0.jpg


この丘こそ、国産み・神産みの舞台となった自凝島であるとのことです。
そう、神話では、ここ淡路島こそ世界の始まりの地なんですね。

拝殿の横には、ご神木が横たわっています。

021_20141227234944321.jpg


倒れた後もお疲れ様です。

丘を降り、カッパを脱いだりたたんだりしている間に時間も押してきましたので、
次なる目的地へ急ぎましょうか。

お次は、おのころ島神社から数百メートルにある天の浮橋。

023_20141227234939c5b.jpg

024_201412272350078fb.jpg


神話では、伊邪那岐・伊邪那美の二神がこの浮橋に立ち、混沌とする大地を掻き混ぜた時に先の自凝島ができたとあります。
この場所は、神社の駐車場で、昔ハーレーに乗っていたというタクシーの運転手さんに教わりました。
全く、目的地に考えていなかったのですが、近いし来てみてよかったです。
運転手さんありがとう!


さてさて、その後に向かったのは、淡路国の一宮、伊弉諾神宮です。

025_20141227235007c86.jpg


震災後再建されたという鳥居も立派なもの。

026_20141227235009e3a.jpg

神池にかかる神橋も、真正面に正門を望んで威厳ある造りです。

さすが一宮。他にも見どころ満載だそうで。
が、到着した際にはそんなことに気づかず、拝殿にご挨拶に立ち寄ったのみ。

027_201412272350107ff.jpg

予習の大事さを痛感しました~。

いつかまたリベンジできたらいいなーと、後ろ髪を引かれながら向かったのはサンセットストリート。


お時間はちょうど日没の時間。
いっちょ、いい写真を撮ろうかな!と思って撮ったのがこちら。

031_20141227235012bd7.jpg


ちょーっと日没には間に合わなかったんだなぁ、これが。(笑)
まぁでも、これはこれでよしとしましょう。


と、ここで、日向さんからリクエスト。
「お腹が空きまくったので、高速使って食堂に行きましょう!」
「生しらす丼は今日のメインとして楽しみなんです!」

で、やってきたのが、渡舟さん。

035_20141227235027852.jpg

まだ5時半なのに、真っ暗ですね。

そして当然のように頼んだのがこちら。

037_20141227235028c50.jpg

ご飯とおかずセットです!・・・・あれ?(笑)

実は生しらす丼、「お昼でなくなっちゃったのよ」だそうで。
あれあれ??

ま、これはこれで(色々と)美味しかったのでよしとしましょう。(笑)
お代わりに、おでんも少々いただきましたしね。

038_20141227235024241.jpg

しばしこのお店で会話を楽しみ、日向さんとはここでお別れに。

私のペースで一日、お疲れ様でした。(笑)
またどこかでご一緒しましょうね!



帰りの高速をバびゅんと飛ばし、空いた吹田PAでコーヒーブレイクして帰宅。

041_20141227235025a7f.jpg


今年最後のツーリングは、340km、18.6km/Lのショートツーリングでした。



ここでちょっとバイクのインプレを。

このFJR、二人乗りで3,000kmのツーリングをこなすスポーツツアラーというコンセプト。
そのため、ツアラーとしては軽い300kgを切る車体に、トラコン、クルコン、電動サスに電動シールドという快適ツーリング装備を満載した上で、オートマチッククラッチを装備するという満漢全席ぶり。

得意技は高速移動です。
大型の電動シールドは十分に風を防いでくれますし、クルコンはアクセルワークから右手を解放してくれます。
今回は電熱グローブをつけていったのですが、走行中に左手のスイッチをオン・オフできるのが便利でした。
ついでにいうと、それができるほど直進安定性は高かったです。
ただ、エンジン音が大きめなところにもってきて、ギアが5速までしかないので少しうるさかったでしょうか。
今回は調整しませんでしたが、シートやハンドル位置を変更できるそうなので、長距離でも楽々走れそうです。

町中ではどうかというと、これがまた秀逸。
軽快感こそ無いものの、予想以上に重さを感じさせないハンドリングは、オートクラッチと併せると、かなり町中でも乗りやすい。
ただ、車体を傾けると想像以上に前輪が切れ込むのは、最初ちょっと戸惑うくらい。
切れ込み過ぎないので、慣れればちょうどいいんですけども。
そして、オートクラッチは便利便利。
リアブレーキが効き過ぎるのであれですが、意外にUターンもこなしてくれるできの良さ。これは有りですね。
エンストが無い安心感に加え、ギアチェンジが足でできるので「自分で操っている感」が高いところもとてもよい。ワタシ的には、他の車種にもオプション装備して欲しいです。

もし複数台所有できるなら、欲しいと思える一台でした。




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

淡路島 日本一バーガーツー (カッパ大戦編)

2014.12.21(22:12)


それは12/13(土)のことでした。
東京にいた頃にご一緒したことのある日向さんと、淡路島に行ってきましたのでご報告。

日向さんのツーレポはこちら。(#1#2


まずは、いつものお店でいつもの儀式。

本日お借りするバイクの受け取りです。

001_2014122121561930c.jpg


なんと、オートクラッチを装備するツアラー、ヤマハFJR1300ASざんす。


バビューンと名神などを通り、集合時間の淡路SAに着いたのは、集合時間の1分前。

004_201412212156206df.jpg


今日も余裕で間に合いました。ニッコリ


と、早速、日向さんが撮影に勤しんでます。

005_20141221215621281.jpg


撮影するブロガーを撮影するブロガー・・・・・。
ブロガーってやつは面倒臭いですね。(笑)


で、まずはインカムのシンクロから。

007_20141221215622b02.jpg


なんと、日向さんのB+COMと私のSENAで同期できるんです。
(自分のB+COMで確認済み)
便利な時代になりましたよね!



・・・何故かつながりませんでした。 
おかしーな~。

ということで、日向さんが予備に持ってらしたB+COMを急遽お借りすることに。


話ができるようになったところで出発です。
神戸淡路鳴門自動車道を通って、淡路島最先端、道の駅うずしおに直行。

009_20141221215749fb8.jpg

着くやいなや、2013年度全国ご当地バーガーフェスタでグランプリを取ったという淡路島バーガーをいただくことに。
お腹スイチャッタからね!

こちらがそのハンバーガー様です。

013_2014122121575104c.jpg


このバーガー。

玉ねぎカツの上に、オニオンピクルス、オニオンスライス、オニオンチップをまぶした牛肉と、さらに玉ねぎ&トマトソースを掛けた、まさに玉ねぎづくしのハンバーガーなんです。

普通なら、玉ねぎが苦手な私の手に負えるものではないのですが、何故か淡路島の玉ねぎだけは大丈夫なんですよね~。 不思議・・・。
ってことで、こちらも軽く完食!

少しだけ物足りないので、淡路島たまねぎミルクソフトをパクリ。

014_20141221215752626.jpg


おぉ、ほんのり玉ねぎの甘味・・・美味し。


食後は、鳴門大橋を激写。

015_20141221215754ee0.jpg

写真でお分かりのように、とってもお天気が怪しいんです。えへっ。


それでカッパオンしようとしたところ、怪しい人魚を発見!

016_20141221220730ba3.jpg

かと思いきや、カッパと戯れる日向さんでした。
いや、むしろ格闘といってもよいレベルでございました。(笑)

ネタのご提供ありがとうございました!


というところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

レッツゴー高知ツー (海道編)

2014.12.09(22:12)


さて、グッスリと寝た翌朝。
朝風呂と美味しい朝ごはんを食べたところで、9時頃出発。

お宿の玄関にバイクを回すと、いかにも重役然とした方からお声がけが。

002_20141130150242459.jpg


重「ピカピカですね。」
ニャ「えぇ、5千キロしか走ってないんです。」
重「なるほど、だからですね。」「ところで私もヘリテイジに乗ってるんですよ。」
・・・ってことで、しばらくハーレー&バイク談義。
意外な出会いがあるのがバイク旅のいいところですね。

十分位してから、お宿の方に見送られながら改めての出発です。

名道横波黒潮ラインに後ろ髪を引かれながら宇佐大橋を越え、

003_2014113015024391f.jpg


ただの黒潮ラインこと県道14号をクルージング。
一路、室戸岬を目指します。

途中、こんなところに寄り道しながら

006_20141130150247728.jpg


太平洋沿いの国道55号を南下して、やって来ました吉良川町。

007_20141130150312adf.jpg


この町は、かつて備長炭で繁栄した町で、その富を元にした独特の家並みが残っているのだそうで。

太平洋からの強い風雨に耐えるため、土佐漆喰と水切瓦を備えた家が特徴的です。

008_20141130150313f24.jpg


あと、石積みの高い塀なんかもあり、台風銀座らしい景観かと。

010_20141207231911f6f.jpg


暑くなってきましたね・・・。

013_20141207231910213.jpg

012_2014120723190879d.jpg


その後、室戸スカイラインを走り、太平洋にこんにちは。
ススキと海の組み合わせが、何だか新鮮でパチリ。

016_20141130150340a18.jpg


右を見て、室戸港にこんにちは。

018_20141130150342f80.jpg


ここから先はつづら折り。

019_2014113015034411d.jpg


下まで降りると岬はすぐ目の前です。

さて、四国東南端まで来たので、後は海沿いを北上しましょうか。

014_20141130150338668.jpg


幾つもの港町を越えて、やってきました夫婦岩。

020_201411301504185b1.jpg


大きい・・・。


その後も北上を続け、気づくと徳島イン。

山の上にお城が見える場所まで来ちゃいました。

025_20141130150422665.jpg


実はこのお城、模擬天守なんです。
資料がないんで、本物はどんなものだったのかわからないそうで。
そもそも室町時代のお城らしいので、天守があったかどうかもわかりませんよねー。

そんなこんなを考えながら再度北上し、徳島直前のこちらの道の駅公方の郷なかがわ(長いなぁ)でコーヒー休憩。

028_20141130150456952.jpg


しばしの休息の後、渋滞の中を徳島市内へGO!

029_201411301504577ce.jpg


京都までまだまだあるのに、渋滞は辛いでござる・・・。




苦労して入った徳島市内で、ホテルの駐車場へIN。

030_2014113015051393b.jpg

んっ!?




一息ついたところでパンカーイ!

033_20141207233619d9b.jpg


なんとなんと、長期旅行に出かけてきていたたーさん、Y’sさんと合流です。

鶏肉をたんまり食べた後は、名物徳島ラーメンの東大へ。

037_2014113015053504d.jpg

人気店の割に人が少ないですね。

茶系の代表らしく、こってりとした豚骨醤油スープが旨し。

038_2014120822483329d.jpg

でも、卵は黄身だけを混ぜて食べるとコクが出てよいそうですね。
知らなんだ・・・。

麺の量は少々少なめ?
お陰で、麺がのびなくてちょうどいいっす。

独特のコクを堪能してお店の外に出てみると、

039_2014120723362071b.jpg


いつの間にやら行列が。しかも、女子率高し!

麺の代わりに、誰かさんの鼻の下が伸びる伸びる(笑)。

そんな夜が更けていきましたとさ。



ホテルに戻り、短めの睡眠を取った翌日。
午前四時、眠れずに・・・。

001 - コピー


Y’sさん達をホテルに残し、バイクにキー差し込み、闇の中突っ走る・・・。
(あれ?どっかで使ったような言い回し(笑))


で、京都に着くと、すっかり朝日が登っていましたとサッ!


たーさん、ご連絡ありがとうございました。
Y’sさんも、乱入失礼いたしました..
でも、お陰様で楽しい夜を過ごせました。
またの機会にもご一緒しましょう!

距離855.3km、燃費18.0km/Lの一泊ツーあらため二泊ツーでした。

003 - コピー



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2014年12月

  1. 2014勝手にベスト3(12/31)
  2. 淡路島 日本一バーガーツー (神話探訪編)(12/28)
  3. 淡路島 日本一バーガーツー (カッパ大戦編)(12/21)
  4. レッツゴー高知ツー (海道編)(12/09)