熊野詣宿題ツー 那智大社編

2015.06.27(13:32)


昨冬のこと。

喜び勇んで熊野詣に出かけたのですが、冬季で路面氷結が心配だったため、熊野三山が一つ熊野速玉神社を詣でただけで帰ってきました。

時は過ぎ、既に路面的にもう全然問題なくなったので、残りの二山を詣でることにしました。


まずは、いつものお店でバイクを調達。

007_201506271314124c2.jpg

今回の愛車は、MT09トレーサーです。


002_20150627131415c20.jpg

ヤマハ製の話題のバイクですね。


まずは、宇治を抜けて府道62号へ。

038_201506271317189c4.jpg

京都なのに、ダビデに見送られながら・・・。


そして、道はあっという間にいい感じの腐道に変身。

006_201506271314117b3.jpg

よしっ!(笑)


何だかんだで、昼なお暗い道を抜けると、そこには茶畑が。

010_2015062713142876b.jpg

そう。ここは抹茶の原料となる碾茶の一大産地、和束町。


その後、何故か木津川市内に迷い込んだり、奈良の裏山を走り回ったりしているうちに、なんとか道の駅杉の湯川上に到着。

自販機限定という、プレミアムがあるんだか無いんだかよくわかんないコーヒーをぐびっとな。

012_201506271314300a7.jpg

この時点で予定より1時間遅れ・・・。


SNSでそのことをつぶやくと・・・・。
デフォだとか、相変わらずだとか、いつもどおりなんてコメントが押し寄せた気がしますが、気のせいだと思われ。

それはさておき、予定変更。
もうひと駅寄りつつ険道を楽しむ予定だったのをキャンセルし、海岸線の国道を目指すことに。

順調に道を間違えつつ、なんとかかんとか獅子巖に到着!

016_20150627131432cb2.jpg

サクッと写真を撮って熊野那智大社を目指します。


019_20150627131433e50.jpg

落差日本1位。華厳滝、袋田の滝と共に日本三名瀑に数えられる那智滝を見ながら山道を登り、境内付近の駐車場へIN。
神社防災道路通行料800円は、ちと高くない?


高いといえば二の鳥居に向かう階段。

020_20150627131435501.jpg

散々走ったあとなので、足腰に来るでゴザルよ。


登り切ったところで手を清め、拝殿でご挨拶。

061_201506271315508a6.jpg

拝殿右手に立派な大楠があるのですが、樹齢800年だとか。
それにしては樹勢も衰えず、さすが熊野三山が一角に立つだけありますね。


025_20150627131446901.jpg


那智山の原始林や

028_20150627131508222.jpg

紫陽花を愛でてから、お山を降りることに。


そろそろ甘いモノが欲しくなってきたので、

032_201506271314506fb.jpg

麓にある「元祖黒飴の里 那智ねぼけ堂」とやらに停車。


黒糖を使った黒飴ソフトで地域貢献。

031_20150627131449334.jpg

曲がっているけど、美味し!(笑)


この時点で3時半。
取り敢えずホテルのある那智勝浦まで行き、早めの夕食を取ることに。

やって来たのはこちら。

035_201506271314537d8.jpg

めはり寿司二代目です。


頼んだのは、

036_2015062713152727c.jpg

マグロとめはり寿司が楽しめる二代目定食(1,400円)。


このマグロ、近海で取れる生マグロなんです。
目の前でサクから切り分けてくれるのですが、分厚くて量も一杯。
常温に近い温度で保存されているらしく、お味もしっかり。
脂分は少しだけ少なく感じましたが、十分美味し!


満足しながらホテルに向かうことに。

まずは、指定の場所にバイクを停めて

037_20150627131529281.jpg


ホテルに向かう舟に乗船。

039_20150627131530c1c.jpg


そう、本日泊まるホテル中の島は、孤島の温泉宿なんです。

しばし船に揺られ、

051_20150627131545239.jpg

ホテルに到着。


さすが孤島。

050_20150627131533c22.jpg

エントランスが海に開けています。


当然、

044_20150627131532423.jpg

お部屋もシービューで、なんとまぁ贅沢なことか!(笑)


塩っぱい温泉にじっくりと浸かり、

出たばかりの限定販売ビールを呑み、

053_20150627131546e3d.jpg


本日授与された熊野牛王符を眺めながら、

054_2015062713154969b.jpg

眠りについたのでした。


つづく


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ちょろっと丹後半島ツー -伊根の舟屋群編-

2015.06.17(22:52)


ということで到着したのはここ、

034_201506172233045bc.jpg

京都府与謝郡伊根町にある伊根の舟屋群です。



舟屋とは1階が海に開けた船倉になっている珍しい建物で、この舟屋が約230軒立ち並んでいるのがここ、伊根の舟屋群です。
妻籠宿や白川郷などと同じ重要伝統的建造物群保存地区ですね。

伊根浦は、亀島という半島と青島という湾口にある島で日本海の荒波から守られているので、舟屋という形態が可能になった、らしいです。

055_201506172233291e9.jpg

こんな感じに海際で、森に寄り添うように家々が建っています。


そのため、道はこんなに狭いです。

052_20150617223324ad2.jpg

軽トラがすれ違えない・・・。


舟屋の中には、宿泊サービスを提供している家もあります。

053_201506172233255e3.jpg

お、いい感じ。
今度泊まりたいなぁ。


浦を見渡せる道の駅舟屋の里伊根から舟屋群を見るとこんな感じです。

045_20150617223259ce7.jpg


こんもりとした森の向こうが若狭湾。

日本の北側にあるのに、伊根浦は南に向いて開けてるんですねー。

042_201506172232584b7.jpg

こんな感じで湾が閉じているので、なるほど、海なのに水面が静かな理由もわかります。


というところで・・・・・お腹が空いたので遅いランチを取ることに。

048_201506172233011e2.jpg

伊根浦を見下ろすレストラン「舟屋」にて、


050_20150617223303011.jpg

海鮮丼をいただきまーす!

美味し。


で、

051_20150617223322735.jpg

コーヒーを飲んだらもう4時半。


舟屋群を抜けて京都市に戻るとしましょうか。


京都縦貫道をバビュンと抜けて、道の駅京都新光悦村で一休み。

056_201506172234569e9.jpg

またまた、ぐびっ。


さて、目も覚めたところで、腐道50号を走って帰るとしましょう。

058_201506172234585dc.jpg

まずは、日吉ダムを抜け、


越畑で棚田にこんばんは~。

059_20150617223459d3e.jpg


ここからは、ソロのハレーで峠の夜走りっ!!

060_20150617223502032.jpg


一時間後。

真っ暗な峠を抜け、嵐山の明かりが見えた時、男の目には安堵のナミダが浮かんでいたそうな・・・。


総走行距離313.4km、平均燃費18.4km/Lのショートツーでした。


追伸
お天気が良かったので、

901.jpg

お縄についちゃったでゴザル(笑)



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

ちょろっと丹後半島ツー -天橋立編-

2015.06.07(13:25)


信州の傷も癒えてきた5月のとある土曜日のこと。

何となく日本海が見たくなったので、ちょろっと丹後半島まで行ってみました。


まずは、いつものお店でバイクを調達。
フルバンク停車の後なので、少し緊張していたのは内緒の話。


本日の相棒は、ハーレーFLDスイッチバックです。
ツーリング仕様ながらも、(ハーレーの中では)走りにふったダイナファミリーの一員。

001_201506071149449da.jpg

なんですが、で、でかい・・・。


気を取り直して阪神高速京都線から縦貫道に乗り、道の駅・和に到着。

002_2015060711494605c.jpg


ランチの時間ですが、あまりお腹が空いていないのでちょろっと地域貢献で誤魔化すことに。

004_20150607114947ee1.jpg

黒豆もなかです。
丹波特産の大振りな黒豆がおいしゅうござります。


一休みの後、北上を再開し、京丹波わちIC前で記念撮影。

006_20150607114949b60.jpg

電線が邪魔・・・。


とか何とか考えてる間に縦貫道の北端に到着。

ここは与謝郡。
天橋立ももう目の前です。


ここで丹波豆知識。

天橋立には四大観と言われる見方があり、

南から北を望む飛龍観
北から南を望む斜め一文字
東から西を望む雪舟観
そして、西から東を望む一字観

と、それぞれの方角毎に名前がついています。
詳しくはこちら。丹後広域振興局のHPにて(こちら


今回は、バイクでアクセスしやすい一字観を選択。

てことで、まずは大内峠を目指します。

・・・・・が、例によって入口が見つからない。

何度か往復して、ようやく見つけた入口がこちら。

007_20150607114951447.jpg

わかりにくかった・・・。


そして・・・・・

008_2015060711500355f.jpg

入口で、謎の方々がお出迎え。

ちょっと怖い・・・。


でも、道は走りやすい田舎道です。

009_201506071150066fd.jpg

ちょっと腐道ちっくですが、そんなに大変じゃありませんよー。


ほどなくして、大内峠一字観公園に到着。

017_201506071150292b6.jpg


さーて。 展望台で、さっそく撮影!

010P1000321.jpg

きれいな一文字ですね。
空が青かったらもっと映えたのでしょうけど、今日は仕方ありません。


天橋立と言えば、股のぞき。
バイク仲間のバビさんも、斜め一文字でやってますね。(こちら

さて、私が訪れた一字観公園はというと、・・・。
実は、こんなところなのです。

011_20150607115009500.jpg

『ホント!?』


そう思いつつも、思わず股のぞき。

012_20150607115010c50.jpg

かなりわかりにくいですが、「天」の橋立の片鱗は伺えますね。

伺えますよね!


雨が降ってきちゃいましたので、先を急ぎましょう。


宮津市に入ったところで、目の前に天橋立が見えてきたのでちょっと一息。

019_2015060711502918a.jpg

気持ち、雨が強くなってきたような??


で、天橋立のアップですが、こんな感じで海面から松が生えてるようです。

020_20150607115030f1d.jpg

そう、この海面は海なんです。

なので、そこにつながる側溝では・・・

023_20150607115033cf2.jpg

こんな風に潮の満ち引きがありんす。


天橋立に上陸したかったのですが、雨も降っていることで断念。


てことで再北上し、本日のメインであるこの地へと向かったのです!

028_20150607115034970.jpg


つづく


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

2015年06月

  1. 熊野詣宿題ツー 那智大社編(06/27)
  2. ちょろっと丹後半島ツー -伊根の舟屋群編-(06/17)
  3. ちょろっと丹後半島ツー -天橋立編-(06/07)