スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のセールで狙え、電熱グッズ祭り!


3月も半ばを過ぎ、春めいた日が増えツーリングに行けるようになってきましたね。
と言いつつ明日は最低気温が3度らしいですけども!(笑)


さて、今回は来年の冬のための情報提供回です。
題して、「春のセールで狙え、電熱グッズ祭り!」


実は自分、寒いのと暑いのが苦手です。
当たり前?(笑)

ですが、これは四季の温度差にさらされるバイク乗りとしては致命的な欠陥。
それで色々と調べ物をした結果、ついつい文明の利器に頼ってしまう弱い自分がいるわけで。

『いや、これは人類のハッテンのために必要な買い物なんだ!』
と自分に言い聞かせながらAmazonや楽天に貢献する日々・・・。

ということで、言い訳を正当化するために、人類のハッテンに寄与するために、今回はこれまでに使った数々の電熱グッズをレポートし、皆さんの参考にしてもらおうって企画です。


まずはこの冬に使った電熱グッズをご覧ください。

IMG_7059.jpg

左上から時計回りに、電熱ベスト・電熱グローブ・電熱靴下・電熱腹巻です。


まずベストですが、これはコミネのJK-558 エレクトリックヒートベストと言います。

IMG_7060.jpg

http://www.komine.ac/products.php?function=detail&product_id=848&category_id=3

中綿にプリマロフトが使われていて、電熱オフでも結構暖かです。
ヒーターは冷えを感じやすい首まわりとお腹に内蔵されていて、効率的に身体を温めます。
ZX14Rで新東名を使い東京から三重に向かった年末の深夜〜早朝、最低気温が−3度でも寒さを感じずに走り抜けられました。巡航速度は内緒ですが、バイクでお察しください(笑)
付属バッテリーの持ちの目安として、30・40・55度の三段階で150・120・90分持続するそうです。


次にグローブですが、これもコミネでGK-777 エレクトリックヒートグローブ キケロと言います。

IMG_7063.jpg

http://www.komine.ac/products.php?function=detail&product_id=847

ハンドルカバーにグリップヒーターを愛用していた私が、嬉々として乗り換えた実績があります(笑)
当時のインプレはこちら
付属バッテリーの持ちは、40・50・60度の三段階で240・180・120分が目安だそうで。
なお、現在では後継機が出ています。(後述参照)


そして靴下ですが、こちらはベスウォーマーのホッとソックスです。

IMG_7061.jpg

http://www.veswarmer.jp/hot-socks/index.html

普段は靴用使い捨てカイロを愛用していますが、長距離を走るときに単独使用か併用します。
温度調整ができるのと、ブーツの中で異物感がないのが良いところです。
前述の年末の夜走りでは、指こそ寒くなかったですが、足の甲が冷たかったのは内緒の話です。
ただ、後日しもやけになってないので、指には確かに効果があったと思ってます。
ヒーターは足裏先端部にあり、付属バッテリーの持ちは、温度不明ながら三段可変式で3−7時間持続するそうな。
手洗いができるので実用的です。


最後に腹巻ですが、こちらはRSタイチのRSX151 e-HEAT USB ウエストウォーマーです。

IMG_7064 copy

http://pro.rs-taichi.com/product/RSX151.html

ヒーターは腰についていますが、腹巻なのでお腹の方にも持ってこれます。
バッテリーが邪魔ですけどね!(笑)
今期初めて使ったのですが、未だに手放せません(笑)
車に乗る際にも使っている優れものです。
持続時間は、温度不明三段階の設定で、12,000mAhバッテリー使用時に弱/8時間・中/6時間・強/4時間だそうです。
なお、こちらはバッテリーが別売りなのでご注意を。


どの商品も冬走行に有効なのですが、敢えておすすめをしぼるとすればグローブと腹巻ですかね。

グローブを推すのは、それが安全に直結しているから。
ブレーキにクラッチ、ウインカーにキルスイッチなどなど、指はバイクの操作の中でもかなり重要な役割を担っています。
それだけに、暖かい季節と同様の自由度でそれらを操作できる電熱グローブは本当におすすめです!

腹巻を推すのは、それが生命維持に直結しているから・・・は言い過ぎですが、単純にお腹を冷やすのは良くないからですね。
ご存知のように内臓では様々な化学反応があって私たちの体調を維持しているのですが、これらの反応に適切な温度が39度前後と言われています。
でも寒空の中バイクで走ると、知らず知らずのうちにものすごくお腹が冷えてくる。
これは、見た目だけでなく内臓もかなりくたびれている我々中年にとってすごく悪いことだと思うわけですよ。
で、電熱腹巻。
一度使ってみてください。ホント快適ですから(笑)


JK-558 エレクトリックヒートベスト

サイズにご注意ください(選択可)


GK-804 エレクトリックヒートグローブ-カシウス
上述GK-777の後継機で、指先が50%暖かくなって少し持続時間が短くなりました。
また、こちらはタッチパネル操作可能です。

サイズにご注意ください(選択可)


GK-808 バイクグローブ用シガーパワーケーブル ※ 電熱ベストにも使えます



GK-807 電熱グローブ用セット(7.4V) ※ 電熱ベストにも使えます



ベスウォーマー ホッとソックス

サイズにご注意ください(固定でこれはL)


RSタイチ RSX151 e-HEAT USB ウエストウォーマー

サイズにご注意ください(選択可)


cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

道の駅飯高駅に松坂牛を食べに行くツー2


ということで、道の駅飯高駅を後にして西進。

IMG_7018.jpg


往路に同じく、櫛田川沿いをのんびり走行。

IMG_7009.jpg

いやー、のどかだね〜。


さらに先へ進むと、川沿いに何かを発見。
バイクを降りてじっくり見てみる。
あ、れ、は・・・・・・

IMG_7020.jpg

沈下橋だっ!


早速道を外れて降りてみました(笑)

IMG_7021.jpg


しばし誰も来る気配がないのをいいことに引いて撮ってみた!

IMG_7022.jpg


まだ誰も来る気配がない。

ってことで・・・・・

IMG_7026.jpg

今度は寄せて撮ってみた!!


からの・・・・

IMG_7028.jpg

再度の引き!!!


あー、十分楽しんだ〜。

そろそろ飽きてきたので、とっとと帰ることに。

IMG_7031.jpg


帰り道は早かったですね(笑)

IMG_7032.jpg

254.2km、22.9km/Lのショートツーでした。


ところで・・・・・帰宅してから調べたところ、
飯高町にはいくつも沈下橋があるとのこと。

ふと思いついて、改めて最初の写真を見直してみると・・・・・・


IMG_7009 copy

あぁ、これも沈下橋だった!!



【おまけ】
CBR650Fのインプレ

IMG_7019.jpg

一言で言うと、見ても乗ってもとてもとっつきやすいバイクでした。

まずはデザインから。

全体のデザインは、ヤマハのXJ6ディバージョンに通じるバランスの良さがあるのかなと。
そんな中、これもディバージョンに同じですが、エキゾーストのみが主張。
カウルに隠れているものの、シリンダーから出たエキゾーストパイプが整然と並んで美しい。

pic-01.jpg
 ※ホンダHPより借用しました

何かに似てるけど何だろ?

・・・・あぁ4フォア!?

4Four.jpg
 ※ホンダHPより借用しますた

後継ってことかな?

話を650Fに戻すと、エキゾーストに続くショートマフラーと、
カーブを描くスイングアームに一体感があって現代風。

一方で、スクリーンはもう少しだけ高さが欲しいかなー。
この高さだとちょうどシールドに速度を増した風が当たるので、虫アタックが!
冬以外の3シーズンで困ったことになるのかと(笑)

跨ってみると、軽く膝が曲がるくらいでシートの高さはちょうど良い。
ハンドルも近いので前傾が少なくて楽。
走ってても疲れません。

サイドスタンドをはらって車体を起こしてみると、211kgの割にはちと重く感じるよーな。
高い位置に重心がある感じ?
が、走り出してみるとそんな気配は微塵も無し。

パワーに関しては、低中速がモリモリっとね。
でも、四発にしてはちょっと雑な回り方かな?
トルクの出力がフラフラ揺れる感じ。

そのまま回すと、5,500からパワーゾーンに入る模様。
クオーン感のあるサウンドとともにレッドゾーンまで盛り上がる。
上の方では綺麗に回って気持ちよす。
うん、この綺麗な回り方が四発のいいところっすよね。

ただ、クラッチは中間排気量にふさわしく(?)重いっす。
冬ごもり明けの自分にとっては結構辛いかも。

ハンドリングはナチュラルな感じで、何も考えず素直に回る。
でも、あえて言うなら思ったより少し寝方が早いかな。

それよりも少し気になったのはリンクレスのリアサス。
リアが跳ねやすくて、少し荒れた山道や橋の継ぎ目ではちと怖い。
まぁ自分は臆病な方なので、普通の人には気にならないかも。

総じてよくできた万能ベーシックバイクでした。
疲れた頃にまた借りようかな。




にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

道の駅飯高駅に松坂牛を食べに行くツー


春日が続いていますね。

久しぶりにバイクを借りてショートツーに行ってきたのでご報告。


本日は、三重県は松阪市、道の駅飯高駅に松坂牛丼を食しに行くことに。

今回の相棒はこちら。

IMG_7006.jpg

CB650Fです。
三ヶ月振りなので乗りやすそうなのを選んどきますた。


準備もそこそこに、天保山ICから阪神高速16号に乗って市内を東進、バビュンと南阪奈道で三重県を目指す。


・・・・・はずだったのに、気づくと4号を南進、あ〜れ〜っと和歌山目指して走ってる自分がいたり。


おかしーなー???



・・・まぁ、いつものことなんで、ナビ様に言われる通りに堺辺りで高速を降り、東に向かって下道修行。

仁徳天皇陵の横などを通って、渋滞を満喫。

南阪奈道に乗れた時には、何故か予定より45分遅れになっていたとか(笑)


神、空に しろしめす、
すべて世は 事もなし。



その後も少し渋滞してましたが、混雑していた道中も、奈良県の大宇陀を過ぎた辺りでは空っぽに。

IMG_7007.jpg


そのまま国道166号に乗り、田舎道を東へ走る。

伊勢街道と呼ばれる国道166号も、高見トンネルを抜けると和歌山街道にネームチェンジ。
しばらくは櫛田川沿いをのんびりと走るヒーリングタイム。

IMG_7010.jpg


で、あっという間に道の駅飯高駅に到着。

IMG_7012.jpg


道の駅では、お雛様が飾ってある。

IMG_7015.jpg


さすがひな祭りの項。

IMG_7016.jpg

カワユス。


が、鑑賞もそこそこに速攻で食事に向かう。
自分、漢ですから(笑)


頼んだのは、もちろん目的の松坂牛丼(1,340円)。
松坂牛を使うからなのか、復古精神からなのか、ご飯の上に載っているのはまんますき焼きだ!

IMG_7013.jpg


さすがA5ランクの松坂牛
旨ーし!


そして、寡なし!!(笑)

食欲魔人の皆さんには、ご飯大盛りをお勧めします。


んで、食後はちっとシガータイム

IMG_7014.jpg


アーンド、コーヒーブレイク。

IMG_7017.jpg


コーヒーは、2月末に発売されたばかりのうまみブレンドをチョイス。
ほのかに果肉の味がして、なかなか美味しいねコレ。


空が暗くなってきましたね。
そろそろ帰るとしましょうか。


というところで、続きは次回!



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。