• 2016年10月 の記事一覧

2016年10月30日(日) 記事No.332

以前記事にしたように、止むに止まれず北の大地に置いてきた北海道の思い出たち。
ですが、この度、mixiから数点の写真をサルベージできましたので、備忘録的に記事化することに。


まずは、朝イチの飛行機で新千歳空港に到着した後、その足でオリックスレンタカー新千歳空港店に移動。
併設されているレンタルバイク新千歳空港店で車両を受け取る。

6094315_2228766633_51large.jpg

「わーい、最新型のPCX125だー♪」

3日後の悲劇など思いもせず、これからの旅程に思いを馳せたりなんかしつつ新型バイクにはしゃいでいたワ・タ・シ。


荷物の詰め込みに苦労した末、30分遅れで出発。
正午前に道の駅三笠で軽食として三笠名物の「八列とうきび」ゲット。

6094315_2228775337_53large.jpg

見ての通り、普通に食べるとうもろこしとは違い細長い。
粒は大きくやや固め、お味も甘さ控えめでその分穀物穀物している。


その後、幾つかの道の駅に寄りながら内陸部を進み、国道233号を通って留萌で日本海に邂逅。

そのまま道の駅を巡りながらオロロンラインの国道232号区間を北上。
砂浜に侵入し日本海に沈む夕陽を撮ったりしながら道の駅天塩に到着。

あー、あの夕陽綺麗だったなぁー・・・・。

道の駅では、同人、いや、道人のY'sさんオススメ・ホッキカレーをいただく。

6094315_2228805500_16large.jpg

オォ、フライされたホッキの食感が面白い。
お味も良くてグー。

その後、真っ暗なオロロンラインを北上し、日本最北の市・稚内に到着。

リーズナブルな割に部屋も温泉も上等なドーミーイン稚内に投宿。
翌朝からの旅程に思いを馳せつつ、安らかな眠りに吸い込まれていくのだった。

初日の走行距離は、だいたい360km位だったかな。



明けて翌朝。

早々にホテルを後にして、快走するのは宗谷丘陵。
牧場の緑と空の青、そして、風車の白が綺麗に混ざり合った360度のパノラマに、少し新鮮な北海道を満喫。

そして到着。
本土最北の地・宗谷岬。

6094315_2228881935_66large.jpg

この場所はホントの本土最北端、日本最北端の地の碑の裏側です。


ここからは海岸沿いのオホーツクラインを南下。

鮭釣りでしょうか。
砂浜という砂浜に、幾本もの竿を立てかけた釣り師たちの姿が見えマス。

宗谷岬を下ること約2時間。
道の駅おうむで、土地の名物韃靼蕎麦に韃靼コロッケをいただく。

6094315_2228896492_113large.jpg

うまし。

軽くヒーコーってから南下再開。


と、いつの間にか雨が降り始め、道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯で雨宿り。

6094315_2228901235_101large.jpg

こちら、併設する公園にはSLなど置いてあって楽しめる。
が、いつまでも止まない雨を嫌気して、先へ進むことに。

ずーっと雨のため暗くなるのも早く、Y'sさんに教えて貰った能取湖のサンゴ草も全く見えず・・・。

雨でペースも上げられず、二日目の宿・しれとこ村に着いたのは夜8時を越えてました。

源泉掛け流しの温泉を楽しんで、二日目の夜もぐっすりと眠りましたとさ。

6094315_2228929397_166large.jpg

二日目の走行距離は、400km強だったかな?

続く。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
レンタルツー記録(北海道) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2016年10月28日(金) 記事No.331

先日、その辺の山道を走り回ることを計画。
ついでにあちこちにある小さな秋を探してきましたので、成果についてご報告。


IMG_8183.jpg


まずは適当に南下して南阪奈を走行。
その出口からまっすぐ、何も考えずに国道165号を走って桜井市の渋滞にハマる。

くじけ始める心を叱咤し、なんとか国道166号で気持ちのよい山道に合流。

その166号沿いで早速小さな秋を発見。

IMG_8185_20161025225622632.jpg


ミヤマガマズミかな?


さらに進んでみると、こんなものが。

IMG_8186_20161025225624525.jpg


なんと桜が咲いてた!


IMG_8187.jpg

不断桜でしょうか。


ふと見上げると、

IMG_8188.jpg


ウメモドキ?が真っ赤な実をつけてます。


秋は楽しいねー。


山間の集落では、

IMG_8192.jpg


キバナコスモスがおとなしげに咲いてたり。


そして、人家の近くには、

IMG_8193.jpg


当然のように柿の実が。


さて、3時間半掛けて到着したのは・・・

IMG_8199_20161025225703097.jpg


道の駅奥伊勢おおだい。


遅めのランチでいただくのは・・・

IMG_8195.jpg

久しぶりだの伊勢うどん。
クセになる味です。


そして、

IMG_8196_20161025225700a0b.jpg

ただのコロッケ。
素朴な味♪


食後はもちろん

IMG_8198_20161025225701ffa.jpg

ヒーコーシガーターイム!


とかしてるうちに、なんだかんだで1時間。

さーて、帰りましょうかね。


ちょっと走り足らなかったので険道28号経由で関西IN。
んでもって国道25号で大阪を目指す。

途中、綺麗な夕焼けに誘われて高峰SAにチェックイン。
真っ赤な空が美しく、

IMG_8200_20161025225704d3b.jpg


まるでロードオブザリングのオロドルイン。

0ca9334ed7a2768cdd2ad7ebf39e5a15.jpg

・・・・あれっ、なんで滅びの山?(笑)

やはり黄昏時だからでしょうか。



走行距離234km、平均燃費23.1km/L。

IMG_8201_20161025225705c32.jpg


小さな秋を見つけたショートツーでした。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ツー記録(関西) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月22日(土) 記事No.330

SSTRも無事にゴールし、次にやってきたのは能登国の一之宮・気多大社。

IMG_8226.jpg


実はY’sさんが全国一之宮巡り中でして、そのお手伝い。

今回も、彼が出雲大社まで行った帰り道に合流でした。
よく走るねー(笑)


逆に、お次は自分のリクエストで絶景ポイントに。

富山湾越しに立山連峰が見えるという雨晴海岸に移動。
撮った写真がこちら!

IMG_8233.jpg

いやー、絶景絶景。
女岩越しに見える立山連峰が素晴らしいですね!


えっ?
立山連峰が少し見えにくいですかー?

では、アップで。

IMG_8234.jpg

今度ははっきりと見えましたよね?

「見えない」って言ったそこの君。
心の感度がちょーっと低いぞ〜。
心眼を磨くことをお勧めします。


さて、この時点で夕方の5時過ぎ。
時間も時間ですし、そろそろホテルのある金沢に向かうとしましょう。


2時間弱走って着いた金沢では、ホテルで紹介された金沢駅南西高架下にある二輪専用の市営駐車場(無料)に駐輪。

IMG_8240.jpg


またまた強い雨も降ってきたので、駅中にある「廻る富山湾すし玉」に入店して、まずはお腹を満たすことに。

即、パンカイ!

IMG_8241.jpg


限定の言葉にやられ、

IMG_8243.jpg


金澤盛り、富山盛り、朝どれ三種などなど注文。

IMG_8242.jpg


うめー、どれもうめー!!(笑)

最近の回転寿司って美味しいのね!?

ってな感じで、旨い魚をがっつり食べて、大満足でホテルに向かい即就寝。


翌朝。
能登半島を回って行きたかったものの、雨雲を避けるべく方向転換。
一路、奥飛騨経由で信州方面に出発。

さらば、金沢!

IMG_8245.jpg


南砺市を抜け、

IMG_8249.jpg


霧深い酷道360号を快走。

IMG_8252.jpg

IMG_8254.jpg

IMG_8256.jpg


スーパーカミオカンデで有名な神岡市で一休みした後、

IMG_8259.jpg


酷道158号で安房峠を越えて塩尻入り。

IMG_8265.jpg


走行は10時半から18時半。
全線ほぼ雨の中の峠道。

おかしーなー、雨雲を避けてこっちに来たはずなのになー??(笑)


でもま、その夜は信州健康ランドで山中雨走りの疲れを癒しましたとさ。
岩盤浴効くぅ〜。


明けて翌日。

塩尻北ICからショートランデブーの後、岡谷JCTでY’sさんとはお別れです。

出雲往復ツーの帰路、わざわざの合流あざした!
今回もお疲れ様ー。
残りの道中もお気をつけて!


で、自分は急ぐ旅でもないので恵那峡SAでランチ休憩。

いただいたのは、岐阜の名物・飛騨牛カレー。

IMG_8275.jpg

ゴロンとした塊が3つほど入っていておいしゅうござんした。

ついでにお土産屋を見てみると、販売開始されたばかりの美濃屋の栗きんとんを発見。

IMG_8274.jpg

速攻で買いました。
栗きんとん美味しいですよね?


その後、亀山SAでヒーコーシガー休憩の後、

IMG_8278.jpg


大阪に到着。

IMG_8280.jpg

総走行距離1077km、平均燃費22.5km/Lの二泊三日ツーでした。


二日目は、山中に雨の峠を走り周りましたが、やっぱDCTとトラコンで物理的に楽で心理的に安心でしたねー。

我が愛車アフリカツイン、思った通りの万能ツーリングバイクです!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ツー記録(北陸) |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2016年10月18日(火) 記事No.329

今年は雨に遭う確率が高い気がします。
まぁ、雨と分かっててもバイクに乗りに行くからって話もありますが・・・。

でも、雨の日には思い出が多かったり、やけに昔を思い出したりしませんか?

「雨の日の記憶は深く刻まれる」

昔読んだ本の受け売りだったりしますけど、ちょっぴりその通りだと思ったり。

今回は、そんな感じのツーのお話です。


とある夏の日のこと。

IMG_8175.jpg


大阪在住の私が今回向かったのは、石川県は小松市にある日本自動車博物館。

IMG_8179.jpg


前回のトヨタ博物館に続きトヨタ2000GTがお目当てですが、こちらでは前期後期の両型が展示されているのです。

IMG_8194.jpg


こちらが前期で

IMG_8198.jpg

IMG_8197.jpg


こちらが後期。

IMG_8199.jpg

IMG_8196.jpg


よくわかる違いとしては、フォグランプ・ウインカー・リアリフレクターの大きさとグリル形状でしょうか。
あと、この二台固有の違いかもしれませんが、タイヤサイズも異なっていました。

ふー満足。

後の車両はどーしよーかなー、とか思いましたが流し見で。

なんせこの博物館は車両台数が多くって、

IMG_8182.jpg

じっくり観察するスペースがなかったので仕方なし。


ただ、今はなき歴代いすゞジェミニとか、

IMG_8184.jpg


二代で終わったアルシオーネとか、

IMG_8185.jpg

何気に欲しかったちょっと変わった車たちにまた会えたのが良かったです。


後、このランタボ。

IMG_8186.jpg


社会人になって初めて師事した先輩が乗ってました。
その人には色々とお世話になったんですけど、若くして病気に倒れてしまいました。

かれこれ20年以上も前の話です。

でも、このランタボを見た瞬間に、先輩の声とセリフが、今そこに彼がいるかのように聞こえました。

もちろん空耳でしょうけど、ずーっと忘れていたのになんか不思議。


なーんて、そんな感傷的な記憶と共に建物を記録。

IMG_8200.jpg


うん、なんかお腹が空いてきました。
生きてるって感じだ!(笑)


さて、博物館を後にしたら、近くにある道の駅小松木場潟で六さん健康おにぎり定食をがぶり。

IMG_8201.jpg

おっ、美味しい!
しかも、500円なのに意外にボリューミーでお得な気分。
おすすめかも。

ちなみに、六さんとは「料理の達人」に出ていた和の鉄人・道場六三郎氏だそうで、このレストランの監修をされているとか。
これも懐かしー!


お腹も満足したところで向かったのは、いつぞやも訪れた思い出の千里浜なぎさドライブウェイ。

IMG_8214.jpg


なんか、悲しいことを思い出しそうだけどきっと気のせいだ!!・・・なーんて思い出と葛藤していたり。

その時、映画のワンシーンのように、砂浜で女の子がくるくる遊び回ってたのが記憶に残ってます。


IMG_8205.jpg


ふと横を見ると、サイドスタンドが沈んで困っているライダーが一人。

IMG_8210.jpg

・・・・あれ、この人・・・。


はい、今回(も)ご一緒した、毎度おなじみY'sさんです。

IMG_8211.jpg

( ・`ω・´)キリッ

そんなY’sさんとともに駆け抜けた砂浜もなかなかいい感じの思い出に残りました。

IMG_8213.jpg

やはり、自分のバイクで走ると感動もひとしおですね!


特に、間違って案内されたSSTRのゴール地点は、ナンバーまで読み上げられて記憶にしっかりと刻み付けられました!!

あー、びっくりした(笑)


記憶と記録で何か長くなってしまったので、今回はこの辺で!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
ツー記録(北陸) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2016年10月11日(火) 記事No.328

先月末。

飛行機で新千歳に飛んでPCX125を借り、

KIMG0009.jpg

3泊4日で北海道を周ってきました。


駆け足ではありましたが、色々な思い出ができました。


美しい景色に見とれたり、

KIMG0004.jpg


ハッとした瞬間に魅入られたり、

KIMG0010.jpg


そして美味しさに心奪われたり・・・。

KIMG0005.jpg



中でもこれは一生忘れられない思い出です。



KIMG0003.jpg

そう、車に轢かれたiPhone6です・・・。


時は最終日の正午前。

いつの間にか居なくなっていたヤツを探し、来た道を戻ること一時間。

足寄国道の真ん中で、

KIMG0001.jpg

力尽き、前のめりで倒れ伏すヤツを発見。


すぐ助け出すも、一目でわかりました。

KIMG0002.jpg

既に手の施しようもないほどの重症なのだと。


それでも、一縷の望みを抱いてスイッチを押す。

・・・が、ヤツは二度と目を開ける事も声を出す事もありませんでした。


チ〜ン。


この瞬間、三日と半日分の北海道の思い出とともに、ヤツは永遠の眠りにつきました(泣)


凛とした空気が清々しい、最北の地・宗谷岬。

宗谷岬

稚内市役所観光交流課のサイトからいただきました



空と海の青が眩しかった、世界遺産・知床。

知床

斜里町観光協会のサイトからいただきました



そして、生サンマ丼が美味しかった、最東端・納沙布岬、

納沙布岬

根室振興局のサイトからいただきました

などなど。

ヤツとともに失われた北海道の写真は、今も私の記憶の中に生きています!


総走行距離1,664km、

KIMG0011.jpg

※PCXのトリップメーターは、1,000kmで一周するようです


平均燃費44.5km/L、

KIMG0012.jpg

の北海道旅行でした。





そうそう。
一昨日、こんな人が我が家にやってきました。

KIMG0028.jpg

さて、再び思い出を積み上げていかなくっちゃ!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
レンタルツー記録(北海道) |  トラックバック(0) |  コメント(6) |  記事を編集 | 

2016年10月04日(火) 記事No.327

楽しかった西の方ツーも​もはや終盤。

朝早くから濃霧の中を走り抜け、

IMG_8160.jpg


山間の棚田や

IMG_8162.jpg


畦に咲く彼岸花

IMG_8169.jpg


などなどを愛でて終わりを告げました。


IMG_8171.jpg

総走行距離407km、平均燃費19.5km/Lの一泊二日ツーでした。




さて、 MVアグスタの新型ブルターレ800のインプレと参りましょう。

IMG_8121.jpg


​このバイク、​何と250ccのVTRよりも5mm短い超ショートホイールベース。

IMG_8103.jpg

・・・な​んですが、意外や意外直進性はとてもよい。
高速などでも、安心してドッカン加速が可能なほどです。


その上、軽めの車体、しっかりしたフロントサスと高めのシートで、もちろんワインディングもお手の物。クルックルと言うよりはしっとりながらもスパッと回る感じです。


ただし、ニーグリップ部が尖っていて、膝の少し上の内側が痛い。

IMG_8158.jpg


ステップが低いのかなぁ?つま先でステップを踏むとちょうど良い高さに。

いえ、決して足の長さが不自由なんじゃないですよ!(笑)


エンジンは、モードによってかなり性格が変わるんですが、総じて低速トルクは十分、中速も力強く、高速は破壊的って感じです。

約3,000回転と6,000回転強の二段階でパワーが盛り上がる。・・・気がする。



エンジンモードが、ノーマル・スポーツ・レイン・カスタムの四種類あ​り、ノーマルでMT09のSTDみたい​な設定​で、レインで同・Bモードより穏やかな感じです。当然私はBモードで。
モード​による変化​は、スロットルに対する反応とパワーのピックアップが変わる感じですね。


トラコンは八段階あるそうですが、常に最大限効かせる設定。
ドライ路面とはいえ、やっぱ怖いっスから。


エンジン音は、車体の横で聞くと低音​が効い​てるんですが、シートに座るとどこかプラスティッキーな音に変化。​あれ?​

IMG_8058.jpg


とはいえ、回すと官能的な音が響き出し、高速ではむやみにスロットルを開けてしまう始末。


シート高があるために、ポジションはやや前傾気味。

意外にハンドルに幅があり、クラウチングスタートみたいに車体を抑え込む感じ。

低い位置についたヘッドライトと小さなメーターも相まって路面が良く見える(笑)

IMG_8142_2016100422531877b.jpg


となると、さぞや風がすごいと思われるでしょうが、さに非ず。

ライトとツライチ気味のメーターバイザーが効いているのか、高速を走っていても風が辛いということもなかった​です​。


あと、EASと言うオートシフターが付いていて、クラッチを切らなくとも上下にギアチェンジが可能。

IMG_8141_201610042253165cd.jpg

これは超便利!


何らかの条件が合わずにギアが入らない場合もあるのですが、基本、自由自在にギアチェンできて、走りがスムーズになるし、何より左手が楽チン。

その操作があまりに自然なので、一度だけ止める時にクラッチ切り忘れて転びかけてびっくりしたくらい。


カッコいいわ、乗って楽しいわで、何コレ、一台欲しいです(笑)

そんな​ブルターレ800でした。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
レンタルツー記録(九州) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2016年10月01日(土) 記事No.326

今回の旅の目的は二つ。

一つは本土最西端到達。
そしてもう一つは、唯一の未踏破県・佐賀県の訪問です。

と言っても、どっかの誰かさんのように愛車での訪問どころか、バイクで走ったわけでもないんですけども、ずーっと気になってたんですよね。

とはいえ、せっかく佐世保まで来たので、佐賀に行くのはこの辺りを放浪した後にしてみましょー。


まずは、巨大カブトムシが圧巻の道の駅昆虫の里たびら。

IMG_8106.jpg

むぅ、デカイ・・・。


少し北上して平戸大橋。

IMG_8111.jpg

ここを渡ると平戸島。

古くは遣隋使や遣唐使の寄港地として、また中世には二度の元寇を退けた地であり、南蛮貿易の拠点として繁栄した歴史ある島。
どのスポットに行こうか悩んじゃいますね。

が、既に時刻は15時前。
行けてせいぜい一つか二つ。

ここはさらなる端っこを求め、平戸島の北西に鎮座する生月島を目指すことに。


ということで、やってきました生月島大橋。

IMG_8120.jpg


生月島側の道の駅でコーヒー休憩。

IMG_8122.jpg


しばしの休息の後、北上開始。

到着したのがこちら。

IMG_8132.jpg

大バエ灯台。
お天気によっては対馬が見えることもあるそうです。


駐車場に戻ると、なんとトヨタのクラシックが停まってる。

IMG_8133.jpg

ラッキー、これは珍しい。

などと思ってたら、時刻は16時半過ぎにもなっていた。

急がなくっちゃ、あれに間に合わない!


てな感じで急いでやってきたのがこちら。

IMG_8140.jpg

伊万里湾に浮かぶ福島の土屋棚田。
日本棚田百選に選ばれてます。


ここにやってきた目的は一つ。

すなわち、コレです。


IMG_8135.jpg

棚田の夕陽。

雲が水面までかかってはいますが、玄界灘に沈む夕日の影を楽しむことができました。

綺麗な夕陽だなぁ。
来てよかった・・・。


さて、満足したところで本日の宿に向かいましょう。

伊万里市にあるセントラルホテル伊万里に当宿したら、早速、美味しいご飯をいただくことに!
狙うはもちろん、呼子のイカ!!


いろいろと吟味したお店で、最終的にいただくことにしたのはこちら。

IMG_8143.jpg

マックスバリューのお寿司!


・・・・・。

お店、満員でどっこも入れませんでした・・・・。

あゝ呼子のイカぁ・・・・・。


悔しいので、ガリガリ君アセロラを食べて寝ることに。

IMG_8144.jpg

終了〜。
なんだか寂しい佐賀県の夜でした。


それでも・・・・、

これにて、日本国全県制覇達成!!


次回は、MVアグスタ・新型ブルターレのインプレです。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
レンタルツー記録(九州) |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 |