スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FOBO 見えないモノを見えるようにするアイツを付けてみた


さて、1,000ccながら本格オフロード走行を想定しているCRF1000L赤いファラオ。

ですが、それ故に前後(普通の)スポークホイール&チューブタイヤだったりします。
となると、タイヤの空気圧管理は非常に重要。
すぐ抜けちゃう気がしますからね。(私見)


でも、毎回毎回乗るたびにバルブを触るのも面倒臭い。


ってことで、購入したのがこちら。

IMG_8597.jpg


FOBO Bike タイヤ空気圧監視システムです。


具の方はこんな感じ。

IMG_8595.jpg


センサー(下の大きい丸)とロックナット、電池と特殊工具?、そしてキーチェーンが入ってます。
キーチェーンは何に使うんだろう・・・?



早速使ってみましょう。


まずは、スマホに専用アプリをインストール。

そして、スクリーンの手順に従ってアプリをアクティベート。

セキュリティのためにメールを経由するので、ちょっとだけ面倒。


で、センサーをつけるバイクの情報を入力するとこんな感じ。

IMG_8694.jpg


ふぅ、結構面倒くさい・・・。


次に、センサーをアプリに登録。
なお、この時点ではまだセンサーは装着前でないといけませんです。

この辺はスマホ使いながらなので写真はなしで。

うまく登録できれば、アプリに0気圧の表示がされます。


が、ここでスクショ撮り忘れました。
何故なら、ここで中々登録できずに四苦八苦したから。

「すわ、不良品!?」とか思いましたが、センサーに付いてた電池が電池切れと判明。
同梱の新品電池に交換したら無事登録できました。

電池はCR2032で、新品なら約2年もつそうです。
てか、使えない電池入れとくの止めて欲しかった・・・。

ちなみに、盗難防止措置として、一旦登録したセンサーは他の人のアカウントでは使えなくなるそうです。
知ってる人は盗まなさそうですね。知ってる人はねー・・・。



さて、センサーのインストールが終われば、アプリがセンサー装着しろと命令してきますので、素直に装着しましょう。


まずは、ロックナットを先にエアバルブにねじ込みます。

IMG_8704.jpg



そして、センサーを装着。

IMG_8696.jpg



仕上げに、盗難防止の特殊工具?でロックして終わり。

IMG_8697.jpg



さて、アプリを見てみると・・・・

IMG_8818.jpg


表示された!!

少しくらい値が前後したって気にしない、気にしない!(笑)

このセンサーを装着したのが、昨年末の最南端弾丸ツーの直後。


で、こちらが3ヶ月放置した後の空気圧。

IMG_8817.jpg

ちゃんと減ってますね。

きちんと稼働しているようで一安心。

後は、閾値を超えた時にきちんとアラートが出ればバッチリ。

これでまたひとつ安全に乗れるようになりましたね!


なお、センサーの仕様は以下の通り。(2017.03.25現在)
https://my-fobo.com/Product/FOBOBike#specification

・運用圧力範囲:0から600KPa
・動作温度範囲:-40〜85℃
・タイヤセンサー&車載ユニットのバッテリ寿命:2年(定格温度25℃)
・水&ダスト耐性:IP57
・タイヤセンサ重量:各10g
・認証:FCC、CE、BQB、RoHS指令
・センサーの構造しきい値:350Nボール圧力強度試験
・機械·環境信頼性試験規格:IEC 60068-2-2、IEC60068-2-1、ISO21750、IEC60068-2-29、IEC60068-2-5、IEC60068-2-32、ISO15184、ISO2409, SAE J2657
・Android 4.3以上とiOS7.1以上に対応。




面倒臭がりのそこのあなた!
おひとついかがかに!?(笑)





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

スクランブラーSixty2のインプレ


さて、先日乗ったドゥカティスクランブラーSixty2についてインプレなぞ。


IMG_8783.jpg

まず、見たとおりのシンプルな車体。
しかし、コグドベルトカバーがドゥカティであることを主張。


色は、シャーベットトーンで60年代を演出。
また、正面からオフセットして取り付けられた一眼の丸メーターもオサレな雰囲気。

IMG_8741.jpg


メーターには

IMG_8742.jpg

必要最低限の情報がわかりやすく配置されている。

全体に洒落た感じのバイクに仕上がっています。


タンクを見てみると、

IMG_8751.jpg

キャップに1962(Sixty2)の文字 ボーンフリー!


さて、跨ってみましょう。

て、重っ・・・。

装備重量で183kgと車体自体は軽いはずが、​引き起こしがずっしり重い。
単に運動不足という気もするが、サイドスタンド倒れ過ぎの影響かも。

IMG_8769.jpg

うん、寝てるね。


まぁ、重いって言っても両足がべったり着くので問題ない程度ですが。


で、DUCATI の文字が光る広いシートに座ると、

IMG_8772.jpg

・・・・・硬い。

うーん、このシートの硬さは長距離乗ると辛いかも知れないっすね。
前傾しているので、運転中は前に座ることになりがち。
このあたりは広めのハンドルとあいまってオフロードテイスト?


では、エンジンをかけてみましょう。

ちょっとかかりが悪いが、思ったよりも軽い音で回り出す。
400ccということで低速トルクを心配してたけど、低回転でも十分なトルク。
さすがにドコドコ感までは無いものの、ポコポコ感くらいの鼓動あり。

軽いクラッチを繋いで走り出すと、低速から十分にパワフル。
エンジンは基本フラットトルクも、4千と6千回転で微妙に盛り上がる・・・気がします。
リミッターは9千弱とそこそこ回せる設定も、回して楽しむというよりはポンポンとシフトアップした方がしっくり来る。


ハンドリングは軽いっちゃ軽い。
・・・んですけど、くるっくる回る感じはしない。

倒し込みもすっとできますが、昔のモンスターみたいに怖いほど倒れ込んだりはしない。
このあたりは、フロント18インチタイヤの影響かと。

全体的にもドゥカティ色は薄く、オフロード色が強いかなー。

うん、好み(笑)


タイヤも

IMG_8762.jpg

ピレリMT60とダート寄り。

ただ、アクセルレスポンスがちょっと良すぎて、ダートでは細かいコントロールがしにくそう。

後、

IMG_8759.jpg

リンクレスのサスが明らかに硬くて、舗装路で尖ったショックを感じるっスね。
フラットダートとかが面白そう。

スイッチ類は使いにくいですが、野山で遊ぶには関係ないし、ダメダメってほどダメでもなく。

総じてお気楽に楽しく付き合えそうなバイクでした!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

Sixty2で初春お散歩ツー


もう3月も半ばとなりましたが、ようやく今年の初乗りをしてきたのでご報告。

実は2月に鎖骨の骨折プレートを抜く手術をしてまして、

IMG_8786.jpg

未だ体力・筋力共に自信がなかったりします。
※今回抜いたのは上の方です(下は固定に失敗して外れたもの)


そんな状態でファラオ様に乗るのもなかなか勇気がいることでして、ついつい軽くて足つきがよい小排気量車でウォーミングアップをすることに。


ってことで、今年一発目のツーリングの相棒はこちら。

IMG_8735.jpg

ドゥカティスクランブラー Sixty2です。

なんと綺麗なスカイブルー!
(メーカー公式にはオーシャングレイですけど)


まずは名阪国道を東に少し走り、針テラスのちょい先・神野口ICで一般道にタッチダウン。

IMG_8738.jpg


県道263で久々の森林浴を楽しんだら、

IMG_8739.jpg


いくつかの県道を走り継いで田舎道を堪能。

IMG_8743.jpg

IMG_8744.jpg

IMG_8745.jpg


国道368を快走中に面白そうなものを発見して、ちょいと寄り道することに。


そう、このうねうねの先に、

IMG_8746.jpg



・・・こーんな魅力的な道が見えたのです。

IMG_8750.jpg

こりゃー行かなくては、ですよね?


で、行き着いた先に待っていたものはもちろん・・・

IMG_8748.jpg

行き止まりでした!

というわけで、今年一発目のUターン(笑)


その後もノーンビリ走ってやってきたのは、道の駅美杉。

IMG_8756.jpg

ここでランチといたしましょう。


いただいたのは、鴨醤油ラーメン。

IMG_8752.jpg

素朴な味でなかなか旨し。


ついでにプクイチしてマッタリ。

IMG_8753.jpg

あー・・・いいお天気だわ、あったかいわでこのまま寝てしまいそう。

でもま、今日はもう少し走りたいので後ろ髪を引かれながらも先に進むことに。


で、そのまま国道368を東に進んでやってきたのがこちら。

IMG_8757.jpg

国道368の酷道パートです。

ここは、バイクと車の離合も困難な場所が複数あるのに結構な交通量のあるトリッキーな区間。
昨年の今頃にスッテネで来て恐怖したのを思い出したりなんかしてやや武者震い。

でもま、スクランブラーなら杞憂でしたね。
二、三度道を譲った程度で、気楽ーに酷道パート終了っす。


そのまま飯南まで東進したのち、ぐるりと回って今度は国道166を西に向かう。


となると、当然、道の駅飯高駅でコーヒーとともに一休み。

IMG_8758.jpg


ここで隣に停まってるアフリカツインの方に注目!
なぜなら、K&Hのシート装着車だから!!

こりゃーちょいとお話を聞かせていただこうと、チョロっと話しかけてみる。
少しお話聞かせていただき、さらには跨らせていただいたりなんかしてラッキー。

うん、K&Hのシートは尾てい骨が当たらなくって快適でした。
足つきも良かったし、私もそのうち替えちゃおうかなーなんて思える逸品でした。

あの時のアフリカツインの方、お名前も伺いませんでしたが、ありがとうございましたー。


気づくと時間は15時半近く。
そろそろ大阪に戻るとしましょう。

国道166はよく走る道なのですが、この道を走るたびに目に着くのが沈下橋の数々。

IMG_8777.jpg

高知のもののように大きくはないですが、それだけにより生活を感じさせる小ぶりのものが幾つかあるのです。


幸い今日は軽い車体。
これは降りていくしかないですよねー。

IMG_8760.jpg


人も車も来ないのをいいことに、橋の上であーでもない

IMG_8770.jpg


こーでもないと

IMG_8764.jpg


写真を撮ること20分。

IMG_8781.jpg


さすがに汗かいて来たのと日が傾いて来たのとで、撮影タイム終了。


帰り道は林道にも入らず、最後まで田舎道を堪能して帰阪。

IMG_8785.jpg


総走行距離242km、平均燃費26.1km/Lのお散歩ツーでした。

いやー、やっぱバイクはいいねぇ。
今年の春はどこの桜に出会いに行こうかな?




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク1
リンク2
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。