FC2ブログ
東中国地方ツー 最終日、最後の追い込み編
- 2019/03/29(Fri) -

東中国地方ツー三日目の後半。

鳥取砂丘を後にして、
まずは近場の道の駅で一休み。

IMG_3244.jpg


ん?
遠くに見えるアレなんだ??

IMG_32442.jpg


あれは・・・・

IMG_3245.jpg

天守閣!?

調べてみると、平成のはじめに作られた天守風建造物で、別名河原城とのこと。
なんか、どっかにもあったな、そんな建物。


昔を思い出しつつ東へ向かい、やってきたのが有名なこちら。

IMG_3250.jpg


そう、とある特定バイク乗りの聖地。

IMG_3249.jpg

隼駅!


駅の中に

IMG_3254.jpg

当然のように貼ってある隼ポスター。

そして、
駅の外にはもちろん

IMG_3255_201903172229081f8.jpg

隼乗りが標準装備?
・・・さすがです。

せっかくなので、BASE8823でお茶でもしたかったものの、
例によって時間が無いのでパス。


と言いつつも、
隼駅からわずか数分の距離にある安部駅で再び停車。

IMG_3257.jpg

ここも知る人ぞ知る聖地。
寅さん44作目のロケ地だそうで。

駅舎内には、当然のように寅さんの写真が飾られてます。

IMG_3260.jpg

そして、ホームの待合室には寅さんの案山子が鎮座。
これがまた似てるんだなぁ・・・芸が細かい。

あ、写真は忘れました・・・。
撮ったつもりだったんだけどなぁ〜。


ところで、ここ安部駅。
駅舎内にはカーテンの掛けられた窓があって、

IMG_3259.jpg

こんなに小さいのに「友人駅なの!?」と驚きつつ覗いてみると、
なんと、駅舎内と一体化した美容室でした。
なんでも、美容室の店長さんが切符を売っているのだとか。

そー言えば、美容室があったわ・・・。

IMG_32572.jpg

省人化、ここに極まれり・・・などと感じ入っていると、時刻は既に14時に。
早く帰らなくっちゃ・・・。


てことで、

IMG_3263.jpg


いくつかの

IMG_3264.jpg

道の駅を渡りながら、南東に向かうことしばし。

紅葉の山を抜けた先で、

IMG_3266.jpg


なんだか怪しいカイコのモニュメント発見。

IMG_3267.jpg


案内に従い向かってみると、

IMG_3268.jpg

カイコの里交流施設というところに到着。


入り口に置かれたゆるキャラ・カッキーさんを見てみると、

IMG_3269.jpg

おや、おシャモを掲げてる。

・・・ちょうどお腹が空いてきたことだし、ちょっと入ってみるかな。

入ってみると、案の定、一部店内が飲食店風味。

IMG_3270.jpg


お店の人に聞いてみると、
15時を過ぎているものの食事を出してくれるという。
田舎の施設ってサービス提供時間が短いところも多いのにラッキー!

早速オーダーしたのは、カイコにちなんだ桑うどん定食。

IMG_3272.jpg

桑うどんもかやくご飯も美味しゅうございました。ゴチ!


お腹が落ち着いたところで、ふと思い出す。

いかん、少し先を急がなくっちゃ!

・・・などと思いつつ走り出したものの、興味のあるものと道の駅に度々足を止められる。

IMG_3275.jpg

IMG_3277.jpg

IMG_3279.jpg


バイクの「停めては走り出し」を繰り返していると、
だいぶ東に進んだところで、またまた謎の鯉モニュメントを発見。

IMG_3280.jpg


すぐ近くの道の駅に入ってみると、

道の駅の入り口と、

IMG_3289.jpg


敷地内の池や

IMG_3281.jpg


足下のタイルに

IMG_3282.jpg

鯉が散見される。
どうやら、ここ養父市は「鯉の里」で売り出しているらしい。

どこの自治体も特徴作りに苦労しているんだねー。
『頑張れー!』
そう心で叫びつつ、ぐずつく天候と失われゆく体力に心揺れる私N。

いかん、いかん。

気を取り直して、エナジーチャージ!

IMG_3286.jpg

頭がシャキッと冴えたところで発進し、その後の3時間を一息に走りきる。


ようよう大阪に着いたのは、実に20時前。

IMG_3292.jpg

三日間の総走行距離797km、平均燃費 22.0km/L のミドルお泊まりツーでした。

最終日以外はスカスカだった気もするけど、気のせいだな、きっと。

「終わりよければ全てよし!」

うん。 楽しい東中国地方ツーでした。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー三日目 日本最大 "級" のあの場所へ編
- 2019/03/26(Tue) -

さて、本日も朝食を取りながら一人作戦会議。

IMG_3214.jpg

味噌汁から行くべきか、はたまた野菜から・・・・じゃなくて。
大阪に戻る前にどこに寄ろう?

うーむ。 やはり、日本海に出てあの場所に行くとするか。


まずは温泉街のど真ん中を突っ切って、奥津温泉にさようなら。

IMG_3217.jpg

二日間お世話になりましたー。


秋の残照を目に入れながら北上し、

IMG_3221.jpg


やってきたのがこちら。

IMG_3223.jpg

日本最大の中国庭園・燕趙園。

が、
庭園へ向かう道を遠くに眺め、

IMG_3224.jpg

迷うことなく先を急ぐ!
今日中に大阪帰るからね、仕方ないね(笑)


お次に着いたのは、

IMG_3229.jpg

道の駅神話の里白うさぎ。
名前の由来は有名な因幡の白兎。

目の前にある海岸はもちろん

IMG_3233.jpg

白うさぎが大国主命に会ったという白兎海岸。

でも、大国主命と白兎のモニュメントを写真に収めたら、

IMG_3230.jpg

次の場所にGO。
今日は時間がないからね、仕方無し・・・。


しばし走った後に到着したのは、本日第一の目的地。

IMG_3235.jpg


そう。
日本最大 "級" の砂丘・鳥取砂丘。

IMG_3237.jpg


視界いっぱいの砂浜。でも、言うほど広くはないような。

・・・・ん?
この丘が動いて見えるよーな。

IMG_32372.jpg

・・・風??


いや、この丘のあたりを拡大してよく見てみると・・・

IMG_3239.jpg

人だー!!

ウォー、広いぜ、鳥取砂丘!
さすが日本最大級。


その広さに感動しながら休憩所に戻り、案内板を見ながら

IMG_3241.jpg


コーヒーをグビリ。

IMG_3242.jpg


汗が引くのを待ちながら一休みしつつ、本日この後の行程を考えてみる。

やはり、ここまで来たらあそこに行かなきゃだわな、うん。


てな訳で、本日はここまで。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー 冬来たる二日目編
- 2019/03/22(Fri) -

東中国地方ツー二日目。

本日は、楽しみにしていた石見銀山を訪問する予定。

しかぁし・・・。
朝ご飯を前に、私Nは迷っていた。

IMG_3151.jpg


実は今。
なんと、気温が氷点下。
道路には霜。危険が危ない・・・・。
しかし、本日の目的地を考えるとそろそろ出発しなくちゃ間に合わないしだし。

さてどうしたもんか・・・。


結局、
外に駐車している車に降りた霜を見て、

IMG_3153.jpg

無理せず出発を遅らすことを決意。
安全って大切だよねー。


てな訳で、二度寝してから出発に至った時には、実に10時を回っていましたとさ。
なんか、二度寝ばかりだな・・・・。

IMG_3154.jpg


抜けるような青空の下。
外気温計はわずか6度。
更に高地を走ることを考えても、そろそろ行ける、はず?

まぁいいや。
出発!


どことなく冬の気配を漂わせる田舎道を駆け抜けていくと、

IMG_3158.jpg


とある町中の橋のたもとでこんなものに遭遇。

IMG_3162.jpg


その説明文を読んでいると、懐かしい名前に気づく。

IMG_3163.jpg

昔、山歩きに興味があった時期に少し馴染んだ作家さん、かな?


記憶のカケラを手繰り寄せながら、道の駅蒜山(ひるぜん)高原に到着。

IMG_3165.jpg


まずは、軽くランチから。

いただいたのは、
B1グランプリに輝いた蒜山焼きそばの派生版・朝ゼン焼きそば。

IMG_3166.jpg

スパイシーでなかなか旨し。
そばの上に目玉焼きが乗っているのが特徴なのだとか。
当然ながら、夜ゼン焼きそばもある模様。


デザートにいただいたシュークリームも

IMG_3168.jpg

濃厚なお味でグッド。


お時間、すでに12時半。
もともとの目的地・石見銀山も、ここからの距離は150kmほど。
行けなくはないものの、帰りが心配。
真っ暗闇の中、氷点下の山道とか走りたくないなー。

コーヒーを飲みながらちっと思案。

IMG_3169.jpg

結論。
銀山には向かわず、適当にその辺を走って帰ることに決定!


てなわけで、しばしその辺を走っていると、名峰・大山が見えてきた。

IMG_3174.jpg


この辺りから見ると、ちょっとキリマンジャロみたいかな。

IMG_3178.jpg

うむ。懐かしい。


しかし、西側へ回って再び大山を見てみると、

IMG_3188.jpg


今度は見事な裾広がりの円錐形。

IMG_3190.jpg

さすが、伯耆富士。
いいもん見せてもらったとニッコリ。


その後も少し走り、道の駅あらエッサでもうひと思案。

IMG_3191.jpg

このまま帰るか、どこかに寄るか。


検討の結果、近くにあるちょっと変わった観光スポットに寄ってから帰ることに。

そのスポットがここ。

IMG_3201.jpg

黄泉比良坂。

そう。
古事記に出てくる、あの世とこの世の境目です。

IMG_3193.jpg


おどろおどろしい門を抜け、

IMG_3196.jpg


寂しい小道を進み、

IMG_3197.jpg


塞の神に祈りつつ

IMG_3198.jpg


峠の上で引き返し、適当なところで現世に復帰。

山中でおじいさんと出会って少し古事記の話などしたけれど、
まさか、神様とかじゃないよね?


若干ブルブルっときながらも、あとは、海岸沿いの道を東に走り宿に向かう。

いくつかの

IMG_3202.jpg


道の

IMG_3203.jpg


駅を

IMG_3204.jpg


経由

IMG_3205.jpg


しながら

IMG_3206.jpg


夜中に

IMG_3207.jpg


温泉に帰って来た。

IMG_3212.jpg


4度まで下がる気温。
冷える身体。


今晩も、心身ともに温泉で温め、

IMG_3213.jpg

夜はすんなりとご就寝。


明日はいよいよ帰阪の日。
なんか、短かい1日だったなー。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー 波乱の初日編
- 2019/03/19(Tue) -

関西に戻ってきてかれこれ5年目を迎えた私N。
以来、東西南北様々な場所を巡っているが、意外にも中国地方にはあまり足を向けていないことに気づいた。
九州旅行の帰りとか四国ツーのついでとかで寄ることはあれど、とにかく中国地方に行くぞ!ってツーリングは一度もない。
未踏破地かぁ・・・・・行かなきゃなー。

そう思うと居ても立ってもいられなくなるのが我が性分。
てなわけで、11月(!)の三連休を使って中国地方東部を回ってきたので、
今更ながらのご報告・・・・・。


まずは、初ツーリング先ということで綿密な調査を開始。
バイクでは未到達の姫路城とか、その近くにあるという白鳥城(ノイシュバンシュタイン城レプリカ)に始まり、同じく未踏の石見銀山やベタ踏み坂といった観光地?、そしてライダーの聖地・大山をも組み込んだ完璧な計画を作成。宿泊地には、大阪からも近く、石見銀山をギリで往復できる位置にある美作三湯が一つ・奥津温泉を選択。しかも、荷物を持っての移動を無くすために連泊で決定。

これらの作業を終えたのは、実に出発前日の夜、というか朝2時のこと。
短いながらもしっかりと眠りを取るべく床につくのであった。


翌日。

寝坊した上、二度寝も敢行。
結果、この私をもってしても最長に近い4時間遅れの出発とあいなった・・・。

IMG_3127 copy


当然、一日目の計画など無いも同然!
姫路城・・をすっ飛ばし、白鳥城・・にも近づきもしないまま中国道を西に一直線。
旧美作国に入った頃には、既に空が赤みがかっていたのであった・・・。

IMG_3128 copy


てな訳で、院庄ICで中国道を降り、国道53号を南に下る。

日本棚田百選の大垪和西の棚田に心惹かれるも、ぐっとこらえて南下南下。
若干心の余裕をなくした私を優しく迎えてくれたのがこの子。

IMG_3129 copy

JR西日本は津山線の亀甲駅。


時計の目がチャーミング!

IMG_3132 copy


大分お空が暗くなってきましたね。
さて、温泉宿に向かうとしますか!

IMG_3133 copy


来た道を戻りながら北上することしばし。
道中急ぎながらも、とある道の駅で小休止。


わざわざ停まった理由はこれだ!

IMG_3138 copy

実物大ガンダム!
ナニコレ、超カッコいい‼️


けど、ちとバランスが悪そう。
こんなに足が長いと重心移動が大きすぎて、まともに歩くにはすごい演算能力と微細な駆体コントロールが要るよーな?
などと、下らない妄想をしつつ道の駅を後にし、
やがて、妄想をも後ろに残して闇夜をひた走る。


と、再びとある場所で小休止。
闇夜に巨大な蜂が浮かぶ怪しげなこの場所こそは、

IMG_3141 copy

蜂蜜で有名な山田養蜂場の直営店。

一通り店内をウロチョロし、ツーリング初日だというのに、

IMG_3142 copy

早くもお土産GET。
真っ暗闇の中、ホクホクしながら宿泊地を目指す。


にしても、さすが山の中。
ドンドン空気が冷くなり、早くも身体が冷えていく・・・・。

距離に比例して下がる気温に震えながら走ること30分。
遂に到着。

IMG_3143 copy

奥津温泉。


宿に着くなり、まずは温泉に浸かって暖をとり、

IMG_3146 copy


湯上がりでホコホコしながら夕御飯。
いただいたのは、道の駅で買った鯖寿司他数点。

IMG_3147 copy

旨し。


デザートには、

IMG_3148 copy

やはり道の駅で買ったポン菓子をパクリ。


食後、布団に入りながら明日の計画を見直していると、あっという間に眠気に呑まれてしまった。

こうして、短くも濃厚な波乱のツーリング一日目が終わりましたとさ。
さて、明日は世界遺産・石見銀山に行くとするかっ!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |