2012年10月16日(火) 記事No.133
木曽路ツーの一日前。

実は、LSO(モータースポーツ・ライフセービング機構:http://www.ne.jp/asahi/master/lso/index.html)の応急手当講習に参加しておりました。

木曽路ツーの続きを上げるのにちょっと時間がかかるので、先にこちらをUpします。


本講習の正式名称はLSO認定プログラム、LSFA-Basic Skills「緊急時の応急手当と事故防止」といいまして、元々はモータースポーツのファーストエイド向けの講座としてレーシングクラブなどに行われているものなのですが、LSOの好意で、一般の方向けの定期講習会というかたちでも開催されております。
(詳細はこちら → http://www.ne.jp/asahi/master/lsfa/basic.html


今回の会場はこちら。

大田文化の森

東京都大田区にある大田文化の森です。
元区役所だけあって、立派な建物です。


講習会場である教室は、講義を受けるスペースと

LSO教室


実技を行うスペースから成ってます。

LSO教室2


こちらは、本日の教材です。

LSO教材

教科書とゴム手袋、そして人工呼吸用のマスクをいただきました。


このマスク、以下のような形となっており、マウストゥーマウスの際の精神的・肉体的ストレスを軽減してくれます。

Qマスク

真ん中の黄色いところが一方通行の弁となっていて、被害者の方からの呼気や嘔吐物が救命者に戻ってこないようになっています。
考えられていますねぇ。



さて講習ですが、まずはこちらのビデオでテキストの内容を見た後、

LSOビデオ


講師の方から関連するお話しや注意事項を伺い、質疑応答の後、すぐに実技に入ります。

LSO実習1

今回の参加者はわずか3名だったので、質疑応答にたっぷり時間をとっていただき、非常にためになりました。

また、実技もシミュレーション形式の実践的な内容です。
各人役者になったつもりで、真剣に実技を行っておりました。


講義は、事故に出会った時の被害者へのアプローチの仕方に始まり、観察、気道確保、人工呼吸からAEDまで、救急救命士がくるまでの一通りの応急処置についてで、実にためになる内容でした。

もちろん実際の現場でシミュレーション通りに動くのは難しいとは思いますが、全く何も受けていない状況よりははるかにマシな動きができるという自信がつきました。


今回の講習を通して、「応急手当はあくまで人命救助を目的として、命を救うための行為だけに集中して各種作業をする」ということを確認できたことは、ともすれば治療まで行えるのではないかという自分の奢りを払しょくし、人の命を守ることの困難さと、それ故に応急手当の重要性を再認識するのに役立ちました。


今回講義をしていただいたLSO事務局の伊東インストラクターには、下らない質問にもお答えいただき、どうもありがとうございました。

伊東インストラクター
  ※ブログへの掲載を許可いただいております

これを機会に、もう少し応急処置について学んでいこうと思いました。


そうそう、会場では救急救命セットの販売も行われておりましたので、2つ購入しました。

業務用救急セット

バイクと車に備え付けておかなくちゃ!


本ブログを見ていただいている皆様のうちこの講習に興味をもたれた方は、一度講習を受けてみてはいかがでしょうか。

次回の定期講習会は、2012年12月8日(土)に東京都大田区の池上会館で行われるそうです。
詳しくはこちら(↓)をどうぞ!
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/kousyu.html


ちなみに、講習会に参加された方には、後日、2年間有効な認定書が送られてきます。

LSO認定書

さぁ君も講習会を受けて、かっこいい認定書をもらっちゃおー!!



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ  まじめな内容でビックリしちゃった! ってあなた。こちらでリラックスをどうぞ!
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
その他 |  トラックバック(0) |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2012年10月17日(水)
万一の備えの救命講習。
AEDもいろんなところに備えてありますが、
事前知識がないと、扱いは厳しそうですよね。
人工呼吸用マスクはカバンに入れっぱなしにしていますが、
出番がないのが一番良いのですけどねぇ。
ザッキー | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水)
最近では教習所でも教えているようですが、
自分は全く受けていない。
いざという時、何もできずにあたふたするタイプです。
一度は受けておくべきなんでしょうね。
いとじん | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水)
おっ、これですね^^救命救急は・・・

やはり備えあれば憂いナシで基礎知識を学べばイザと言う時に慌てないで済みますよね?

お疲れ様でした!!
パイロン | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水)
なによりも子供に何かあったときに
役に立ちそうですね。

親として何もしないで居るのは
さぞかし辛いでしょうから
受けておくべきなのかも知れませんね。
ななパパ | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水) Re: タイトルなし
>ザッキーさん
自分、記憶力ないので、救命講習は何度も行って体で覚えないと駄目なんですよねぇ~。

> 人工呼吸用マスクはカバンに入れっぱなしにしていますが、
おぉ、それはよいアイディア。
いただきます!v-219
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水) Re: タイトルなし
>いとじんさん
例のツーにあたり、いとじんさんには是非受けていただきたい!
・・・って、間に合わない?(笑)

お金が掛かるのでなんですが、お金を払った分だけ真剣になるというか、かんというか・・・。
まぁ、私の場合は自己満足ですかね。(爆)
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水) Re: タイトルなし
>パイロンさん
これまでも人工呼吸やAEDなど、ばらばらには講習を受けていたのですが、今回のように場面設定をしてのシミュレーションというのは初めてで、新鮮でした。
シミュレーションなのに、思った以上にできないもんですねぇ~。
やはり、習うより慣れろというのが自分には合っているようでして。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水) Re: タイトルなし
>ななパパさん
若干ではありますが、子供の救命には大人のときと違う注意事項があったりします。
お子さんをお持ちの方は、やはり受けておかれた方が何かと良いのかもしれませんね。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2012年10月17日(水) 実は・・・
来月私も横浜市の救命救急の研修会に
申し込んでおります。
万一の場合のことを考えたら、やはり必要だな~
と思ってまして・・・
バビロニア | URL | コメントを編集 | 
2012年10月19日(金) Re: 実は・・・
>バビロニアさん
> 来月私も横浜市の救命救急の研修会に
> 申し込んでおります。
研修会大事ですよね!
私もときどき出ようと思ってます。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL