2013年10月29日(火) 記事No.212

恒久的に無料化された3つの観光有料道路を走るため、また、旬の紅葉を愛でるため、サル10/19(土)に福島へと遠征してきましたのでご報告。


今回の遠征では、
紅葉を愛でながら磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン・磐梯山ゴールドラインの3有料道路を走るだけでなく、おいしい喜多方ラーメンを食することが目的です!

部署異動で忙しいラークさんの分も楽しまなくっちゃ(笑)!


まずは集合場所の蓮田SAを目指し、バイクにキー差し込み、闇の中滑り込む。

時刻は4時前。
5時半の集合時間に間に合うよう、すべてが消え去るまで、風を切り突走る・・・。


首都高の都心環状線(いわゆるC1)を快走し、浜崎橋JCTを抜けたところで目の前にレインボーブリッジが現れる。
暗闇の中、ライトアップされた橋の優美な姿に目が覚める。


『確か、関東に出てきてすぐにこの橋ができたんだよな。』


初めて走った時の記憶が蘇り、少しだけセンチメンタル(笑)。


『当時は千葉に住んでたなぁ。』


『千葉からのアクセスが一気に便利になったんだっけ。』


『千葉かー、懐かしいなぁ。』


『ん?千葉??・・・・チ・・バ・・・・ちばぁ!?


ふと気づく。・・・・福島から遠ざかり千葉に向かっていることに!


あーれー。なして私は東に向かってるっ!?


橋を渡った先、辰巳JCTで環状線方向に戻り、焦りながら北を目指すワタクシN。

しかし、こんな時刻にも関わらず二車線とも車でびっしり。
追い抜きをかけるトラックに悩まされつつ浦和ICを過ぎ東北道に乗る。

集合時間まで、残り、後、数分!

ヤ・バ・シ!!

ほうほうの体で蓮田SAに着いた時刻は5:29!

セーフ・・・・・。

あぁ、今日も朝から無駄なイベントが・・・・・。


なんだか、すっかり疲れてしまったのでエナジードリンクで気合を入れ直しましょう。

001_20131028203816b88.jpg

気合を入れ直したところで、本日ご一緒するお二人とご挨拶。
今日は(も?)、Y'sさん、penguinさんとご一緒します。


そこから那須高原SAまでバビュんとひとっ走り。

002_2013102820381146d.jpg


そうそう、本日の相棒は木曽路でもお世話になったV-Stromです。
やっぱ、長距離は足長バイクが楽ですよねー。


ここでメロンパンと、東京ではあまり見かけないイリー イッシモのエスプレッソを飲んで栄養補給。

003_20131028203812c2c.jpg


ここから先の寒さに備えます。


気合を入れ直したところで、一気に福島西ICまでひとっ飛び。

料金所を抜けた頃、時刻は8:30くらい。

来るだけで3時間掛かってるんですねー。
いと遠し。


間髪入れず磐梯吾妻スカイライン目指して快走。
時刻はいまだ9時前ですが、観光バスをはじめそこそこ混んでます。


まずは入り口の料金所ゲートで写真を撮ろうと注意して走ってましたが、一向にゲートが出現しない!
気づくと、第一目的地の不動沢橋レストハウスに到着してました。

007_201310282038132ee.jpg


どうやら、無料化とともに料金所のゲートを取っ払った模様。
少し寂しいカモ・・・。


でも、車の方は大盛況で、駐車場に入るのにすら少し待たされたりしちゃいました。
なんだか先が思いやられて意気消沈。


それでも、この景色を見たらそんな気分も吹き飛んじゃいました。

009_20131028203815327.jpg

紅葉成分が少し足りませんが、不動沢橋。
満足の一枚、です。


その後再び走りだし、紅葉の見えるちょっとした駐車スペースにバイクを停めてみる。

012_20131028203833980.jpg


天狗の庭の紅葉など楽しみながら

011_20131028203831cdf.jpg


先に進むと、なんだか道が空いてきた模様。

おや、大渋滞を覚悟した浄土平の駐車場も空き空きです。
少しゆっくりしていくか。


・・・とも思いましたが、お天気が悪いので先を急ぐことに。


続けてやってきたのは、磐梯吾妻レークラインの入り口付近。
奥に静かな秋元湖の見える場所。

013_20131028203835be4.jpg


去年、写真を撮らずに通過して以来、いつかここで写真を撮ろうと狙っていたのです。ふっふっふ。


その後、少し数を増した車の流れに身を任せつつレークラインを流しきり、桧原湖畔を回ってやってきました道の駅裏磐梯。

015_20131028203836be5.jpg


BMW乗りが集結する中、寒さに負けずいただいたのは、どんぐりソフトでございます。

016_20131028203838f28.jpg


ピーナッツなんかと同じ、木の実の味が美味しゅうござんす。


そうそう木の実といえば・・・・・

こちらでは、試食の焼き栗を頬張るpenguinさんが(笑)。

017_2013102820385848e.jpg

この後?前? 無事に道の駅切符を手に入れた模様デス。


ワタシはというと、小豆のとっかんとかいうものを、味に惹かれてご購入。

018_20131028203900eb0.jpg


これ、小豆を甘く煮たものをフリーズドライしたみたいなんですが、牛乳と一緒に頂くとむちゃくちゃ美味いです。
ななパパさんに食べて欲しい一品ですね。


ここからは、路面が荒れているという磐梯山ゴールドラインをスキップして、直接会津若松市に向かいましょう。


・・・・・って思ったのに、気づくとゴールドラインを走ってる・・・。あれぇ?


まぁいいや。

せっかくだから、黄金平駐車場に停めて裏磐梯の爆裂火口をパシャリ。

019_20131028203901663.jpg


ふと後ろを振り向くと、penguinさんとY'sさんがバイクを降りもせずに待機中。

020_20131028203903734.jpg


えっ、急げって(汗)?

とっとと写真を撮って、ランチの喜多方ラーメン店へと向かうことにしましょうか。



というところで、本日はここまで。



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   軽~く、ぽちっ ていただくとかなりうれしいです。
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
レンタルツー記録(東北) |  トラックバック(0) |  コメント(12) |  記事を編集 | 

2013年10月29日(火)
おいでませ~福島へ~。

遂に無料化が実現したんですね。
これでお客さんが増えて
地域が活性化すると嬉しいのですが...。
ななパパ | URL | コメントを編集 | 
2013年10月29日(火)
もしかして 生粋のちば好き?
それともラークさんに向かって走ってしまったとか(^^♪
せん | URL | コメントを編集 | 
2013年10月29日(火)
のっけからいきなりネタを作ってしまったようですね~。
でも、迷路の首都高ではやむを得ないですよ。私では間違えたことにすら気付かないでしょう…。

紅葉時期の磐梯吾妻は激混みと聞きますが、この日はスムーズに走れてよかったですね。
torio | URL | コメントを編集 | 
2013年10月29日(火)
なんだ!
仕事で行けない自分を迎えに来てくれたのかと思ったら・・・

ラーク7447 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月29日(火)
できることなら首都高は走りたくないな~。
紅葉はもう少しですかね~。
写真ではけっこう寒そうな感じです。
次は熱々の喜多方ラーメンですか!
OPM♪ | URL | コメントを編集 | 
2013年10月30日(水)
浜省なんか口ずさんで浸ってたから、ヤラカシちゃうんですよ~! 外環が直ぐなのに、待ち合わせは東北道なのに、首都高~レインボーブリッジ経由して来るなぁんて荒業、教祖様にしかできません(笑)
Y's | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>ななパパさん
道路料金は、いつの時代も遊びのネックですよね?
高速1000円をぜひとも復活させて欲しいものです。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>せんさん
理由は今もって不明です。
おそらく、デフォで身体が千葉行きに設定されているものと思われます。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>torioさん
いやー危なかったです。
レインボーブリッジじゃなく、箱崎とか通ってたら気づかないこと山のごとしでした。

朝訪れたのがよかったんでしょうね。
紅葉渋滞にはほとんど会いませんでしたよ。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>ラークさん
了解です!
迎えに行けば来られるんですね?

だそうですよっ!>Y'sさん、penguinさん
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>OPM♪さん
本来であれば、首都高を走る必要すらなかった模様(笑)。

寒い中、熱々の喜多方ラーメンはとても美味しゅうござんした。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2013年10月31日(木) Re: タイトルなし
>Y'sさん
そんなこと言ってたら、浜省のコンサートに行ってたY'sさんなんてどーなっちゃうんスか!?

私の場合はネタ作りですよ、ネタ作り!
きっとそう!!
多分そう・・・・・。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL