2015年06月17日(水) 記事No.274

ということで到着したのはここ、

034_201506172233045bc.jpg

京都府与謝郡伊根町にある伊根の舟屋群です。



舟屋とは1階が海に開けた船倉になっている珍しい建物で、この舟屋が約230軒立ち並んでいるのがここ、伊根の舟屋群です。
妻籠宿や白川郷などと同じ重要伝統的建造物群保存地区ですね。

伊根浦は、亀島という半島と青島という湾口にある島で日本海の荒波から守られているので、舟屋という形態が可能になった、らしいです。

055_201506172233291e9.jpg

こんな感じに海際で、森に寄り添うように家々が建っています。


そのため、道はこんなに狭いです。

052_20150617223324ad2.jpg

軽トラがすれ違えない・・・。


舟屋の中には、宿泊サービスを提供している家もあります。

053_201506172233255e3.jpg

お、いい感じ。
今度泊まりたいなぁ。


浦を見渡せる道の駅舟屋の里伊根から舟屋群を見るとこんな感じです。

045_20150617223259ce7.jpg


こんもりとした森の向こうが若狭湾。

日本の北側にあるのに、伊根浦は南に向いて開けてるんですねー。

042_201506172232584b7.jpg

こんな感じで湾が閉じているので、なるほど、海なのに水面が静かな理由もわかります。


というところで・・・・・お腹が空いたので遅いランチを取ることに。

048_201506172233011e2.jpg

伊根浦を見下ろすレストラン「舟屋」にて、


050_20150617223303011.jpg

海鮮丼をいただきまーす!

美味し。


で、

051_20150617223322735.jpg

コーヒーを飲んだらもう4時半。


舟屋群を抜けて京都市に戻るとしましょうか。


京都縦貫道をバビュンと抜けて、道の駅京都新光悦村で一休み。

056_201506172234569e9.jpg

またまた、ぐびっ。


さて、目も覚めたところで、腐道50号を走って帰るとしましょう。

058_201506172234585dc.jpg

まずは、日吉ダムを抜け、


越畑で棚田にこんばんは~。

059_20150617223459d3e.jpg


ここからは、ソロのハレーで峠の夜走りっ!!

060_20150617223502032.jpg


一時間後。

真っ暗な峠を抜け、嵐山の明かりが見えた時、男の目には安堵のナミダが浮かんでいたそうな・・・。


総走行距離313.4km、平均燃費18.4km/Lのショートツーでした。


追伸
お天気が良かったので、

901.jpg

お縄についちゃったでゴザル(笑)



にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
レンタルツー記録(関西) |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2015年06月18日(木) No title
京都の山越えはホント道が細くてうねってますからねぇ。
真っ暗だし。。。
若狭にはよくハマチを食べに行ったもんです。
Lightwaver | URL | コメントを編集 | 
2015年06月19日(金) Re: No title
>Lightwaverさん
仰るとおり!
真っ暗でうねうねでしたー。

> 若狭にはよくハマチを食べに行ったもんです。
日本海が近いので魚好きにはたまりません。(笑)
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2015年06月20日(土)
風情があって良いですね。何か日本海側って感じです。
しかもそんなに遠くない?
さすが険道酷道腐道マスター!でも夜道の写真は無いのね!?
手首の日焼けは是非2本線にして頂きたい!!です!!
ザッキー | URL | コメントを編集 | 
2015年06月27日(土) Re: タイトルなし
>ザッキーさん
京都は近場に腐道がたっぷりあって楽しげです(笑)

だが、

> 手首の日焼けは是非2本線にして頂きたい!!です!!
断るっ!(笑)
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL