赤いファラオとネコ一匹

日々是精進。 自らの存在価値を証明するため、アフリカツインに乗って世界中?を転戦するワタシの日記的なアレ。・・・あれ?

Entries

バルカンSで行く伊勢うどんツー


ということで、走れるクルーザーとして一部の人の注目を集めるカワサキバルカンSで、春の険道を走り伊勢うどんを食べに行ってきましたのでご報告。

まずはいつものお店で車両をレンタル。

IMG_7035.jpg

うん、この角度だとバッチリクルーザーですね。


そのまま阪神高速に乗り、西名阪経由で国道25号にON。
すぐに針ICで降り、県道28号を南下して室生寺方面を目指すことに。


県道28号は走りやすい対向2車線の田舎道。

心地よいエンジンの振動を感じながらのんびりクルーズ。

と、室生口を入ったすぐにある室生寺大橋の奥で少々停止。

IMG_7036.jpg

このあたりにあるという鎌倉時代の摩崖仏が見えないものかと・・・・。

実はすぐ近くにあったみたいですが、この時はたどり着けず残念。
またの機会に取っておくことに。


室生川沿いをさらに南下。
まだ人も少ない室生寺を超えて、ちょっとだけ国道369号に乗った後、再度県道28号にON。


しばらく行くと、何やら香ばしい香りを放つ入り口が見えてまいりました(笑)

IMG_7038.jpg

どうやら、ここから険道28号が始まるようですね。

あぁ、この先どんな危険が待っているんでしょう?

あーんなことや、こんなこと・・・・・。

いやー、妄想が捗ります!(笑)


で、実際入ってみると予想通りの素晴らしい道!

IMG_7039.jpg

うーん、スギ花粉が鼻に来て、くしゃみをするたびに崖が迫ってくる!(笑)


ふと杉林を見てみると、

IMG_7041.jpg

結構きちんと間伐が行われている様子。
そういえば、この辺りは有名な吉野杉の産地でしたっけ。


しばし森林浴を楽しんだ後、国道166号を経由して国道422号にON。

IMG_7045.jpg


1.5車線の峠道を走り抜けて山向こうに行き、ふと通りかかった桜の里公園で記念撮影。

IMG_7046.jpg

後ろは奥伊勢湖です。
綺麗なエメラルドグリーンの水をたたえ、さすがは清流・宮川のダム湖かと。


そこから10分ほどで道の駅奥伊勢おおだいに到着。

IMG_7054.jpg


空いたお腹を抱えレストランに駆け込んで頼んだものは・・・

IMG_7049.jpg

もちろん伊勢うどん!

魚の旨味が利いた甘辛のツユダレに、もちもちした食感のうどんがたまりません。
三重県出身の自分には懐かしくてたまらん・・・。


懐かしさに浸りながら、お次は地域貢献。

IMG_7050.jpg

この辺りの名物・伊勢茶ソフトです。
さすが茶どころ、しっかりとお茶の味がして旨し!


その後、目の体操をしながらいつものコーヒーとシガーをいただき、

IMG_7053.jpg

15時過ぎに出発。


春を感じる陽気に、道沿いの高台では梅?桃?が満開。

IMG_7055.jpg

しばし、目を楽しませることに。


とはいえ、すでに時間は夕方近く。
早く帰らなくっちゃと考え直し、すぐに機上の人に戻る。


少し肌寒さを感じる中、帰りは国道166から南阪奈道を使って帰阪。
南阪奈道では車線規制に誘導され、乗ってすぐ降ろされてしまうという恒例行事をこなしつつ・・・・。

人は何故道に迷ってしまうんでしょうね?


せっかく迷ったのですぐに南阪奈には乗ラズ、大回りして西名阪で阪神高速に乗って帰店。

IMG_7057.jpg

走行距離289km、平均燃費22.1km/Lのショートツーでした。



で、気になるバルカンSについて少々インプレを。

気持ちエリミネーターの面影が残るわずか230kg弱の車体に、649cc 61PSのエンジンを積んだクルーザー。
それがカワサキのバルカンS。


デザインからは太い低速トルクとパルス感ある振動を期待しちゃいますが、外観に似合わずどれもそこまで強くない。
というか、全てが自然なフィーリングで、気軽に乗り出せて、無理せず遠出できるような気軽さが豊富。

がっつりお尻に体重がかかるポジションで最初こそリア中心のコーナリングを意識して走っていたものの、意外に深いバンク角が取れるので気がつくと普通に車体を傾けて走ってました。
いやー、なんか、普通に走れますわ(笑)

で、低速では細く感じたトルクも高速になるほどモリモリ出てくる感じで、レッドゾーンの9,500回転までしっかり回りきる気持ち良いエンジン。
そういえば、クルーザーなのにインストパネルは、回転計が一番目立ってましたっけ。
頭打ちなど気にせず、ここでも普通にエンジンを回せました。

ムゥ、なんか無茶苦茶乗りやすい。


一点だけあれっと思ったのは、意外に固く、荒れた路面でポンポン跳ねるリアサスですかね。
ニーグリップできないポジションでこれは辛い。
リンクが付いているのにおかしいなー?
あるいは、クルーザーらしくない走行性能で、思った以上にペースが上がるからかもしれませんね。

とはいえ、どんな場面でも不安なく普通に乗れるバイク。
総じて、ミドルクラスのバイクに多い、よくできた無印良品的なバイクでした。





にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索フォーム

プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク2

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム