北の思い出 最北へ、最北から編

2016.10.30(08:00)


以前記事にしたように、止むに止まれず北の大地に置いてきた北海道の思い出たち。
ですが、この度、mixiから数点の写真をサルベージできましたので、備忘録的に記事化することに。


まずは、朝イチの飛行機で新千歳空港に到着した後、その足でオリックスレンタカー新千歳空港店に移動。
併設されているレンタルバイク新千歳空港店で車両を受け取る。

6094315_2228766633_51large.jpg

「わーい、最新型のPCX125だー♪」

3日後の悲劇など思いもせず、これからの旅程に思いを馳せたりなんかしつつ新型バイクにはしゃいでいたワ・タ・シ。


荷物の詰め込みに苦労した末、30分遅れで出発。
正午前に道の駅三笠で軽食として三笠名物の「八列とうきび」ゲット。

6094315_2228775337_53large.jpg

見ての通り、普通に食べるとうもろこしとは違い細長い。
粒は大きくやや固め、お味も甘さ控えめでその分穀物穀物している。


その後、幾つかの道の駅に寄りながら内陸部を進み、国道233号を通って留萌で日本海に邂逅。

そのまま道の駅を巡りながらオロロンラインの国道232号区間を北上。
砂浜に侵入し日本海に沈む夕陽を撮ったりしながら道の駅天塩に到着。

あー、あの夕陽綺麗だったなぁー・・・・。

道の駅では、同人、いや、道人のY'sさんオススメ・ホッキカレーをいただく。

6094315_2228805500_16large.jpg

オォ、フライされたホッキの食感が面白い。
お味も良くてグー。

その後、真っ暗なオロロンラインを北上し、日本最北の市・稚内に到着。

リーズナブルな割に部屋も温泉も上等なドーミーイン稚内に投宿。
翌朝からの旅程に思いを馳せつつ、安らかな眠りに吸い込まれていくのだった。

初日の走行距離は、だいたい360km位だったかな。



明けて翌朝。

早々にホテルを後にして、快走するのは宗谷丘陵。
牧場の緑と空の青、そして、風車の白が綺麗に混ざり合った360度のパノラマに、少し新鮮な北海道を満喫。

そして到着。
本土最北の地・宗谷岬。

6094315_2228881935_66large.jpg

この場所はホントの本土最北端、日本最北端の地の碑の裏側です。


ここからは海岸沿いのオホーツクラインを南下。

鮭釣りでしょうか。
砂浜という砂浜に、幾本もの竿を立てかけた釣り師たちの姿が見えマス。

宗谷岬を下ること約2時間。
道の駅おうむで、土地の名物韃靼蕎麦に韃靼コロッケをいただく。

6094315_2228896492_113large.jpg

うまし。

軽くヒーコーってから南下再開。


と、いつの間にか雨が降り始め、道の駅 かみゆうべつ温泉チューリップの湯で雨宿り。

6094315_2228901235_101large.jpg

こちら、併設する公園にはSLなど置いてあって楽しめる。
が、いつまでも止まない雨を嫌気して、先へ進むことに。

ずーっと雨のため暗くなるのも早く、Y'sさんに教えて貰った能取湖のサンゴ草も全く見えず・・・。

雨でペースも上げられず、二日目の宿・しれとこ村に着いたのは夜8時を越えてました。

源泉掛け流しの温泉を楽しんで、二日目の夜もぐっすりと眠りましたとさ。

6094315_2228929397_166large.jpg

二日目の走行距離は、400km強だったかな?

続く。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
そっか。
iPhoneに思い出が詰まっていたから写真少なめなのね。
来年北海道へ行くので、思い出を思い起こしてくださいね。
【2016/10/30 19:09】 | バビロニア #- | [edit]
>バビロニアさん
いやぁそっかー、北海道へのお誘いすか!

仕方がないなー(笑)
では、現地集合部分参加の現地解散で一つ!!
【2016/10/31 21:00】 | ニャンコ先生 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://commentarii.blog.fc2.com/tb.php/332-393add14