北の思い出 至福から奈落の底へ編
- 2016/11/02(Wed) -

さて、北海道三日目。

雨中ツーリングの疲れを温泉で癒やし、泥のように眠った昨夜。

6094315_2228929397_166large.jpg

明けた翌日は、当然ながらスッキリ!

早朝温泉で軽く身体を温めた後、いよいよ世界遺産に向かって出発。
綺麗な海を見ながら知床国道を駆け抜ける。

あまりに海が青かったので、知床横断道路に入ラズ半島の先を目指すことに。
そこここに見える『熊注意』の看板にビビりながらだったのは内緒の話。

と、旅程中一番の景色に出会ったので思わずパシャり。

6094315_2228985287_30large.jpg

空と海との境界がただ青の濃さで表現される世界。
まるで青の水墨画。


と、ガサゴソと音がしてギクリ。
熊かもと?思って、マヂで逃げる用意をしてると、脇から鹿の親子が飛び出してきた。

ホッと一安心。
けれど、先もあることですし、今日のところはここまでにしておいてやろうかな。

・・・・・びびったわけヂャないですよ?


さて、知床横断道路を快走して二度びっくり。

なんと、半島の東側は黒い雲がどんよりとたれ込める曇り空。
あれれ??

『もう雨でもなんでもいいやー』的な気分で、野付半島に向かう。
国後島を遠くに見ながら、海に挟まれた狭い道を走る。

半島の先っぽでトドワラを見ようと思ったものの、ちょうど観光バスからぞろぞろ人が出てきて断念。

それでも、両側に海を見ながら走る道にちょっぴり満足。
珍しい道って楽しいですね。

で、野付国道から根釧国道を通り、やってきました納沙布岬・最東端。

・・・・の前にお昼をいただきに有名な鈴木食堂へ。
やっぱり、腹が減っては戦はできませぬからね!

と、バイクを降り、お店の前にいった段階でお約束発動!

6094315_2229008375_122large.jpg

はい、本日終了〜。
うん、北の大地でもイベント運絶好調(笑)


諦めて先に進もうとバイクの準備をしていると、
お店の中からお兄さんが走ってきた。

「後一杯分サンマが残ってるんですよ。 もしよかったら、いかがですか?」

てことで、最後の一丼・生サンマ丼をいただけることに。
ラッキー♪

6094315_2229009644_184large.jpg

人情も相まって、着丼した生サンマ丼の旨いことよ(笑)


食後、お店の方に十分にお礼を述べた後、改めて納沙布岬・最東端です。

6094315_2229012025_13large.jpg

はい、ここでも納沙布岬灯台の後ろ・本土最東端からの眺め、です。


この後、灯台の前で愛車を撮影していたSRの人と写真の撮りっこをしたりして思い出増産。
・・・・もちろん、現存していません。

さーて、そろそろ雲行きが怪しくなってきたので、本日のお宿に向かいましょうかっ!

岬から3時間ほど走って到着したのは、弟子屈にある摩周温泉の宿・温泉民宿摩湖。
私の他にも、山歩きの人やライダー、観光タクシーの運転手さんなどが宿泊の模様。

その夜のご飯は宿のご主人と宿泊客の皆さんと延々北海道話で盛り上がり、ついつい夜更かししてしまいましたとさ。

三日目の走行距離は360kmくらい。
温泉でも回復しなくなった軽い疲労を抱え、朝までぐっすりと眠りにつきました。


明けて北海道最終日。
空港を目指して西に向かう予定。

ご主人にお礼を言って外に出ると、雨こそ降っていないものの路面がしっかり濡れている。
仕方ないのでカッパオンして目指すは霧の摩周湖!
てことで、いきなり北上(笑)

実は昨晩、
「手前の駐車場は霧でも奥の駐車場は霧が晴れているかも」
「そうしたら、雲海ならぬ霧の海を眺められるよ」
と、宿のご主人に聞いてたので。

実際に摩周湖に着いてみたら、やはり手前の駐車場は霧で真っ白。
当然道も真っ白で、視界なんて10mも無いくらい。

それでも霧の海を楽しみに走ること数分間。
奥の駐車場に到着して周囲を見渡す。

・・・・・周囲一帯真っ白でした。

あかーん!(笑)


仕方ないので素直に西に向かうことに。

まずは、阿寒横断道路を西に向かって阿寒湖へ。

湖は通りすぎる予定だったものの、お天気の良さにふと阿寒湖へ寄ってみることに。

案の定、澄み渡った空と湖の青がとってもフォトジェニック。
ついつい撮影ターイム。

お腹いっぱいになるまで景色とバイクの写真を撮った後は、道の駅を回りながら新千歳空港へ向かうだけ。

ところどころ景色の良い場所で撮影を重ねながら足寄に向かい、国道をひた走る。
足寄に着いた最初の道の駅で道の駅アプリを立ち上げようとしてはじめてそれに気づいた。

そう、いつの間にかiPhoneがなくなっていたことに・・・・。


そこからは以前の記事にある通り。

どうやって時間を潰したのかは忘れましたが、失意のまま北海道を離れる飛行機に乗り込みました。

そうそう、最終日の走行距離は、およそ540km。
って、一番走ってるじゃん!?
やっぱ、iPhoneを探すための往復が効きましたかね?

そして、関西に戻った私を待っていたものは・・・・、

大雨による関空上空での待機飛行と、雷の下遮蔽物のない空港内を走らされるお楽しみイベントでした。

KIMG0014.jpg

最後までイベント満載の今回の北海道旅行。

さて、次回はどんな罠が待っているかしらん?


まぁ、いろいろあったけど、楽しかったからいいやー。
リベンジにまた行くから、待ってろよ北海道ー!!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | レンタルツー記録(北海道) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ちょこっと行ってみた奥四万十ツー 与作とカルロス編 | メイン | 北の思い出 最北へ、最北から編>>
コメント
-北海道-
盛りだくさんの素敵な北海道でしたね!
当方、まだ行った事がないので興味津々で拝見しました。
海と空のブルーの写真は大自然を感じる良いアングルです。
生サンマ丼も美味そうですがトウモロコシは
見た事のない 変わった形をしていますね。
・・・遠路お疲れ様でした ☆
2016/11/04 05:42  | URL | ソニー クロケット #.PuZ6nak[ 編集] |  ▲ top

-Re: 北海道-
> ソニークロケットさん
私のツーリングは、相変わらず盛りだくさんのようです(笑)
北海道はさすがに見どころ満点で、また行きたいと思える場所です。
再来年あたりまた訪れてみたいですね。
LLCと125ccの組み合わせで、思ったよりもリーズナブルに行けたことが収穫でした。

とうもろこしは、今のスイートコーンが入ってくるまでは主流だったそうです。
穀物穀物していてなんだか別の食べ物のようでしたよ。
2016/11/06 23:38  | URL | ニャンコ先生 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://commentarii.blog.fc2.com/tb.php/333-f9894707
| メイン |