赤いファラオとネコ一匹

日々是精進。 自らの存在価値を証明するため、アフリカツインに乗って世界中?を転戦するワタシの日記的なアレ。・・・あれ?

Entries

ちょこっと行ってみた奥四万十ツー 沈下橋三昧編


さて、四国カルストで絶景を楽しんだ私ですが、

IMG_8244_20161117220413ed8.jpg

この時点で夕方の4時と結構なお時間。


とっとと宿に行ってゆっくり温泉に浸かろうか・・・、
なーんて思いもしないほど気力が充実しております!


てことで、四万十川名物の沈下橋を訪れてから宿に向かうことに決定。

こーんな魅力的な険道19号を南下して、

IMG_8247.jpg


やって来たのは四万十川最古の沈下橋・一斗俵沈下橋。

IMG_8248.jpg


写真ではちょっとわかりにくいですが、橋の真ん中部分に橋脚がないという珍しい構造。

最初はあったそうですが、完成年の台風で流出。
岩盤が深く再建は難しいとのことから、現在の歯抜け気味の構造に落ち着いたとか。
橋に歴史ありですね。

ところで、不思議なのが一斗俵という名前。
地名に由来するのだと思いますが、斗も俵も同じくお米の体積を図る単位だったはず。素直に考えると1g・kgみたいになっておかしな感じ。
さて、どんな由来があるのでしょう?

・・・なーんてどーでもいーことを考えつつ夕暮れを待ってたものの、なんかあんまりいい色が出ないのね。

IMG_8255.jpg


仕方ないので、早めに切り上げて宿に向かうことに。


本日のお宿・ホテル松葉川温泉は、四万十川の奥座敷を名乗るだけあって流石の秘境ロケーション。

険道322号を通ってアクセスするのですが、この道がまた険道19号をグレードアップしたようなナイスな道路(笑)
しかも、日没後の真っ暗闇の中のソロ走行と条件も最高で、久々に涙目に大声で歌を歌いながら走りましたー・・・。

道に迷って対岸のキャンプ場についた時にはどうしようかと思いましたが、延々道を戻って無事にホテルに到着した時には心底ホッとしましたとさ。

IMG_8277.jpg


到着後、とろとろの源泉に軽くつかった後の夕食は、地元の食材が贅沢に使われていて大満足。

鰹のタタキも、

IMG_8278_20161117220802768.jpg


天然鮎の塩焼きも

IMG_8281.jpg


とっても美味しゅうござんした!


食後は再度温泉に浸かってゆっくり。
旅の疲れもあり、健やかな眠りに就けました。


明けて翌日。


中々のボリュームの朝食に舌鼓を打った後、

IMG_8283.jpg


後ろ髪を引かれながらホテルを後に。

IMG_8284.jpg


まず向かったのは、2つの沈下橋が望める四万十源流大橋。

IMG_8292.jpg


北に一斗俵沈下橋。

IMG_8288.jpg


南に清水ヶ瀬沈下橋。

IMG_8289.jpg


素朴な景色の中、清流・四万十川はさすがの透明度。

IMG_8290_20161117221805878.jpg


いつまでもここでぼーっとしていたいですが、時間はもう9時。
今日中に大阪に戻る予定なので出発、出発!


四万十川沿いの道をクルージングし、川沿いの道の駅を渡り歩く。

IMG_8294.jpg


一時間強走ってやってきたのがこちら。

IMG_8301.jpg


JR予土線鉄橋とのコラボが素敵な第一三島沈下橋。


『汽車が通らないかなー』とか思いながら撮影をつづけたものの、

IMG_8308.jpg


・・・・・全く通る気配もないので撤収。


またも道の駅を渡りながらまず北に向かう。

IMG_8315.jpg


実は、

IMG_8317.jpg


正午近くでもまだ四万十川沿いを走ってたりしてマス。

さて、大阪には何時に着くのかな??


などと考えてたら、道の駅 広見森の三角ぼうしに着いてビックリ。

IMG_8319.jpg


すげーリアルな赤鬼が・・・・・。

IMG_8321.jpg


鬼王丸さんと申します。

全国唯一『鬼』の字が入る自治体・鬼北町のシンボルとして降臨されたとか。
人知を超えた能力で、学業成就・恋愛成就・金運アップを叶えてくれるそうです。


その後、ようやく松山道に乗ってバビュンと高速を走り、

IMG_8329.jpg


瀬戸大橋を通って大阪に戻ってきました。


あ、瀬戸大橋中央の与島PAで、

IMG_8327.jpg


焼き芋ソフトに舌鼓は打っときました。


総走行距離1044km、平均燃費21.6km/Lのお泊りミドルツーでした。

IMG_8332.jpg


にしても、今回のお宿・松葉川温泉がとってもよかったので、また訪問したいと思いました!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索フォーム

プロフィール

ニャンコ先生

Author:ニャンコ先生
CRF1000LアフリカツインDCTに乗ってます。
必要に迫られはじめたブログ。
いつまで続くのか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク2

トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。

日光 ホテルの口コミ
日光 ホテルの口コミ

 

 

お気に入りのブログが見つかる、かも!?今すぐポチっとお願いします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム