FC2ブログ

タイトル画像

カッケーCB1100RSで行く、ちょっと伊勢まで松阪重ツー

2017.10.24(07:00) 371


長ーい北海道レポを終え、ようやく我がアフリカツインの話になるのかと思いきや・・・・またもやレンタルバイクのお話です。


実は、とある事情により愛車ファラオは入庫することに。

IMG_9487.jpg


てな訳で、CB1100RSをレンタルすることに。

IMG_0087.jpg


ムゥ、かっこいい・・・。
なかなか男前な面構え。

キーを捻るとすぐ、低音を響かせてエンジンが目を覚ます。
・・・音まで男前。

などとひとしきり感動した後、東名・新東名・伊勢道を使って高速を駆け抜ける喜び。


バビュンと二時間ほどかけてやって来たのはこちら。

IMG_0093.jpg


道の駅木つつ木館。


そこでいただくのはこれ。

IMG_0089.jpg


松阪牛を使った松阪重。

道の駅飯高駅で松阪丼を食べて以来、時々食べに行っていた私N。
こちらでも同じようなものがあると知り、食べたいと思ってたんですよねー。


意外に丼が大きいなー、とか思ったら、

IMG_0090.jpg


二重にして上げ底。
なるほど。 だから、松阪重か・・・。

とはいえ、量的にはまずまず。

IMG_0091.jpg


お肉の柔らかさこそ飯高駅の松阪丼に負けるものの、量はこちらの方が多い、気がする。
今後は、その日の気分でどちらかを選ぶとしよう。


食後。
プクイチしながらふと考える。

「ドヤって帰りませう?」

来た道を戻って高速に乗るのもつまらない。
しかも、時間は少し余ってる。
と言って、国道166や369で遠回りしても、いつもの道で刺激が少ない。
このCBを堪能するには何か、特別な何かが欲しい。

てな訳で、

「よし、山道を繋げて走っていこう!」

と相成った。

このCB。
クラシカルな相貌ながら、くねくね道が楽しい子なのです。



まずは、まっすぐ北に向かって県道710号にチェックイン。

IMG_0094.jpg


まだ緑濃い山のぐねぐね道を登っていくと、絶好の撮影地点に遭遇。

IMG_0099.jpg


早速、一人撮影会開始!

多少雲が多いけど、撮影には絶好のお天気。

IMG_0095.jpg


「1100RSカッケー!」とか思いながら写真を撮りまくる(笑)

しばし後。
いい加減撮影にも飽きてきたところで再出発。


一山越した後、例によって車でごった返す国道368をしばらく走り、

IMG_0101.jpg


道の駅美杉でおトイレ休憩。

IMG_0103.jpg


したのもつかの間、

IMG_0102.jpg


軽くコーヒーを飲んで再出発。


名張を抜け、伊賀上野の南端に着くまで国道368と見通しの良い田舎道を快適ライド。

が、そこからは、こんな道を進めとナビ様が。

IMG_0104 copy


えーっと、4時半過ぎて急激に辺りが暗くなって来たんですけど・・・・。
などと泣き言を言いながらトボトボと走り、抜けところでホッと一息。


ダガ、シカシ。
お次は、竹やぶの中を突っ切りなさいとナビ様が・・・。

IMG_0105 copy


おっと、栗発見!

IMG_0106.jpg


里にも秋が近づいてますね、わ〜い。

・・・などと意識的にのんきなことを考えつつ、さらに山深くなる道を進んでいくのです。

IMG_0107.jpg


おぉ。

IMG_0108.jpg


遂に緑のセンターラインが出ちゃったよ・・・・。


それでもナビ様のご案内通りに道を進み、ようやくお馴染みの場所に出た。

その名も府道62号線。

こんな道だけど、

IMG_0109.jpg


知ってる道ってだけで御の字だ。
少なくとも、この道が京都に繋がっていることを私は知っている。
その情報一つで、8割がたドキドキが静まった。
ただ、
林の中はぐねぐねで真っ暗だけどね!(笑)

んでも、ここまで来ればゴールは目前。
宇治と山科の裏道を通り、無事にお店に辿り着いた。

無事・・・無事?

うん、まぁ、事故とかはなかったから無事にってことでいいや。

IMG_0110.jpg


走行距離276km、平均燃費20.5km/Lのショートツーでした。


重量車にしては乗りやすいCB1100RS。
フォトジェニックだし、くねくねも得意だしで、セカンドバイクとかに欲しい気も・・・。

なお、CB1100RSの感想についてはまた後日。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


赤いファラオとネコ一匹


<<イケメンCB1100RSのインプレ | ホームへ | Vs.台風 2017北海道ツー 風と共に去りぬ編>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://commentarii.blog.fc2.com/tb.php/371-c6ee2d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)