FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

ブリヂストンA41のインプレ

2019年01月30日

既報の通り、ファラオのタイヤを交換したのでご報告。

IMG_2989_20190114155910ed6.jpg

 
今回の交換では、OEMであるダンロップD610から、ブリヂストン Battlax Adventure A41へと交換した。

色々なタイヤのある中で、何故、A41?
そこにはニーズとウォンツがあったのヨさ。


今回、タイヤを交換しようとしたそもそもの理由は摩耗である。

我がファラオ、走行距離は意外に少なく2万km。
溝の深さを考えると、後、2 - 3,000kmは行けそうだが、購入から2年半を数えるので、交換を決意。


交換用にと考えたのは、オンロード性能を考えた以下の4つ。

・ピレリ スコーピオントレイル2
・メッツラー ツアランスネクスト
・同 カルーストリート
・ブリヂストン バトラックスアドベンチャーA41

まず、デザインはいいんだけど、一番ボイドレシオが低そうなツアランスが脱落。
また、ほぼほぼ陸オフローダーな自分の使い道から、オフ比率の高そうなカルーも脱落。以上の2つは入手性も悪いしね。
スコーピオンはデザイン的に好きなんだけど、設計年度が古いのでちと躊躇。
結果、消去法的にブリヂストンA41に決定。

発注して1週間足らずで納品とのこと。

IMG_2990.jpg

発注してすぐにタイヤが届くのが国産メーカーのイイところだね。


装着写真はこんな感じ。

フロント

IMG_3047.jpg


リア

IMG_3046.jpg

単体よりも、装着時の方がカッコいいすね。


んで、走ってみての感想ですが、これがイイ!

ウェットグリップを謳っているタイヤだが、ドライグリップもすこぶる良好。
素人の私が、お店を出て最初のカーブとストップでわかるぐらいの改善具合。

粘りがある割に倒し込みが軽く、良い言葉が思いつかないんだけど、接地性全般が良質になったような感じとでも言えば良いのだろうか。
この感じはウェット路面でも同じで、加えてウェット走行時の挙動が分かりやすくなった。・・・気がする。

OEMのD610では、エンジン含めた走行性能にタイヤが負けている気がして、正直、おっかなびっくりの気持ちもあったのだが、A41に変えてからは安心して乗れるようになった。
例えば、坂道のカーブでみられる縦溝なんかも、前は「勘弁してくれー」と思っていたのが、今は「おっと、気をつけよう」くらいで済んでいる。
分かりにくい例で申し訳ないけど、それだけ安心感が上がったってことっスね。
疲れにくくなったので、ツーリングもより楽しめるようになったかな。

もちろん、摩耗タイヤと新品との差も大きいのだろうけど、D610への感想は当初から持っていたものなので、やはり、タイヤの違いだと最終判断。


そしてこのタイヤ、高速走行も秀逸。
その吸い付くような接地感を高速道路でも十二分に感じられるのに、操舵性も、一般道と同じく実に軽やか。
どのようなシチュエーションにおいても適切に反応してくれるようで、総じて安心感。
高速走行においても、以前よりも疲れにくくなったと感じている。


ノイズに関しても、一般道・高速問わず、ロードノイズがレベル・周波数共に低くなったように感じられる。
・・・が、これは経年劣化のせいかも知れない。
どうなんだろ?


まぁなんにせよ、『うむ、良いタイヤを買った』と、自己満足の一品(笑)
実際、交換から二ヶ月・2,000km経った今も、良いタイヤを買ったと思えるA41です。
私のように、オフロードにあまり行かないアドベンバイク乗りの方にオススメかな。
※なお、これは個人の感想で、効果・効能を示すものではありません(笑)



追伸
タイヤ交換の際、ホンダ道の駅ラリーの景品をいただいた。

IMG_3052.jpg

キャップが2つあるのは、一昨年と昨年の二回分だからデス。
・・・てか、教えてよドリームさん!!(笑)



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



CRF1000L Africa Twin | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示