FC2ブログ
東中国地方ツー 波乱の初日編
- 2019/03/19(Tue) -

関西に戻ってきてかれこれ5年目を迎えた私N。
以来、東西南北様々な場所を巡っているが、意外にも中国地方にはあまり足を向けていないことに気づいた。
九州旅行の帰りとか四国ツーのついでとかで寄ることはあれど、とにかく中国地方に行くぞ!ってツーリングは一度もない。
未踏破地かぁ・・・・・行かなきゃなー。

そう思うと居ても立ってもいられなくなるのが我が性分。
てなわけで、11月(!)の三連休を使って中国地方東部を回ってきたので、
今更ながらのご報告・・・・・。


まずは、初ツーリング先ということで綿密な調査を開始。
バイクでは未到達の姫路城とか、その近くにあるという白鳥城(ノイシュバンシュタイン城レプリカ)に始まり、同じく未踏の石見銀山やベタ踏み坂といった観光地?、そしてライダーの聖地・大山をも組み込んだ完璧な計画を作成。宿泊地には、大阪からも近く、石見銀山をギリで往復できる位置にある美作三湯が一つ・奥津温泉を選択。しかも、荷物を持っての移動を無くすために連泊で決定。

これらの作業を終えたのは、実に出発前日の夜、というか朝2時のこと。
短いながらもしっかりと眠りを取るべく床につくのであった。


翌日。

寝坊した上、二度寝も敢行。
結果、この私をもってしても最長に近い4時間遅れの出発とあいなった・・・。

IMG_3127 copy


当然、一日目の計画など無いも同然!
姫路城・・をすっ飛ばし、白鳥城・・にも近づきもしないまま中国道を西に一直線。
旧美作国に入った頃には、既に空が赤みがかっていたのであった・・・。

IMG_3128 copy


てな訳で、院庄ICで中国道を降り、国道53号を南に下る。

日本棚田百選の大垪和西の棚田に心惹かれるも、ぐっとこらえて南下南下。
若干心の余裕をなくした私を優しく迎えてくれたのがこの子。

IMG_3129 copy

JR西日本は津山線の亀甲駅。


時計の目がチャーミング!

IMG_3132 copy


大分お空が暗くなってきましたね。
さて、温泉宿に向かうとしますか!

IMG_3133 copy


来た道を戻りながら北上することしばし。
道中急ぎながらも、とある道の駅で小休止。


わざわざ停まった理由はこれだ!

IMG_3138 copy

実物大ガンダム!
ナニコレ、超カッコいい‼️


けど、ちとバランスが悪そう。
こんなに足が長いと重心移動が大きすぎて、まともに歩くにはすごい演算能力と微細な駆体コントロールが要るよーな?
などと、下らない妄想をしつつ道の駅を後にし、
やがて、妄想をも後ろに残して闇夜をひた走る。


と、再びとある場所で小休止。
闇夜に巨大な蜂が浮かぶ怪しげなこの場所こそは、

IMG_3141 copy

蜂蜜で有名な山田養蜂場の直営店。

一通り店内をウロチョロし、ツーリング初日だというのに、

IMG_3142 copy

早くもお土産GET。
真っ暗闇の中、ホクホクしながら宿泊地を目指す。


にしても、さすが山の中。
ドンドン空気が冷くなり、早くも身体が冷えていく・・・・。

距離に比例して下がる気温に震えながら走ること30分。
遂に到着。

IMG_3143 copy

奥津温泉。


宿に着くなり、まずは温泉に浸かって暖をとり、

IMG_3146 copy


湯上がりでホコホコしながら夕御飯。
いただいたのは、道の駅で買った鯖寿司他数点。

IMG_3147 copy

旨し。


デザートには、

IMG_3148 copy

やはり道の駅で買ったポン菓子をパクリ。


食後、布団に入りながら明日の計画を見直していると、あっという間に眠気に呑まれてしまった。

こうして、短くも濃厚な波乱のツーリング一日目が終わりましたとさ。
さて、明日は世界遺産・石見銀山に行くとするかっ!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<東中国地方ツー 冬来たる二日目編 | メイン | 和歌山 大銀杏ツー in 小雪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://commentarii.blog.fc2.com/tb.php/440-18662657
| メイン |