2011年12月02日(金) 記事No.60
さて、ランチの後で向かったのは、南房総市は山名の智蔵寺です。
いかにも房総の山道然とした田園地帯を走っていると、智蔵寺目前で突如通行止めに。
しかし、ぐるりと迂回して、はい、到着~。

智蔵寺山門

ここも山の上にあるお寺ですが、石堂寺とは異なり、お寺の作りが随分とシンプルです。
曹洞宗の古刹なので、只管打坐できてお釈迦さまと向き合えればよいという考えでしょうか?

しかし、駐車場には車がいっぱい・・・嫌な予感がします。

と、本堂の前には黒い靴がいっぱい・・・。ここも法事のようですネ。


仕方がないので、辺りをウロウロ。
山門の前の参道には、苔がびっしりと生えています。

智蔵寺参道

ここまで見事に生えた苔は、始めて見ました!


さんざん写真を撮って、「仕方ないから石堂寺に行きましょうか?」と思っていたところに、檀家の方々が本堂からちらほら。
そのうちのお一人が、何やらLightwaverさんとお話してたと思ったら、伊八を見て行けと、本堂への戸を開けていただけました。
さらには、和尚さんに説明させるとまで仰る始末。
Lightさん、あなた何したの!?


遠慮しながら上がり込み、見せていただいた見事な龍達!

まずは、正面の龍がこちら!

智蔵寺龍2

この龍も人をねめつけています。
まるで、仏道に挑む覚悟を問いかけるかのようです。

もちろんただの観光客ですから、そんな問いかけは置いておいて、左右の飛龍を見学。
左が登り龍で、右が降り龍です。
こちらは、降り龍。

智蔵寺下り龍

どの龍も、伊八の名を高めた見事な波とともに見る者を圧倒します。

これが見れただけでも、あの渋滞の中、我慢して房総に来てよかったなぁ~なんて思うのは単純過ぎ?


和尚さんが色々話をされてますが、そちらはLightwaverさんにお任せし、私は彫刻にかぶりつき。(笑)
写真を取りながら、じっくりと彫刻を眺めていると、今にも欄間から抜け出してきそう。

智蔵寺龍

迫力~。

と、和尚さんの話は裏に掘られた銘になり、皆で確認した後、そろそろお暇しようかという段になって、檀家さんから山の上のお墓に武田石翁の掘った墓石があるとのお話しが。

和尚さんと檀家さんとで話が弾み(笑)、檀家さんが我々を石翁の作品まで連れて行ってくれることに。

ちなみに、武田石翁は、波の伊八、後藤義光とともに、安房の三名工と言われた人で、石工の名人です。


こちらがその墓石です。

お金持ちで大酒飲みだったという溝口八郎右衛門のお墓。

溝口八郎右衛門

酒樽に座り、徳利と杯を持っているという酒飲みっぷり。
三途の川の渡し賃を残し、全部飲んじまおう!みたいな素敵な時世の句を詠まれたとか・・・。

それはさておき、さすが名工。お墓なんですけど、ついついじっくり見てしまいました。


いやぁ、それにしても、ただ通りかかっただけの私達に、つきっきりで案内して下さった檀家さんに感謝です。


さて、そろそろお時間かな?ってことで、伊八の作品を見に石堂寺に戻ることに。
今度はみんな揃って山の上の駐車場に駐車。

石堂寺再び

期待と不安を抱えながら、寺務所に向かうと・・・・・、
・・・残念・・・。再び法事が始まってました。

お邪魔するのもなんですから、何も言わずに退散することに。
いつかリベンジかな?

そんときは、鶴谷八幡宮や妙本寺で後藤義光も見てみたいです。 >Lightwaverさん


さて、次はいよいよ本日のメインイベント「秘境探検」です。

ドキドキしながらLightwaverさんについて行くと・・・。

おや?道の駅・・・じゃなかった鴨川市の総合交流ターミナル「みんなみの里」ですね。

みんなみの里

まずはお土産ターイム!
・・・・・ってことで、お野菜を買いこんだら、お次は、地域貢献ターイム!みたいな?

季節限定のきな粉ソフトです。
スキンヘッドさんのご好意で、ダブルソフトの図。

ダブルきな粉ソフト

きな粉がしっかり効いていて、美味しゅうございます。


さて、エネルギーを補給したところで、いよいよ「秘境探検」に向かいます。

国道を走ったかと思うと、ヘルメットかぶった人が入口で測量とかしている林道に突入~。
いやでも秘境感が高まります。

一旦、広い道に出たと思ったら、再び狭い脇道へ。

果敢に吠えかかってくる犬の攻撃を抜け、道のどん詰まりにバイクを停めて、いざ、探検!

・・・の前に、昨日買ったばかりの長靴を装着!

探検気分を盛り上げたところで、畑の奥にある林にGO

林へGO

林が途切れたところに川があり、今度はその川を遡ります。

川へGO

上流へGO

こちらは、おニューの長靴。

長靴


足場に気をつけながら、遡ることしばし。

やってきました「開墾場の滝」!

開墾場の滝

Lightwaverさんによると、こちらの滝は人工のものなのだとか。
確かに、滝の流れてくるトンネルが不自然に大きいです。
川廻しとかしたのかもしれないですね。


気がつくと、辺りが少し暗くなってまいりました。
もと来た道を通って、バイクに戻りましょう。


さぁ、楽しかった時間ももう終わりです。

Lightwaverさんに帰り易いところまで送っていただき、高速に乗って帰宅の途につきました。
いつも送っていただき、ありがとうございます。>Lightwaverさん

渋滞しているアクアラインを通り抜けたところでスキンヘッドさんとも別れ、一人都内に入ってくると、そこからは大渋滞!

そりゃそうだ!

行きが混んでたら、帰りも同じくらい混むのは自然の法則。
たっぷり1時間くらい渋滞の中を走り、へろへろしながら帰宅しましたとサ。

早く、外環繋げてよ~!!


今日も遊んでいただき、ありがとうございました。>Lightwaverさん、スキンヘッドさん
またご一緒させて下さい。

・・・できれば、次回は、最初から・・・・・。



追伸

そうそう。スキンヘッドさんから、タイで買ったというベスパのミニチュアをいただきました。
ありがとうございました!>スキンヘッドさん
さっそく、家に飾っております。




ベスパと仲間達




にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ   ぽちっ とお願いいたします。
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
ツー記録(房総) |  トラックバック(0) |  コメント(16) |  記事を編集 | 

2011年12月02日(金) お疲れさま
伊八の彫刻は、いいですね。
やっぱり、房総ツーリングと伊八は、今後セットかな?
さー今月もお楽しみにd(^_^o)
バビロニア | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) NoTitle
昔に千葉方面(特にみつわ台)へは仕事でよく通ったのですがバイクでは未体験です。
魅力的な所が多すぎです。もしお邪魔でないようでしたら
お声掛け下さいませ。よろしくお願いします。

塩饅頭 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) NoTitle
やっぱり外環が出来ると
本当にいいんですけどね。
早く出来ないかしら。
ななパパ | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) 長靴は
遂に長靴デビューですね。
BOXに入れてツーに行ったのでしょうか?

我が家の長靴は次回登場まで倉庫で準備中です。
せん | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) NoTitle
お疲れ様でした。ブリキベスパ気に入っていただきありがとうございます。また宜しくお願いします。
スキンヘッド | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) Re: お疲れさま
>バビロニアさん
伊八もいいですし、石翁もいいですね。
ってことで、今月のお楽しみ、楽しみにしていますよ!v-410
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) Re: NoTitle
>塩饅頭さん
千葉方面は、我々西の民には近くて遠い場所ですが、行く価値はあると思います。
次回、何事かありましたら、お声掛けさせていただく予定でおる所存であるつもりです。
・・・政治家みたいですか?
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) Re: NoTitle
>ななパパさん
ほんと、早く外環が全線開通して欲しいですよね~。
関越と東北にはアクセスいいんですけどね・・・。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) Re: 長靴は
>せんさん
遂に長靴デビューです。v-221
箱ではなく、お尻の下にいれて運びました。
箱には食べ物をよく入れるので、心情的に。

次回はせんさんもご一緒に?
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) Re: NoTitle
>スキンヘッドさん
いらっしゃいませ。v-411

ブリキべスパ、妻も気に入っておりますよ~。
ありがとうございました。

またぜひ、ご一緒に!v-411
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月02日(金) NoTitle
伊八の龍が今にでも飛び出してきそうな彫刻はそりゃ素晴らしい物だったのでは?ちょっと一休さんのトラ退治を連想してしまいました^^

そのしてもピカピカの長靴が眩しい^^
パイロン | URL | コメントを編集 | 
2011年12月03日(土) Re: NoTitle
>パイロンさん
長靴には、まだ値札も貼ってあったくらいですから、そりゃぁピカピカでして。v-410

伊八は、是非、ご自分の目で確かめてください。
写真で伝わらない迫力でして。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月03日(土) NoTitle
千葉方面は都内の渋滞が邪魔してなかなか行けずにいますが、伊八の欄間の竜はなかなか迫力がありますね。
千葉方面もかなり魅力的です。
機会がありましたら、ぜひお声掛けお願いします。
いとじん | URL | コメントを編集 | 
2011年12月03日(土) NoTitle
あちゃあ~!
遂に長靴、登場しちゃったんですね(^^)
「開墾場の滝」では記念写真は撮らなかったんですか?ひとり多く写っていませんでした(笑)


ラーク | URL | コメントを編集 | 
2011年12月04日(日) NoTitle
>いとじんさん
千葉、時間的に遠いですよね~。
でも、伊八を始め、見所たっぷりですから、行かない手はありませんよ。
次回、機会がありましたら是非ご一緒に。
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 
2011年12月04日(日) NoTitle
>ラークさん
えっ?開墾場って、そんなところ・・・!?v-12
ニャンコ先生 | URL | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL