FC2ブログ
東中国地方ツー三日目 日本最大 "級" のあの場所へ編
- 2019/03/26(Tue) -

さて、本日も朝食を取りながら一人作戦会議。

IMG_3214.jpg

味噌汁から行くべきか、はたまた野菜から・・・・じゃなくて。
大阪に戻る前にどこに寄ろう?

うーむ。 やはり、日本海に出てあの場所に行くとするか。


まずは温泉街のど真ん中を突っ切って、奥津温泉にさようなら。

IMG_3217.jpg

二日間お世話になりましたー。


秋の残照を目に入れながら北上し、

IMG_3221.jpg


やってきたのがこちら。

IMG_3223.jpg

日本最大の中国庭園・燕趙園。

が、
庭園へ向かう道を遠くに眺め、

IMG_3224.jpg

迷うことなく先を急ぐ!
今日中に大阪帰るからね、仕方ないね(笑)


お次に着いたのは、

IMG_3229.jpg

道の駅神話の里白うさぎ。
名前の由来は有名な因幡の白兎。

目の前にある海岸はもちろん

IMG_3233.jpg

白うさぎが大国主命に会ったという白兎海岸。

でも、大国主命と白兎のモニュメントを写真に収めたら、

IMG_3230.jpg

次の場所にGO。
今日は時間がないからね、仕方無し・・・。


しばし走った後に到着したのは、本日第一の目的地。

IMG_3235.jpg


そう。
日本最大 "級" の砂丘・鳥取砂丘。

IMG_3237.jpg


視界いっぱいの砂浜。でも、言うほど広くはないような。

・・・・ん?
この丘が動いて見えるよーな。

IMG_32372.jpg

・・・風??


いや、この丘のあたりを拡大してよく見てみると・・・

IMG_3239.jpg

人だー!!

ウォー、広いぜ、鳥取砂丘!
さすが日本最大級。


その広さに感動しながら休憩所に戻り、案内板を見ながら

IMG_3241.jpg


コーヒーをグビリ。

IMG_3242.jpg


汗が引くのを待ちながら一休みしつつ、本日この後の行程を考えてみる。

やはり、ここまで来たらあそこに行かなきゃだわな、うん。


てな訳で、本日はここまで。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー 冬来たる二日目編
- 2019/03/22(Fri) -

東中国地方ツー二日目。

本日は、楽しみにしていた石見銀山を訪問する予定。

しかぁし・・・。
朝ご飯を前に、私Nは迷っていた。

IMG_3151.jpg


実は今。
なんと、気温が氷点下。
道路には霜。危険が危ない・・・・。
しかし、本日の目的地を考えるとそろそろ出発しなくちゃ間に合わないしだし。

さてどうしたもんか・・・。


結局、
外に駐車している車に降りた霜を見て、

IMG_3153.jpg

無理せず出発を遅らすことを決意。
安全って大切だよねー。


てな訳で、二度寝してから出発に至った時には、実に10時を回っていましたとさ。
なんか、二度寝ばかりだな・・・・。

IMG_3154.jpg


抜けるような青空の下。
外気温計はわずか6度。
更に高地を走ることを考えても、そろそろ行ける、はず?

まぁいいや。
出発!


どことなく冬の気配を漂わせる田舎道を駆け抜けていくと、

IMG_3158.jpg


とある町中の橋のたもとでこんなものに遭遇。

IMG_3162.jpg


その説明文を読んでいると、懐かしい名前に気づく。

IMG_3163.jpg

昔、山歩きに興味があった時期に少し馴染んだ作家さん、かな?


記憶のカケラを手繰り寄せながら、道の駅蒜山(ひるぜん)高原に到着。

IMG_3165.jpg


まずは、軽くランチから。

いただいたのは、
B1グランプリに輝いた蒜山焼きそばの派生版・朝ゼン焼きそば。

IMG_3166.jpg

スパイシーでなかなか旨し。
そばの上に目玉焼きが乗っているのが特徴なのだとか。
当然ながら、夜ゼン焼きそばもある模様。


デザートにいただいたシュークリームも

IMG_3168.jpg

濃厚なお味でグッド。


お時間、すでに12時半。
もともとの目的地・石見銀山も、ここからの距離は150kmほど。
行けなくはないものの、帰りが心配。
真っ暗闇の中、氷点下の山道とか走りたくないなー。

コーヒーを飲みながらちっと思案。

IMG_3169.jpg

結論。
銀山には向かわず、適当にその辺を走って帰ることに決定!


てなわけで、しばしその辺を走っていると、名峰・大山が見えてきた。

IMG_3174.jpg


この辺りから見ると、ちょっとキリマンジャロみたいかな。

IMG_3178.jpg

うむ。懐かしい。


しかし、西側へ回って再び大山を見てみると、

IMG_3188.jpg


今度は見事な裾広がりの円錐形。

IMG_3190.jpg

さすが、伯耆富士。
いいもん見せてもらったとニッコリ。


その後も少し走り、道の駅あらエッサでもうひと思案。

IMG_3191.jpg

このまま帰るか、どこかに寄るか。


検討の結果、近くにあるちょっと変わった観光スポットに寄ってから帰ることに。

そのスポットがここ。

IMG_3201.jpg

黄泉比良坂。

そう。
古事記に出てくる、あの世とこの世の境目です。

IMG_3193.jpg


おどろおどろしい門を抜け、

IMG_3196.jpg


寂しい小道を進み、

IMG_3197.jpg


塞の神に祈りつつ

IMG_3198.jpg


峠の上で引き返し、適当なところで現世に復帰。

山中でおじいさんと出会って少し古事記の話などしたけれど、
まさか、神様とかじゃないよね?


若干ブルブルっときながらも、あとは、海岸沿いの道を東に走り宿に向かう。

いくつかの

IMG_3202.jpg


道の

IMG_3203.jpg


駅を

IMG_3204.jpg


経由

IMG_3205.jpg


しながら

IMG_3206.jpg


夜中に

IMG_3207.jpg


温泉に帰って来た。

IMG_3212.jpg


4度まで下がる気温。
冷える身体。


今晩も、心身ともに温泉で温め、

IMG_3213.jpg

夜はすんなりとご就寝。


明日はいよいよ帰阪の日。
なんか、短かい1日だったなー。




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東中国地方ツー 波乱の初日編
- 2019/03/19(Tue) -

関西に戻ってきてかれこれ5年目を迎えた私N。
以来、東西南北様々な場所を巡っているが、意外にも中国地方にはあまり足を向けていないことに気づいた。
九州旅行の帰りとか四国ツーのついでとかで寄ることはあれど、とにかく中国地方に行くぞ!ってツーリングは一度もない。
未踏破地かぁ・・・・・行かなきゃなー。

そう思うと居ても立ってもいられなくなるのが我が性分。
てなわけで、11月(!)の三連休を使って中国地方東部を回ってきたので、
今更ながらのご報告・・・・・。


まずは、初ツーリング先ということで綿密な調査を開始。
バイクでは未到達の姫路城とか、その近くにあるという白鳥城(ノイシュバンシュタイン城レプリカ)に始まり、同じく未踏の石見銀山やベタ踏み坂といった観光地?、そしてライダーの聖地・大山をも組み込んだ完璧な計画を作成。宿泊地には、大阪からも近く、石見銀山をギリで往復できる位置にある美作三湯が一つ・奥津温泉を選択。しかも、荷物を持っての移動を無くすために連泊で決定。

これらの作業を終えたのは、実に出発前日の夜、というか朝2時のこと。
短いながらもしっかりと眠りを取るべく床につくのであった。


翌日。

寝坊した上、二度寝も敢行。
結果、この私をもってしても最長に近い4時間遅れの出発とあいなった・・・。

IMG_3127 copy


当然、一日目の計画など無いも同然!
姫路城・・をすっ飛ばし、白鳥城・・にも近づきもしないまま中国道を西に一直線。
旧美作国に入った頃には、既に空が赤みがかっていたのであった・・・。

IMG_3128 copy


てな訳で、院庄ICで中国道を降り、国道53号を南に下る。

日本棚田百選の大垪和西の棚田に心惹かれるも、ぐっとこらえて南下南下。
若干心の余裕をなくした私を優しく迎えてくれたのがこの子。

IMG_3129 copy

JR西日本は津山線の亀甲駅。


時計の目がチャーミング!

IMG_3132 copy


大分お空が暗くなってきましたね。
さて、温泉宿に向かうとしますか!

IMG_3133 copy


来た道を戻りながら北上することしばし。
道中急ぎながらも、とある道の駅で小休止。


わざわざ停まった理由はこれだ!

IMG_3138 copy

実物大ガンダム!
ナニコレ、超カッコいい‼️


けど、ちとバランスが悪そう。
こんなに足が長いと重心移動が大きすぎて、まともに歩くにはすごい演算能力と微細な駆体コントロールが要るよーな?
などと、下らない妄想をしつつ道の駅を後にし、
やがて、妄想をも後ろに残して闇夜をひた走る。


と、再びとある場所で小休止。
闇夜に巨大な蜂が浮かぶ怪しげなこの場所こそは、

IMG_3141 copy

蜂蜜で有名な山田養蜂場の直営店。

一通り店内をウロチョロし、ツーリング初日だというのに、

IMG_3142 copy

早くもお土産GET。
真っ暗闇の中、ホクホクしながら宿泊地を目指す。


にしても、さすが山の中。
ドンドン空気が冷くなり、早くも身体が冷えていく・・・・。

距離に比例して下がる気温に震えながら走ること30分。
遂に到着。

IMG_3143 copy

奥津温泉。


宿に着くなり、まずは温泉に浸かって暖をとり、

IMG_3146 copy


湯上がりでホコホコしながら夕御飯。
いただいたのは、道の駅で買った鯖寿司他数点。

IMG_3147 copy

旨し。


デザートには、

IMG_3148 copy

やはり道の駅で買ったポン菓子をパクリ。


食後、布団に入りながら明日の計画を見直していると、あっという間に眠気に呑まれてしまった。

こうして、短くも濃厚な波乱のツーリング一日目が終わりましたとさ。
さて、明日は世界遺産・石見銀山に行くとするかっ!





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(中国) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
和歌山 大銀杏ツー in 小雪
- 2019/02/04(Mon) -

ずーっと昔のこと。
熊野本宮大社に向かう道すがら、遠くの山の麓に、それは見事な大銀杏を見た。
以来、秋になると思い出し、しかし、一度も本気で調べることなく今に至る。

先日、小雪の候、ふと思い出し、一度訪れてみることに。


遠くに大銀杏を見たのは、確か西から熊野本宮に向かっていた日だったろうか?
とりま、国道311号沿いの大銀杏についてgoogle先生に聞いてみる。

と、いつものごとく即座に教えてくれた。
それは福定の大銀杏と呼ばれる、推定樹齢400年のなかへち町指定天然記念物だと。
おぉ、見応えありそうだ。

てなわけで、南へ向かってレッツゴー♫

IMG_3091.jpg


まずは、阪和道を南に下り、有田ICでチェックアウト。
県道22号を東に行けば、辺り一面のみかん畑がこんにちは。

IMG_3092.jpg

有田みかん、毎年お世話になってます!


国道424号を南に下り、広田川とランデブー。

IMG_3098.jpg


意味もなく対岸に渡っては、

IMG_3096.jpg


橋を越えて逆戻り。

IMG_3101.jpg

たーのしー(笑)


水も綺麗で良いね。

IMG_3103.jpg


その後、県道を乗り継ぎ、国道311号にぶつかって東に折れる。

しばし山の中の道を走ってからおもむろに道路脇に停車。

IMG_3106.jpg


遠くを望むと、そこに

IMG_3104.jpg

大きなイチョウの木を発見。


おー。
あれだ、あれだ。


早速近くに寄って行き、木の近くに駐車。

IMG_3110.jpg


そして始まる撮影会。

まずは幹から。

IMG_3111.jpg


次に全景x2。

IMG_3114.jpg

IMG_3112.jpg

木の側に立つ人との比較で大きさがわかるかな?


ミッションコンプリート。
さて、家に帰るかー。

IMG_3116.jpg


チッコ休憩に道の駅中辺路へ寄ると、

IMG_3122.jpg


この辺りに縁のある牛馬童子像がお出迎え。

IMG_3120.jpg


なんか小腹が空いたので、めはり寿司とコーヒーをいただく。

IMG_3119.jpg

うむ、ヤミー。


帰りは高速に乗らず、山中の国道168号を十津川経由で帰ることに。

途中、寒くて前掛けをしたり、

IMG_3124.jpg


壊れたインカムのマイクを持ちボーゼンとしていたら、

IMG_3125.jpg

いつの間にか夜走りに(泣)

が、それ以上大したことは起こらず、無事帰阪。


走行距離329km、平均燃費22.2km/Lのショートツーでした。

名称未設定2


さーて、これで慣れ親しんだこの道ともしばしお別れ。
また春にでも会おうぞ!




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(関西) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
晩秋の九頭竜湖 タイヤ一皮剥きツー
- 2019/02/01(Fri) -

タイヤ交換をした翌週。

タイヤの慣らしのため、晩秋の九頭竜湖に行ってきたのでご報告。
実に、もう二ヶ月も前の話である。

秋空の下、少し遅めの出発。

IMG_3054.jpg


ニュータイヤに注目しながら高速を駆けること3時間半。
東名阪から東海北陸自動車道に入り、白鳥西ICから美濃街道こと国道158号に降りる。
以前よりも疲れてない!・・・気がする。

そう感じつつ、まずは紅葉の見える広場でミニ撮影会。

IMG_3056.jpg


そこから西へ10分で再度停車。

IMG_3065.jpg


駐車場越しにダム湖に掛かる橋を見る。

IMG_3067.jpg


その名を箱ヶ瀬橋というこの橋は、

IMG_3064.jpg

瀬戸大橋の試作品として造られたのだという。
この橋の架橋後のデータを使って瀬戸大橋が掛けられたそうな。

結構周辺環境が違うけど、問題ないんスネ。


美濃街道を更に西へ進むと大分紅葉が増えてきた。

IMG_3070.jpg


近くの九頭竜ダムでダムカをもらおうと思ったが、

IMG_3071.jpg

バスが来て人がワラワラ降りてきたのでパス。


またまた美濃街道を奥に進み、JR九頭竜線の終着駅・九頭竜湖駅に到着。

IMG_3075.jpg


駅併設の道の駅九頭竜でエナジー補給。

IMG_3081.jpg


と、獣の咆哮が聞こえてきたので声のする方に行ってみた。

なんと、恐竜発見!

IMG_3077.jpg

しかも、動イトル!!
恐竜を見たことはないが、結構リアル・・・。


そんなこんなで長居をしていたら、あっという間に14時半。
そろそろ大阪に向かわなくっちゃ。

南に下り、日本三大桜で有名な岐阜の根尾に向かおうとするも、ナビタイム導師からは遠回りコースしか勧めていただけない。
どうやら南周りコースは通行止めらしい。

仕方がないので西に向かい、北陸自動車道経由で大阪に戻るとしよう。

高速に乗るまでの一般道でA41の良さを噛みしめた上、高速に乗ってからも再び快適走行。
A41大絶賛も、ここまでくると、妄想バイアスのせいかもなーなどと我ながら反省しつつ(笑)


高速では、
途中、夕暮れの南条SAで一休み。

IMG_3088.jpg


お腹が空いたので、鯖カツ丼をいただき、

IMG_3086.jpg


眠気覚ましのコーヒーをグビリ。

IMG_3087.jpg


その後、渋滞などにはまりつつ、3時間弱ほどで大阪に戻った。

IMG_3089.jpg

総走行距離577km、平均燃費22.7km/L。
新タイヤ・ブリヂストンA41の良さを実感したタイヤ慣らしツーでした。

なお、タイヤのインプレはこちら






にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | ツー記録(北陸) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブリヂストンA41のインプレ
- 2019/01/30(Wed) -

既報の通り、ファラオのタイヤを交換したのでご報告。

IMG_2989_20190114155910ed6.jpg

 
今回の交換では、OEMであるダンロップD610から、ブリヂストン Battlax Adventure A41へと交換した。

色々なタイヤのある中で、何故、A41?
そこにはニーズとウォンツがあったのヨさ。


今回、タイヤを交換しようとしたそもそもの理由は摩耗である。

我がファラオ、走行距離は意外に少なく2万km。
溝の深さを考えると、後、2 - 3,000kmは行けそうだが、購入から2年半を数えるので、交換を決意。


交換用にと考えたのは、オンロード性能を考えた以下の4つ。

・ピレリ スコーピオントレイル2
・メッツラー ツアランスネクスト
・同 カルーストリート
・ブリヂストン バトラックスアドベンチャーA41

まず、デザインはいいんだけど、一番ボイドレシオが低そうなツアランスが脱落。
また、ほぼほぼ陸オフローダーな自分の使い道から、オフ比率の高そうなカルーも脱落。以上の2つは入手性も悪いしね。
スコーピオンはデザイン的に好きなんだけど、設計年度が古いのでちと躊躇。
結果、消去法的にブリヂストンA41に決定。

発注して1週間足らずで納品とのこと。

IMG_2990.jpg

発注してすぐにタイヤが届くのが国産メーカーのイイところだね。


装着写真はこんな感じ。

フロント

IMG_3047.jpg


リア

IMG_3046.jpg

単体よりも、装着時の方がカッコいいすね。


んで、走ってみての感想ですが、これがイイ!

ウェットグリップを謳っているタイヤだが、ドライグリップもすこぶる良好。
素人の私が、お店を出て最初のカーブとストップでわかるぐらいの改善具合。

粘りがある割に倒し込みが軽く、良い言葉が思いつかないんだけど、接地性全般が良質になったような感じとでも言えば良いのだろうか。
この感じはウェット路面でも同じで、加えてウェット走行時の挙動が分かりやすくなった。・・・気がする。

OEMのD610では、エンジン含めた走行性能にタイヤが負けている気がして、正直、おっかなびっくりの気持ちもあったのだが、A41に変えてからは安心して乗れるようになった。
例えば、坂道のカーブでみられる縦溝なんかも、前は「勘弁してくれー」と思っていたのが、今は「おっと、気をつけよう」くらいで済んでいる。
分かりにくい例で申し訳ないけど、それだけ安心感が上がったってことっスね。
疲れにくくなったので、ツーリングもより楽しめるようになったかな。

もちろん、摩耗タイヤと新品との差も大きいのだろうけど、D610への感想は当初から持っていたものなので、やはり、タイヤの違いだと最終判断。


そしてこのタイヤ、高速走行も秀逸。
その吸い付くような接地感を高速道路でも十二分に感じられるのに、操舵性も、一般道と同じく実に軽やか。
どのようなシチュエーションにおいても適切に反応してくれるようで、総じて安心感。
高速走行においても、以前よりも疲れにくくなったと感じている。


ノイズに関しても、一般道・高速問わず、ロードノイズがレベル・周波数共に低くなったように感じられる。
・・・が、これは経年劣化のせいかも知れない。
どうなんだろ?


まぁなんにせよ、『うむ、良いタイヤを買った』と、自己満足の一品(笑)
実際、交換から二ヶ月・2,000km経った今も、良いタイヤを買ったと思えるA41です。
私のように、オフロードにあまり行かないアドベンバイク乗りの方にオススメかな。
※なお、これは個人の感想で、効果・効能を示すものではありません(笑)



追伸
タイヤ交換の際、ホンダ道の駅ラリーの景品をいただいた。

IMG_3052.jpg

キャップが2つあるのは、一昨年と昨年の二回分だからデス。
・・・てか、教えてよドリームさん!!(笑)



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | CRF1000L Africa Twin | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふらり近江八幡ツー
- 2019/01/28(Mon) -

東京に住んでいた頃よくご一緒したラークさんが、この秋、関西に赴任してきた。

ちょうどファラオのタイヤ交換があったので、そのラークさんと軽めツーを行うことに。
実に、11月4日のことであった・・・。

まずは、バビュンと走っていつものドリームへIN。

IMG_2989.jpg


タイヤ交換に時間がかかるとのことで、代車を出していただくことに。
貸していただいたのがこちらのセミエビ

IMG_2991.jpg

いえ、NM4です。


車両を受け取り、早速、ラークさんが待つ喫茶店へGO。
が、

IMG_2993.jpg

休日ということもあり京都はどこも渋滞中。


てな訳で、カフェに着いても

IMG_2994.jpg

ラークさんは当然いない訳でして・・・。

後を追って湖東に向かって出発!

そして、到着した道の駅アグリ栗東

IMG_2995.jpg

にラークさんはおらず・・・。
高速を使ったので先に着いてしまった模様。

仕方ないのでじっくりとNM4を見てみる。

IMG_2996.jpg

うーむ、斬新なデザイン。


あ、

IMG_2998.jpg

ユーティリティボックスもあるのね。


向かって左に工具入れ。

IMG_2999.jpg


そして右にはETC。

IMG_3001.jpg


リアシート兼シートバックは、

IMG_2997.jpg

ヒップバックホルダーにもなりますよ、と。


そうこうしてるうちに、さっそうとラークさん登場。

IMG_3003_201901121840448f9.jpg

お久です。


少し雑談した後、ラークさんがヤニと買い物に行ってしまったので一人でコスモスなど鑑賞。

IMG_3004.jpg


と、偶然ダブル新幹線を撮影。

IMG_3006.jpg

ラッキー。


時刻は既にお昼すぎ。
道の駅を回りながら近江牛を食べに近江八幡に行くことに。

各道の駅で切符を求めるラークさんを待ちつつ、

IMG_3008.jpg


およそ1時間ほどで近江八幡に到着。
駐車場にバイクを停めて移動。

IMG_3011.jpg


食事は自称「持ってる男」のラークさんが見つけたこちら。

IMG_3010.jpg

まるたけ近江西川さん。


ただ、人気店だけに混んでいて、予約を入れてから先に町中探訪です。

IMG_3009.jpg


近江八幡は、近世に発展した商業都市。
てな訳で、古美術や

IMG_3012.jpg


近世建築物など

IMG_3018.jpg

見所も多い。


また、近江商人を育んだ八幡堀と

IMG_3021.jpg

IMG_3020.jpg


近江商人の信仰を集めた日牟禮八幡宮も

IMG_3015.jpg

趣深い。


和菓子のたねやに来たところで

IMG_3025.jpg

時間となったのでお店にバック。
ちょうど良かったようで、すぐ席に通された。


んで、オーダーしたのはこちら。

IMG_3028.jpg

近江牛ビーフシチュー。
赤ワインで煮込まれたお肉が超絶美味い。


とあるラークさんから「撮り方が悪い」とクレームが入ったので、別角度から再撮影。

IMG_3030.jpg

イマイチ雰囲気出ないっス、ラークさん(笑)


食後は、隣接する精肉店で近江牛のすき焼きコロッケをゲット!

IMG_3034.jpg

すき焼きの味もして、こちらも旨し!


食後、も一度町内探索し、

IMG_3013.jpg


ラークさんの買い物に付き合ったり、近江兄弟社を訪れたりして腹ごなし。

IMG_3037.jpg


ちゃんと、自販機も近江兄弟社仕様ですね(笑)

IMG_3036.jpg


十分に満足して町を後にし、道の駅で一休みしてから帰途に着いた。

IMG_3040.jpg


のはいいのだが、高速上でいつの間にかラークさんとはお別れしてしまった。

『まだ関西に馴染んでないのかな?』
と思ったりもしたが、
違うな。

これはアレだ。

免許の残り点数が足らないに違いない(笑)


そんな想像をしつつ、私Nは京都のドリームにお立ち寄り。

IMG_3045.jpg


タイヤ交換の終わったファラオを受け取って大阪に向かう。

走行距離110km。
NM4によるランチツーでした。


途中でお別れしましたが、ラークさんお疲れ様でした!
またどっか行きましょー。

なお、ラークさんの記事はこちらです。



P.S.
ちなみに、このNM4。
走行モードによってメーター色が変わるようで、

Dで青

IMG_3041.jpg


Sで紫

IMG_3042.jpg


Nで白

IMG_3044.jpg

に変わって面白かった。
マニュアルモードにしたら何色だったんだろう?
なんとなく緑あたりのような?



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(関西) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2018勝手にベスト3
- 2018/12/31(Mon) -

今年も残すところ後3時間を切りました。
こんばんは、ニャンコ先生です。

皆さんそれぞれ今年を思い出しつつ、来るべき年に思いを馳せているのではないでしょうか
今年も飽きずに、勝手に1年を振り返りつつ行く年を惜しみたいと思います。

8年めに入ったこの書き出し。引き続き10年めまで使い続けちゃいますよ!

てな訳で、早速行ってみましょう!


今年も色々ありました。
お国レベルでは、
平昌五輪に始まりレーダー照射事件に終わるという、
お隣の国との確執に官民ともに右往左往した一年でした。

一方、個人レベルでは、
Z900RSによる南紀ツーに始まり四国最東端ドライブに終わるという、
相変わらず日本中を右に左に旅して回った一年でした。


そんな旅人間・私Nの今年のベスト3です。


第3位は、関西での仕事に一区切りついたこと。


関西赴任が決まったのは、四年半前の2014年春のこと。
直前の事故で赴任がひと月遅れるというよくあるアクシデントはあったものの、
四年間真面目?に働き、無事にお役目を果たすことができました。
ここ関西で次の仕事にとりかかるのか、はたまた別の場所に飛ばされるのかは未だ不明なれど、
ひとまずホッと一息ついている今日この頃です。


IMG_0071.jpg

高峰SAから臨む天理市の夜景 in 奈良県奈良市

と言うことで、

ベスト3は、関西での仕事に一区切りついたこと

です。


続けて、もヒトツ関西ネタです。

第2位は、大学時代の友人と再び友好を深めたこと。


私N、実家が鈴鹿関よりも東にあるので関東所属ではあるのですが、気持ちの上では関西出身者です。
当然、大学までは関西に住んでおり、東京に出て以来あまり大学時代の友人達と会うことはありませんでした。
関西に赴任してからも何だかんだで飲むくらいしかしてこなかったのですが、
今年に入り、そのうちの一人が車を買ったのが縁で休日に遊び、ダムカードで意気投合(笑)
以来、隔月くらいで遊んでおり、ついには泊まりで温泉に行くくらいの仲となるに至りました。
20数年を経て再開された交流・・・・・人の縁って不思議ですねー。


IMG_2313.jpg

布目ダム管理所のポスター in 奈良県奈良市


と言うことで、

ベスト2は、大学時代の友人と再び友好を深めたこと

です。


続けてサクッと行きましょう。

栄えある第1位は、心ゆくまで走りまくったことです。


実は私N。
虚弱体質というか不健康体質というかでして、関西赴任以来元気でいたことがありません。
最初の3年は、赴任直前の事故の影響で物理的にあまり無理ができず、
去年は重症胆嚢炎による長期&複数回入院により、体力的にやはり無理のできない状態でした。
今年も体力こそあまり戻っていないものの久々に無理のきく状態になり、喜び勇んで旅に出かけまくった次第。
今年の旅の特徴は長距離で、1000キロを超える旅が四度、他に800キロを超えるものも三度と、
自分にしては珍しく長旅を楽しみました。
中でも1600キロを走った夏の北海道、二度訪れた九州、そして、なんと四回にも渡った四国詣は思い出もいっぱいです。
来年どこにいるかはわかりませんが、引き続きあちこち訪れたいものです。


IMG_2111_201812311631565b2.jpg

ケンとメリーの木 in 北海道美瑛町


IMG_1432_20181231163154da3.jpg

原尻の滝から見た二宮八幡社 in 大分県豊後大野市


IMG_2454.jpg

足摺岬灯台 in 高知県土佐清水市


と言うことで、

ベスト1は、心ゆくまで走りまくったこと
です。



さぁ、あと少しで新年ですね!
来年も、赤いファラオとネコ一匹をよろしくお願いいたします。


IMG_1902.jpg

海王丸 in 富山県射水市


皆さん、よいお年を!






にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | 年末まとめ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の信州遠征ツー 直帰編
- 2018/12/26(Wed) -

朝起きて、まず感じたのは肌寒さ。
さすが、信州は寒いねー。

心持ち重い身体を引きずって窓の外を見る。

IMG_2878.jpg

おぉ。

澄んだ空気に、木々の色も美しい。
本日のビーナスラインは、さぞ美しいことだろう。

ワクワクしながらリビングに向かう。

IMG_2875.jpg


魅力的なオブジェに目を奪われながら、

IMG_2876.jpg


朝食の席に着く。

IMG_2874.jpg

朝食?

いえいえ、これは朝食ではありません。
濃厚キャロットジュースと梅干しです。
甘くて酸っぱくて、なんだか青春みたいなおめざでした。

食後は、ちょっと寒かったので、たっぷり1時間ほどゆっくりして出発

IMG_2880.jpg


・・・・の前に、入れなかった露天風呂探索。

IMG_2882.jpg

中々の露天っぷり。
昨晩、真っ暗じゃなかったら入りたかったなー、この濁り湯

などと後ろ髪を引かれながら、今度こそ本当に出発。


おぉ、いい青空だ!

IMG_2885.jpg

すぐにビーナスラインに行きたいところだが、まずは朝食でしょう。

やってきたのは、パンが美味しいと評判のEpiさん。

IMG_2886.jpg


朝の一品として頼んだのは、いかにもうまそうなこの

IMG_2887.jpg

ローストビーフサンド。

旨し!


なんだかんだで、たっぷり1時間は滞在して東に出発。

東?

そう、東。
東京方面です。

なぜなら、身体がだるい上、頭がボーッとしてどうにもフラフラしちゃうからですね。

・・・はい、風邪でしょう。
昨日の寒さが応えた模様・・・・。


正直に症状をお話し、Y'sさんにはビーナスを楽しんでもらい自分は帰ろうとしたのですが、好意によりご一緒していただくことに。
・・・カタジケナイっす・・・。

ということで、そこからはしばらく下道を走り、


八ヶ岳をバックに撮影したり、

IMG_2888.jpg


富士山を眺めたり、

IMG_2891.jpg


柿を見上げたり、

IMG_2895.jpg


豆大福を堪能したり、

IMG_2893.jpg


富士山を眺めたりして中央道にON。

IMG_2896.jpg


石川PAに立ち寄って、

IMG_2898.jpg


エナジー補給。

IMG_2899.jpg


しばし雑談の後、国立府中で流れ解散と相成りました。


Y'sさん、わざわざ来ていただいたのに、こんな感じになりすみませんでした。

でも、お付き合い&付き添いありがとうございます!
次回、どこかでナニカをお返ししますね。
それがナニカは置いておくとして・・・・。


そんな感じで、早めの到着&

IMG_2901.jpg

早期のバイク返却と相成りました。

IMG_2902.jpg

総走行距離526km、平均燃費34.7km/Lの病弱ツーでした。


その後、大阪に向かう帰りの新幹線にて

IMG_2905.jpg

たっぷりとうたた寝してしまい・・・・・翌日から本格的な風邪になりましたとさ!




追伸

帰宅した日の夜のこと。
なんか加熱式タバコに興味が出て、思わず注文。

翌々日に到着したのは、

IMG_2908.jpg

my blu。

・・・ってこれ、ニコチンフリー、タールフリーのタバコに似て非なるものでした!

あぁ、健康的ぃ(笑)




にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(信州) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋の信州遠征ツー 寒くて暖かい編
- 2018/12/24(Mon) -

まぁ、色々と思った通りにいかない今回の信州ツー。


獅子岩は諦め、紅葉を求めてメルヘン街道を南下。

IMG_2831.jpg


八ヶ岳を目指して坂を登り行く。

高度を上げるにつれ下がる気温。
気がつくと気温は5度とか4度?

出張のついでだけに、上着の防寒性能は最低限。
ダウン装着も、薄いものだけに身体の芯が冷えてきたよーな・・・。

寒さに耐えながらも道沿いの撮影スポット探索。

途中、中々の紅葉に一時停止を画策するも、道幅が狭くて断念。
気がついたら麦草峠を過ぎていた。

時期的に少し早いのか、南面は北側に比べてそれほど紅葉が進んでいない。
うーん。
この程度が関の山・・・。

IMG_2832.jpg


と思っていたら、樹種が変わって再び紅葉・黄葉が。

IMG_2833.jpg


しばし撮影を楽しんだ後、

IMG_2836.jpg

IMG_2837.jpg


八ヶ岳の横断完了。

すっかり冷え切った身体が温泉を求める中、もう一ヶ所だけ寄り道を。

IMG_2841.jpg


そう、東山魁夷の作品で有名な御射鹿池。

少し水面が揺れていたので綺麗な映り込みこそないけれど、
そこは想像力で補って、名画のごとき上下対称を心で楽しむ。

IMG_2846.jpg


うん。
頭がぼーっとしてきた(笑)


コンビニ行ってホテルに向かうとするか!

麓に降りる途中、Y'sさんのリクエストに応えて溜池に立ち寄る。

IMG_2848.jpg

目の覚めるような青さ。
こちらの方がフォトジェニック・・・いやいや、そんなはずは・・・(笑)


その後、

IMG_2850.jpg


コンビニ経由で本日のホテルに向かうも、
入り口がとんと見つからずに、別荘地を彷徨えるオランダ人。

IMG_2851.jpg


結局、入り口をようやく見つけた時には、ほとんど陽が傾いていたという。

IMG_2852.jpg

5時過ぎだというのに、さすが信州。


IMG_2853.jpg

宿の灯りがとても暖かそうデスね。


お値段の割に広いお部屋に入って数分。

IMG_2855.jpg


即、温泉で身体を温めた。

IMG_2854.jpg

ふいー。生き返るなぁ・・・・。


サーテ。
お風呂の後は夕飯だ!

真っ暗闇の中、

IMG_2860.jpg

宿から歩くこと十数分。


辿り着いたのは

IMG_2872.jpg

串カツのお店・串の坊さん。
信州に来て、大阪は法善寺に本店があるお店とは・・・。
中秋を過ぎた別荘地だけに、やっているお店が周りになかったんだねー。


とりまパンカーイ!!

IMG_2861.jpg


が、
お好みで出してもらう串カツはどれも美味しくて、

IMG_2863.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2865.jpg

IMG_2866.jpg

IMG_2867.jpg

IMG_2868.jpg


疲れた身体にジワリと染み入るのでした。

IMG_2870.jpg

〆のお茶漬けをいただいてからお店を後にし、宿に帰ってバタンキュー。


明日は、ビーナスラインを堪能しなくっちゃ!

ということで、次回に続く。





にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ レンタルバイクへ
にほんブログ村
この記事のURL | レンタルツー記録(信州) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ